Create issue ticket

考えれる105県の原因 hgf

結果を表示する: English

  • ウイルス性下気道感染症

    我々は当ホームページの別記事にもあるように、Efferocytosis(別記事のefferocytosisの説明記事参照)の機序の解析を軸に、炎症終息過程のHGFやMCP-1やスタチンの関与の研究が報告され(Morimoto K, et al. Am. J. Resp. Cell. Mol.[tm.nagasaki-u.ac.jp] ARDS、重症肺炎、重症感染症そして慢性炎症性疾患(呼吸器ではCOPDやIPFなど)では、アポトーシス細胞の処理が障害されていると考えられており、我々はその機序の一部として炎症終息の障害があるという仮説のもとに、呼吸器感染マウスモデルで炎症終息と組織修復でのHGFの役割(Morimoto K,et.al.AJRCMB;2001)やMCP-1[tm.nagasaki-u.ac.jp] 「細菌性肺炎における炎症終息機構の解明」 マウス緑膿菌性肺炎モデルにおいて肺胞マクロファージ(AM)によるアポトーシス好中球貪食除去がHepatocyte growth factor (HGF)産生を誘導し,AMが炎症終息のみならず気道上皮の再生修復に貢献していることを明らかにしています(Morimoto K, et al. Am.[tm.nagasaki-u.ac.jp]

  • ニューロパチー

    […] c)HGF:コンベンショナルとテトラサイクリン調節系を用いた神経特異的HGF発現トランスジェニックマウス(NS-HGF-Tg-マウス/Tet-HGF-Tg-マウス)の作成と解析を行った。 研究結果 1)高齢者ニューロパチーの病態解析。[research-er.jp] 本年は、高齢者ニューロパチーにおけるAGEの作用、シグナル伝達の加齢の影響、および再生促進効果としてのHGFの作用を検討した。[research-er.jp] さらに、HGFは運動・感覚神経のみならず、広くニューロノパチーに応用される期待がもたれる。今後、高齢者ニューロパチーに特徴的な病態の修飾因子や発現調節因子は明らかにし、発症に関連する遺伝要因・環境要因の検討がニューロパチーの予防や治療にとって重要であると思われた。[research-er.jp]

  • 肺気腫

    )投与モデルを用いた.その結果,HGFにより肺再生が生じる前に,肺組織中にCD34などの幹細胞マーカーを持つ細胞群の増加することが必要であることを明らかにした.また,HGFがこのような肺組織幹細胞群を増加させるとともに,これら幹細胞群の成熟肺細胞への分化を促進することも明らかにした.これらの成果はAm J Respir Mol Cell Biol[kaken.nii.ac.jp] 骨髄細胞が肺組織幹細胞にはなり得ないと考えられた.以上のことより,肺組織の修復には骨髄由来細胞だけではなく,肺既存の組織幹細胞の存在が重要であることを明らかにした.そこで,気腫化肺の修復における肺組織幹細胞の役割を検討した.気腫化肺再生モデルは,以前我々が報告したエラスターゼ肺気腫におけるhepatocyte growth factor(HGF[kaken.nii.ac.jp]

  • 虚血性潰瘍

    HGF遺伝子プラスミドを用いた下肢虚血の治療のための遺伝子治療臨床研究 短期および中・長期における阪大での治験結果(第1/2a相試験)の詳細は、すでに下記の英文学術雑誌に発表されています。[cgt.med.osaka-u.ac.jp] 肝細胞増殖因子(hepatocyte growth factor 、HGF)を用いた治療について検討が進んでいる。[nanbyou.or.jp] 肝細胞増殖因子(hepatocyte growth factor: HGF)を用いた治療や細胞移植療法について検討が進んでいる。 8.[vas-mhlw.org]

  • 急性肝不全

    HGF製剤の投与量及び/又は投与期間は、後述のHGFの薬効評価の結果に基づいて適宜増減することができる。 本発明のHGF製剤による治療対象となるのは急性肝不全患者である。[patents.google.com] 0.01).(2)予後別の入院時Vsは,A群:2.05 0.67 m/s,B群:3.09 0.76 m/sであり(p 0.01),CTLV/SLVは,A群:1.10 0.22,B群:0.78 0.12であった(p 0.01).VsとCTLV/SLV間に有意な相関関係を認め(r -0.48,p 0.01),両因子ともに,PT,T-Bil,HGF[jsum.or.jp] HGFは分子内ジスルフィド結合を有する一本鎖タンパク質(プロHGF)として生合成された後、HGFアクチベータによる切断を受けて生物活性を有する二本鎖構造の成熟HGFとなる。本発明で用いられるHGFはプロ体もしくは成熟タンパク質のいずれであってもよいが、好ましくは一本鎖のプロHGFが用いられる。[patents.google.com]

  • 下肢の動脈硬化症

    また血管新生を促すホルモンを産生させる遺伝子( HGF, VEGF )を筋肉注射して血管の誘導をはかる治験も行われている。 骨髄細胞移植、末梢血幹細胞移植、末梢血単核球移植については、 厚生労働省 が規定する 先進医療 として認められており、一部医療機関で 保険診療 との併用が認められている。[ja.wikipedia.org]

  • 内側性硬化症

    新規抗体治療薬の開発 大阪大学 山下 俊英 教授 2-3-1.希少難治性疾患に対する画期的な医薬品医療機器等の実用化に関する研究(医師主導治験【新規化合物治験[ステップ2]】) 研究開発課題名 代表機関 研究開発代表者 役職 遠位型ミオパチーにおける承認申請に向けたアセノイラミン酸の長期投与試験 東北大学 青木 正志 教授 肝細胞増殖因子(HGF[amed.go.jp]

  • 呼吸筋麻痺

    神経栄養因子としてのHGFの作用に基づき、ALSおよび脊髄損傷などの難治性神経疾患に対する治療薬としてのHGFの臨床応用に期待が高まっている。現在、組換えHGFタンパク質を用いて、ALSを対象とする本治験の他にも、脊髄損傷に対する治験が慶應義塾大学のグループを中心に進められている。[hosp.tohoku.ac.jp] ※2 肝細胞増殖因子(Hepatocyte Growth Factor: HGF) 成熟肝細胞の増殖を促進する因子として日本で発見された生理活性タンパク質であるが、その後の研究からHGF は各種上皮系組織や心血管系組織などにも作用することが明らかとなった。[hosp.tohoku.ac.jp] 青木教授を中心とする研究グループはこれまで、日本で発見された神経栄養因子であるHGFを用いたALS治療法の開発に取り組んできました。 HGFはもともと肝細胞の増殖因子として発見された生理活性物質ですが、運動神経細胞の保護効果を示す神経栄養因子としての作用も強く、難治性神経疾患に対する治療薬として臨床応用が期待されてきました。[hosp.tohoku.ac.jp]

  • 腹膜癒着

    上皮様腹膜中皮細胞移植群では有意に腹膜肥厚、癒着は抑制でき、それらは上皮様腹膜中皮細胞からでる再生因子、HGF(肝細胞増殖因子)などを分泌し再生により関与していることが示唆された。[okayama-u.ac.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    開始年度 終了年度 研究開発代表者名 所属機関名 研究開発課題名 報告書 別添 27 29 青木 正志 国立大学法人東北大学 遠位型ミオパチーにおけるN-アセチルノイラミン酸の第2/3相試験 ダウンロード 27 29 青木 正志 国立大学法人東北大学 肝細胞増殖因子(HGF)による筋萎縮性側索硬化症の治療法開発 ダウンロード 27 28 青木[amed.go.jp]

さらなる症状