Create issue ticket

考えれる115県の原因 hla b27

結果を表示する: English

  • 血清反応陰性関節炎

    家族内集積がありHLA-B27遺伝子との関連性が高い。このような症状を表す疾患として、強直性脊椎炎、乾癬性関節炎、反応性関節炎、炎症性腸疾患に伴う関節炎がある。またHLA-B27との関連のないものもあり、代表的疾患として掌蹠膿疱症性関節炎などがある。[hmh.or.jp] 欧米人の患者では共通の遺伝的背景( HLA -B27)をもつことが多いことから HLA-B27関連関節炎 とも呼ばれるが、これは日本人のようなアジア人の患者には必ずしも当てはまらない。[ja.wikipedia.org] -B27)をもつことが多いことから HLA-B27関連関節炎 とも呼ばれるが、これは日本人のようなアジア人の患者には必ずしも当てはまらない。また関節の中でも脊椎に特徴的に関節炎をおこしやすいことから 血清反応陰性脊椎関節炎 seronegative spondylarthritides、あるいは単に 脊椎関節炎 spondylarthritides[wpedia.mobile.goo.ne.jp]

  • 強直性脊椎炎

    HLA-B27の遺伝子は50%の割合で子供さんに伝わりますが、上述のようにHLA-B27陽性者が病気になる確率は10%未満と報告されていますので、HLA-B27を持っていてもASにならない人の方が圧倒的に多いわけです。つまり、遺伝病ということではありません。[nanbyou.or.jp] 特徴 この病気は、HLA-B27をもつ人に発症することが多いといわれています。 10 35歳の思春期、青年期の男性に多く、45歳以上で発病することは希です。 痛む場所は移動することが多く、安静にしているより体を動かした方が軽くなるのが特徴です。[urban-clinic.jp] さらに、我が国ではHLA-B27以外に、HLA-B39、B51、B52、B61、B62の陽性率が一般人口に比べて患者さんにおいて有意に高いと言われています。 表1. 改訂ニューヨーク診断基準 (1984年) I.[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • ライター症候群

    60〜80%はHLA27陽性になります。尿検査や便検査などでは、培養、核酸の証明、抗体価検索などによって、起炎微生物を突きとめます。X線検査では、仙腸関節や脊椎の変化を調べます。 治療については、感染がきっかけになる自己免疫疾患のため、抗菌薬は原則的に効きません。[medical.itp.ne.jp] 強直性脊椎炎(きょうちょくせいせきついえん)と同様に10 30歳代の男性によくみられ、HLA-B27と関連する日本人に少ない病気です。原因は、マイコプラズマ、エルシニア、クラミジアなどの病原体が考えられています。 多発性の関節炎、尿道炎、結膜炎が三大症状です。リウマトイド因子は陰性です。治療は強直性脊椎炎に準じます。[medical.jiji.com] また、ライター症候群の遺伝的背景として、以前からHLA-B27陽性者で危険率が高いことが知られており、本事例もHLA-B27陽性患者でした。白人では健康人対照グループのHLA-B27陽性率9%に対して、ライター症候群患者のHLA-B27陽性率は80%で、相対危険度は37と報告されています。[med.kindai.ac.jp]

  • 腱付着部炎関連関節炎

    家族内集積がありHLA-B27遺伝子との関連性が高い。このような症状を表す疾患として、強直性脊椎炎、乾癬性関節炎、反応性関節炎、炎症性腸疾患に伴う関節炎がある。またHLA-B27との関連のないものもあり、代表的疾患として掌蹠膿疱症性関節炎などがある。[hmh.or.jp] 疫学 HLA-B27との関連性が注目され,ASの90%,ReAの80%,PsAの40%,EnAの30%が陽性で,HLA-B27関連関節炎ともよばれる.HLA-B27陽性率は北米白人の7%に比し,日本人は0.3%で発症率も低い.また,HLA-B27を有し,ASの家族歴があると10 30%が発症する.大規模調査では,HLA-B*2705(全般)[kotobank.jp] HLA-B27陽性の特徴を持つ。通常リウマトイド因子や抗CCP抗体は陰性で、男女比3 5:1と男性に多い。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • 若年性強直性脊椎炎

