Create issue ticket

考えれる41県の原因 IgE、IgA、IgG 増加

  • IgE型骨髄腫

    IgGIgA、IgD、IgEのいずれかが増加し、他の免疫グロブリンは低下します。 ・原発性マクログロブリン血症…増加するM蛋白はIgMです。 ・H鎖病…まれな病気で、増殖するM蛋白はH鎖(γ、α、μ)です。 良性 ・リンパ系腫瘍によって増殖する場合 ・感染症、膠原病、癌、肝硬変などによって増殖する場合[guides.lib.kyushu-u.ac.jp] IgA型, IgD型, IgE型, BJP型に分類される.[med.m-review.co.jp] IgE増加でアレルギーが疑われる場合は、 皮膚 試験、 アレルゲン 特異IgE、マルチアレルゲンなどの検査でアレルゲンを検索する。 免疫グロブリン(IgGIgA・IgM・IgD・IgE)の検体の取り扱い 血清で凍結保存可能であるが、採血後すみやかに提出、血清分離する。[kango-roo.com]

  • 原発性免疫不全症

    3.IgG(IgG2)、IgAIgEの低下 4.T細胞数の低下、CD4陽性T細胞中CD4 CD45RA 細胞の比率の低下 5.電離放射線高感受性 リンパ球と線維芽細胞の染色体不安定性 確定診断には、ATM蛋白発現低下とATM遺伝子変異を同定する。常染色体劣性遺伝形式をとる。[nanbyou.or.jp] 9.その他: 発育不良、内分泌異常(耐糖能異常:インスリン非依存性糖尿病)、皮膚、頭髪、血管の早老性変化 B.重要な検査所見 1.αフェトプロテインの上昇(2歳以降、95%で) 2.CEAの増加(認めることがある。)[nanbyou.or.jp]

  • X連鎖低ガンマグロブリン血症

    検査成績:T細胞数の減少、PHAに対するリンパ球増殖反応の低下を認め、血清IgG2、IgG4、IgEIgAの低値を認める。α-フェトプロテインの増加や染色体の断裂、ギャップなどもしばしばみられる。 診断:副鼻腔炎や肺炎の反復に加えて毛細血管拡張症と運動失調を合併していれば診断可能であるが、乳時期には易感染性のみで診断は困難である。[med.u-toyama.ac.jp] 3.IgG(IgG2)、IgAIgEの低下 4.T細胞数の低下、CD4陽性T細胞中CD4 CD45RA 細胞の比率の低下 5.電離放射線高感受性 リンパ球と線維芽細胞の染色体不安定性 確定診断には、ATM蛋白発現低下とATM遺伝子変異を同定する。常染色体劣性遺伝形式をとる。[nanbyou.or.jp] 9.その他: 発育不良、内分泌異常(耐糖能異常:インスリン非依存性糖尿病)、皮膚、頭髪、血管の早老性変化 B.重要な検査所見 1.αフェトプロテインの上昇(2歳以降、95%で) 2.CEAの増加(認めることがある。)[nanbyou.or.jp]

  • 多発性骨髄腫

    検査成績 M蛋白の種類により,IgG型,IgA型,IgD型,IgE型,IgL型( Bence Jones蛋白(BJP)型)に分類されるが,BJP型以外では血清総蛋白が増加し,血清蛋白電気泳動でMスパイクを認める.BJP型では低ガンマグロブリン血症を認める.尿中にもIgを認め,尿蛋白電気泳動による分画検査でIgを検出する.血清と尿の免疫電気泳動[kotobank.jp] , IgA, IgD, IgM, IgE) 血清遊離軽鎖定量およびκ/λ比 骨髄形質細胞の増加,形質細胞腫の証明 骨髄穿刺・骨髄生検 フローサイトメトリーによる表面形質解析 染色体分析,FISH法 臓器障害の診断 全身骨X線検査(頭蓋骨:正・側,頸椎,胸椎,腰椎:正・側,肋骨:正面,骨盤骨:正面,左右の上腕骨:正面,左右の前腕骨:正面,左右[jshem.or.jp] 尿酸,血糖,BUN,クレアチニン,ナトリウム,カリウム,カルシウム,蛋白分画,β 2 ミクログロブリン,CRP),HBs抗原,HBc抗体,HBs抗体,HCV抗体,HIV抗体,胸部X線検査,心電図,動脈血酸素飽和度 M蛋白の同定と定量 蛋白分画(血清,尿),24時間尿蛋白定量 免疫電気泳動法(血清,尿),または免疫固定法 免疫グロブリン定量(IgG[jshem.or.jp]

  • 先天性好中球減少症

    , IgA, IgE低下, IgM増加 WHIM症候群 CXCR4 AD myelokathexis, IgG低下, 疣贅 WASP変異に伴うSCN WAS XR 単球減少, 血小板数正常 Reticular dysgenesis 不明 重症複合型免疫不全 5)代謝異常等に合併する好中球減少症 糖原病Ib型 G6PT1 AR 低血糖, 肝腫大[emeneki.com] Gricelli syndrome type 2 RAB27A AR 部分白皮症, 血小板減少, T/B/NK細胞機能異常 MAPBPIP変異に伴う先天性好中球減少症 MAPBPIP AR 部分白皮症, 低身長, IgM低下 4) 免疫異常に合併する好中球減少症 高IgM症候群(HIGM1, HIGM3) CD40L/CD40 CR/AR IgG[emeneki.com]

