Create issue ticket

考えれる273県の原因 HLA-B27

  • 強直性脊椎炎

    HLA-B27の遺伝子は50%の割合で子供さんに伝わりますが、上述のようにHLA-B27陽性者が病気になる確率は10%未満と報告されていますので、HLA-B27を持っていてもASにならない人の方が圧倒的に多いわけです。つまり、遺伝病ということではありません。[nanbyou.or.jp] 特徴 この病気は、HLA-B27をもつ人に発症することが多いといわれています。 10 35歳の思春期、青年期の男性に多く、45歳以上で発病することは希です。 痛む場所は移動することが多く、安静にしているより体を動かした方が軽くなるのが特徴です。[urban-clinic.jp] さらに、我が国ではHLA-B27以外に、HLA-B39、B51、B52、B61、B62の陽性率が一般人口に比べて患者さんにおいて有意に高いと言われています。 表1. 改訂ニューヨーク診断基準 (1984年) I.[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • ライター症候群

    60〜80%はHLA27陽性になります。尿検査や便検査などでは、培養、核酸の証明、抗体価検索などによって、起炎微生物を突きとめます。X線検査では、仙腸関節や脊椎の変化を調べます。 治療については、感染がきっかけになる自己免疫疾患のため、抗菌薬は原則的に効きません。[medical.itp.ne.jp] 強直性脊椎炎(きょうちょくせいせきついえん)と同様に10 30歳代の男性によくみられ、HLA-B27と関連する日本人に少ない病気です。原因は、マイコプラズマ、エルシニア、クラミジアなどの病原体が考えられています。 多発性の関節炎、尿道炎、結膜炎が三大症状です。リウマトイド因子は陰性です。治療は強直性脊椎炎に準じます。[medical.jiji.com] また、ライター症候群の遺伝的背景として、以前からHLA-B27陽性者で危険率が高いことが知られており、本事例もHLA-B27陽性患者でした。白人では健康人対照グループのHLA-B27陽性率9%に対して、ライター症候群患者のHLA-B27陽性率は80%で、相対危険度は37と報告されています。[med.kindai.ac.jp]

  • 脊椎炎

    HLA-B27の遺伝子は50%の割合で子供さんに伝わりますが、上述のようにHLA-B27陽性者が病気になる確率は10%未満と報告されていますので、HLA-B27を持っていてもASにならない人の方が圧倒的に多いわけです。つまり、遺伝病ということではありません。[nanbyou.or.jp] 特徴 この病気は、HLA-B27をもつ人に発症することが多いといわれています。 10 35歳の思春期、青年期の男性に多く、45歳以上で発病することは希です。 痛む場所は移動することが多く、安静にしているより体を動かした方が軽くなるのが特徴です。[urban-clinic.jp] さらに、我が国ではHLA-B27以外に、HLA-B39、B51、B52、B61、B62の陽性率が一般人口に比べて患者さんにおいて有意に高いと言われています。 表1. 改訂ニューヨーク診断基準 (1984年) I.[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 腱付着部炎関連関節炎

    家族内集積がありHLA-B27遺伝子との関連性が高い。このような症状を表す疾患として、強直性脊椎炎、乾癬性関節炎、反応性関節炎、炎症性腸疾患に伴う関節炎がある。またHLA-B27との関連のないものもあり、代表的疾患として掌蹠膿疱症性関節炎などがある。[hmh.or.jp] 疫学 HLA-B27との関連性が注目され,ASの90%,ReAの80%,PsAの40%,EnAの30%が陽性で,HLA-B27関連関節炎ともよばれる.HLA-B27陽性率は北米白人の7%に比し,日本人は0.3%で発症率も低い.また,HLA-B27を有し,ASの家族歴があると10 30%が発症する.大規模調査では,HLA-B*2705(全般)[kotobank.jp] HLA-B27陽性の特徴を持つ。通常リウマトイド因子や抗CCP抗体は陰性で、男女比3 5:1と男性に多い。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • 若年性強直性脊椎炎

