Create issue ticket

考えれる257県の原因 HLA-A3

  • 内分泌機能不全

    1型,2型,および3型の多腺性機能不全症候群の特徴 特徴 1型 2型 3型 人口統計学 発症年齢 小児期(3 5歳) 成人期(30歳ピーク) 成人(特に中年女性) 女性:男性 4:3 3:1 N/A 遺伝学 HLA型 本疾患の特定の構成要素の発現に影響する場合がある 主に,B8,DW3,DR3,DR4 特定の疾患では他の型 DR3,DR4[msdmanuals.com]

  • 重症筋無力症

    HOME 病気の解説(一般利用者向け) 重症筋無力症(指定難病11) じゅうしょうきんむりょくしょう (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1. 「重症筋無力症」とはどのような病気ですか 末梢神経 と筋肉の接ぎ目(神経筋接合部)において、筋肉側の受容体が 自己抗体 により破壊される自己免疫疾患です。全身の筋力低下、 易疲労性 が出現し、特に眼瞼下垂、 複視 などの眼の症状をおこしやすいことが特徴です(眼の症状だけの場合は眼筋型、全身の症状があるものを全身型とよんでいます)。 嚥下[…][nanbyou.or.jp]

  • ヘモクロマトーシス

    【インタビュー】 公開日 2017 年 11 月 01 日 更新日 2017 年 11 月 02 日 ヘモクロマトーシス 貧血 国際医療福祉大学病院 消化器センター長・予防医学センター長 国際医療福祉大学医学部教授 高後 裕 先生 鉄過剰症( ヘモクロマトーシス )とは、体内に鉄が過剰にたまり、疲れやすさや肝障害、関節の痛みなどあらゆる症状が出ることを指します。主に輸血依存で起こるといわれていますが、遺伝的に鉄代謝がうまくいかず鉄が体内にたまりやすくなってしまう場合もあります。鉄過剰症(ヘモクロマトーシス)の概要や原因、症状について、国際医療福祉大学病院[…][medicalnote.jp]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    本症ではHLA抗原などを検討し、HLA-A3,-B7,DR2の頻度が高く、HLA-44,DR-7が低い報告があり、またHLA-DR2 ,-DR7とB44との強い関連性があるなどの指摘がありますが、まだ確定的なことはわかっていません。 6.[blogs.yahoo.co.jp] 本症ではHLA抗原などを検討し、HLA-A3,-B7,DR2の頻度が高く、HLA-44,DR-7が低い報告があり、またHLA-DR2 ,-DR7とB44との強い関連性があるなどの指摘がありますが、まだ確定的なことはわかっていません。 6.[sakaiisi.com] ヒトの主要組織適合遺伝子複合体であるHLA(human leukocyte antigen)はヒト6番染色体の短腕上に存在する遺伝子領域によりコ-ドされる細胞膜糖蛋白質でクラスⅠ 抗原(HLA-A,-B,-Cなど)、クラスⅡ抗原としてHLA-DR,-DP,-DQ抗原があり、ハプロタイプを形成しています。[blogs.yahoo.co.jp]

  • 閉塞性血栓性血管炎

    HLA-A9およびHLA-B5の遺伝子型に起きやすい [2] 。 症状 [ 編集 ] Fontaine分類 [3] 病期 臨床症状 Ⅰ 冷感・しびれ Ⅱ 間欠性跛行 Ⅲ 安静時疼痛 Ⅳ 潰瘍・壊死 遊走性静脈炎 : 静脈に炎症が見られる。 静脈炎 ( 英語版 ) の部分は痒みを伴う。静脈炎があちこちに移動するので 遊走性静脈炎 という。[ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性ジフィブリノゲン血症

    , B, C Locus ・HLA-DR, DQ Locus 3/31 1/27 05-03 検査の中止 ・インターフェロン-α (IFN-α) 1/31 1/27 2004年 04-28 検査の中止 ・便中ヘモグロビン(ヘモスクリーン) ・便中ヘモグロビン(ヘモスクリーン)1日目 ・便中ヘモグロビン(ヘモスクリーン)2日目 17/3/31[medience.co.jp] BGP-intact) ・セクレチン ・CA130 ・免疫複合体《抗C3d抗体法》 ・組織プラスミノーゲンアクチベーター (t-PA) ・至急医薬品スクリーニング ・ ・HER2蛋白定量〈組織〉 ・カルシウム再加時間 ・幹細胞増殖因子 (SCF) ・可溶性LECAM-1 (sLECAM-1) ・可溶性CD30抗原 (sCD30) ・エンドスタチン ・HLA-A[medience.co.jp]

  • HLAクラス2の不完全な発現による免疫不全

    2) HLA型がHLA-A*2402 3) 腫瘍がサバイビン、HLA class Iを発現(抗サバイビン抗体、抗HLA class I抗体を用いた免疫組織染色法により解析)。 4) 20歳以上、85歳以下 5) 原発巣の外科的摘除を行っている。[rctportal.niph.go.jp] クラス I 膜貫通型タンパク質は 3 つの遺伝子座: HLA-A, HLA-B, ならびに HLA-C によってコードされている。. クラス I 抗原分子は体のすべての細胞表面で発現する ( 赤血球と中枢神経系の細胞は除く ) 。[nature.cc.hirosaki-u.ac.jp]

  • HLAクラス1の不完全な発現による免疫不全

    2) HLA型がHLA-A*2402 3) 腫瘍がサバイビン、HLA class Iを発現(抗サバイビン抗体、抗HLA class I抗体を用いた免疫組織染色法により解析)。 4) 20歳以上、85歳以下 5) 原発巣の外科的摘除を行っている。[rctportal.niph.go.jp]

  • 自己免疫多腺性内分泌障害

    1型,2型,および3型の多腺性機能不全症候群の特徴 特徴 1型 2型 3型 人口統計学 発症年齢 小児期(3 5歳) 成人期(30歳ピーク) 成人(特に中年女性) 女性:男性 4:3 3:1 N/A 遺伝学 HLA型 本疾患の特定の構成要素の発現に影響する場合がある 主に,B8,DW3,DR3,DR4 特定の疾患では他の型 DR3,DR4[msdmanuals.com]

  • 有毛細胞白血病の亜種

    HLAクラスI分子としては、HLA-A、HLA-B、HLA-Cを挙げることができ、より具体的には、HLA-A1、HLA-A0201、HLA-A0204、HLA0205、HLA0206、HLA0207、HLA11、HLA24、HLA1、HLA6801、HLA-B7、HLA-B8、HLA-B2705、HLA-B[patents.google.com]

さらなる症状