Create issue ticket

考えれる68県の原因 igg igg iga ige

結果を表示する: English

  • X連鎖低ガンマグロブリン血症

    (2) 高IgM症候群 病因:免疫グロブリンのクラススイッチ機構に欠陥があり、IgMを産生できるが、IgGIgAIgEを産生できない。多くはX連鎖で男児に発症するが、一部は常染色体劣性遺伝形式である。[med.u-toyama.ac.jp] 3.IgGIgG2)、IgAIgEの低下 4.T細胞数の低下、CD4陽性T細胞中CD4 CD45RA 細胞の比率の低下 5.電離放射線高感受性 リンパ球と線維芽細胞の染色体不安定性 確定診断には、ATM蛋白発現低下とATM遺伝子変異を同定する。常染色体劣性遺伝形式をとる。[nanbyou.or.jp] 検査成績:T細胞数の減少、PHAに対するリンパ球増殖反応の低下を認め、血清IgG2、IgG4、IgEIgAの低値を認める。α-フェトプロテインの増加や染色体の断裂、ギャップなどもしばしばみられる。 診断:副鼻腔炎や肺炎の反復に加えて毛細血管拡張症と運動失調を合併していれば診断可能であるが、乳時期には易感染性のみで診断は困難である。[med.u-toyama.ac.jp]

  • 原発性免疫不全症

    3.IgGIgG2)、IgAIgEの低下 4.T細胞数の低下、CD4陽性T細胞中CD4 CD45RA 細胞の比率の低下 5.電離放射線高感受性 リンパ球と線維芽細胞の染色体不安定性 確定診断には、ATM蛋白発現低下とATM遺伝子変異を同定する。常染色体劣性遺伝形式をとる。[nanbyou.or.jp] B.重要な検査所見 1.T細胞数の低下 2.B細胞数の低下、IgGサブクラスとIgAIgEの低下、IgMの上昇 3.放射線高感受性 リンパ球と線維芽細胞の染色体不安定性 確定診断には、 NBS1 ( Nibrin )遺伝子変異を同定する。常染色体劣性遺伝形式をとる。[nanbyou.or.jp] IgGサブクラス、IgA、IgM、IgEは正常 3.その他の原発性又は二次性原発性免疫不全症が除外されている VII.乳児一過性低ガンマグロブリン血症 診断方法 1.血清IgGが年齢相応の正常値の-2SD未満である 2.その他の血清免疫グロブリンの値は問わない 3.生後6か月以降 4.その他の原発性免疫不全症が除外されている VIII.その[nanbyou.or.jp]

  • IgE型骨髄腫

    3.IgGIgG2)、IgAIgEの低下 4.T細胞数の低下、CD4陽性T細胞中CD4 CD45RA 細胞の比率の低下 5.電離放射線高感受性 リンパ球と線維芽細胞の染色体不安定性 確定診断には、ATM蛋白発現低下とATM遺伝子変異を同定する。常染色体劣性遺伝形式をとる。[nanbyou.or.jp] それから、2月29日にIgGIgA、IgM、IgEが定量してありますが、IgA、IgMは低く、IgGもむしろ低めです。さてM蛋白はどの免疫グロブリンによって構成されているのか? この患者さんは糖尿病というバックグラウンドがあるらしいが、骨髄腫と関係があるか。[jokoh.com] それぞれがIgG,IgM、IgA、IgD,IgEを構成している。[myeloma.gr.jp]

  • 肺扁平上皮癌

    該1次抗体のみに結合することができる2次抗体の非限定な例として、例えば該1次抗体に固有のクラス(IgM、IgD、IgGIgEまたはIgA)、もしくはアイソタイプ(IgG1、IgG2、IgG3またはIgG4)の定常領域に特異的に結合する抗体が挙げられる。[patents.google.com]

  • 先天性無ガンマグロブリン血症

    (2) 高IgM症候群 病因:免疫グロブリンのクラススイッチ機構に欠陥があり、IgMを産生できるが、IgGIgAIgEを産生できない。多くはX連鎖で男児に発症するが、一部は常染色体劣性遺伝形式である。[med.u-toyama.ac.jp] 3.IgGIgG2)、IgAIgEの低下 4.T細胞数の低下、CD4陽性T細胞中CD4 CD45RA 細胞の比率の低下 5.電離放射線高感受性 リンパ球と線維芽細胞の染色体不安定性 確定診断には、ATM蛋白発現低下とATM遺伝子変異を同定する。常染色体劣性遺伝形式をとる。[nanbyou.or.jp] 検査成績:T細胞数の減少、PHAに対するリンパ球増殖反応の低下を認め、血清IgG2、IgG4、IgEIgAの低値を認める。α-フェトプロテインの増加や染色体の断裂、ギャップなどもしばしばみられる。 診断:副鼻腔炎や肺炎の反復に加えて毛細血管拡張症と運動失調を合併していれば診断可能であるが、乳時期には易感染性のみで診断は困難である。[med.u-toyama.ac.jp]

