Create issue ticket

考えれる629県の原因 ib

結果を表示する: English

  • 子宮頸部異形成

    期 臨床的に明らかな病変が子宮頸部に限局するもの、または臨床的に明らかではないがIAを超えるもの IB1期 病変が4 以内のもの IB2期 病変が4 を超えるもの II期:がんが子宮頸部を超えて広がっているが、骨盤壁または膣壁下1/3には達していないもの IIA期 膣壁浸潤が認められるが、子宮傍組織浸潤は認められないもの IIA1期 病変が[tokushukai.or.jp] 子宮体がんの病期 I期:がんが子宮頸部に限局するもの(体部浸潤の有無は考慮しない) IA期 組織学的にのみ診断できる浸潤がんで、浸潤の深さが5 以内、縦軸方向の広がりが7 を超えないもの IA1期 間質浸潤の深さが3 以内、縦軸方向の広がりが7 を超えないもの IA2期 間質浸潤の深さが3 を超えるが5 以内、広がりが7 を超えないもの IB[tokushukai.or.jp] 子宮傍組織浸潤が骨盤壁にまで達しているもの、または明らかな水腎症や腎臓が無機能になったもの IV期:がんが小骨盤腔を超えて広がるか、膀胱・直腸粘膜をおかすもの IVA期 膀胱や直腸粘膜への浸潤があるもの IVB期 小骨盤腔を超えてがんが広がるもの 表2 臨床進行期と治療 臨床進行期 治療 IA1 子宮頸部円錐切除単純子宮全摘術 IA2、IB[tokushukai.or.jp]

  • 頚管拡張子宮内膜掻爬術

    子宮内膜がんでは、以下のような病期が用いられます: I期 IA期およびIB期の子宮内膜がん。IA期では、がんは子宮内膜にのみ存在するか、または子宮筋層(子宮を構成する筋肉の層)の中間より内側に拡がっています。IB期では、がんは子宮筋層の中間より外側に拡がっています。 I期 では、 がん が 子宮 内のみに認められます。[cancerinfo.tri-kobe.org] I期は、がんの拡がりの程度に応じてIA期とIB期に分けられます。 II期 II期子宮内膜がん。がんは子宮頸部の結合組織に拡がっていますが、子宮の外には拡がっていません。 II期 では、 がん が 子宮頸部 の 結合組織 に拡がっていますが、 子宮 の外には拡がっていません。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 卵巣の脂質細胞腫瘍

    I期はさらにIA期、IB期、IC期に分けられます。 IA期 :がんが片側の 卵巣 内にのみ認められる。 IB期 :がんが両側の 卵巣 内に認められる。[cancerinfo.tri-kobe.org] I期はIA期、IB期、IC期に分かれます: IA期: がんは片側の卵巣の内側にのみ存在します。 IB期: がんは両側の卵巣の内側に存在します。 IC期: がんは片側または両側の卵巣の内側に存在し、以下の場合があります: がんは片側または両側の卵巣の外側の表面に見られます。[imic.or.jp] 表4 卵巣癌の進行期分類(FIGO 1985) I期:卵巣に限局 Ia期:片側卵巣に限局 Ib期:両側卵巣に限局 Ic期:卵巣表面に浸潤,皮膜破綻, 腹水または腹腔洗浄細胞診にて陽性 II期:骨盤内に進展 IIa期:子宮,卵管に及ぶ IIb期:他の骨盤内組織に及ぶ IIc期:卵巣表面に浸潤,皮膜破綻, 腹水または腹腔洗浄細胞診にて陽性 III[hospital.japanpost.jp]

  • 上皮性卵巣癌

    漿液性腺癌/その他の組織型 2) 登録施設 3) 臨床病期 FIGO Ia 期/ Ib 期 vs Ic(b)期 A 群:補助化学療法群(標準治療群): 以下、いずれかの治療法にて実施するが、サイクル数は施設の治療方針に委ねる。[rctportal.niph.go.jp] Ib1期: 1)広範子宮全摘術、骨盤リンパ節郭清または下腸間膜動脈までの傍大動脈リンパ節廓清を 追加、扁平上皮癌であまり進行していない場合は卵巣温存は可能。 2)放射線治療 ※Ib2期?[tokudai-ganrenkei.jp] 【成績】組織型の内訳は,漿液性癌16,類内膜癌66,粘液性癌36,明細胞癌73,混合性腺癌10,その他4で,進行期の内訳はIa期87例,Ib期2例,Ic期116例だった.観察中の死亡は12例,そのうち原病死は10例で5年生存割合は95.8%,再発は19例で5年無再発生存割合は92.9%だった.初再発部位は温存卵巣2,腹腔内11,遠隔臓器3,[micenavi.jp]

  • 子宮頸癌

    子宮頸癌の進行期は軽度のものから順に0期、IA1期、IA2期、IB1期、IB2期、II期、III期、IV期に分類される。 0期(上皮内癌)は癌が粘膜層にとどまっている段階であり、異形成と同様に円錐切除術で完治可能。しかし、挙児希望がなければ子宮全摘術を行うこともある。[ja.wikipedia.org] Randomised study of radical surgery versus radiotherapy for stage Ib-IIa cervical cancer.[u-tokyo-rad.jp] Ia2期には、下記Ib期と同様に広汎性子宮全摘術が行われます。 Ib期、II期: 広汎性子宮全摘術(子宮の周囲を含めて広く切除する手術)とともに、場合により、放射線治療や化学療法が追加されます。[ise.jrc.or.jp]

