Create issue ticket

考えれる3,754県の原因 igg

  • 伝染性単核球症

    「抗EBV EA-IgG抗体」または、「抗EBV VCA-IgM」「抗EBV VCA-IgG抗体」「抗EBNA-IgG抗体」の抗体価を測定する。抗EBNA抗体が初感染後数ヶ月を経ないと出現しないのに対し、抗EA、VCA抗体は急性期にも出現していることを利用する。[ja.wikipedia.org] しかし、EA IgG とは異なり、その後陽性が持続する。EBNA抗体の上昇が遅く、EA IgM が陰性化してもなおEBNA 抗体陰性の時期がある場合があるので、注意が必要である。[niid.go.jp] 急性EBV感染症では,その後(おそらくは8週間後)EBV VCA-IgG抗体が出現し,生涯持続する。EBV抗体価が陰性である,または過去の感染が示唆される(すなわち,IgG抗体が陽性でIgM抗体が陰性である)場合は,他の診断(例,急性HIV感染症,CMV感染症)を考慮すべきである。 予後 伝染性単核球症は通常自然治癒する。[msdmanuals.com]

  • インフルエンザ

    また、タミフル、リレンザにより血液中のIgG抗体産生も抑制されたが、CAMを併用すると抑制が解除され、抗体産生が促進された。 次に、患者にどんな恩恵をもたらすのかを明らかにするため、翌シーズンの再感染率への影響を検討した。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 咽頭炎

    咽頭炎において怖いのは前述のkiller sore throatだけではないという例を紹介します.症例2は一見すると発熱,咽頭痛を主訴に来院された伝染性単核球症の一例であると予想されます.実際この後,EBVの抗体検査を提出され,EBV VCA IgM ,IgG-,EBNA-でした.しかし,EBV感染に伴う伝染性単核球症というだけでは終わりませんでした[yodosha.co.jp]

  • 急性気管支炎

    しかしながら医療機関を受診する時には、すでに咳がひどくなってからかなりの日数がたっていることも多く、菌が検出できないことも多く正確な診断を下すのは難しい病気ですが最近は百日咳抗体でもPT-IgG抗体とFHA抗体が測定できるようになり、診断はより正確にできるようになりました。[fujitaiin.net]

  • 内分泌機能不全

    原因として、腫瘍(機能性・非機能性腺腫、胚腫、頭蓋咽頭腫、悪性リンパ腫、他の悪性腫瘍の浸潤、転移)、嚢胞(ラトケ嚢胞、くも膜嚢胞)、炎症性疾患(リンパ球性下垂体炎、IgG4関連下垂体炎)、分娩時の大量出血(シーハン症候群)、肉芽腫性疾患(サルコイドーシスなど)などがあげられます。[todai-jinnai.com] 下垂体腫瘍(先端巨大症、プロラクチン産生下垂体腺腫、クッシング病、TSH産生下垂体腺腫など) 鞍上部腫瘍(頭蓋咽頭腫、ラトケ嚢腫など) リンパ球性下垂体炎 IgG4関連下垂体炎 下垂体機能低下症 成人成長ホルモン分泌不全症 視床下部性性腺機能低下症 中枢性尿崩症 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群 など 下垂体腫瘍など腫瘍性病変の術前・術後の内分泌機能評価[osakacity-hp.or.jp] 糖尿病合併妊娠の管理 28 シックデイの糖尿病管理 29 周術期の糖尿病管理 30 高齢者の糖尿病管理 第14章 脂質異常症,高尿酸血症 1 リポ蛋白代謝の基礎知識 2 尿酸代謝の基礎知識 3 内分泌・代謝疾患に伴う脂質異常症 4 脂質代謝と動脈硬化症 5 脂質異常症 6 高尿酸血症,痛風 第15章 その他の内分泌機能異常,病態,トピックス 1 IgG4[shindan.co.jp]

  • IgG4関連甲状腺疾患

    概要 IgG4関連疾患とは、血液中の免疫グロブリンG(IgG)という抗体成分のうちIgG4という成分が上昇することと、全身の臓器にIgG4を作る形質細胞という細胞などが浸潤して腫れてくることを特徴とした原因不明の疾患です。[kompas.hosp.keio.ac.jp] キーワード 自己免疫性膵炎、IgG4、IgG4関連疾患 目次へ戻る 臓器別IgG4関連疾患 IgG4 関連消化器病変 神澤輝実** 原 精一* 田畑拓久* 来間佐和子* 千葉和朗* 桑田 剛* 小泉浩一** * 東京都立駒込病院内科 ** 同部長 要 旨 IgG4 関連消化器病変は,病理組織学的にリンパ球とIgG4陽性形質細胞の著しい浸潤と[saishin-igaku.co.jp] Keywords IgG4,IgG4関連疾患,IgG4甲状腺炎,IgG4関連甲状腺炎,リーデル甲状腺炎,橋本病,甲状腺機能低下症,バセドウ病,甲状腺,Riedel,ステロイド IgG4関連疾患 とは 免疫グロブリンの一つIgGの3%が IgG4 です。 甲状腺領域、甲状腺外の領域でも、 IgG4 は最もホットな話題の一つです。[nagasaki-clinic.com]

