Create issue ticket

考えれる78県の原因 IgG 正常~増加

  • 血小板減少症

    診断基準 [ 編集 ] 厚生労働省 の診断基準 血小板結合IgG (Platelet Associated-IgG; PA-IgG) の増加はITPに特異的ではないが、PA-IgG正常の場合はITPを除外するのに役立つ。 検査 [ 編集 ] 他の出血、血小板減少を来たす疾病の除外が必要である。[ja.wikipedia.org]

  • 髄膜脳炎

    IgM増加 80 400 IgG増加 80 400 正常 100 IgG増加 30 500 軽度上昇 75 200 IgG増加 50 100 IgG増加 糖 (40 75mg/dl) 高度減少 20以下 減少 15 40 減少 15 40 正常ないし 軽度上昇 減少 40以下 正常 正常あるいは 軽度低下 正常 その他 トリプトファン反応陽性[sms.co.jp] 上昇 200 600 上昇 軽度上昇 細胞数 (10/3以下) 200 10000 好中球 25 500 リンパ球 初期好中球 15 1000 リンパ球 0 500 リンパ球 0 500 リンパ球 癌細胞 10 100 以上 リンパ球 100 1000 リンパ球 100以下 リンパ球 蛋白量 (10 40mg/dl) 50 1000 IgA増加[sms.co.jp]

  • IgE型骨髄腫

    悪性 ・多発性骨髄腫…高齢者に多く、骨髄中で異常な形質細胞が増殖するため正常な造血が抑制されます。 IgG、IgA、IgD、IgEのいずれかが増加し、他の免疫グロブリンは低下します。 ・原発性マクログロブリン血症…増加するM蛋白はIgMです。 ・H鎖病…まれな病気で、増殖するM蛋白はH鎖(γ、α、μ)です。[guides.lib.kyushu-u.ac.jp]

  • 脊髄炎

    検査 1.多発性硬化症(MS) [検査] 髄液所見では,細胞数と蛋白量は正常であることが多い.ただし,増悪期にリンパ球主体の軽度の細胞数増多, 総蛋白 量の増加を示すことがある.活動性病巣がある場合には,IgG インデックス((髄液 IgG/血清IgG)/(髄液 アルブミン /血清 アルブミン ))の増加正常は 0.73 以下)と等電点電気泳動法[primary-care.sysmex.co.jp] によりオリゴクローナル IgG バンドを認める.また, ミエリン塩基性蛋白 陽性も参考になる.画像所見としては,MRI にて,T2 高信号の脱髄斑(plaque)を白質に認める.側脳室周囲に長軸が脳室に対して垂直で境界明瞭な卵円型の病巣は MS に特徴的である(ovoid lesion).活動性の plaque はガドリニウムによる造影効果[primary-care.sysmex.co.jp]

  • 家族性再発性末梢性顔面神経麻痺

    ]サブクラス欠乏症 D804 選択的免疫グロブリンM[IgM]欠乏症 D805 免疫グロブリンM[IgM]増加を伴う免疫不全症 D806 正常または高免疫グロブリン血症を伴う抗体欠乏症 D807 乳児一過性低ガンマグロブリン血症 D808 主として抗体欠乏を伴うその他の免疫不全症 D809 主として抗体欠乏を伴う免疫不全症,詳細不明 D810[e-stat.go.jp] Langerhans〉細胞組織球症,他に分類されないもの D761 血球貪食性リンパ組織球症 D762 血球貪食症候群,感染症に関連するもの D763 その他の組織球症症候群 D800 遺伝性低ガンマグロブリン血症 D801 非家族性低ガンマグロブリン血症 D802 選択的免疫グロブリンA[IgA]欠乏症 D803 選択的免疫グロブリンG[IgG[e-stat.go.jp]

  • 慢性特発性血小板減少性紫斑病

    診断基準 [ 編集 ] 厚生労働省 の診断基準 血小板結合IgG (Platelet Associated-IgG; PA-IgG) の増加はITPに特異的ではないが、PA-IgG正常の場合はITPを除外するのに役立つ。 検査 [ 編集 ] 他の出血、血小板減少を来たす疾病の除外が必要である。[ja.wikipedia.org]

  • 全身性エリテマトーデス

    IgG index ( CNS-IgG / CNS-Alb ) / ( serum-IgG / serum-Alb ) と、アルブミン濃度との相対的比較をすれば、IgGのCNS局所での増加(CNS-IgG)は、IgG indexの増加として反映される。 正常は、 0.8で中枢神経系でのIgG増加が示唆される。[med.osaka-u.ac.jp]

  • 特発性血小板減少性紫斑病

    厚生労働省の診断基準 血小板結合IgG (Platelet Associated-IgG; PA-IgG) の増加はITPに特異的ではないが、PA-IgG正常の場合はITPを除外するのに役立つ。 他の出血、血小板減少を来たす疾病の除外が必要である。[ja.wikipedia.org]

  • 肺形質細胞肉芽腫

    [訳註:BAL Broncho-Alveolar Lavage 気管支肺胞洗滌] リンパ球: (1)T4は末血では少ないがBALでは正常、T8が増加。 (2)IgG分泌細胞やIgG量は正常より増加。 (3)細胞の種類は感染のタイプ、レントゲン、症状などに無関係で診断的でない。[aids-chushi.or.jp]

  • ループス脳症

    IgG index ( CNS-IgG / CNS-Alb ) / ( serum-IgG / serum-Alb ) と、アルブミン濃度との相対的比較をすれば、IgGのCNS局所での増加(CNS-IgG)は、IgG indexの増加として反映される。 正常は、 0.8で中枢神経系でのIgG増加が示唆される。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

さらなる症状