Create issue ticket

考えれる99県の原因 hla dr3

結果を表示する: English

  • ハシトキシコーシス

    関連が示されている遺伝子は、HLA-DR多型、HLA-DR3HLA-DR4、HLA-DR5、T細胞の調節因子であるCTLA-4の多型と橋本病の発症には関連性が明らかになっております。もっとも、これらの遺伝子との関連は1型糖尿病、アジソン病、悪性貧血、白斑症をはじめ、多くの自己免疫性疾患でも明らかになっております。[hanfangyao07.seesaa.net] 関連が示されている遺伝子としてはHLA-DR多型、HLA-DR3HLA-DR4、HLA-DR5、 T細胞 の調節因子であるCTLA-4の多型と橋本病の発症には関連性が示されている。しかし、これらの遺伝子との関連は1型 糖尿病 、 アジソン病 、 悪性貧血 、 白斑症 をはじめ多くの自己免疫性疾患でも明らかになっている。[ja.wikipedia.org] 全身性エリテマトーデス 全身性エリテマトーデス はHLA-DR3を疾患感受性遺伝子として発症し、自己免疫性甲状腺炎の併発が多いことで知られている。甲状腺自己抗体は健常対照者の陽性率は30%以下であるのに対してSLE症例では半数が陽性であり顕性の甲状腺機能低下症が6%、機能亢進症が2%で認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 橋本甲状腺炎

    関連が示されている遺伝子としてはHLA-DR多型、HLA-DR3HLA-DR4、HLA-DR5、 T細胞 の調節因子であるCTLA-4の多型と橋本病の発症には関連性が示されている。しかし、これらの遺伝子との関連は1型 糖尿病 、 アジソン病 、 悪性貧血 、 白斑症 をはじめ多くの自己免疫性疾患でも明らかになっている。[ja.wikipedia.org] 全身性エリテマトーデス 全身性エリテマトーデス はHLA-DR3を疾患感受性遺伝子として発症し、自己免疫性甲状腺炎の併発が多いことで知られている。甲状腺自己抗体は健常対照者の陽性率は30%以下であるのに対してSLE症例では半数が陽性であり顕性の甲状腺機能低下症が6%、機能亢進症が2%で認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 肝炎

    2.原因 自己免疫性肝炎の病因は解明されていないが、日本人では60%の症例でHLA-DR4陽性、欧米ではHLA-DR3HLA-DR4陽性例が多いことから何らかの遺伝的素因が関与していると思われる。[nanbyou.or.jp] 付加項目 他の自己抗体陽性 HLADR3又はDR4陽性治療反応性 寛解 再燃 2 1 2 8.他の自己抗体やHLA DR3又はDR4に対する加点は、ANA, SMA及び LKM-1のいずれも陰性の症例に限る。[nanbyou.or.jp] 10.HLA DR3やDR4は主として北欧コーカソイドや日本民族に関連している。他の人種ではAIHとの関連が明らかとされた DR3, DR4以外のHLA class II抗原が陽性の場合1点加点する。 11.治療に対する反応性(別表に示す)の評価時期は問わず、治療前の合計得点に加点する。[nanbyou.or.jp]

  • 薬物性特有の肝炎

    日本人では60%の症例で HLA (human leukocyte antigen) (※注3) -DR4陽性、欧米ではHLA-DR3HLA-DR4 陽性例が多いことから何らかの遺伝的素因が関与していると思われます。しかし、明確な原因遺伝子は確定していません。親子や兄弟など家族内で発症する例もありますがごくまれです。 6.[nanbyou.or.jp] 自己免疫疾患の患者さんの多くは特定のHLA を持つことがよくあります。自己免疫性肝炎ではHLA-DR3、4 を持っている患者さんの割合が高く、日本人はHLA-DR4 を持つ人が多くなっています。 ※注4 食道静脈瘤 肝硬変などの門脈圧亢進をきたす疾患が原因となり、食道の粘膜を流れる静脈が瘤(こぶ)のように隆起した状態をいいます。[nanbyou.or.jp]

