Create issue ticket

考えれる12県の原因 htr1a

  • 慢性疲労症候群

    患者の約半数の血液中に、自己免疫疾患の患者の血液中だけにみられるCHRM1(ムスカリン1型アセチルコリン受容体)抗体という特殊たんぱくが見つかっており、その他 OPRM1(オピオイドμ受容体)、HTR1A(セロトニン1A受容体)、DRD2(ドーパミンD2受容体)も血液中に存在する患者が存在する。[ja.wikipedia.org]

  • エルゴタミン

    , セロトニン受容体拮抗薬 コメント 麦角アルカロイド ターゲット ADRA1 [HSA: 148 147 146 ] [KO: K04135 K04136 K04137 ] HTR1A [HSA: 3350 ] [KO: K04153 ] HTR1B [HSA: 3351 ] [KO: K04153 ] HTR1D [HSA: 3352[genome.jp] D07906 Ergotamine (INN) Serotonin HTR1A D07906 Ergotamine (INN) HTR1B D07906 Ergotamine (INN) HTR1D D07906 Ergotamine (INN) リンク CAS: 113-15-5 PubChem: 96024602 ChEBI: 64318[genome.jp] D07906 エルゴタミン セロトニン HTR1A D07906 エルゴタミン HTR1B D07906 エルゴタミン HTR1D D07906 エルゴタミン リンク CAS: 113-15-5 PubChem: 96024602 ChEBI: 64318 ChEMBL: CHEMBL442 DrugBank: DB00696 PDB-CCD[genome.jp]

  • 分離コハク酸-CoQ 還元酵素欠乏

    DISC1 [HSA: 27185 ] [KO: K16534 ] DISC2 [HSA: 27184 ] SYN2 [HSA: 6854 ] [KO: K19941 ] DRD3 [HSA: 1814 ] [KO: K04146 ] RTN4R [HSA: 65078 ] [KO: K16659 ] DAOA [HSA: 267012 ] HTR2A[kegg.jp] [HSA: 3356 ] [KO: K04157 ] AKT1 [HSA: 207 ] [KO: K04456 ] C4A [HSA: 720 ] [KO: K03989 ] APOL2 [HSA: 23780 ] [KO: K14480 ] APOL4 [HSA: 80832 ] [KO: K14480 ] H01763 ポルフィリン症[kegg.jp]

  • 中程度に区別された胸腺神経内分泌癌

    OPRM1 (polymorphism) [HSA: 4988 ] [KO: K04215 ] DRD2 (polymorphism) [HSA: 1813 ] [KO: K04145 ] HTR2A (polymorphism) [HSA: 3356 ] [KO: K04157 ] GABRA2 (polymorphism) [HSA:[kegg.jp] 精神及び行動の障害 hsa05034 Alcoholism ALDH2 (polymorphism) [HSA: 217 ] [KO: K00128 ] ADH1B (polymorphism) [HSA: 125 ] [KO: K13951 ] ADH1C (polymorphism) [HSA: 126 ] [KO: K13951 ][kegg.jp]

  • ブーメラン異形成症

    DISC1 [HSA: 27185 ] [KO: K16534 ] DISC2 [HSA: 27184 ] SYN2 [HSA: 6854 ] [KO: K19941 ] DRD3 [HSA: 1814 ] [KO: K04146 ] RTN4R [HSA: 65078 ] [KO: K16659 ] DAOA [HSA: 267012 ] HTR2A[kegg.jp] [HSA: 3356 ] [KO: K04157 ] AKT1 [HSA: 207 ] [KO: K044 56 ] C4A [HSA: 720 ] [KO: K03989 ] APOL2 [HSA: 23780 ] [KO: K14480 ] APOL4 [HSA: 80832 ] [KO: K14480 ] H01667 髄芽腫 髄芽腫[kegg.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症 3型

