Create issue ticket

考えれる120県の原因 HLA-DR8

  • 内分泌機能不全

    1型,2型,および3型の多腺性機能不全症候群の特徴 特徴 1型 2型 3型 人口統計学 発症年齢 小児期(3 5歳) 成人期(30歳ピーク) 成人(特に中年女性) 女性:男性 4:3 3:1 N/A 遺伝学 HLA型 本疾患の特定の構成要素の発現に影響する場合がある 主に,B8,DW3,DR3,DR4 特定の疾患では他の型 DR3,DR4[msdmanuals.com]

  • 若年性血清陰性多発性関節炎

    19[…][rheuma-net.or.jp]

  • Duhring疱疹状皮膚炎

    非常にしばしば、同時にグルテン性腸症ならびにHLA-クラスⅡ-抗体HLA-B8およびHLA-DR3との関連が存在する。多数の自己抗体が数例の患者において確認された。 同義語 デューリング疱疹状皮膚炎, デューリング-ブロック病, 水疱性水疱症, 疱疹状水疱症 イメージ 24 Bilder für diese Diagnose[dermis.net] HLAはB8, DR3, DQw2は陰性で, 血中の抗gliadin IgG抗体, 抗gliadin IgA抗体, 抗reticulin IgA抗体, 抗endomysium IgA抗体はすべて検出されなかった。[jstage.jst.go.jp]

  • 前部ぶどう膜炎

    またDR8(DRB1 *0803)がぶどう膜炎ありでは12例(63.2%)、なしでは1例(4.8%)であり、相対危険度34.3で有意差がみられた。 結論:ASのぶどう膜炎の発症にHLA-DR8(DRB1 *0803)が関連すると考えられた。[kaken.nii.ac.jp] ぶどう膜炎の併発の有無で検討するとぶどう膜炎ありではB27が17例(89.5%)、なしでは17例(81.0%)、B27の対立遺伝子ではぶどう膜炎ありがB *2704、14例(82.4%)、B *2705、3例(17.6%)、なしがB *2704、16例(94.1%)、B *2705、1例(5.9%)であり、ぶどう膜炎の有無でHLA-B27及[kaken.nii.ac.jp]

  • 胆汁性肝硬変

    DR8(DRB1*08)が人種をこえて疾患感受性遺伝子として働いている可能性が想定され,ゲノムワイド関連解析研究(GWAS)により,DR以外の新たな疾患関連遺伝子多型の情報が集積されつつある(Nakamura ら, 2012). 2)環境要因: ほかの多くの疾患同様,本疾患も多因子疾患であり,遺伝学的要因を基盤に環境要因が作用することよって[kotobank.jp] 異所性発現がみられることなどから,病態形成には自己免疫学機序が強く関与していると考えられる. 1)遺伝要因: 家族集積性のあること(患者同胞の発症危険率10.7)や一卵性双生児におけるconcordance rate(一致率)が0.63ときわめて高いことなどから,発症には遺伝的素因の強い関与が示唆される.主要組織適合抗原(MHC)クラスⅡ抗原HLA[kotobank.jp]

  • 原発性胆汁性肝硬変

    DR8(DRB1*08)が人種をこえて疾患感受性遺伝子として働いている可能性が想定され,ゲノムワイド関連解析研究(GWAS)により,DR以外の新たな疾患関連遺伝子多型の情報が集積されつつある(Nakamura ら, 2012). 2)環境要因: ほかの多くの疾患同様,本疾患も多因子疾患であり,遺伝学的要因を基盤に環境要因が作用することよって[kotobank.jp] 異所性発現がみられることなどから,病態形成には自己免疫学機序が強く関与していると考えられる. 1)遺伝要因: 家族集積性のあること(患者同胞の発症危険率10.7)や一卵性双生児におけるconcordance rate(一致率)が0.63ときわめて高いことなどから,発症には遺伝的素因の強い関与が示唆される.主要組織適合抗原(MHC)クラスⅡ抗原HLA[kotobank.jp]

  • 慢性移植片対宿主病

    3.免疫組織学的検査では粘膜上皮の固有層、基底細胞より棘細胞の一部に浸潤したCD4、CD8HLA-DR陽性所見が認められ、小唾液腺では腺房細胞を中心にCD4、CD8HLA-DR陽性所見が認められた。[kaken.nii.ac.jp] HLAは主要なものが6か所(A、B、DRそれぞれ2か所)あり、細かいもの(Cの2か所)も含めると8か所あります。きょうだいであればHLAの一致する確率は4分の1ですが、両親とHLAが一致する確率は約30分の1です。[ncchd.go.jp]

  • 致命的な多発性ミトコンドリア機能不全症候群

    免疫系疾患 HLA-DQA1 [HSA: 3117 ] [KO: K06752 ] HLA-DQB1 [HSA: 3119 ] [KO: K06752 ] HLA-DR3 HLA-B8 H01363 NARP症候群 NARP 症候群は、網膜、中枢神経、末しょう神経の変性を特徴とするミトコンドリア病である。[kegg.jp]

  • 免疫性タクト糸球体症

    再発率は21 58%、リスクファクターとして、生体腎移植、HLA型(B35,DR4,B8,DR3)、ドナーとレシピエントのHLAマッチが良い、IgA高値などが報告されています。臨床像としては組織的にIgA、C3の沈着を認め、血尿、蛋白尿が出現し、数年間で徐々に腎機能が低下するという経過をたどります。[medipress.jp]

  • C3腎炎因子に関連した部分的後天性脂肪異栄養症

    DR2、MT1(日本) ・HLA DR3、D8(ヨーロッパ) B.初診時における膜性腎症の臨床的特徴(昭和大学藤が丘病院、1998) a.年齢:16-78歳(49.3 -15) b.性別:男性60.3% c.発症形式 ・chance proteinuria:67.1% ・浮腫:31.5% ・肉眼的血尿:2.7% d.尿蛋白量 ・ネフローゼ[ibaraisikai.or.jp] について A.膜性腎症の病因 1.外因性病因 ・B型肝炎ウイルス ・マラリア ・癩 ・溶連菌 ・フィラリア ・梅毒 ・住血吸虫 ・薬物:カプトリル、D-ペニシラミン ・重金属:金、水銀 ・有機溶剤 2.内因性病因 ・悪性腫瘍 ・SLE ・自己免疫性甲状腺炎 ・痛風 ・移植腎(de novo病変) ・シェーグレン ・MCTD 3.遺伝的要因 ・HLA[ibaraisikai.or.jp]

さらなる症状