Create issue ticket

考えれる94県の原因 HLA-DR7

  • 微小変化群

    微小変化群 (びしょうへんかぐん、 英 : Minimal change disease )とは ネフローゼ症候群 を生じる 腎臓 疾患の一つ。 リポイドネフローゼ ( 英 : lipoid nephrosis )とも言われる。 疫学 [ 編集 ] 若年者に多い。 小児 ネフローゼの多くを占める。 30代での発症も多く、80代の発症も報告されている。 おもな症状 [ 編集 ] 全身倦怠感、食欲不振、体重増、浮腫、多尿(初期)。 多くの場合ネフローゼ症候群をきたす。微量の 血尿 を伴う場合もある。 検査 [ 編集 ] 尿検査 尿蛋白陽性。 尿蛋白 の種類は アルブミン が多い。[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性のバイフェノタイプの白血病

    単球系であるM4、M5はHLA-DR /CD4 dim /CD13 /CD33 /CD14 のことが多い。M6は、HLA-DR /CD13 /CD33 /CD235a 、M7HLA-DR /CD7 /CD13 /CD33 /CD41 /CD61 のことが多い。また、異なる系統の抗原を同時に発現するbiphenotype例もある。[beckmancoulter.co.jp] AML:M1ではCD7/CD13/CD34/HLA-DRのマーカーを呈する群や、CD56/CD13/CD33のNK/骨髄系ハイブリッド群なども提唱されている。[beckmancoulter.co.jp] -/ CD19 - - -/ - - - - - CD20 - -/ - - - - - - - CD22 - - - CD23 - - - - - CD33 - - - /- /- /- CD34 /- -/ /- /- -/ /- -/ -/ CD38 /- /- /- /- /- /- CD41 - - - - - - - - - HLA-DR[beckmancoulter.co.jp]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    本症ではHLA抗原などを検討し、HLA-A3,-B7DR2の頻度が高く、HLA-44,DR-7が低い報告があり、またHLA-DR2 ,-DR7とB44との強い関連性があるなどの指摘がありますが、まだ確定的なことはわかっていません。 6.[blogs.yahoo.co.jp] 本症ではHLA抗原などを検討し、HLA-A3,-B7DR2の頻度が高く、HLA-44,DR-7が低い報告があり、またHLA-DR2 ,-DR7とB44との強い関連性があるなどの指摘がありますが、まだ確定的なことはわかっていません。 6.[sakaiisi.com] ヒトの主要組織適合遺伝子複合体であるHLA(human leukocyte antigen)はヒト6番染色体の短腕上に存在する遺伝子領域によりコ-ドされる細胞膜糖蛋白質でクラスⅠ 抗原(HLA-A,-B,-Cなど)、クラスⅡ抗原としてHLA-DR,-DP,-DQ抗原があり、ハプロタイプを形成しています。[blogs.yahoo.co.jp]

  • リウマチ熱

    溶連菌にはいくつもの型があり,リウマチ熱を起こしやすい型があることが知られています.例えば,リウマチ熱は溶連菌による咽頭炎からは発症しますが,皮膚感染症からは発症しません.近年米国でリウマチ熱患者が激減したのは,リウマチ熱を引き起しやすい型の溶連菌が減少したためと考えられています.リウマチ熱の発症には家族集積性があること,HLA-DR7とリウマチ[zousantsushin.jp]

  • 遺伝性ジフィブリノゲン血症

    ・酵素抗体染色 HLADR 3/31 (※は3/30が最終受付日です) 1/11 2017年 17-02 検査の中止 ・PSPテスト(フェノールスルフォンフタレイン排泄試験) ・薬物スクリーニング ・総エストロジェン・妊婦 ・11-ハイドロキシコルチコステロイド(11-OHCS) ・心筋トロポニンT ・前立腺特異抗原(PSA) ・c-kit[medience.co.jp] 酵素抗体染色 リゾチーム ・酵素抗体染色 HBs抗原 ・酵素抗体染色 HBc抗原 ・酵素抗体染色 IgE ・酵素抗体染色 IgD ・酵素抗体染色 α1アンチトリプシン(α1-AT) ・酵素抗体染色 α1アンチキモトリプシン(α1-ACT) ・酵素抗体染色 CD14 ・酵素抗体染色 CD35 ・酵素抗体染色 MB-1 ・酵素抗体染色 Leu7[medience.co.jp]