  • 再発小細胞肺癌

    StageI 4cm 10% IALT (NEJM2004) I,II,III CDDP base 4% CALGB9633 (ASCO2004,JCO2008) IB CBDCA/PTX 4yOS 12% 6yOS NS, but 4cm JapaneseUFT (NEJM2005) IB UFTx2y 11% メタアナリシス LACE[kameda.com] 補助療法の効果を示した臨床試験 前向きランダム化試験 Stage regimen RT 5y OS benefit ANITA (Lancet Onc2006) IB,II,III CDDP/VNB PORT OK 24% 8.6% JBR10 (NEJM2005) IB,II(not T3,N0) CDDP/VNB Stage II 15%[kameda.com] 現在計画中 使用するレジメン プラチナベースを4サイクル CDDP/VNB(JBR10または埼玉医大変法) 非扁平上皮癌にはCDDP/pemetrexedでも良い CDDPが入らないときカルボプラチンでも良い Stage IBだけ日本の試験に沿ってUFT単剤を2年間内服でも良い LCNECは小細胞癌レジメンであるCDDP/VP-16などを使用[kameda.com]

  • 外陰炎

    ただし、Ib期同様挙児に対する考え方は様々で、十分な説明と同意(インフォームドコンセント)が必要になる。[www2.nms.ac.jp] IbからIIb期 非妊娠時であれば広汎子宮全摘術の適応となる。妊娠21週未満であれば、妊娠子宮ごと広汎子宮全摘術、妊娠22週以降であれば帝王切開と同時に広汎子宮全摘術が原則となる。[www2.nms.ac.jp] 分類 治療方針 妊娠中 非妊娠時 子宮頸部異形成 軽 度 中等度 高 度 経過観察 経過観察 経過観察 円錐切除術 上皮内癌 経過観察 円錐切除術 進行期癌 Ia期 円錐切除術 円錐切除術or単純子宮全摘術 Ib期 IIa期 IIb期 帝王切開、広汎子宮全摘術 広汎子宮全摘術 III期 IV期 帝王切開後 放射線療法、化学療法 放射線療法、[www2.nms.ac.jp]

  • 肺扁平上皮癌

    手術をした場合の5年生存率は、病期I期(Ia、Ib期):70%、II期(IIa、IIb期):50%、IIIa期:25%といわれています。手術が適切でないIII期で、放射線療法と化学療法の合併療法を受けた場合、2年生存率は30 40%です。[osaka-med.ac.jp] 結果 年齢は37 84歳(中央値70歳),男性122,女性11.喫煙指数は0 3180(中央値1140).臨床病期はIA/IB/IIA/IIB/IIIA/IIIB 60/32/16/12/12/1.術前CEAは1.3 134.3ng/ml(中央値4.9),高値群64,術前SCCは0.1 13.1ng/ml(中央値1.2),高値群39.術式は[haigan.gr.jp] 外科切除例の病理で検討した病期の5年生存率はIA期、IB期は79.2%、60.1%、IIA期、IIB期は58.6%、42.2%、IIIA期、IIIB期は28.4%、20.0%、IV期は19.3%でした。この統計には小細胞肺がんが3。4%含まれています。[jikei.ac.jp]

  • 子宮内膜間質肉腫

    臨床進行期(FIGO2008)は、IA期3例、IB期2例、IIA期2例であった。主訴は不正出血3例、過多月経1例、骨盤内腫瘤3例であり、1例が乳癌術後でタモキシフェン内服していた。6例でMRI施行され、4例で悪性腫瘍の可能性が指摘されていた。子宮口付近に腫瘍を認めた3例で生検が施行され、3例とも肉腫の可能性が示唆されていた。[archive.jsco.or.jp] 【成績】平均年齢は55歳(45‐83)、進行期はI期2例(Ia:0例, Ib:2例)、II期3例(IIa:2例, IIb:1例)、III期0例、IV期1例(IVa:0例, IVb:1例)であった。主訴に不正出血を認めた症例が4例、下腹部痛を認めた症例が4例であった。[archive.jsco.or.jp] その最も大きな理由は、子宮体癌の約70%の患者さんが進行期I期で、約60%が進行期IA期からIB期の早期で診断されることです。解りやすく言えば不正性器出血等の症状があってから子宮体癌と診断されても、その時点では約60%が早期であり、きちんと治療すれば約80%は治癒する、ということです。[pref.aichi.jp]

  • 子宮内膜増殖症

    表1 子宮体がんの病期 I期 がんが子宮体部にのみ存在するもの IA がんが子宮筋層の1/2以内にとどまるもの IB がんが子宮筋層の1/2を超えて浸潤するもの II期 がんが子宮体部超えて子宮頸部間質に浸潤したもの III期 がんが子宮外に広がっているもの。[tokushukai.or.jp]

さらなる症状