Create issue ticket

考えれる5県の原因 igd igm cd27 b

結果を表示する: Deutsch

  • L鎖病

    末梢血B細胞の90%はIgM で、その大半はIgM IgD のna ve B細胞であり、IgM IgD - B細胞には体細胞突然変異が認められるためmemory B細胞と考えられている。IgM IgD B細胞でもCD27 を示すものはmemory B細胞であることが分かっている。CD5 B細胞はIgM IgD - である。[beckmancoulter.co.jp]

  • 分類不能型免疫不全症

    Fig.2 に末梢でのB細胞分化段階を示した。患者末梢血にはnaïve B細胞は存在するが,クラススイッチ記憶B細胞(CD20 CD27 IgMIgD-細胞)や形質芽球は減少が認められる。この所見はCVIDの主幹となる免疫学的特徴といえる。[myschedule.jp] 一方B細胞数が1%未満というものもあり,B細胞欠損症との異同は,B細胞がゼロでない限りは表面抗原分析上明確ではない。 その他の免疫異常としては,T細胞新生能の低下,T細胞増殖能の低下,T細胞シグナル伝達異常,サイトカイン産生異常,アポトーシスの異常や,TCR Vβ repertoireの偏り等が報告されている。[myschedule.jp]

  • 低ガンマグロブリン血症

    Fig.2 に末梢でのB細胞分化段階を示した。患者末梢血にはnaïve B細胞は存在するが,クラススイッチ記憶B細胞(CD20 CD27 IgMIgD-細胞)や形質芽球は減少が認められる。この所見はCVIDの主幹となる免疫学的特徴といえる。[myschedule.jp] 一方B細胞数が1%未満というものもあり,B細胞欠損症との異同は,B細胞がゼロでない限りは表面抗原分析上明確ではない。 その他の免疫異常としては,T細胞新生能の低下,T細胞増殖能の低下,T細胞シグナル伝達異常,サイトカイン産生異常,アポトーシスの異常や,TCR Vβ repertoireの偏り等が報告されている。[myschedule.jp]

  • LIG4 症候群

    Fig.2 に末梢でのB細胞分化段階を示した。患者末梢血にはnaïve B細胞は存在するが,クラススイッチ記憶B細胞(CD20 CD27 IgMIgD-細胞)や形質芽球は減少が認められる。この所見はCVIDの主幹となる免疫学的特徴といえる。[myschedule.jp] 一方B細胞数が1%未満というものもあり,B細胞欠損症との異同は,B細胞がゼロでない限りは表面抗原分析上明確ではない。 その他の免疫異常としては,T細胞新生能の低下,T細胞増殖能の低下,T細胞シグナル伝達異常,サイトカイン産生異常,アポトーシスの異常や,TCR Vβ repertoireの偏り等が報告されている。[myschedule.jp]

  • 免疫不全症、変異性

    Fig.2 に末梢でのB細胞分化段階を示した。患者末梢血にはnaïve B細胞は存在するが,クラススイッチ記憶B細胞(CD20 CD27 IgMIgD-細胞)や形質芽球は減少が認められる。この所見はCVIDの主幹となる免疫学的特徴といえる。[myschedule.jp] 一方B細胞数が1%未満というものもあり,B細胞欠損症との異同は,B細胞がゼロでない限りは表面抗原分析上明確ではない。 その他の免疫異常としては,T細胞新生能の低下,T細胞増殖能の低下,T細胞シグナル伝達異常,サイトカイン産生異常,アポトーシスの異常や,TCR Vβ repertoireの偏り等が報告されている。[myschedule.jp]

さらなる症状