    2 Ca 2 透過性 — Y/C ADAR2 Ca 2 透過性 — HTR2C セロトニン受容体2C (5-HTR2C) A, B部位 I/V, I/M ADAR1 Gタンパク質の結合 うつ病 C, E部位 N/S, N/G, N/D ADAR1, 2 Gタンパク質の結合 統合失調症 D部位 I/V ADAR2 Gタンパク質の結合 不安症[seikagaku.jbsoc.or.jp] GluR3) R/G ADAR1, 2 受容体脱感作 — GRIA4 GluA4 (GluR4) R/G ADAR1, 2 受容体脱感作 — GRIK1 GluK1 (GluR5) Q/R ADAR1, 2 Ca 2 透過性 — GRIK2 GluK2 (GluR6) Q/R ADAR1, 2 Ca 2 透過性 てんかん I/V ADAR1,[seikagaku.jbsoc.or.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症 5型

    2 Ca 2 透過性 — Y/C ADAR2 Ca 2 透過性 — HTR2C セロトニン受容体2C (5-HTR2C) A, B部位 I/V, I/M ADAR1 Gタンパク質の結合 うつ病 C, E部位 N/S, N/G, N/D ADAR1, 2 Gタンパク質の結合 統合失調症 D部位 I/V ADAR2 Gタンパク質の結合 不安症[seikagaku.jbsoc.or.jp] GluR3) R/G ADAR1, 2 受容体脱感作 — GRIA4 GluA4 (GluR4) R/G ADAR1, 2 受容体脱感作 — GRIK1 GluK1 (GluR5) Q/R ADAR1, 2 Ca 2 透過性 — GRIK2 GluK2 (GluR6) Q/R ADAR1, 2 Ca 2 透過性 てんかん I/V ADAR1,[seikagaku.jbsoc.or.jp]

  • アデニンホスホリボシル転移酵素欠乏

    113ql4.2第13染色体ESDエステラーゼD13q14.1-q14.2第13染色体HTR2Aセロトニン受容体2A13q14-q21第13染色体XRSX線感受性13q14第13染色体PCDH20プロトカドヘリン2013q21第13染色体BRCA3乳がん感受性13q21第13染色体ERCC5除去修復第5相補性13q33第13染色体GPC5グリピカン[rikanenpyo.jp] 若年発症成人型糖尿病12q24.2第12染色体POLEDNA合成酵素ε12q24.3第13染色体RNR1リボソームRNA13p12第13染色体SGCGサルコグリカンγ13q12第13染色体MBS1メビウス症候群13q12.2第13染色体CDX2ホメオボックス転写因子-213q12.3第13染色体NBEAニューロベアチン13q13第13染色体RB1網膜芽細胞腫[rikanenpyo.jp]

  • 寒冷誘導発刊症候群 2型

    患者の約半数の血液中に、自己免疫疾患の患者の血液中だけにみられるCHRM1(ムスカリン1型アセチルコリン受容体)抗体という特殊たんぱくが見つかっており、その他 OPRM1(オピオイドμ受容体)、HTR1A(セロトニン1A受容体)、DRD2(ドーパミンD2受容体)も血液中に存在する患者が存在する。[ja.wikipedia.org]

  • グラニセトロン

    [HSA: 9177 ] [KO: K04819 ] パスウェイ hsa04726 セロトニン作動性シナプス 代謝 Enzyme: CYP3A4 [HSA: 1576 ], CYP1A1 [HSA: 1543 ] 相互作用 構造マップ map07211 セロトニン受容体の作動薬と拮抗薬 階層分類 医療用医薬品のATC分類 [BR: jp08303[genome.jp] 受容体拮抗薬 代謝酵素基質薬 DG01891 CYP1A1基質薬 DG02913 CYP3A4基質薬 コード 同一コード: C07023 ATCコード: A04AA02 化学構造グループ: DG00061 商品 (DG00061): D04370 US D00677 JP / US 効能 制吐薬, セロトニン5-HT3受容体拮抗薬 ターゲット HTR3B[genome.jp]

さらなる症状