Create issue ticket

考えれる310県の原因 HLA-A2

  • 急性リンパ芽球性白血病

    基礎知識 診療の流れ 検査・診断 治療の選択 治療 生活と療養 転移・再発 更新・確認日:2017年02月23日 [ 履歴 ] 履歴 2017年02月23日 タブ形式に変更しました。「造血器腫瘍取扱い規約 2010年3月(第1版)」「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版」より内容を変更し、タイトルを「急性リンパ性白血病/リンパ芽球性リンパ腫」に変更しました。 2006年10月01日 「急性リンパ性白血病」を掲載しました。 1.急性リンパ性白血病/リンパ芽球性リンパ腫とは[…][ganjoho.jp]

  • 免疫複合体を介した小血管血管炎

    C2分子の立体構造に異常を生じ、細胞内のトランスポートがうまく行かなくなると考えられています。前者の変異は HLA-A11, B35, DRw1のハプロタイプと、後者は HLA-A2, B5, DRw4のハプロタイプと強く連鎖しています。 C2欠損症例の約1/3では、今回の事例のように 化膿性細菌感染症の反復 が見られます。[med.kindai.ac.jp] この遺伝子異常(遺伝子型:C2Q0)はHLA-A25, B18, DRw2のハプロタイプと強い連鎖不平衡状態にあります。当然常染色体劣性遺伝の形式をとります。 一方II型はC2分子を構成するアミノ酸の一部が非同義置換を起こした場合に生じることが知られており、Ser(198) PheやGly(444) Argなどが知られています。[med.kindai.ac.jp]

  • 丘疹を伴う萎縮

    検索はHLA A2、A33、B61、B44、DR9、DR13。[idsc.nih.go.jp] 入院時検査所見 :血液生化学所見はWBC 5,700、Hb 13.7、PLT 23.5万、CRP 0.37、RF 3.4、ASO 18、ALP 263 、 CH50 53.1、AST 18、 ALT 10、LDH 171、BUN 11.9、CRE 0.94、CPK 185と異常なく、ボレリア抗体0.42(EIA)、心電図、心エコー異常なし、HLA[idsc.nih.go.jp]

  • HLAクラス2の不完全な発現による免疫不全

    【クローン(アイソタイプ及び免疫原)】 HLA-DR : B8.12.2(マウスIgG2b、HLA-A6拘束性CTLクローンで免疫) 【標識】 FITC : Fluorescein isothyocyanate 励起波長 485 509nm、 蛍光波長 504 541nm 使用目的 HLA-DR : 白血球細胞表面抗原【HLA-DR】(HLA-DR[info.pmda.go.jp] 2) HLA型がHLA-A*2402 3) 腫瘍がサバイビン、HLA class Iを発現(抗サバイビン抗体、抗HLA class I抗体を用いた免疫組織染色法により解析)。 4) 20歳以上、85歳以下 5) 原発巣の外科的摘除を行っている。[rctportal.niph.go.jp] したがって、HLA-A26抗原をコードするHLA-A26対立遺伝子は、ベーチェット病の第2の疾患感受性遺伝子であることが示唆されています。この両抗原のどちらかを保有している患者はベーチェット病患者全体の80%弱にまで上ります。[www-user.yokohama-cu.ac.jp]

  • HLAクラス1の不完全な発現による免疫不全

    【クローン(アイソタイプ及び免疫原)】 HLA-DR : B8.12.2(マウスIgG2b、HLA-A6拘束性CTLクローンで免疫) 【標識】 FITC : Fluorescein isothyocyanate 励起波長 485 509nm、 蛍光波長 504 541nm 使用目的 HLA-DR : 白血球細胞表面抗原【HLA-DR】(HLA-DR[info.pmda.go.jp] 2) HLA型がHLA-A*2402 3) 腫瘍がサバイビン、HLA class Iを発現(抗サバイビン抗体、抗HLA class I抗体を用いた免疫組織染色法により解析)。 4) 20歳以上、85歳以下 5) 原発巣の外科的摘除を行っている。[rctportal.niph.go.jp] したがって、HLA-A26抗原をコードするHLA-A26対立遺伝子は、ベーチェット病の第2の疾患感受性遺伝子であることが示唆されています。この両抗原のどちらかを保有している患者はベーチェット病患者全体の80%弱にまで上ります。[www-user.yokohama-cu.ac.jp]

