Create issue ticket

考えれる230県の原因 ifn

結果を表示する: Deutsch

  • 多発性硬化症

    しかしTh2細胞の産出するIL-4やIL-5は抗体産出の方向へ免疫応答を促進させるため自己抗体が関与する膠原病合併患者ではIFNβの積極的使用は推奨されていない。IFNβは糖鎖の有無によってIFNβ-1b(ベタフェロン、隔日皮下注)とIFNβ-1a(アボネックス、週1回筋注)がある。[ja.wikipedia.org] 通常、再発寛解型MSまたは二次性進行型MSで再発が重畳している場合やMRIで造影病巣が認められる場合に、IFNβ-1bを800万単位隔日皮下注、 またはIFNβ-1aを30μg週1回筋注する。病初期から慢性進行性の経過をとる一次性進行型MSでは、障害の進行を防止する効果は証明されていない。[bsd.neuroinf.jp] IFNβ治療は妊娠中は禁忌であり避妊が必要である。また小紫胡湯の併用で間質性肺炎がおこることがある。 IFNβ製剤は蛋白製剤であるため、IFNβに対する免疫応答の結果、中和抗体が出現することがある。[ja.wikipedia.org]

  • C型肝炎

    PEG-IFNα2a Ribavirin PEG-IFNα2b Ribavirin また以下のIFNを用いることもあった。[ja.wikipedia.org] インターフェロン治療(IFN) インターフェロン (IFNα) を基本とし、IFNα単独療法から、IFNα2b Ribavirin(リバビリン)併用療法が開発され発展してきた。以下のポリエチレングリコールを付加し体内停滞時間を持続させたペグインターフェロン (PEG-IFNα) リバビリンの併用療法が一般的であった。[ja.wikipedia.org] IFNα IFNα:肝硬変進行例でも適応 IFNβ:肝硬変進行例でも適応 Consensus-IFNα・IFNαcon1直接作用型抗ウイルス薬(Direct acting Antiviral Agents:DAAs) 現在では以下の直接作用型抗ウイルス薬(Direct acting Antiviral Agents:DAAs)が開発され、治療成績[ja.wikipedia.org]

  • 薬物性特有の肝炎

    IFN治療にはインフルエンザ症状などの特有の副作用はあるものの、治療反応後には薬剤の継続の必要性がなくなる大きな利点があります。 しかしPeg-IFNによる治療効果が得られるのはHBe抗原陽性で20から30%、HBe抗原陰性では20から40%にとどまります。また、肝硬変の方には今のところ保険適応はありません。[ncgmkohnodai.go.jp] HBVに対する有効な抗ウイルス薬は、IFNと核酸アナログ製剤の2剤に大きく分けられます。 IFN療法が奏功すればIFN投与を中止してからも、そのままHBVは増殖せず肝炎は沈静化しますが、IFN療法の奏功率は30-40%です。[hospital.osaka-med.ac.jp] 治療法では、ペグインターフェロン(IFN)、リバビリンに加えて、新しくプロテアーゼ阻害薬が登場している。 特にIFNの副作用に注意する。 治療開始1 2週間で出現:発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、食欲不振、全身倦怠感など。 治療中:脱毛は治療終了後に元に戻る。うつ状態が現れたらIFN を中止する。 どんな疾患・病態?[nurseful.jp]

  • 肝炎

    抄録 IFN無効例を含めC型慢性肝炎には貯蔵鉄があり, 鉄依存性ラジカル産生に基づく細胞障害は肝炎活動性の一端を担う. それを排除する工夫は大切であり, 瀉血により潜在的鉄欠乏状態を維持するのが簡単で経済的でもある.[doi.org] B型肝炎は、HBV遺伝子型により治療効果が異なるため、遺伝子型を測定して治療法を決定することが望ましく、特に、遺伝子型A,Bは、35歳以上でもIFNの効果が高率であることから、第一選択として望ましいのはIFN投与です。[kansensho.jp] B型肝炎は、HBV遺伝子型により治療効果が異なるため、遺伝子型を測定して治療法を決定することが望ましく、特に、遺伝子型A,Bは、35歳以上でもIFNの効果が高率であることから、第一選択はIFN投与が望ましい。IFNの投与期間は、24週間を原則とするが、有効症例(HBV DNA低下、ALT値正常化)は、48週間投与が望ましい。[niid.go.jp]