  • 特発性好中球減少症

    , IgA, IgE低下, IgM増加 WHIM症候群 CXCR4 AD myelokathexis, IgG低下, 疣贅 WASP変異に伴うSCN WAS XR 単球減少, 血小板数正常 Reticular dysgenesis 不明 重症複合型免疫不全 5)代謝異常等に合併する好中球減少症 糖原病Ib型 G6PT1 AR 低血糖, 肝腫大[emeneki.com] Gricelli syndrome type 2 RAB27A AR 部分白皮症, 血小板減少, T/B/NK細胞機能異常 MAPBPIP変異に伴う先天性好中球減少症 MAPBPIP AR 部分白皮症, 低身長, IgM低下 4) 免疫異常に合併する好中球減少症 高IgM症候群(HIGM1, HIGM3) CD40L/CD40 CR/AR IgG[emeneki.com]

  • 重鎖病

    IgGIgA、IgD、IgEのいずれかが増加し、他の免疫グロブリンは低下します。 ・原発性マクログロブリン血症…増加するM蛋白はIgMです。 ・H鎖病…まれな病気で、増殖するM蛋白はH鎖(γ、α、μ)です。 良性 ・リンパ系腫瘍によって増殖する場合 ・感染症、膠原病、癌、肝硬変などによって増殖する場合[guides.lib.kyushu-u.ac.jp]

  • 免疫不全を伴うラロン症候群

    3.IgG(IgG2)、IgAIgEの低下 4.T細胞数の低下、CD4陽性T細胞中CD4 CD45RA 細胞の比率の低下 5.電離放射線高感受性 リンパ球と線維芽細胞の染色体不安定性 確定診断には、ATM蛋白発現低下とATM遺伝子変異を同定する。常染色体劣性遺伝形式をとる。[nanbyou.or.jp] 9.その他: 発育不良、内分泌異常(耐糖能異常:インスリン非依存性糖尿病)、皮膚、頭髪、血管の早老性変化 B.重要な検査所見 1.αフェトプロテインの上昇(2歳以降、95%で) 2.CEAの増加(認めることがある。)[nanbyou.or.jp]

  • 意義不明の単クローン性ガンマグロブリン血症

    3.IgG(IgG2)、IgAIgEの低下 4.T細胞数の低下、CD4陽性T細胞中CD4 CD45RA 細胞の比率の低下 5.電離放射線高感受性 リンパ球と線維芽細胞の染色体不安定性 確定診断には、ATM蛋白発現低下とATM遺伝子変異を同定する。常染色体劣性遺伝形式をとる。[nanbyou.or.jp] , IgA, IgD, IgM, IgE) 血清遊離軽鎖定量およびκ/λ比 骨髄形質細胞の増加,形質細胞腫の証明 骨髄穿刺・骨髄生検 フローサイトメトリーによる表面形質解析 染色体分析,FISH法 臓器障害の診断 全身骨X線検査(頭蓋骨:正・側,頸椎,胸椎,腰椎:正・側,肋骨:正面,骨盤骨:正面,左右の上腕骨:正面,左右の前腕骨:正面,左右[jshem.or.jp] 9.その他: 発育不良、内分泌異常(耐糖能異常:インスリン非依存性糖尿病)、皮膚、頭髪、血管の早老性変化 B.重要な検査所見 1.αフェトプロテインの上昇(2歳以降、95%で) 2.CEAの増加(認めることがある。)[nanbyou.or.jp]

  • 単クローン性ガンマグロブリン血症

    3.IgG(IgG2)、IgAIgEの低下 4.T細胞数の低下、CD4陽性T細胞中CD4 CD45RA 細胞の比率の低下 5.電離放射線高感受性 リンパ球と線維芽細胞の染色体不安定性 確定診断には、ATM蛋白発現低下とATM遺伝子変異を同定する。常染色体劣性遺伝形式をとる。[nanbyou.or.jp] , IgA, IgD, IgM, IgE) 血清遊離軽鎖定量およびκ/λ比 骨髄形質細胞の増加,形質細胞腫の証明 骨髄穿刺・骨髄生検 フローサイトメトリーによる表面形質解析 染色体分析,FISH法 臓器障害の診断 全身骨X線検査(頭蓋骨:正・側,頸椎,胸椎,腰椎:正・側,肋骨:正面,骨盤骨:正面,左右の上腕骨:正面,左右の前腕骨:正面,左右[jshem.or.jp] 9.その他: 発育不良、内分泌異常(耐糖能異常:インスリン非依存性糖尿病)、皮膚、頭髪、血管の早老性変化 B.重要な検査所見 1.αフェトプロテインの上昇(2歳以降、95%で) 2.CEAの増加(認めることがある。)[nanbyou.or.jp]

さらなる症状