  • リウマチ性舞踏病

    溶連菌にはいくつもの型があり,リウマチ熱を起こしやすい型があることが知られています.例えば,リウマチ熱は溶連菌による咽頭炎からは発症しますが,皮膚感染症からは発症しません.近年米国でリウマチ熱患者が激減したのは,リウマチ熱を引き起しやすい型の溶連菌が減少したためと考えられています.リウマチ熱の発症には家族集積性があること,HLA-DR7とリウマチ[zousantsushin.jp]

  • 有毛細胞白血病

    免疫学的所見 CD11c(63%)、CD19(75%)、CD20(82%)、CD22(67%)、HLA-DR(70%)、FMC7(82%)、IgG(84%)、IgA(44%)、Igk(1%)、IgL(15%) 分子生物学的所見 【骨髄の染色体】 ①46,XX (20/20) リンパ節所見 生検は未施行。[midb.jp] 後発信 表面形質から CD11c、CD25、CD103、FMC7HLA-DR ( ) 【臨床診断】 光顕的ならびに表面形質所見よりHCLと診断された.[beckmancoulter.co.jp] 表現型はCD11c(63%)、CD19(75%)、CD20(82%)、CD22(67%)、HLA-DR(70%)、FMC7(82%)、IgG(84%)、IgA(44%)、Igk(1%)、IgL(15%)であった。 (たたむ) 症例詳細データ 性別 女 年齢 55-59 取得年代 1985-1989 主訴 軟骨痛。 既往歴 特になし。[midb.jp]

  • 白血病

    単球系であるM4、M5はHLA-DR /CD4 dim /CD13 /CD33 /CD14 のことが多い。M6は、HLA-DR /CD13 /CD33 /CD235a 、M7HLA-DR /CD7 /CD13 /CD33 /CD41 /CD61 のことが多い。また、異なる系統の抗原を同時に発現するbiphenotype例もある。[beckmancoulter.co.jp] AML:M1ではCD7/CD13/CD34/HLA-DRのマーカーを呈する群や、CD56/CD13/CD33のNK/骨髄系ハイブリッド群なども提唱されている。[beckmancoulter.co.jp] -/ CD19 - - -/ - - - - - CD20 - -/ - - - - - - - CD22 - - - CD23 - - - - - CD33 - - - /- /- /- CD34 /- -/ /- /- -/ /- -/ -/ CD38 /- /- /- /- /- /- CD41 - - - - - - - - - HLA-DR[beckmancoulter.co.jp]

  • T細胞性急性リンパ性白血病

    単球系であるM4、M5はHLA-DR /CD4 dim /CD13 /CD33 /CD14 のことが多い。M6は、HLA-DR /CD13 /CD33 /CD235a 、M7HLA-DR /CD7 /CD13 /CD33 /CD41 /CD61 のことが多い。また、異なる系統の抗原を同時に発現するbiphenotype例もある。[beckmancoulter.co.jp] AML:M1ではCD7/CD13/CD34/HLA-DRのマーカーを呈する群や、CD56/CD13/CD33のNK/骨髄系ハイブリッド群なども提唱されている。[beckmancoulter.co.jp] -/ CD19 - - -/ - - - - - CD20 - -/ - - - - - - - CD22 - - - CD23 - - - - - CD33 - - - /- /- /- CD34 /- -/ /- /- -/ /- -/ -/ CD38 /- /- /- /- /- /- CD41 - - - - - - - - - HLA-DR[beckmancoulter.co.jp]

  • 多発性神経炎

    本症ではHLA抗原などを検討し、HLA-A3,-B7DR2の頻度が高く、HLA-44,DR-7が低い報告があり、またHLA-DR2 ,-DR7とB44との強い関連性があるなどの指摘がありますが、まだ確定的なことはわかっていません。 6.[sakaiisi.com] ヒトの主要組織適合遺伝子複合体であるHLA(human leukocyte antigen)はヒト6番染色体の短腕上に存在する遺伝子領域によりコ-ドされる細胞膜糖蛋白質でクラスⅠ 抗原(HLA-A,-B,-Cなど)、クラスⅡ抗原としてHLA-DR,-DP,-DQ抗原があり、ハプロタイプを形成しています。[sakaiisi.com]

さらなる症状