Create issue ticket

考えれる29県の原因 igf 1igfbp 3

結果を表示する: Deutsch

  • 糖尿病性腸疾患

    そしてこの原因が血管障害ではなく、細胞増殖に関わるIGF-1IGFBP-3のバランスが乱れることが原因であるという可能性にたどり着く。すなわち、患者さんではIGF-1が低く、IGFBP-3が上昇している。あとはこの分子の大腸幹細胞への作用、高血糖との関係、これを標的とした治療可能性などについて様々な実験を行い、次の様な結論に達している。[aasj.jp] 高血糖は食物摂取を抑えるためのシグナルとなって肝臓のIGFBP-3産生と分泌を誘導する。分泌されたIGFBP-3IGF-1と結合して作用を抑え、幹細胞の増殖を抑える。さらにこの研究では、フリーのIGFBP-3がTMEM219と呼ばれる受容体に直接結合して幹細胞の細胞死を誘導することを発見している。[aasj.jp] タイトルは「Circulating IGF-I and IGFBP3 levels control human colonic stem cell function and are disrupted in diabetic enteropathy(血中のIGF-1IGFBP-3はヒト大腸の幹細胞機能を調節しており糖尿性腸疾患ではこの機能[aasj.jp]

  • 糖尿病

    IGF-I: 成長ホルモンの働きにより産生される物質で、成長促進、細胞増殖やインスリンに似た作用など、さまざまな働きをする。 IGFBP-3IGFBP-1IGF-Iと結合する蛋白。[epi.ncc.go.jp] 女性では、関連がみられませんでした(図1)。 IGF-I、IGFBP-3、IGFBP-1については、男女とも大腸がんリスクとの関連はみられませんでした。 C-ペプタイドは男性の結腸がんと関連 次に、男性のC-ペプタイドによる大腸がんリスクを、部位別に調べました(図2)。[epi.ncc.go.jp] IGF-Iと結合する蛋白であるIGFBP-3やIGFBP-1の値が高いと、メカニズムからいえば大腸がんリスクが低いことが考えられます。しかも、IGFBP-3は細胞増殖を抑制する経路を持つことが示されています。しかし、これまでの疫学研究の結果は必ずしも一致していません。今回の研究でも、関連がみられませんでした。[epi.ncc.go.jp]

  • 家族性前立腺癌

    .: Genetic polymorphisms in CYP17, CYP3A4, CYP19A1, SRD5A2, IGF-1, and IGFBP-3 and prostate cancer risk in African-American men: the Flint Men's Health Study.[cancerinfo.tri-kobe.org] [ 51 ] アフリカ系米国人症例131人および対照342人を対象に、アンドロゲンの生合成、活性化、代謝および分解( CYP17 、 CYP3A4 、 CYP19A1 、および SRD5A2 )および正常な前立腺細胞の分裂促進的活性と抗アポトーシス性活性の刺激( IGF-1 および IGFBP-3 )に関与するいくつかの遺伝子における多型について[cancerinfo.tri-kobe.org] Am J Epidemiol 171 (1): 1-13, 2010.[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 歯肉線維腫症-進行性難聴症候群

    最近の研究によると, 女性の50%以上, 男性の40%近くの最終身長は正常の3%タイル以下となる一方で, 罹患者の30%は正常範囲内に到達すると報告されている. 一部の罹患者は, IGF1IGFBP3の低下及び誘発試験による反応の低下を認め, 成長ホルモン分泌障害または成長ホルモン/インスリン様増殖因子の阻害が示唆される.[grj.umin.jp]

  • 先天性鼻咽腔閉鎖機能不全

    この中で、4人は明らかに5パーセンタイルを下回る;全てに、成長因子IGF1、及びIGFBP3は低値であった。3人は成長ホルモン欠損症の証拠がある;3人はMRIで小さな下垂体を認め;そして2人は成長ホルモン療法に反応している [Weinzimer et al 1998]。 自己免疫疾患.[grj.umin.jp]

  • 家族性隔離先天性無脾症

    この中で、4人は明らかに5パーセンタイルを下回る;全てに、成長因子IGF1、及びIGFBP3は低値であった。3人は成長ホルモン欠損症の証拠がある;3人はMRIで小さな下垂体を認め;そして2人は成長ホルモン療法に反応している [Weinzimer et al 1998]。 自己免疫疾患.[grj.umin.jp]

  • サルディノ・ヌーナン症候群

    最近の研究によると, 女性の50%以上, 男性の40%近くの最終身長は正常の3%タイル以下となる一方で, 罹患者の30%は正常範囲内に到達すると報告されている. 一部の罹患者は, IGF1IGFBP3の低下及び誘発試験による反応の低下を認め, 成長ホルモン分泌障害または成長ホルモン/インスリン様増殖因子の阻害が示唆される.[grj.umin.jp]

  • 遺伝性第XIII因子Aサブユニット欠乏症

    ・ヘモグロビンA1c《LA法》 ・ヘモグロビンA1c《HPLC法》 ・HDL-コレステロール ・レムナント様リポ蛋白-コレステロール (RLP-コレステロール) ・遊離コレステロール ・尿酸 ・IGF結合蛋白-3 (IGFBP-3) ・テストステロン〈尿〉 ・遊離HCG-β(HCG-β-サブユニット) ・インスリン (IRI) ・シフラ ・[medience.co.jp] 《酵素法》 ・ヘモグロビンA1c《HPLC法》 ・ヘモグロビンF ・IGF結合蛋白-3IGFBP-3) ・DUPAN-2 ・BCA225 ・CA602 ・CA54/61 ・17-KGS ・17-KGS分画 ・17-KS分画(3分画) ・17-KS分画(7分画) ・ステロイド10分画 ・プレグナンジオール(P2) ・プレグナントリオール(P3[medience.co.jp] ・アポ蛋白 AーⅠ ・アポ蛋白 AーⅡ ・アポ蛋白 B ・アポ蛋白 CーⅡ ・アポ蛋白 CーⅢ ・アポ蛋白 E ・IgG ・IgA ・IgM ・C3(β1C/β1Aグロブリン) ・C4(β1Eグロブリン) ・リウマチ因子定量 4/2 3/22 07-04 検査内容の変更 ・一般細菌検査 4/2 3/22 07-03 検査内容の変更 ・MMP-3[medience.co.jp]

  • 欠指症

    この中で、4人は明らかに5パーセンタイルを下回る;全てに、成長因子IGF1、及びIGFBP3は低値であった。3人は成長ホルモン欠損症の証拠がある;3人はMRIで小さな下垂体を認め;そして2人は成長ホルモン療法に反応している [Weinzimer et al 1998]。 自己免疫疾患.[grj.umin.jp]

  • Genee-Wiedemann症候群

    IGF1IGF1結合タンパク-3IGFBP-3)を検討した最近の研究では、これらのタンパクレベルの変化と、成長ホルモン治療後の成長速度の変化には関連がなかった。[grj.umin.jp]

さらなる症状