Create issue ticket

考えれる225県の原因 HLA-DR2

  • 多発性硬化症

    特定の家系内およびヒト白血球抗原(HLA)アロタイプ(HLA-DR2)の保有者において発生率が高いことから,遺伝的感受性が示唆される。MSは,生後最初の15年間を熱帯地域で過ごした人々(1/10,000)よりも温帯地域で過ごした人々(1/2000)に多くみられる。[msdmanuals.com]

  • ナルコレプシー

    患者は HLA 抗原のうちHLA DR 2 という抗原を持つことが明らかになっていて,遺伝的な体質が関与すると考えられている。治療は, 精神刺激薬 ,精神安定薬などの投与による対症療法。[kotobank.jp] これは、ナルコレプシー患者のほぼすべてにHLA-DR2が陽性であること、また、日本人には、それに加えて、ほぼすべてにHLA-DQ1も陽性であることがわかっており、日本人でナルコレプシーが多い原因ではないかと推測されている。 ナルコレプシーの原因 オレキシンが欠乏するとナルコレプシーになると証明されている。[uehonmachi.jp] (6)血液検査 HLA(ヒト主要組織適合抗原)を検査します。HLA-DR2とDQ1の陽性、陰性を判別します。日本人ナルコレプシー患者では全例でHLA-DR2とDQ1が陽性です。 (7)睡眠記録表 睡眠記録表とは、24時間の覚醒、睡眠の状態を専門の用紙に記録するものです。[www2s.biglobe.ne.jp]

  • 悪性貧血

    悪性貧血 (あくせいひんけつ)とは、胃粘膜の萎縮による 内因子 の低下により ビタミンB 12 が欠乏することで生じる 貧血 。 巨赤芽球性貧血 の一種。 概念 [ 編集 ] 胃粘膜が萎縮することでビタミンB 12 の吸収に必要な内因子が低下するために DNA の合成が障害されるために起こる。内因子の欠乏は他にも胃全摘後などにも起こるが、悪性貧血と呼ばれるのは 萎縮性胃炎 によるものだけである。「悪性」と呼ばれるのはビタミンB 12 が発見されるまでは治療法がなく致死的な経過をたどったため。 病態 [ 編集 ] 回腸 末端には内因子受容体が存在し、ビタミンB 12[…][ja.wikipedia.org]

  • 全身性エリテマトーデス

    抄録 全身性エリテマトーデス(systemic lupus erythematosus:SLE)は多様な病態を示し,高頻度に再燃や持続性の活動性病変を呈する難治性の自己免疫性疾患である.最近,新たなSLE分類基準,ループス腎炎の治療やTreat to Targetのための診療のリコメンデーションなどが相次いで提唱されている.また,抗マラリア薬やミコフェノール酸モフェチル(mycophenolate mofetil:MMF)は国際的にSLEの主要な治療薬となっており,国内でも早期の適応承認が期待されているほか,新たな分子標的治療薬も開発されている.[jstage.jst.go.jp]

  • ライム病

    EDITORIAL どのように科学を教えればよいのか NEWS タコのゲノムから、高知能の秘密に迫る 世界初、4本の足を持つヘビの化石を発見 フィラエが見て、触れて、嗅いだもの ペンタクォークをLHCで発見 低線量被曝のリスクが明確に 現代人の体質や病にネアンデルタールDNAの影 アルツハイマー病の治療薬開発で初の成果 大うつ病の遺伝子マーカー見つかる! SETIに舞い込んだ思いがけない幸運 NEWS FEATURE オルガノイドの興隆 JAPANESE AUTHOR 小胞体も核も選択的オートファジーの対象だった! COMMENT 追悼・南部陽一郎博士 NEWS & VIEWS[…][natureasia.com]

  • HLAクラス2の不完全な発現による免疫不全

    【クローン(アイソタイプ及び免疫原)】 HLA-DR : B8.12.2(マウスIgG2b、HLA-A6拘束性CTLクローンで免疫) 【標識】 FITC : Fluorescein isothyocyanate 励起波長 485 509nm、 蛍光波長 504 541nm 使用目的 HLA-DR : 白血球細胞表面抗原【HLA-DR】(HLA-DR[info.pmda.go.jp] することが判明した 9) .さらに,HLA-DRに提示されたβ2GP1は,患者由来の抗リン脂質抗体によって認識される.特に,通常の臨床検査でβ2GP1抗体が陰性の患者においてもβ2GPI/HLA-DR複合体に対する自己抗体が認められるため,HLA-DRに結合したβ2GP1は,抗リン脂質抗体症候群患者の自己抗体の主要な標的抗原であると思われる[seikagaku.jbsoc.or.jp] 組織型解析は通常 6 種の HLA 抗原, HLA-A, HLA-B と HLA-DR の各 2 種ずつが検査される。 1 つの遺伝子座に抗原が 1 種だけだと,それは以下のどちらかを意味する: その組織は,その対立遺伝子に対して ホモ接合性 である。[nature.cc.hirosaki-u.ac.jp]

