Create issue ticket

考えれる8県の原因 IGF1値 上昇

  • 不十分な食事療法

    このとき、インスリン上昇しないが、血中や肝臓でIGF-1やグルカゴンの上昇することが分かった。 正常なマウスにタンパク質が100%の餌を与えると、炭水化物が豊富な餌に比較すると作用は弱めであるが、十分な食事性同調が起こることが分かった。[seikatsusyukanbyo.com] この同調時に、インスリン上昇しないが、血中や肝臓でIGF-1やグルカゴンが上昇することが分かった。 これにより、タンパク質が豊富な食事では、インスリンに代わって、IGF-1やグルカゴンが同調シグナルになっていることが判明した。1型糖尿病モデルマウスに高タンパク質食を与えたときも、食事性同調が起こり、IGF-1の増大が確認された。[seikatsusyukanbyo.com]

  • 先端巨大症

    ただし注目すべき点として、ペグミソマント療法施行中はIGF-1 だけが疾患活動性の信頼できるマーカーとなり、成長ホルモン上昇したままなので注意が必要である。 本コンセンサス声明では、成長ホルモンおよびIGF-1 を明確に解釈するためのアルゴリズムが提示されている。[natureasia.com] 健常者でもGHは上昇するため,GH過剰分泌の判断には注意を要する。IGF-1は健常者の年齢・性別基準を参照して判定する。ただし,IGF-1は栄養障害,肝疾患,腎疾患,甲状腺機能低下症,コントロール不良な糖尿病などが基礎にあると高値を示さないことがある。 GHの自律的分泌をみるのに75gブドウ糖負荷試験を行う。[jmedj.co.jp] 興味深いことにAcromegaly Consensus Group は、IGF-1 値は正常であるが成長ホルモンについては十分な低下がみられない術後のケースや、成長ホルモンは十分に抑制されているがIGF-1 上昇しているケースでは、追加治療を始めるのではなく同検査を定期的に繰り返すことを推奨している。[natureasia.com]

  • 副腎皮質刺激ホルモン-分泌下垂体腺腫

    多くの場合、成長ホルモン濃度を直接測定する代わりに、 インスリン 様成長因子1IGF-1)という別のホルモンを測定します。成長ホルモンのは一気に上昇し、すぐに降下しますが、IGF-1は1日につくられる成長ホルモンの量を反映するからです。以上のような理由から、下垂体ホルモンの血液検査の結果を解釈するのは簡単ではありません。[msdmanuals.com]

  • 巨人症

    健常者でもGHは上昇するため,GH過剰分泌の判断には注意を要する。IGF-1は健常者の年齢・性別基準を参照して判定する。ただし,IGF-1は栄養障害,肝疾患,腎疾患,甲状腺機能低下症,コントロール不良な糖尿病などが基礎にあると高値を示さないことがある。 GHの自律的分泌をみるのに75gブドウ糖負荷試験を行う。[jmedj.co.jp]

  • 下垂体前葉疾患

    多くの場合、成長ホルモン濃度を直接測定する代わりに、 インスリン 様成長因子1IGF-1)という別のホルモンを測定します。成長ホルモンのは一気に上昇し、すぐに降下しますが、IGF-1は1日につくられる成長ホルモンの量を反映するからです。以上のような理由から、下垂体ホルモンの血液検査の結果を解釈するのは簡単ではありません。[msdmanuals.com]

  • 中脚異形成、Savarirayan型

    IGF-1の軽度上昇を認め た(表1)。[upslide.site] あり 声色:低音 心音:整、雑音聴取せず 呼吸音:清明、ラ音聴取せず 腹部:平坦・軟、圧通なし、肝脾腫なし 外陰部:精巣両側 2 mL程度、恥毛 1 度 四肢:分厚い手掌・足底、Wet doughy hand 皮膚:カフェオレ斑(0.5 cm以上、6 個以上) 197 【検査所見】 一般検査所見では、血算・生化学に異常を認めず、ホルモン基礎では[upslide.site]

  • インスリン様成長因子 1

    血中GHおよび尿中GH上昇が見られる より正確な診断のためには、血中IGF-1や75gOGTTによるGH分泌抑制試験などが必要 血中GHの基準値は75gOGTT実施時1ng/mL未満(IRMA法) 尿中GHの基準値は成人で10pg/mgCr以下 ※ 蓄尿でも随時尿でも測定できますが、腎障害がないことを事前に確認する必要があります。[acromegaly-center.jp] より正確な診断を行うためには、GHの1日の総分泌量を反映するインスリン様成長因子-1(IGF-1)の測定や、75g経口ブドウ糖負荷試験(75gOGTT)によるGH分泌抑制試験などが必要です。[acromegaly-center.jp]

  • ジェンセンズ骨幹端軟骨形成不全症

    平均よりも成長が早い小児はIGF-Iの平均濃度よりも高いが、下限の極小の小児は低い. GH欠損患者または実験動物にGHを注入すると、約4〜6時間の遅延後にIGF-I濃度が上昇し、1日以上上昇したままである. 受容体欠損のためにGHに耐性の子供または成人は、高濃度のGHにもかかわらず、その血液中のIGF-Iの濃度が低い.[evansork2000bo.over-blog.com]

さらなる症状