  • 肺淡明細胞癌

    スニチニブ 無治療の転移性腎癌(淡明型細胞癌)750例を対象に無作為比較対照試験として、スニチニブあるいはIFN-αの投与を行ったところ、無増悪生存期間は11ヶ月と5ヶ月であり、有意にスニチニブで延長を認めました (Motzer RJ et al, N Engl J Med, 356, 2007)。[keio-urology.jp] 従来、標準治療としては、 インターフェロンα (IFNα)、 インターフェロンγ (IFNγ)、IL-2が投与されていた。ただし、腎癌を対象とする新たな分子標的薬の開発が進み、腎癌の薬物療法が大きく様変わりしつつある。[medical.nikkeibp.co.jp] […] a) サイトカイン療法 サイトカイン療法には、インターフェロンα(IFNα)と、インターロイキン2(IL2)があります。IFNαは皮下あるいは筋肉注射で、IL2は点滴 静注にて投与します。[tokushima-u-uro.jp]

  • 反応性うつ病

    たとえば、うつ状態を起こす薬剤として知られているもののひとつにインターフェロン(IFN)があります。IFNによるうつ状態の原因は、血液の中からわずかに脳内に移行したIFNの作用、副腎皮質や甲状腺を介する作用、ドパミンやインターロイキンなどに関係する作用などが関係しているといわれ、とても複雑です。[shingaclinic.com]

  • B型肝炎ウイルス

    IFN療法が奏効すればIFN投与を中止してからも、そのままHBVは増殖せず肝炎は鎮静化します。しかしIFNの効果が不十分でHBe抗原が陰性化しない症例、IFNを中止するとHBVが再度増えて肝炎が再燃する症例も多く、IFN療法の奏効率は30-40%と言われています。[kanen.ncgm.go.jp] インターフェロン(IFNIFNα (スミフェロン、オーアイエフ) IFNα2b(イントロンA) IFNβ (IFN、フエロン) PEG-IFNα2a(ペガシス)核酸アナログ製剤ラミブジン Lamivudine(ゼフィックス Zefix ):LAM元々HIV治療薬として開発された。[ja.wikipedia.org] HBVに対する抗ウイルス薬 IFN(注射薬)と核酸アナログ製剤(内服薬)の2剤に大きく分けられます。 IFN療法 慢性肝炎の状態にある患者さんが治療の対象になります。B型慢性肝炎に対するIFN治療は、HBe抗原の有無にかかわらず、ペグインターフェロンα2a製剤での週1回48週間投与が保険適用となっています。[kanen.ncgm.go.jp]

  • 内因性うつ病

    たとえば、うつ状態を起こす薬剤として知られているもののひとつにインターフェロン(IFN)があります。IFNによるうつ状態の原因は、血液の中からわずかに脳内に移行したIFNの作用、副腎皮質や甲状腺を介する作用、ドパミンやインターロイキンなどに関係する作用などが関係しているといわれ、とても複雑です。[shingaclinic.com]

  • 気分変調性障害

    たとえば、うつ状態を起こす薬剤として知られているもののひとつにインターフェロン(IFN)があります。IFNによるうつ状態の原因は、血液の中からわずかに脳内に移行したIFNの作用、副腎皮質や甲状腺を介する作用、ドパミンやインターロイキンなどに関係する作用などが関係しているといわれ、とても複雑です。[shingaclinic.com]

  • 過敏症

    Kato A, Ogasawara T, Homma T, Saito H, Matsumoto K: lipopolysaccharide-binding protein critically regulates lipopolysaccharide-induced IFN- a / b signaling pathway in human[nrichd.ncchd.go.jp]

さらなる症状