Create issue ticket

考えれる348県の原因 igf1

結果を表示する: English

  • 低血糖症

    二次性低血糖症も多彩であり、下垂体機能不全、成長ホルモン分泌不全症、ACTH単独欠損症、副腎不全、敗血症、腎不全、肝不全、うっ血性心不全、乳酸アシドーシス、飢餓状態、ショック、非β細胞腫瘍(IGF-1またはIGF-2産出腫瘍)、褐色細胞腫の切除後などがあげられる。[ja.wikipedia.org]

  • 成長ホルモン分泌不全

    当教室では、当科で診断・治療にあたった症例において、成長ホルモン及びIGF-1と糖代謝異常の関連性やその他の内分泌ホルモンに対する影響について研究を行っている。[www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp] GHは、肝臓その他の組織に作用してインスリン様成長因子(IGF-1)ホルモンをつくります。IGF-1とGHは骨に作用し、成長を促進します。成長期にこのGHの分泌が不足すると骨の成長が遅れ、低身長になります(GH分泌不全性低身長症)。[medical.jiji.com] 思春期になると覚醒中にも大きなピークがみられ、1日に分泌されるGH、IGF-1が増加し、性ホルモンも加わって成長スパートを引き起こします。 適度な運動は細胞の働きを活発にしてGHの分泌を促します。また体を動かして骨にリズミカルな圧力がかかると、成長軟骨の増殖が促進されます。[sapporo-childrendo.com]

  • 尋常性ざ瘡

    IGF-1の上昇は例えば、アンドロゲン・成長ホルモン・グルココルチコイドなどの面皰因子を媒介すると思われる。別の研究によれば、インスリン様成長因子1 (IGF-1) の血漿濃度は、ざ瘡ではない人々と比較し有意(p 0.04)に高かった。また、重症度とも相関(p 0.01)していた。[ja.wikipedia.org] 牛乳摂取と高血糖の食事は、インスリンおよびIGF-1媒介PI3K/Aktの活性化により皮脂腺生成細胞とケラチン生成細胞の増殖、脂質生成・皮脂性を誘導し、ざ瘡を悪化させる。様々な症候群の一部として、ざ瘡の発生は、IGF-1とざ瘡の間の相関を支持する証拠を提供する。[ja.wikipedia.org] 乳清タンパク質の含有量が高い場合は特にIGF-1レベルの増加を誘発する。IGF-1は皮膚細胞の成長・分裂を促進し、皮脂産生、黄体形成ホルモンおよびエストロゲン産生の効果がある。したがって、乳由来タンパク質のサプリメントの使用によって誘発されたざ瘡のメカニズムに関連しうる。[ja.wikipedia.org]

  • 先端巨大症

    またソマトスタチンアナログの用量漸増は成長ホルモン値とIGF-1 値を基準とし、ペグミソマント療法はIGF-1 値のみを基準とするよう推奨されている点も重要な問題である。[natureasia.com] 【検査所見】 ①一般検査:血清リン(P)上昇,耐糖能の異常(空腹時血糖やHbA1cの上昇)。 ②内分泌検査:GHとIGF-1を測定する。GHは脈動的に分泌される。健常者でもGHは上昇するため,GH過剰分泌の判断には注意を要する。IGF-1は健常者の年齢・性別基準値を参照して判定する。[jmedj.co.jp] 解決のために GH値とIGF-1値が、一旦、正常範囲に戻ったとしても、その後、とくに症状のないまま適正範囲から外れてしまうことがあります。そのため、定期的にGH値、IGF-1値を測定することで、病気がコントロールできているかどうか分かります。[acromegaly-center.jp]

  • ラロン症候群

    なお、IGF-1はGHの刺激を受けて主に肝臓で合成、分泌されるが、GH非依存的にIGF-1を合成している組織もある。GHが分泌されないマウスでは血中のIGF-1濃度は低下しているが、一方で心臓においてはIGF-1の産生は変化せずIGF-1Rの発現は増加している。この心臓における変化も寿命の延長に寄与している事が考えられている。[aging.wiki.fc2.com] ウシGH(ソマトトロピン)を筋肉注射したところ,2日後から血清IGF-1濃度は上昇した.この所見は,矮小体躯であっても成牛ではGHレセプターからIGF-1合成までの経路は正常に作動していたことを示す.GHレセプター遺伝子のエクソン1,2および4についてDNAをシークエンスしたところ,これらの塩基配列には矮小体躯牛と正常発育牛との間に差異は認[kaken.nii.ac.jp] 子どもの成長に重要なインスリン様成長因子1IGF-1)というホルモンの欠如によって起こり、手足がむくみ、大きな頭にシワシワの顔が特徴だという。 つまり、現在のマンプリート君は23歳の青年にして、1歳程度の心身を持つ大人ベビーなのだ。話したり、歩いたりする以前に成長を止めてしまった彼を見て、両親が受けたショックは計り知れない。[tocana.jp]

