Create issue ticket

考えれる122県の原因 HLA-DR1

結果を表示する: English

  • 関節リウマチ

    抄録 症例1は69歳,男性.1年半前より手指のこわばり,四肢の関節痛があった.また,両手掌に多発性の皮下結節と手指の拘縮が出現してきたため,近医にて全身性強皮症(SSc)と診断されていた.当科での精査では皮膚硬化は認められず,リウマトイド因子(RF)が陽性であった.両手のX線像で近位指節間(PIP)関節に多発性のびらんを認めた.Palmar fibromatosisを合併したRAと診断した.Palmar[…][doi.org]

  • 膵島細胞増殖症

    本症候群の日本人患者の96%が、HLA-DR4を持つ(HLA-DR4をもつ日本人は43%)。ヌクレオチド分析された患者のすべては、DRB1*0406/DQA1*0301/DQB1*0302のハロタイプを持っていた(このハロタイプを持つ日本人は14%)。[ja.wikipedia.org]

  • 不眠症

    またHLA- DRB1*1501とDQB1*0602自体は正常者の約14%でも陽性です。 なおナルコレプシー患者の子供でもHLA-DR2/DRB1*1501, DQ1/DQB1*0602が陰性の場合には、将来ナルコレプシーを発症する可能性はほとんどないと考えることが出来ましょう。[jssr.jp] 7)HLA(ヒト主要組織適合抗原Human Leukocyte Antigen)との相関 日本人ナルコレプシー患者においては白血球の血清学的型判定でHLA-DR2とDQ1がほぼ全例陽性です。これをDNAレベルで解析すると第6染色体短腕にあるDRB1*1501とDQB1*0602という対立遺伝子がほぼ全症例で陽性であることが分かりました。 [jssr.jp]

  • 内分泌機能不全

    1型,2型,および3型の多腺性機能不全症候群の特徴 特徴 1型 2型 3型 人口統計学 発症年齢 小児期(3 5歳) 成人期(30歳ピーク) 成人(特に中年女性) 女性:男性 4:3 3:1 N/A 遺伝学 HLA型 本疾患の特定の構成要素の発現に影響する場合がある 主に,B8,DW3,DR3,DR4 特定の疾患では他の型 DR3,DR4[msdmanuals.com]

  • 脱髄疾患

    Claudin-5 関連製品 Occludin 関連製品 ZO-1 関連製品 ミクログリアは活性化すると、M1 や M2 といった表現型を示します。M1 ミクログリアは iNOS、TNFα、TLR、HLA-DR などの前炎症性分子(pro-inflammatory molecule)の発現を特徴とし、脱髄の早期に認められます。[abcam.co.jp] […] iNOS 関連製品 TNF alpha 関連製品 TLR 関連製品 HLA-DR 関連製品 一方 M2 ミクログリアは、Arg-1 および TGFβ などの発現を特徴とし、脱髄プロセスの後期に認められます。この細胞は露出した軸索を再髄鞘化することができる、オリゴデンドロサイト前駆細胞のリクルートに関与することが知られています。[abcam.co.jp]

  • 前部ぶどう膜炎

    またDR8(DRB1 *0803)がぶどう膜炎ありでは12例(63.2%)、なしでは1例(4.8%)であり、相対危険度34.3で有意差がみられた。 結論:ASのぶどう膜炎の発症にHLA-DR8(DRB1 *0803)が関連すると考えられた。[kaken.nii.ac.jp] ぶどう膜炎の併発の有無で検討するとぶどう膜炎ありではB27が17例(89.5%)、なしでは17例(81.0%)、B27の対立遺伝子ではぶどう膜炎ありがB *2704、14例(82.4%)、B *2705、3例(17.6%)、なしがB *2704、16例(94.1%)、B *2705、1例(5.9%)であり、ぶどう膜炎の有無でHLA-B27及[kaken.nii.ac.jp]

  • 肝炎

    付加項目 他の自己抗体陽性 HLADR3又はDR4陽性治療反応性 寛解 再燃 2 2 3 8.他の自己抗体やHLA DR3又はDR4に対する加点は、ANA, SMA及び LKM-1のいずれも陰性の症例に限る。[nanbyou.or.jp] 他の人種ではAIHとの関連が明らかとされた DR3, DR4以外のHLA class II抗原が陽性の場合点加点する。 11.治療に対する反応性(別表に示す)の評価時期は問わず、治療前の合計得点に加点する。[nanbyou.or.jp] 男女比は約:6で女性に多い。 2.原因 自己免疫性肝炎の病因は解明されていないが、日本人では60%の症例でHLA-DR4陽性、欧米ではHLA-DR3とHLA-DR4陽性例が多いことから何らかの遺伝的素因が関与していると思われる。[nanbyou.or.jp]

  • 偽落屑症候群

    3.落屑症候群患者の疾患感受性に関する分子遺伝学的研究 1)落屑症候群患者の組織適合抗原(HLA)の検討 落屑症候群患者および健常人のHLAを調べた。DR4は健常人317名中132名(42%)で、落屑症候群患者では34名中6名(18%)であった。つまり、落屑症候群患者ではDR4をもっている人が少なかった。[kaken.nii.ac.jp]

  • ナルコレプシー

    HLA遺伝子検査DQB1*0602との関連 強い(日本人ではDR2/DQB1*0602がほぼ100%陽性) 約40%においてDQB1*0602陽性 特定のHLAとの関与は知られていない 髄液オレキシン値 DR2陽性例では低値 110pg/ml以下あるいは、同じ標準的なアッセイによる正常対象の平均値の1/3未満。[myojin-kan.jp] またHLA- DRB1*1501とDQB1*0602自体は正常者の約14%でも陽性です。 なおナルコレプシー患者の子供でもHLA-DR2/DRB1*1501, DQ1/DQB1*0602が陰性の場合には、将来ナルコレプシーを発症する可能性はほとんどないと考えることが出来ましょう。[jssr.jp] (6)血液検査 HLA(ヒト主要組織適合抗原)を検査します。HLA-DR2とDQ1の陽性、陰性を判別します。日本人ナルコレプシー患者では全例でHLA-DR2とDQ1が陽性です。 (7)睡眠記録表 睡眠記録表とは、24時間の覚醒、睡眠の状態を専門の用紙に記録するものです。[www2s.biglobe.ne.jp]

  • 1型糖尿病

    Uniformity in clinical and HLA-DR status regardless of age and gender within fulminant type 1 diabetes. Diabetes Res Clin Pract. 2008 Nov;82(2):233-7.[jds.or.jp]

さらなる症状