  • 内分泌機能不全

    1型,2型,および3型の多腺性機能不全症候群の特徴 特徴 1型 2型 3型 人口統計学 発症年齢 小児期(3 5歳) 成人期(30歳ピーク) 成人(特に中年女性) 女性:男性 4:3 3:1 N/A 遺伝学 HLA型 本疾患の特定の構成要素の発現に影響する場合がある 主に,B8,DW3DR3,DR4 特定の疾患では他の型 DR3,DR4[msdmanuals.com]

  • 2次性硬化性胆管炎

    成因はいまだ明確にはされておらず,HLA DR3,DR2が発症に関与するという報告や,細菌・ウィルス(免疫不全に伴う),肝動脈閉塞や化学療法後障害が挙げられている。 発生頻度・予後について,Takikawa H, らは2003年に本邦のPSC388例を集計している(レベル4) 1) 。[minds.jcqhc.or.jp] 3) 自己免疫性肝疾患 日本人における自己免疫性肝炎の疾患感受性にHLA-DR4が関連していることを初めて報告して以来、HLA領域および非HLA領域における疾患関連遺伝子を複数同定し、報告してきた。 また、原発性胆汁性胆管炎においても同様な検討を行っている。遺伝的要因の解析により、より特異的な治療法の開発を目指している。[shinshu-u.ac.jp]

  • 肝不全

    日本人では約60%の症例でHLA(human leukocyte antigen)-DR4陽性,欧米ではHLA-DR3HLA-DR4 の陽性例が多いことから,これらの自己抗体の発現には遺伝的素因が関与していると考えられています。[blog.goo.ne.jp]

  • 増殖型血管内皮リンパ腫

    白血病:分類・予後因子は染色体/遺伝子解析の占める割合が大きくリンパ腫ほど重視されない AML M3HLA-DR陰性 AML M2:CD19 and/or CD56 Ph1 ALL:CD66c cf.[kuhp.kyoto-u.ac.jp] 白血病細胞の表面抗原分析はCD2、CD3、CD4、CD5、CD25、HLA-DR陽性、 CD7、CD8、陰性でCD3 の発現が減弱しているその型は急性型、リンパ腫型、慢性型、 くすぶり型の4種類に分類されます。キャリアからこれらの型への進展はポリクローナル なウイルスの組み込みがポリクローナルな組み込みになった時点と捉えられています。[med.osaka-cu.ac.jp] Am J Clin Pathol 2000), HLA-DRの消失:CNSリンパ腫など 2) T細胞で汎T細胞抗原の欠失 CD2, CD3, CD5, CD7のいずれかが欠失しているとき ,T細胞性腫瘍(疑い).[kuhp.kyoto-u.ac.jp]

  • 急性肝不全

    日本人では約60%の症例でHLA(human leukocyte antigen)-DR4陽性,欧米ではHLA-DR3HLA-DR4 の陽性例が多いことから,これらの自己抗体の発現には遺伝的素因が関与していると考えられています。[blog.goo.ne.jp]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    本症ではHLA抗原などを検討し、HLA-A3,-B7,DR2の頻度が高く、HLA-44,DR-7が低い報告があり、またHLA-DR2 ,-DR7とB44との強い関連性があるなどの指摘がありますが、まだ確定的なことはわかっていません。 6.[sakaiisi.com] 本症ではHLA抗原などを検討し、HLA-A3,-B7,DR2の頻度が高く、HLA-44,DR-7が低い報告があり、またHLA-DR2 ,-DR7とB44との強い関連性があるなどの指摘がありますが、まだ確定的なことはわかっていません。 6.[blogs.yahoo.co.jp] ヒトの主要組織適合遺伝子複合体であるHLA(human leukocyte antigen)はヒト6番染色体の短腕上に存在する遺伝子領域によりコ-ドされる細胞膜糖蛋白質でクラスⅠ 抗原(HLA-A,-B,-Cなど)、クラスⅡ抗原としてHLA-DR,-DP,-DQ抗原があり、ハプロタイプを形成しています。[sakaiisi.com]

さらなる症状