    疫学 HLA-B27との関連性が注目され,ASの90%,ReAの80%,PsAの40%,EnAの30%が陽性で,HLA-B27関連関節炎ともよばれる.HLA-B27陽性率は北米白人の7%に比し,日本人は0.3%で発症率も低い.また,HLA-B27を有し,ASの家族歴があると10 30%が発症する.大規模調査では,HLA-B*2705(全般)[kotobank.jp] HLA-B27の遺伝子は50%の割合で子供さんに伝わりますが、上述のようにHLA-B27陽性者が病気になる確率は10%未満と報告されていますので、HLA-B27を持っていてもASにならない人の方が圧倒的に多いわけです。つまり、遺伝病ということではありません。[nanbyou.or.jp] HLA-B27アレルを有する第1度近親者におけるASのリスクは約20%である。白人におけるHLA-B27保有率の高さまたは黒人におけるHLA-B7保有率の高さにより,遺伝的素因があることが裏付けられる。しかし,一卵性双生児における一致率はわずか約50%であり,環境因子が寄与することが示唆される。[msdmanuals.com]

  • 炎症性腸疾患の関節炎

    Q.HLA-B27が潰瘍性大腸炎を引き起こす機序は? HLA-B27トランスジェニックラットを用いた研究がある。このラットは、生後5週頃から自然に潰瘍性大腸炎が発症する。一方、無菌飼育下では発症しないことから、潰瘍性大腸炎には腸内細菌の存在が重要と考えられる。[plaza.umin.ac.jp] 家族内集積がありHLA-B27遺伝子との関連性が高い。このような症状を表す疾患として、強直性脊椎炎、乾癬性関節炎、反応性関節炎、炎症性腸疾患に伴う関節炎がある。またHLA-B27との関連のないものもあり、代表的疾患として掌蹠膿疱症性関節炎などがある。[hmh.or.jp] 欧米人の患者では共通の遺伝的背景( HLA -B27)をもつことが多いことから HLA-B27関連関節炎 とも呼ばれるが、これは日本人のようなアジア人の患者には必ずしも当てはまらない。[ja.wikipedia.org]

  • 乾癬性関節炎

    特定の遺伝子( HLA-B27 )をもつ人と、この病気にかかった家族がいる人は、乾癬性関節炎のリスクが高まります。乾癬性関節炎の原因は不明です。[msdmanuals.com] 家族内集積がありHLA-B27遺伝子との関連性が高い。このような症状を表す疾患として、強直性脊椎炎、乾癬性関節炎、反応性関節炎、炎症性腸疾患に伴う関節炎がある。またHLA-B27との関連のないものもあり、代表的疾患として掌蹠膿疱症性関節炎などがある。[hmh.or.jp] 代表的な疾患として強直性脊椎炎、乾癬性関節炎(関節症性乾癬)、反応性関節炎(感染症の後に生じる関節炎や付着部炎)、炎症性腸疾患(クローン病や潰瘍性大腸炎)に伴う脊椎関節炎、若年性脊椎関節炎などが含まれ、HLA-B27遺伝子との関連性が高いことが知られています。[twmu.ac.jp]

  • サルモネラ感染症

    HLA-B27組織抗原を持つ人は、持っていない人と比較して、これらの原因菌に感染後、本症候群になりやすいです。)と呼ばれることがありますが、必ずしも全ての症状がそろうものではありません。そして、慢性の関節炎となることもあります。後に関節炎になるか、ならないかについて、抗生物質の使用の有無は関係がありません。[city.yokohama.lg.jp]

  • 風疹関連関節炎

    家族性発症が多く組織適合抗原HLA-B27などが関連します。皮膚症状の先行が多く、強直性脊椎炎を伴うものも含まれます。 非ステロイド抗炎症薬、抗リウマチ薬( メトトレキサート )、TNF阻害薬のインフリキシマブ(商品名レミケード)とアダリムマブ(商品名ヒュミラ)が保険適応となり関節症状・皮疹に画期的な効果がみられます。[nagasaki-clinic.com] HLA-B27陽性患者での頻度が高いが、診断を確定する検査はなく、病歴・臨床症状から診断する。先行する性感染症、結膜炎、尿道炎、手指炎(dactylitis)、付着部炎(enthesopathy)、口腔内潰瘍、仙腸関節炎(sacroillitis)などの所見に注意を要する。[shiseikaidai2.crayonsite.net]

  • クローン病

    抄録 Crohn病の病因はいまだ不明で,遺伝的素因,感染,食事因子,血流障害,免疫学的異常といった観点から研究がなされてきた.特に,単球・マクロファージ系細胞の機能異常および管腔より侵入した外来抗原に対する免疫反応の異常が,肉芽腫や潰瘍,瘻孔などの病変を形成するという考えが有力となっている.初期治療として栄養療法が有用であるが,再燃や進展を防ぐには,免疫学的異常をふまえた適切な免疫統御療法が必要となる.[doi.org]

さらなる症状