  • IgG4症候群

    概要 IgG4関連疾患とは、血液中の免疫グロブリンG(IgG)という抗体成分のうちIgG4という成分が上昇することと、全身の臓器にIgG4を作る形質細胞という細胞などが浸潤して腫れてくることを特徴とした原因不明の疾患です。[kompas.hosp.keio.ac.jp] キーワード 自己免疫性膵炎、IgG4、IgG4関連疾患 目次へ戻る 臓器別IgG4関連疾患 IgG4 関連消化器病変 神澤輝実** 原 精一* 田畑拓久* 来間佐和子* 千葉和朗* 桑田 剛* 小泉浩一** * 東京都立駒込病院内科 ** 同部長 要 旨 IgG4 関連消化器病変は,病理組織学的にリンパ球とIgG4陽性形質細胞の著しい浸潤と[saishin-igaku.co.jp] Keywords IgG4,IgG4関連疾患,IgG4甲状腺炎,IgG4関連甲状腺炎,リーデル甲状腺炎,橋本病,甲状腺機能低下症,バセドウ病,甲状腺,Riedel,ステロイド IgG4関連疾患 とは 免疫グロブリンの一つIgGの3%が IgG4 です。 甲状腺領域、甲状腺外の領域でも、 IgG4 は最もホットな話題の一つです。[nagasaki-clinic.com]

  • IgG4関連眼疾患

    ,リンパ球,好中球浸潤を示し,IgG4/IgG陽性細胞比:38%IgG4陽性形質細胞: 10/HPFであった(図3).生検結果よりIgG4関連眼疾患が疑われ,血液・尿検査を追加した.その結果,IgG:2,139mg/dl,IgG4;172mg/dlで高値であるも,血中gグロブリンは異常なく,抗SS-A抗体,抗SS-B抗体は陰性,甲状腺ホルモン[atagan.jp] 抄録 IgG4関連眼疾患(IgG4-related ophthalmic disease)の概念は,2004年のIgG4関連Mikulicz病の報告に始まった.その病変は涙腺の他に三叉神経周囲,外眼筋にも好発する.IgG4関連眼疾患の最も重要な鑑別疾患はMALTリンパ腫であり,両者はときに併発するので注意すべきである.IgG4関連眼疾患の病変[jstage.jst.go.jp] 抄録 IgG4関連Mikulicz病の初めての報告から10年を経て,IgG4関連眼疾患の知見を概観し,今後の課題を検討した.サルコイドーシスはIgG4関連眼疾患の除外診断のひとつである.眼サルコイドーシスの主病変は眼内が多く,この点でも両者の臨床像は異なる.IgG4関連眼疾患の病変は,涙腺,三叉神経周囲,外眼筋に多く,他にも視神経周囲,強膜[jstage.jst.go.jp]

  • 膵島細胞増殖症

    インスリン自己抗体の多くはポリクローナルで、IgGクラスに属する。低親和性・高結合能の自己抗体と、高親和性・低結合能の自己抗体の2種類があり、前者が低血糖発作に関連する。 空腹時低血糖とそれによる低血糖症状(動悸・冷汗・ふるえなど)を起こす。[ja.wikipedia.org]

  • IgG4関連の涙腺炎および唾液腺炎

    ただし,IgG4 陽性形質細胞が IgG4/IgG 陽性細胞比 40 %以上,あるいは 10/hpf を超える。[shiseikaidai2.crayonsite.net] IgG4関連疾患 (-かんれんしっかん、 英 : IgG4-related disease )とは、 免疫グロブリンG のサブクラスIgG4が関係する 血清 IgG4高値と罹患臓器への著明なIgG4陽性形質細胞浸潤を特徴とする原因不明の全身性、慢性炎症性疾患である [1] 。[ja.wikipedia.org] IgG4関連涙腺・唾液腺炎の診断方法 IgG4関連涙腺・唾液腺炎が疑われる場合には、以下のような検査が行われます。 IgG4関連涙腺・唾液腺炎の検査方法 血液検査 画像診断 組織診断 血液検査 まず血液検査では、IgG4が増えているかどうかの確認をします。[medicalnote.jp]

さらなる症状