Create issue ticket

考えれる151県の原因 igf1

結果を表示する: English

  • 低血糖症

    二次性低血糖症も多彩であり、下垂体機能不全、成長ホルモン分泌不全症、ACTH単独欠損症、副腎不全、敗血症、腎不全、肝不全、うっ血性心不全、乳酸アシドーシス、飢餓状態、ショック、非β細胞腫瘍(IGF-1またはIGF-2産出腫瘍)、褐色細胞腫の切除後などがあげられる。[ja.wikipedia.org]

  • 尋常性ざ瘡

    IGF-1の上昇は例えば、アンドロゲン・成長ホルモン・グルココルチコイドなどの面皰因子を媒介すると思われる。別の研究によれば、インスリン様成長因子1 (IGF-1) の血漿濃度は、ざ瘡ではない人々と比較し有意(p 0.04)に高かった。また、重症度とも相関(p 0.01)していた。[ja.wikipedia.org] 牛乳摂取と高血糖の食事は、インスリンおよびIGF-1媒介PI3K/Aktの活性化により皮脂腺生成細胞とケラチン生成細胞の増殖、脂質生成・皮脂性を誘導し、ざ瘡を悪化させる。様々な症候群の一部として、ざ瘡の発生は、IGF-1とざ瘡の間の相関を支持する証拠を提供する。[ja.wikipedia.org] 乳清タンパク質の含有量が高い場合は特にIGF-1レベルの増加を誘発する。IGF-1は皮膚細胞の成長・分裂を促進し、皮脂産生、黄体形成ホルモンおよびエストロゲン産生の効果がある。したがって、乳由来タンパク質のサプリメントの使用によって誘発されたざ瘡のメカニズムに関連しうる。[ja.wikipedia.org]

  • 先端巨大症

    解決のために GH値とIGF-1値が、一旦、正常範囲に戻ったとしても、その後、とくに症状のないまま適正範囲から外れてしまうことがあります。そのため、定期的にGH値、IGF-1値を測定することで、病気がコントロールできているかどうか分かります。[acromegaly-center.jp] 治療が奏効して、血中のGHやIGF-1の濃度が低下すれば、症状も軽快します。[medical.jiji.com] 先端巨大症患者の45%が既存治療によって適切な成長ホルモン値や正常なIGF-1値を達成できていないとされる。同剤の国内外の臨床試験では、既存SSA製剤と比較して、「より多くの患者で成長ホルモンとIGF-1のコントロールを達成し、さらに著明な腫瘍体積の縮小、先端巨大症の臨床症状の改善傾向などを示した」としている。[mixonline.jp]

  • 巨人症

    先端巨大症患者の45%が既存治療によって適切な成長ホルモン値や正常なIGF-1値を達成できていないとされる。同剤の国内外の臨床試験では、既存SSA製剤と比較して、「より多くの患者で成長ホルモンとIGF-1のコントロールを達成し、さらに著明な腫瘍体積の縮小、先端巨大症の臨床症状の改善傾向などを示した」としている。[mixonline.jp] 血液検査では成長ホルモンと関連したホルモンである「IGF-1」と呼ばれるホルモンが、上昇しているかどうかを確認します。 また、糖分を経口摂取して、成長ホルモンの変化を確認する負荷試験を行います。[medicalnote.jp] 先端巨大症とは 先端巨大症とは、脳下垂体の腫瘍から成長ホルモンが過剰に分泌され、その結果肝臓からInsulin-like-growth-factor 1(以下IGF-1)が過剰に生産されて、全身に様々な症候を来たす疾患であります。このIGF-は、以前はソマトメジンCと言っておりましたので、そちらの方がなじみのある方も多いかと存じます。[medical.radionikkei.jp]