  • 大葉性肺炎

    抗体 病原体の再感染を防ぐ抗体にはIgM、IgGIgA、IgD、IgE抗体があります。[nsknet.or.jp] IgM抗体は病原体の侵入にもっとも早く立ち上がり、IgG抗体は血液中や体内にあって、内部へ侵入した病原体を攻撃する主たる抗体、IgA抗体は血液中よりむしろ鼻、口腔などの気道、涙液、腸管などの外分泌腺から分泌され、粘膜面の免疫に携わっています (分泌型IgA抗体) 。IgD抗体の役割は不明、IgE抗体はアレルギー反応に関与する抗体です。[nsknet.or.jp] 28週以下で、12か月齢以下の乳幼児 在胎期間が29週〜35週で、6か月齢以下の乳児 過去6か月以内に気管支肺異形成症(BPD)の治療を受けたことがある、24か月齢以下の乳幼児 24か月齢以下の血行動態に異常のある先天性心疾患(CHD)の乳幼児 24か月齢以下の免疫不全を伴う乳幼児 24か月齢以下のダウン症候群の乳幼児 分泌型抗RSウィルスIgA[nsknet.or.jp]

  • 膵腫瘍

    免疫グロブリンには、IgG、IgM、IgAIgE、及びIgDの各クラスが知られているが、本発明の抗体は、いずれのクラスであってもよい。好ましくはIgGである。[patents.google.com]

  • 免疫不全を伴うラロン症候群

    3.IgGIgG2)、IgAIgEの低下 4.T細胞数の低下、CD4陽性T細胞中CD4 CD45RA 細胞の比率の低下 5.電離放射線高感受性 リンパ球と線維芽細胞の染色体不安定性 確定診断には、ATM蛋白発現低下とATM遺伝子変異を同定する。常染色体劣性遺伝形式をとる。[nanbyou.or.jp] B.重要な検査所見 1.T細胞数の低下 2.B細胞数の低下、IgGサブクラスとIgAIgEの低下、IgMの上昇 3.放射線高感受性 リンパ球と線維芽細胞の染色体不安定性 確定診断には、 NBS1 ( Nibrin )遺伝子変異を同定する。常染色体劣性遺伝形式をとる。[nanbyou.or.jp] IgGサブクラス、IgA、IgM、IgEは正常 3.その他の原発性又は二次性原発性免疫不全症が除外されている VII.乳児一過性低ガンマグロブリン血症 診断方法 1.血清IgGが年齢相応の正常値の-2SD未満である 2.その他の血清免疫グロブリンの値は問わない 3.生後6か月以降 4.その他の原発性免疫不全症が除外されている VIII.その[nanbyou.or.jp]

  • 重鎖病

    それぞれがIgG,IgM、IgA、IgD,IgEを構成している。[myeloma.gr.jp] *** 免疫グロブリンの種類 *** ・種類は構造上 10種類 ・IgG、IgM、IgA、IgD、IgEの5タイプのそれぞれに κ(カッパ)型とλ(ラムダ)型の2種類がある。[myeloma.gr.jp] 『単クローン性免疫グロブリン血症』の分類 (できるM蛋白と病名との関係は以下のようになります) 出来るM蛋白 病名 1 IgG IgG型骨髄腫 2 IgA IgA型骨髄腫 3 IgD IgD型骨髄腫 4 IgE IgE型骨髄腫 5 L鎖のみ(BJP) Bence Jones型骨髄腫 6 IgM 原発性マクログロブリン血症 7 H鎖のみ 重鎖病[myeloma.gr.jp]

  • リンパ球減少性無ガンマグロブリン血症 - 短肢小人症症候群

    3.IgGIgG2)、IgAIgEの低下 4.T細胞数の低下、CD4陽性T細胞中CD4 CD45RA 細胞の比率の低下 5.電離放射線高感受性 リンパ球と線維芽細胞の染色体不安定性 確定診断には、ATM蛋白発現低下とATM遺伝子変異を同定する。常染色体劣性遺伝形式をとる。[nanbyou.or.jp] B.重要な検査所見 1.T細胞数の低下 2.B細胞数の低下、IgGサブクラスとIgAIgEの低下、IgMの上昇 3.放射線高感受性 リンパ球と線維芽細胞の染色体不安定性 確定診断には、 NBS1 ( Nibrin )遺伝子変異を同定する。常染色体劣性遺伝形式をとる。[nanbyou.or.jp] IgGサブクラス、IgA、IgM、IgEは正常 3.その他の原発性又は二次性原発性免疫不全症が除外されている VII.乳児一過性低ガンマグロブリン血症 診断方法 1.血清IgGが年齢相応の正常値の-2SD未満である 2.その他の血清免疫グロブリンの値は問わない 3.生後6か月以降 4.その他の原発性免疫不全症が除外されている VIII.その[nanbyou.or.jp]

さらなる症状