    疫学 HLA-B27との関連性が注目され,ASの90%,ReAの80%,PsAの40%,EnAの30%が陽性で,HLA-B27関連関節炎ともよばれる.HLA-B27陽性率は北米白人の7%に比し,日本人は0.3%で発症率も低い.また,HLA-B27を有し,ASの家族歴があると10 30%が発症する.大規模調査では,HLA-B*2705(全般)[kotobank.jp] HLA-B27の遺伝子は50%の割合で子供さんに伝わりますが、上述のようにHLA-B27陽性者が病気になる確率は10%未満と報告されていますので、HLA-B27を持っていてもASにならない人の方が圧倒的に多いわけです。つまり、遺伝病ということではありません。[nanbyou.or.jp] HLA-B27アレルを有する第1度近親者におけるASのリスクは約20%である。白人におけるHLA-B27保有率の高さまたは黒人におけるHLA-B7保有率の高さにより,遺伝的素因があることが裏付けられる。しかし,一卵性双生児における一致率はわずか約50%であり,環境因子が寄与することが示唆される。[msdmanuals.com]

  • 多発性関節炎

    家族内集積がありHLA-B27遺伝子との関連性が高い。このような症状を表す疾患として、強直性脊椎炎、乾癬性関節炎、反応性関節炎、炎症性腸疾患に伴う関節炎がある。またHLA-B27との関連のないものもあり、代表的疾患として掌蹠膿疱症性関節炎などがある。[hmh.or.jp] また、ライター症候群の遺伝的背景として、以前からHLA-B27陽性者で危険率が高いことが知られており、本事例もHLA-B27陽性患者でした。白人では健康人対照グループのHLA-B27陽性率9%に対して、ライター症候群患者のHLA-B27陽性率は80%で、相対危険度は37と報告されています。[med.kindai.ac.jp] たとえば、脊椎関節炎の患者の90%にHLA-B27遺伝子があるにもかかわらず、脊椎関節炎を発症するのはHLA-B27遺伝子を持つ人のわずか5%なのはなぜでしょうか。事実、リウマチ性疾患は、喫煙、汚染といった環境的な要因を含め、多くの要因が関与しています。 戻る リウマチ性疾患は障害や離職の主原因である。[clarins.jp]

  • 前部ぶどう膜炎

    強直性脊椎炎 / 急性前部ぶどう膜炎 / 対立遺伝子 研究概要 強直性脊椎炎患者(AS)はHLA-B27陽性者が多く、病因との関連を含めてHLAに関する検討がなされている。[kaken.nii.ac.jp] これは、脊椎と仙腸関節(背骨と骨盤を結合する関節)に炎症が起こり、軟骨が骨になる原因不明のもので、この患者の約90%がHLA-B27を持っており、そのうちの半数に急性前部ぶどう膜炎が見られます。白人に多く、 欧米では強直性脊椎炎はぶどう膜炎の主要原因の一つになっています。[shec.jp] これは 脊椎と仙腸関節(背骨と骨盤を結合する関節)に炎症が起こり、軟骨が骨になる原因不明のもので、この患者の約90%がHLA-B27を持っており、そのうちの半数に急性前部ぶどう膜炎が見られます。白人に多く、欧米では強直性脊椎炎はぶどう膜炎の主要原因の一つになっています。[ikec.jp]

  • 筋骨格腰痛

    であれば低下する.一方,脊髄円錐部の障害は,上位と下位運動神経の障害が混在するので注意を要する.また高度の神経障害を示唆する膀胱直腸障害の有無も問診する. 3)臨床検査: 関節リウマチや強直性脊椎炎などの自己免疫疾患が疑われる場合にはリウマトイド因子,抗CCP抗体(抗シトルリン化ペプチド抗体),MMP-3(マトリックスメタロプロテアーゼ3),HLA-B27[kotobank.jp]

  • ウィップル病の神経症状

    約30%の患者がHLA-B27を保有する。[msdmanuals.com]

  • 頸性脊椎炎

    HLA-B27の遺伝子は50%の割合で子供さんに伝わりますが、上述のようにHLA-B27陽性者が病気になる確率は10%未満と報告されていますので、HLA-B27を持っていてもASにならない人の方が圧倒的に多いわけです。つまり、遺伝病ということではありません。[nanbyou.or.jp] 参考となる検査所見 HLA-B27[ivd.mbl.co.jp] 病因・病態 まだはっきりわかっていませんが、HLA(ヒト白血球抗原)のB27型の陽性率が高く(患者の90%に陽性、逆にB27陽性の人が発病するのは僅かで、B27陽性すなわち強直性脊椎炎ではありません)、家族内発生もあるため(10数%)、なんらかの遺伝的素因(なり易さ)あることがわかっています。[joa.or.jp]

さらなる症状