Create issue ticket

考えれる7県の原因 hhs

結果を表示する: English

  • 糖尿病性ケトーシス昏睡

    主な病態としては、 糖尿病ケトアシドーシス (DKA)と高浸透圧高血糖症候群(HHS)があります。 糖尿病ケトアシドーシス(DKA) 糖尿病では、インスリンの高度の不足が原因で、高血糖が生じることに加え、脂肪の分解が高まりケトン体という酸性物質が体内に蓄積します。このケトン体が蓄積した状態をケトーシスといいます。[medicalnote.jp] 高血糖性高浸透圧状態(HHS、非ケトン性高浸透圧性昏睡、HONK) 高血糖性高浸透圧状態(こうけっとうせいこうしんとうあつじょうたい)は、高血糖に脱水が加わって起こる。意識障害が主症状。高齢者はそもそも脱水状態になりやすいのでこの病態にもなりやすい。統計的には高齢の2型糖尿病患者に多い。[ja.wikipedia.org] 高浸透圧高血糖症候群(HHS) 高浸透圧高血糖症候群では、高血糖と飲水量不足による脱水で、血液が濃縮されてしまい高浸透圧となります。ただし、インスリンは最低限分泌されているので、ケトーシスを伴うこともありますが、著しいアシドーシスにはならないのが特徴です。 高浸透圧高血糖症候群は2型糖尿病の高齢者に多くみられます。[medicalnote.jp]

  • 高浸透圧性

    HHSにおける特徴的な血液検査所見 [1] 、 血糖値が600mg/dL以上 血漿浸透圧が350mOsm/L以上 pH7.2以上、 HCO 3 18mEq/L以下 なお、厳密な判断基準ではない [1] 。[ja.wikipedia.org] 主な病態としては、 糖尿病ケトアシドーシス (DKA)と高浸透圧高血糖症候群(HHS)があります。 糖尿病ケトアシドーシス(DKA) 糖尿病では、インスリンの高度の不足が原因で、高血糖が生じることに加え、脂肪の分解が高まりケトン体という酸性物質が体内に蓄積します。このケトン体が蓄積した状態をケトーシスといいます。[medicalnote.jp] 類似した症候を示すものとして 糖尿病性ケトアシドーシス (DKA)があるが、HHSの場合、内因性の インスリン の分泌は保たれているためにインスリン依存状態には陥らず、ケトン体が生成されず アシドーシス も軽度であるため、病態は若干異なるものとなっている。[ja.wikipedia.org]

  • エルゴタミン撤退

    HHS cracks down on ephedra sales なんてのも目に付いたり。ま、抗ぜん息薬でおなじみエフェドリンの話ですけど。麻黄からとれますけど、アメリカでは麻黄からの抽出は良くても、合成は駄目。ってなもんで、取り締まりを.......ということだそうですけどね。[grignard.obunko.com]

  • 甲状腺クリーゼ

    DKAとHHSの鑑別で重要な ケトン体測定は尿ではなく血清でしましょう。 尿ケトン体はアセト酢酸を中心に測定し、 DKAで上昇する3-ヒドロキシ酪酸は測定できません。 疑ったら血清でのケトン体測定を忘れないようにしましょう。 3000μmol/L以上になったらDKAを疑います。 1000くらいならHHSでも上がります。[katsura.com] 糖尿病ケトアシドーシス(DKA)と高血糖高浸透圧症候群(HHS)がありますが、 最初の1,2時間のうちに救急初期対応ではやることがほぼ一緒です。 どんなに高血糖でも、インスリン治療よりも先に 脱水補正です。 500 1000mlの生食を投与した上で、 インスリン治療を始めます。[katsura.com]

  • 家族分離甲状腺機能亢進症

    取り扱う主な疾患 ・糖尿病(1型、2型、その他)、妊娠糖尿病 ・糖尿病性ケトアシドーシス(DKA)、高浸透圧性高血糖症候群(HHS) ・低血糖性昏睡 ・糖尿病症例のシックデイ ・汎下垂体機能低下症、尿崩症 ・副腎不全、副腎クリーゼ ・バセドウ病、甲状腺クリーゼ、慢性甲状腺炎、甲状腺腫瘍 ・原発性副甲状腺機能亢進症・低下症 ・原発性アルドステロン[hospital.sasebo.nagasaki.jp]

  • 家族性高アルドステロン症 2型

    取り扱う主な疾患 ・糖尿病(1型、2型、その他)、妊娠糖尿病 ・糖尿病性ケトアシドーシス(DKA)、高浸透圧性高血糖症候群(HHS) ・低血糖性昏睡 ・糖尿病症例のシックデイ ・汎下垂体機能低下症、尿崩症 ・副腎不全、副腎クリーゼ ・バセドウ病、甲状腺クリーゼ、慢性甲状腺炎、甲状腺腫瘍 ・原発性副甲状腺機能亢進症・低下症 ・原発性アルドステロン[hospital.sasebo.nagasaki.jp]

  • パレゴリック

    執行権限 [ 編集 ] 製薬者や医師会、薬剤協会、薬物乱用に関連する公益団体、州、地方公共団体機関などの薬事関係者による請願、もしくは 麻薬取締局 (DEA)及び保健福祉省(HHS)により、薬物ないしその他の物質のスケジュールを変更・加減する手続きを着手することが出来る。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状