  • 閉塞性血栓性血管炎

    HLA-A9およびHLA-B5の遺伝子型に起きやすい [2] 。 症状 [ 編集 ] Fontaine分類 [3] 病期 臨床症状 Ⅰ 冷感・しびれ Ⅱ 間欠性跛行 Ⅲ 安静時疼痛 Ⅳ 潰瘍・壊死 遊走性静脈炎 : 静脈に炎症が見られる。 静脈炎 ( 英語版 ) の部分は痒みを伴う。静脈炎があちこちに移動するので 遊走性静脈炎 という。[ja.wikipedia.org]

  • 補体成分8欠乏症タイプ1

    C2分子の立体構造に異常を生じ、細胞内のトランスポートがうまく行かなくなると考えられています。前者の変異は HLA-A11, B35, DRw1のハプロタイプと、後者は HLA-A2, B5, DRw4のハプロタイプと強く連鎖しています。 C2欠損症例の約1/3では、今回の事例のように 化膿性細菌感染症の反復 が見られます。[med.kindai.ac.jp] この遺伝子異常(遺伝子型:C2Q0)はHLA-A25, B18, DRw2のハプロタイプと強い連鎖不平衡状態にあります。当然常染色体劣性遺伝の形式をとります。 一方II型はC2分子を構成するアミノ酸の一部が非同義置換を起こした場合に生じることが知られており、Ser(198) PheやGly(444) Argなどが知られています。[med.kindai.ac.jp]

  • 超急性移植拒否反応

    Class Ⅰ(A、B、各2つ)と、Class Ⅱ(DR2つ)があります。 HLAは白血球の型で、両親から遺伝的に受け継いでいます。数多くのタイプがありますが、特に移植に関与するのはHLA-A(27種類)、HLA-B(57種類)、HLA-DR(21種類)で、1人の人がそれぞれについて2つずつ、合計6種類のタイプを持っています。[osaka-urology.jp] 術直後よりPEXとIVIG25gを行ったが、翌日のDTPA腎血流シンチにてcoldであり第2病日に移植腎摘出となった(図3)。抗A抗体価の上昇なく、移植腎摘出後に抗ドナーHLA抗体が陽性となった。[sec-information.net] たとえば、両親がHLAA・B・DRのひとつずつを1組として合計で2組のHLAを持っていると、その子供は父親の1組と母親の1組を受け継ぐため4通りの組み合わせができます。つまり、兄弟姉妹の場合、HLAのA、B各1つずつとDRの1つの合う確率が50%、すべて合う確率が25%、まったく合わない確率が25%あります。[osaka-urology.jp]

  • PDE4Dハプロ不全症候群

    型糖尿病 DUSP9 型糖尿病性腎症 ELMO1 潰瘍性大腸炎 FCGR2A 潰瘍性大腸炎 HLA 血液中の尿酸濃度 GCKR 血液中の尿酸濃度 LRP2 血液中の尿酸濃度 SLC2A9 血液中の尿酸濃度 ABCG2 血液中の尿酸濃度 SLC22A12 血液中の尿酸濃度 LOC101928230 子宮筋腫 OBFC1, SLK 子宮筋腫[genelife.jp] 血清型別は、抗体によるHLAタイプの認識に基づく。血清型別では、8の異なるHLA 遺伝子、59のHLA B遺伝子および1のHLA C遺伝子を識別することができる。血清型別法による完全な適合であれば、各個体に存在する各HLA(、B、およびC)について2つずつの対立遺伝子に言及するので、いわゆる6個中6個の適合となろう。[ipforce.jp] B型慢性肝炎 HLA-DQB1 B型慢性肝炎 HLA-DQB2 C型慢性肝炎 HLA-DQB1, HLA-DQA1 C型慢性肝炎 DEPDC5 慢性腎臓病 MECOM 慢性腎臓病 ALPK1 慢性腎臓病 BTN2A1 慢性腎臓病 MHC region 慢性腎臓病 UNCX 慢性腎臓病 UCP2 慢性腎臓病 MMP1 慢性腎臓病 WDR72[genelife.jp]

  • 抗酸菌感染症

    5.潜在感染者でT細胞応答が亢進しているDosR regulon蛋白質を12種類同定し、その1つであるRv2031cに由来するペプチドが、HLA-A2およびHLA-DR4に提示されることを明らかにした。結核患者および潜伏感染者のプール血清でスクリーニングし、各々30および23抗原を選定した。[research-er.jp]

さらなる症状