  • 成長ホルモン分泌不全

    思春期になると覚醒中にも大きなピークがみられ、1日に分泌されるGH、IGF-1が増加し、性ホルモンも加わって成長スパートを引き起こします。 適度な運動は細胞の働きを活発にしてGHの分泌を促します。また体を動かして骨にリズミカルな圧力がかかると、成長軟骨の増殖が促進されます。[sapporo-childrendo.com] 具体的には血液検査で、成長ホルモン分泌量と相関する「インスリン様成長因子-1IGF-1)」と呼ばれる値を測定します。 実際に下垂体からの分泌が低下していることを確認するために、成長ホルモンの分泌負荷試験を行うことも重要です。一回の測定でははっきりしないため、複数回行うことで成長ホルモン分泌不全低身長症の診断を行います。[medicalnote.jp] 血漿中のGHあるいはインスリン様成長因子-1IGF-1)の低値をもって診断する。治療にはヒトGHを用いる。 クロニジン刺激試験 日本獣医内科学アカデミー編 『獣医内科学(小動物編)』 文永堂出版 2005年 ISBN 4830032006[ja.wikipedia.org]

  • 不十分な食事療法

    この同調時に、インスリン値は上昇しないが、血中や肝臓でIGF-1やグルカゴンが上昇することが分かった。 これにより、タンパク質が豊富な食事では、インスリンに代わって、IGF-1やグルカゴンが同調シグナルになっていることが判明した。1型糖尿病モデルマウスに高タンパク質食を与えたときも、食事性同調が起こり、IGF-1の増大が確認された。[seikatsusyukanbyo.com] これまで、末梢時計は炭水化物に含まれるインスリンのシグナルを利用して同調することが知られていたが、今回の実験で、タンパク質が豊富な食事では「IGF-1」(インスリン様成長因子-1)や「グルカゴン」が、インスリンに代わって同調シグナルを引き起こすことが分かった。[seikatsusyukanbyo.com] これに加えて、研究グループは今回の研究で、「タンパク質」が豊富な食事がIGF-1やグルカゴンのシグナルによって、体内時計を同調させることを突き止めた。 体内時計は、「視交叉上核」という主時計と、末梢臓器にある「末梢時計」から成り立っている。[seikatsusyukanbyo.com]

  • 急性膀胱炎

    […] insulin-like growth factor(IGF)-)、結合組織増殖因子(connective tissue growth factor(CTGF))等の成長因子類、ならびに、コラーゲンおよびその構成アミノ酸であるヒドロキシプロリンがあげられる。[patents.google.com] 前記線維化マーカーは、例えば、トランスフォーミング増殖因子β(transforming growth factor(TGF)-β)、線維芽細胞増殖因子-2(fibroblast growth factor(FGF)-2)、血小板由来増殖因子(platelet-derived growth factor(PDGF))、インスリン様増殖因子-[patents.google.com]

  • 低血糖症を伴った糖尿病

    二次性低血糖症も多彩であり、 下垂体機能不全 、 成長ホルモン分泌不全症 、 ACTH単独欠損症 、 副腎不全 、 敗血症 、腎不全、肝不全、うっ血性心不全、乳酸アシドーシス、飢餓状態、 ショック 、非β細胞腫瘍(IGF-1またはIGF-2産出腫瘍)、褐色細胞腫の切除後などがあげられる。[ja.wikipedia.org]

  • 高尿酸血症

    UBE2Q2, IGF1R, NFAT5, MAF, HLFなどである。[ja.wikipedia.org] 即ち SLC11A9, SLC2A9, SLC17A1, SLC22A12, SLC22A11, SLC16A9, ABCG2, LRP2, PDZK1, GCKR, TRIM46, INHBB, INHBC, SFMBT1, TMEM171, VEGFA, BAZ1B, STC1, PRKAG2, HNF4G, A1CF, ATXN2,[ja.wikipedia.org]

  • 変形性関節症

    関節液に存在する、成長因子(IGF-1, BMP, TGF-β)が必要となります。 変形性関節症の分子生物学 変形性関節症では、軟骨細胞の増加、細胞死、細胞の形質変化が起こります。初期には、軟骨表面の細胞がわずかに死滅し、末期には軟骨損傷部に限局した軟骨細胞塊が見られます。 変形性関節症の軟骨は機械的特性も変化します。[k-24.jp]

さらなる症状