  • HLAクラス1の不完全な発現による免疫不全

    【クローン(アイソタイプ及び免疫原)】 HLA-DR : B8.12.2(マウスIgG2b、HLA-A6拘束性CTLクローンで免疫) 【標識】 FITC : Fluorescein isothyocyanate 励起波長 485 509nm、 蛍光波長 504 541nm 使用目的 HLA-DR : 白血球細胞表面抗原【HLA-DR】(HLA-DR[info.pmda.go.jp] することが判明した 9) .さらに,HLA-DRに提示されたβ2GP1は,患者由来の抗リン脂質抗体によって認識される.特に,通常の臨床検査でβ2GP1抗体が陰性の患者においてもβ2GPI/HLA-DR複合体に対する自己抗体が認められるため,HLA-DRに結合したβ2GP1は,抗リン脂質抗体症候群患者の自己抗体の主要な標的抗原であると思われる[seikagaku.jbsoc.or.jp] 性能 【特異性】 本試薬を用いてヒトHLA-DR抗原陽性培養細胞(KM3細胞(1)及びRaji細胞(2))を検体として測定するとき、陽性率は95%以上です。また、ヒトHLA-DR抗原陰性培養細胞(JURKAT細胞(3))を検体として測定したとき、陽性率は0.5%以下です。[info.pmda.go.jp]

  • ナルコレプシー3

    患者は HLA 抗原のうちHLA DR 2 という抗原を持つことが明らかになっていて,遺伝的な体質が関与すると考えられている。治療は, 精神刺激薬 ,精神安定薬などの投与による対症療法。[kotobank.jp] (6)血液検査 HLA(ヒト主要組織適合抗原)を検査します。HLA-DR2とDQ1の陽性、陰性を判別します。日本人ナルコレプシー患者では全例でHLA-DR2とDQ1が陽性です。 (7)睡眠記録表 睡眠記録表とは、24時間の覚醒、睡眠の状態を専門の用紙に記録するものです。[www2s.biglobe.ne.jp] HLA遺伝子検査DQB1*0602との関連 強い(日本人ではDR2/DQB1*0602がほぼ100%陽性) 約40%においてDQB1*0602陽性 特定のHLAとの関与は知られていない 髄液オレキシン値 DR2陽性例では低値 110pg/ml以下あるいは、同じ標準的なアッセイによる正常対象の平均値の1/3未満。[myojin-kan.jp]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    本症ではHLA抗原などを検討し、HLA-A3,-B7,DR2の頻度が高く、HLA-44,DR-7が低い報告があり、またHLA-DR2 ,-DR7とB44との強い関連性があるなどの指摘がありますが、まだ確定的なことはわかっていません。 6.[blogs.yahoo.co.jp] 本症ではHLA抗原などを検討し、HLA-A3,-B7,DR2の頻度が高く、HLA-44,DR-7が低い報告があり、またHLA-DR2 ,-DR7とB44との強い関連性があるなどの指摘がありますが、まだ確定的なことはわかっていません。 6.[sakaiisi.com] ヒトの主要組織適合遺伝子複合体であるHLA(human leukocyte antigen)はヒト6番染色体の短腕上に存在する遺伝子領域によりコ-ドされる細胞膜糖蛋白質でクラスⅠ 抗原(HLA-A,-B,-Cなど)、クラスⅡ抗原としてHLA-DR,-DP,-DQ抗原があり、ハプロタイプを形成しています。[blogs.yahoo.co.jp]

  • C3腎炎因子に関連した部分的後天性脂肪異栄養症

    内因性病因 ・悪性腫瘍 ・SLE ・自己免疫性甲状腺炎 ・痛風 ・移植腎(de novo病変) ・シェーグレン ・MCTD 3.遺伝的要因 ・HLA DR2、MT1(日本) ・HLA DR3、D8(ヨーロッパ) B.初診時における膜性腎症の臨床的特徴(昭和大学藤が丘病院、1998) a.年齢:16-78歳(49.3 -15) b.性別:男性[ibaraisikai.or.jp] Posm 1.5 1.1 尿沈渣 硝子円柱 顆粒円柱、細胞性円柱 FENa (尿Na*血清Cr)/(血清Na*尿Cr) 100(%) 膜性腎症について A.膜性腎症の病因 1.外因性病因 ・B型肝炎ウイルス ・マラリア ・癩 ・溶連菌 ・フィラリア ・梅毒 ・住血吸虫 ・薬物:カプトリル、D-ペニシラミン ・重金属:金、水銀 ・有機溶剤 2.[ibaraisikai.or.jp]

さらなる症状