Create issue ticket

考えれる48県の原因 HLA-DR4

結果を表示する: English

  • 糖尿病

    -「多目的コホート研究(JPHC研究)」からの成果- 私たちは、いろいろな生活習慣と、がん・脳卒中・心筋梗塞などの病気との関係を明らかにし、日本人の生活習慣病予防に役立てるための研究を行っています。平成2年(1990年)と平成5年(1993年)に、岩手県二戸、秋田県横手、長野県佐久、沖縄県中部、東京都葛飾区、茨城県水戸、新潟県長岡、高知県中央東、長崎県上五島、沖縄県宮古、大阪府吹田の11保健所(呼称は2009年現在)管内にお住まいだった方々のうち、ベースラインおよび研究開始から5年後に行なった調査時に糖尿病やがん、循環器疾患になっていなかった40[…][epi.ncc.go.jp]

  • 関節リウマチ

    遺伝的な要因としては、HLA DR4という遺伝子の関与が報告されています。 環境的な要因としては、数種類のウイルスや細菌など微生物が関与している可能性が報告されていますが、まだ確定的ではありません。 関節リウマチの症状としては、朝のこわばり、多発性、対称性にでる関節の腫れや痛みが挙げられ、特に手に好発します。[nho-kumamoto.jp]

  • 悪性貧血

    悪性貧血 (あくせいひんけつ)とは、胃粘膜の萎縮による 内因子 の低下により ビタミンB 12 が欠乏することで生じる 貧血 。 巨赤芽球性貧血 の一種。 概念 [ 編集 ] 胃粘膜が萎縮することでビタミンB 12 の吸収に必要な内因子が低下するために DNA の合成が障害されるために起こる。内因子の欠乏は他にも胃全摘後などにも起こるが、悪性貧血と呼ばれるのは 萎縮性胃炎 によるものだけである。「悪性」と呼ばれるのはビタミンB 12 が発見されるまでは治療法がなく致死的な経過をたどったため。 病態 [ 編集 ] 回腸 末端には内因子受容体が存在し、ビタミンB 12[…][ja.wikipedia.org]

  • 全身性エリテマトーデス

    抄録 &全身性エリテマトーデス(SLE)は男性にはまれな疾患である.今回,われわれは男性SLE 17例を対象に,その臨床像,血清学的および内分泌学的検討を行った.発症年齢,観察期間を一致させた女性SLEと比較して,男性例では日光過敏症が有意に多く(p 0.04),リンパ節腫脹と中枢神経障害がやや多かった.腎障害は同率であったが,ネフローゼ症候群が男性に多かった.白血球減少は女性例に有意に多かった(p 0.07)が,血清学的検査で男女間に有意差は認められなかった.治療内容では,男性例により多くのステロイドホルモンが必要とされた,われわれの男性SLEは女性例に比してやや重症である傾向がみられた.[…][doi.org]

  • 膵島細胞増殖症

    本症候群の日本人患者の96%が、HLA-DR4を持つ(HLA-DR4をもつ日本人は43%)。ヌクレオチド分析された患者のすべては、DRB1*0406/DQA1*0301/DQB1*0302のハロタイプを持っていた(このハロタイプを持つ日本人は14%)。[ja.wikipedia.org]

  • 交感性眼炎

    人の体にはHLAと呼ばれるタイプの抗原が各種細胞に備わっており、個人個人に応じて大きく異なります。なかでもHLA-DR4HLA-DR53といったタイプのHLA型を有している場合には、交感性眼炎の発症リスクが高まることも知られています。 症状 交感性眼炎では、まず損傷を受けた眼球において症状が出現します。[medicalnote.jp] 穿孔性(眼球に穴が開く)の目の外傷を受けた人で、遺伝的素因(HLA-DR4、DR53など)がある人では、十分な経過観察が必要となります。 受傷した目の視機能の回復が全く期待できない場合には、本症の発症を防止するために、受傷した眼球を摘出することもあります(視力喪失後2週間以内に検討する必要があります)。[miyabi-ganka-naika.com] 穿孔性(せんこうせい:孔(あな)があく)の眼の外傷を受けた人で、遺伝的素因がある場合(白血球の血液型である組織適合抗原HLAのなかで、DR4あるいはDR53をもった人など)には、十分な経過観察が必要です。 受傷した眼の視機能の回復がまったく期待できない場合には、本症の発症を予防するために、受傷した眼球を摘出することもあります。[yomidr.yomiuri.co.jp]

  • IgG4関連肝障害

    255, IgG 2827, ANA 640, ASMA 40, anti-LKM-1 23, ds-DNA IgG 36, HLA-DR4 )を認めました。[shibata-hepa-clinic.com] 3) 自己免疫性肝疾患 日本人における自己免疫性肝炎の疾患感受性にHLA-DR4が関連していることを初めて報告して以来、HLA領域および非HLA領域における疾患関連遺伝子を複数同定し、報告してきた。 また、原発性胆汁性胆管炎においても同様な検討を行っている。遺伝的要因の解析により、より特異的な治療法の開発を目指している。[shinshu-u.ac.jp] 遺伝的素因と環境要因 特に日本人では、症例のうちおよそ60%の方に白血球の型のひとつであるHLADR4陽性がみられるため、何らかの遺伝的素因が関与していると考えられています。[medicalnote.jp]

  • 薬物性特有の肝炎

    日本人では60%の症例で HLA (human leukocyte antigen) (※注3) -DR4陽性、欧米ではHLA-DR3とHLA-DR4 陽性例が多いことから何らかの遺伝的素因が関与していると思われます。しかし、明確な原因遺伝子は確定していません。親子や兄弟など家族内で発症する例もありますがごくまれです。 6.[nanbyou.or.jp] 自己免疫疾患の患者さんの多くは特定のHLA を持つことがよくあります。自己免疫性肝炎ではHLA-DR3、4 を持っている患者さんの割合が高く、日本人はHLA-DR4 を持つ人が多くなっています。 ※注4 食道静脈瘤 肝硬変などの門脈圧亢進をきたす疾患が原因となり、食道の粘膜を流れる静脈が瘤(こぶ)のように隆起した状態をいいます。[nanbyou.or.jp]

  • 肝炎

    2.原因 自己免疫性肝炎の病因は解明されていないが、日本人では60%の症例でHLA-DR4陽性、欧米ではHLA-DR3とHLA-DR4陽性例が多いことから何らかの遺伝的素因が関与していると思われる。[nanbyou.or.jp] 10.HLA DR3やDR4は主として北欧コーカソイドや日本民族に関連している。他の人種ではAIHとの関連が明らかとされた DR3, DR4以外のHLA class II抗原が陽性の場合1点加点する。 11.治療に対する反応性(別表に示す)の評価時期は問わず、治療前の合計得点に加点する。[nanbyou.or.jp] 付加項目 他の自己抗体陽性 HLADR3又はDR4陽性治療反応性 寛解 再燃 2 1 2 3 8.他の自己抗体やHLA DR3又はDR4に対する加点は、ANA, SMA及び LKM-1のいずれも陰性の症例に限る。[nanbyou.or.jp]

  • エンテロペプチダーゼ欠乏による先天性腸疾患

    また、家族内発症が比較的高率にみられ、HLA-DR4と有意の相関を示すことから、遺伝性のファクターの存在も考えられている。[shutoku.fc2web.com]

さらなる症状