  • 混合性酸化的リン酸化欠乏症 8型

    (1) 現在の身長が別表第一に掲げる値以下であること。 (2) IGF1(ソマトメジンC)値が200ng/ml未満(5歳未満の場合は、150ng/ml未満)であること。[mhlw.go.jp] 1型糖尿病 治療でインスリンその他の糖尿病治療薬又はIGF1のうち一つ以上を用いている場合 2 インスリン受容体異常症 同上 3 脂肪萎縮性糖尿病 同上 4 若年発症成人型糖尿病(MODY) 同上 5 新生児糖尿病 同上 6 2型糖尿病 同上 7 1から6まで掲げるもののほか、糖尿病 同上 第八表 先天性代謝異常 区分 番号 疾病名 疾病[mhlw.go.jp] を用いている場合 皮膚・結合組織疾患 24 強皮症 治療で非ステロイド系抗炎症薬、ステロイド薬、免疫調整薬、免疫抑制薬、抗凝固療法、γグロブリン製剤、強心利尿薬、理学作業療法、生物学的製剤又は血 漿 しよう 交換療法のうち一つ以上を用いている場合 25 混合性結合組織病 同上 第七表 糖尿病 区分 番号 疾病名 疾病の状態の程度 糖尿病 1[mhlw.go.jp]

  • 糖尿病性腸疾患

    そしてこの原因が血管障害ではなく、細胞増殖に関わるIGF-1とIGFBP-3のバランスが乱れることが原因であるという可能性にたどり着く。すなわち、患者さんではIGF-1が低く、IGFBP-3が上昇している。あとはこの分子の大腸幹細胞への作用、高血糖との関係、これを標的とした治療可能性などについて様々な実験を行い、次の様な結論に達している。[aasj.jp] タイトルは「Circulating IGF-I and IGFBP3 levels control human colonic stem cell function and are disrupted in diabetic enteropathy(血中のIGF-1とIGFBP-3はヒト大腸の幹細胞機能を調節しており糖尿性腸疾患ではこの機能[aasj.jp] 分泌されたIGFBP-3はIGF-1と結合して作用を抑え、幹細胞の増殖を抑える。さらにこの研究では、フリーのIGFBP-3がTMEM219と呼ばれる受容体に直接結合して幹細胞の細胞死を誘導することを発見している。この様にIGFBP-3の過剰生産は幹細胞抑制のための2重効果を持っている。[aasj.jp]

  • 急性膀胱炎

    […] insulin-like growth factor(IGF)-)、結合組織増殖因子(connective tissue growth factor(CTGF))等の成長因子類、ならびに、コラーゲンおよびその構成アミノ酸であるヒドロキシプロリンがあげられる。[patents.google.com] 前記線維化マーカーは、例えば、トランスフォーミング増殖因子β(transforming growth factor(TGF)-β)、線維芽細胞増殖因子-2(fibroblast growth factor(FGF)-2)、血小板由来増殖因子(platelet-derived growth factor(PDGF))、インスリン様増殖因子-[patents.google.com]

  • 高血圧症

    頻度 高血圧症 26.1% 脂質異常症(高脂血症) 5.8% 厚生労働省特定疾患間脳下垂体機能障害調査研究班 平成5年度報告書 原因 成長ホルモン(GH)、インスリン様成長因子-1(IGF-1)は近位尿細管におけるNa再吸収を促進させ、細胞外液量および総Na量を増加させる作用があります。[acromegaly-center.jp]

  • 不十分な食事療法

    この同調時に、インスリン値は上昇しないが、血中や肝臓でIGF-1やグルカゴンが上昇することが分かった。 これにより、タンパク質が豊富な食事では、インスリンに代わって、IGF-1やグルカゴンが同調シグナルになっていることが判明した。1型糖尿病モデルマウスに高タンパク質食を与えたときも、食事性同調が起こり、IGF-1の増大が確認された。[seikatsusyukanbyo.com] これまで、末梢時計は炭水化物に含まれるインスリンのシグナルを利用して同調することが知られていたが、今回の実験で、タンパク質が豊富な食事では「IGF-1」(インスリン様成長因子-1)や「グルカゴン」が、インスリンに代わって同調シグナルを引き起こすことが分かった。[seikatsusyukanbyo.com] これに加えて、研究グループは今回の研究で、「タンパク質」が豊富な食事がIGF-1やグルカゴンのシグナルによって、体内時計を同調させることを突き止めた。 体内時計は、「視交叉上核」という主時計と、末梢臓器にある「末梢時計」から成り立っている。[seikatsusyukanbyo.com]

さらなる症状