Create issue ticket

考えれる45県の原因 HLA-DR5

結果を表示する: English

  • ハシトキシコーシス

    関連が示されている遺伝子は、HLA-DR多型、HLA-DR3、HLA-DR4、HLA-DR5、T細胞の調節因子であるCTLA-4の多型と橋本病の発症には関連性が明らかになっております。もっとも、これらの遺伝子との関連は1型糖尿病、アジソン病、悪性貧血、白斑症をはじめ、多くの自己免疫性疾患でも明らかになっております。[hanfangyao07.seesaa.net] 関連が示されている遺伝子としてはHLA-DR多型、HLA-DR3、HLA-DR4、HLA-DR5、 T細胞 の調節因子であるCTLA-4の多型と橋本病の発症には関連性が示されている。しかし、これらの遺伝子との関連は1型 糖尿病 、 アジソン病 、 悪性貧血 、 白斑症 をはじめ多くの自己免疫性疾患でも明らかになっている。[ja.wikipedia.org]

  • 橋本甲状腺炎

    関連が示されている遺伝子としてはHLA-DR多型、HLA-DR3、HLA-DR4、HLA-DR5、 T細胞 の調節因子であるCTLA-4の多型と橋本病の発症には関連性が示されている。しかし、これらの遺伝子との関連は1型 糖尿病 、 アジソン病 、 悪性貧血 、 白斑症 をはじめ多くの自己免疫性疾患でも明らかになっている。[ja.wikipedia.org]

  • 増殖型血管内皮リンパ腫

    IL-2Rβ、IL-2Rγは発現、FMC-7、 CD19、HLA-DR、CD22陽性、CD5、CD23は陰性となります。表面免疫グロブリンは HCLと同様にIgMおよび/あるいはIgGが陽性となります。[med.osaka-cu.ac.jp] Am J Clin Pathol 2000), HLA-DRの消失:CNSリンパ腫など 2) T細胞で汎T細胞抗原の欠失 CD2, CD3, CD5, CD7のいずれかが欠失しているとき ,T細胞性腫瘍(疑い).[kuhp.kyoto-u.ac.jp] これらの細胞の表面抗原はCD19、 CD20、CD38、HLA-DR陽性で慢性リンパ性白血病と同様ですが、CD5は発現しており ません。染色体検査で特異的異常は見られません。治療としては化学療法(クロラムブ シル、シクロフォスファミド、ビンクリスチン、プレドニン)、放射線療法などが行われてい ました。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 多関節若年性特発性関節炎

    UMIN試験ID UMIN000002864 最終情報更新日: 2011年4月7日 公開日:2009年12月10日 登録・組み入れ開始日:2009年12月1日 基本情報 試験簡略名 関節リウマチ関連遺伝子とHLA-DRが若年性特発性関節炎に及ぼす影響 (PADI4,IRF5の遺伝子多型の検討) 試験進捗状況 参加者募集終了-試験継続中 試験実施地域[rctportal.niph.go.jp]

  • 前部ぶどう膜炎

    ぶどう膜炎の併発の有無で検討するとぶどう膜炎ありではB27が17例(89.5%)、なしでは17例(81.0%)、B27の対立遺伝子ではぶどう膜炎ありがB *2704、14例(82.4%)、B *2705、3例(17.6%)、なしがB *2704、16例(94.1%)、B *2705、1例(5.9%)であり、ぶどう膜炎の有無でHLA-B27及[kaken.nii.ac.jp] またDR8(DRB1 *0803)がぶどう膜炎ありでは12例(63.2%)、なしでは1例(4.8%)であり、相対危険度34.3で有意差がみられた。 結論:ASのぶどう膜炎の発症にHLA-DR8(DRB1 *0803)が関連すると考えられた。[kaken.nii.ac.jp]

