Create issue ticket

考えれる70県の原因 igf 1igfbp 3

  • 糖尿病性腸疾患

    そしてこの原因が血管障害ではなく、細胞増殖に関わるIGF-1IGFBP-3のバランスが乱れることが原因であるという可能性にたどり着く。すなわち、患者さんではIGF-1が低く、IGFBP-3が上昇している。あとはこの分子の大腸幹細胞への作用、高血糖との関係、これを標的とした治療可能性などについて様々な実験を行い、次の様な結論に達している。[aasj.jp] 高血糖は食物摂取を抑えるためのシグナルとなって肝臓のIGFBP-3産生と分泌を誘導する。分泌されたIGFBP-3IGF-1と結合して作用を抑え、幹細胞の増殖を抑える。さらにこの研究では、フリーのIGFBP-3がTMEM219と呼ばれる受容体に直接結合して幹細胞の細胞死を誘導することを発見している。[aasj.jp] タイトルは「Circulating IGF-I and IGFBP3 levels control human colonic stem cell function and are disrupted in diabetic enteropathy(血中のIGF-1IGFBP-3はヒト大腸の幹細胞機能を調節しており糖尿性腸疾患ではこの機能[aasj.jp]

  • インスリン様成長因子 1

    IGF-I: 成長ホルモンの働きにより産生される物質で、成長促進、細胞増殖やインスリンに似た作用など、さまざまな働きをする。 IGFBP-3IGFBP-1IGF-Iと結合する蛋白。[epi.ncc.go.jp] また,IGF-IおよびIGFBP-3は複数の脂質パラメータと有意な正相関を認めたが,IGFBP-1はいずれの脂質パラメータとも相関を認めなかった。[diabetes.ebm-library.jp] IGFBP-3は腎臓腫大作用を持つIGFの働きをおもに抑制する。このため、IGFBP-3が変性するとIGF-1の作用が増大し糖尿病性腎症の変化として知られている腎腫大につながる。[noastec.jp]

  • ジゴキシン抗体

    PlGF* 抗ミュラー管ホルモン* アンドロステンジオン* GH* ACTH* IGF-1* IGFBP-3* 貧血 フェリチン 葉酸 ビタミンB12 Active VB12* EPO* 代謝 インタクトPTH ビタミンD コルチゾール ホモシステイン(研究用試薬) 自己免疫性疾患 抗CCP抗体* 糖尿病 Cペプタイド インスリン アレルギー[healthcare.siemens.co.jp] T4 抗TG抗体 抗TPO抗体 TG* 腫瘍マーカー AFP CEA CA19-9 CA125 CA15-3 総PSA cPSA フリーPSA 血清HER2/neu カルシトニン* 性腺・下垂体ホルモン LH FSH プロラクチン エストラジオール プロゲステロン 総テストステロン ThCG SHBG(研究用試薬) DHEA-S sFlt-1*[healthcare.siemens.co.jp]

  • 連続したABCD1 DXS1357E欠失症候群(CADDS)

    この中で、4人は明らかに5パーセンタイルを下回る;全てに、成長因子IGF1、及びIGFBP3は低値であった。3人は成長ホルモン欠損症の証拠がある;3人はMRIで小さな下垂体を認め;そして2人は成長ホルモン療法に反応している [Weinzimer et al 1998]。 自己免疫疾患.[grj.umin.jp]

  • 家族性隔離先天性無脾症

    この中で、4人は明らかに5パーセンタイルを下回る;全てに、成長因子IGF1、及びIGFBP3は低値であった。3人は成長ホルモン欠損症の証拠がある;3人はMRIで小さな下垂体を認め;そして2人は成長ホルモン療法に反応している [Weinzimer et al 1998]。 自己免疫疾患.[grj.umin.jp]

  • サルディノ・ヌーナン症候群

    最近の研究によると, 女性の50%以上, 男性の40%近くの最終身長は正常の3%タイル以下となる一方で, 罹患者の30%は正常範囲内に到達すると報告されている. 一部の罹患者は, IGF1IGFBP3の低下及び誘発試験による反応の低下を認め, 成長ホルモン分泌障害または成長ホルモン/インスリン様増殖因子の阻害が示唆される.[grj.umin.jp]

  • バイライト - ウィンター症候群1

    IGF1IGF1結合タンパク-3IGFBP-3)を検討した最近の研究では、これらのタンパクレベルの変化と、成長ホルモン治療後の成長速度の変化には関連がなかった。[grj.umin.jp]

  • グリセロールキナーゼ不足

    の血中寿命を延長するIGFBP-3が減少、IGFをクリアランスするIGFBP-1産生が増加する。[proposal.ducr.u-tokyo.ac.jp] この研究グループでは、この代謝調節を引き起こす内分泌因子の検索を進め、成長期のラットが、全アミノ酸量が不足している食餌(窒素量が要求量に達していない食餌)や特定のアミノ酸が要求量に達していない食餌(栄養価の低い食餌)を摂取すると、プロインスリンと相同性が高いペプチドホルモンであるインスリン様成長因子(IGF)-Iの産生が低下すると同時に、IGF[proposal.ducr.u-tokyo.ac.jp]

  • 遺伝性ジフィブリノゲン血症

    31 1/26 12-02 検査の中止 ・膵分泌性トリプシンインヒビター(PSTI) ・2-5A合成酵素活性 ・バソプレシン(AVP) ・IGF結合蛋白-3IGFBP-3) ・塩基性フェトプロテイン(BFP)〈尿〉 ・HCVコア抗体(C22) ・HCVサブタイプ解析 ・抗DNA抗体《PHA》 ・トロンボモジュリン(TM)〈尿〉 ・IgE-CAP16[medience.co.jp] ・クラミジア・トラコーマチス同定DNA《ハイブリッドキャプチャー法》 ・淋菌同定DNA《液相ハイブリダイゼーション》 ・淋菌同定DNA《ハイブリッドキャプチャー法》 ・抗抗酸菌抗体(マイコドット) ・t-PA・PAI‐1複合体 ・テストステロン(尿) ・百日咳菌抗体《細菌凝集法》 3/30 12/20 2012年 12-05 検査の中止 ・バソプレシン(AVP) 3[medience.co.jp]

  • 二次口蓋心房中隔欠損

    この中で、4人は明らかに5パーセンタイルを下回る;全てに、成長因子IGF1、及びIGFBP3は低値であった。3人は成長ホルモン欠損症の証拠がある;3人はMRIで小さな下垂体を認め;そして2人は成長ホルモン療法に反応している [Weinzimer et al 1998]。 自己免疫疾患.[grj.umin.jp]

さらなる症状