  • リンパ腫

    CD7 CD8 CD10 CD13 CD14 CD19 CD20 CD33 CD34 CD41 CD56 GP-A HLA-DR 悪性リンパ腫解析検査 (MLA) CD2 CD3 CD4 CD5 CD7 CD8 CD10 CD11c CD16 CD19 CD20 CD23 CD25 CD30 CD34 CD56 κ-chain λ-chain[test-guide.srl.info] 内容:FBS PBS 硫酸カナマイシン 貯蔵方法:凍結 有効期間:製造から1年 補足情報 白血病・リンパ腫解析検査 (LLA) ・悪性リンパ腫解析検査 (MLA) 多発性骨髄腫解析検査CD38マルチ解析・悪性リンパ腫解析検査7AAD解析 項目 モノクローナル抗体 白血病・リンパ腫解析検査 (LLA) CD1 CD2 CD3 CD4 CD5 [test-guide.srl.info]

  • 胃前庭部毛細血管拡張症

    白血病ウイルス(1), マウス白血病ウイルスLP-BM5(1), 活性化T細胞(1), HLA-DR抗原(2), Vβレパトア(1), Leu3a陽性細胞(1), ケミルミネッセンス(2), RT-PCR(40), 可溶性インタ-ロイキン2レセプタ-(1), TNFβ(1) 研究分野 内科系臨床医学 / 消化器内科学 / 経歴 テキストで表示[researchmap.jp] 新潟県立がんセンター新潟病院 部署 臨床部 職名 臨床部長 研究キーワード 全て表示 潰瘍性大腸炎(29), サイトカイン(287), シエーグレン症候群(1), B6ヌードマウス(1), マウスAIDS(1), 動物モデル(91), マクロファージ(99), 漬瘍性大腸炎(1), 炎症性腸疾患(119), 実験腸炎(1), LP-BM5マウス[researchmap.jp]

  • ネフローゼ症候群

    図2.ゲノムワイド関連解析のマンハッタンプロット 6番染色体短腕にゲノムワイド有意(P 5x10-8)なシグナルを同定した。 図3.HLA-DR/DQ領域の拡大図 図2.のゲノムワイド有意な領域は、 HLA-DR/DQ 領域であった。[amed.go.jp] 今回の研究では、日本人小児ステロイド感受性ネフローゼ症候群患者の全ゲノム領域の一塩基多型(以下、SNP)を健常人と比較するゲノムワイド関連解析(以下、GWAS) 注5 を行い、最強の疾患感受性遺伝子が HLA-DR/DQ 領域にあることを見出しました。[kobe-u.ac.jp] 今回の研究では、日本人小児ステロイド感受性ネフローゼ症候群患者の全ゲノム領域の一塩基多型(以下、SNP)を健常人と比較するゲノムワイド関連解析(以下、GWAS) 注5 を行い、最強の疾患感受性遺伝子がHLA-DR/DQ領域にあることを見出しました。[amed.go.jp]

  • 多発性骨髄腫

     CD13 CD14 CD19 CD20 CD33 CD34 CD41 CD56 GP-A HLA-DR 悪性リンパ腫解析検査 (MLA) CD2 CD3 CD4 CD5 CD7 CD8 CD10 CD11c CD16 CD19 CD20 CD23 CD25 CD30 CD34 CD56 κ-chain λ-chain 多発性骨髄腫解析検査[test-guide.srl.info] (凍結時は淡黄色ですが解凍すると薄いピンク色に戻ります。) 補足情報 白血病・リンパ腫解析検査 (LLA) ・悪性リンパ腫解析検査 (MLA) 多発性骨髄腫解析検査CD38マルチ解析・悪性リンパ腫解析検査7AAD解析 項目 モノクローナル抗体 白血病・リンパ腫解析検査 (LLA) CD1 CD2 CD3 CD4 CD5 CD7 CD8 CD10[test-guide.srl.info]

  • B 細胞リンパ腫

    Am J Clin Pathol 2000), HLA-DRの消失:CNSリンパ腫など 2) T細胞で汎T細胞抗原の欠失 CD2, CD3, CD5, CD7のいずれかが欠失しているとき ,T細胞性腫瘍(疑い).[kuhp.kyoto-u.ac.jp]

さらなる症状