Create issue ticket

考えれる54県の原因 hgf

結果を表示する: English

  • 肝不全

    HGF製剤の投与量及び/又は投与期間は、後述のHGFの薬効評価の結果に基づいて適宜増減することができる。 本発明のHGF製剤による治療対象となるのは急性肝不全患者である。[patents.google.com] ウロキナーゼ型プラスミノゲンアクチベータ(uPA) がHGFを活性化、プラスミン/MMPがマトリックスにプールされているHGFを遊離して肝再生を促進、PAI-1は線溶因子によるTGF-β活性化反応を制御。TGF-βは肝再生の最終段階で肝再生を終息させる。[jsth.org] HGFは分子内ジスルフィド結合を有する一本鎖タンパク質(プロHGF)として生合成された後、HGFアクチベータによる切断を受けて生物活性を有する二本鎖構造の成熟HGFとなる。本発明で用いられるHGFはプロ体もしくは成熟タンパク質のいずれであってもよいが、好ましくは一本鎖のプロHGFが用いられる。[patents.google.com]

  • 急性肝不全

    HGF製剤の投与量及び/又は投与期間は、後述のHGFの薬効評価の結果に基づいて適宜増減することができる。 本発明のHGF製剤による治療対象となるのは急性肝不全患者である。[patents.google.com] HGFは分子内ジスルフィド結合を有する一本鎖タンパク質(プロHGF)として生合成された後、HGFアクチベータによる切断を受けて生物活性を有する二本鎖構造の成熟HGFとなる。本発明で用いられるHGFはプロ体もしくは成熟タンパク質のいずれであってもよいが、好ましくは一本鎖のプロHGFが用いられる。[patents.google.com] 上記のいずれかの方法により測定された、HGFを投与された患者由来の試料中のAFPのレベルが、HGFの投与前に該患者から採取した試料中のAFPレベルに比べて有意に上昇している場合、該患者において肝再生が誘導されており、HGF投与の薬効が認められると判定することができる。[patents.google.com]

  • 呼吸筋麻痺

    神経栄養因子としてのHGFの作用に基づき、ALSおよび脊髄損傷などの難治性神経疾患に対する治療薬としてのHGFの臨床応用に期待が高まっている。現在、組換えHGFタンパク質を用いて、ALSを対象とする本治験の他にも、脊髄損傷に対する治験が慶應義塾大学のグループを中心に進められている。[hosp.tohoku.ac.jp] ※2 肝細胞増殖因子(Hepatocyte Growth Factor: HGF) 成熟肝細胞の増殖を促進する因子として日本で発見された生理活性タンパク質であるが、その後の研究からHGF は各種上皮系組織や心血管系組織などにも作用することが明らかとなった。[hosp.tohoku.ac.jp] 青木教授を中心とする研究グループはこれまで、日本で発見された神経栄養因子であるHGFを用いたALS治療法の開発に取り組んできました。 HGFはもともと肝細胞の増殖因子として発見された生理活性物質ですが、運動神経細胞の保護効果を示す神経栄養因子としての作用も強く、難治性神経疾患に対する治療薬として臨床応用が期待されてきました。[hosp.tohoku.ac.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    神経栄養因子としてのHGFの作用に基づき、ALSおよび脊髄損傷などの難治性神経疾患に対する治療薬としてのHGFの臨床応用に期待が高まっている。現在、組換えHGFタンパク質を用いて、ALSを対象とする本治験の他にも、脊髄損傷に対する治験が慶應義塾大学のグループを中心に進められている。[hosp.tohoku.ac.jp] ※2 肝細胞増殖因子(Hepatocyte Growth Factor: HGF) 成熟肝細胞の増殖を促進する因子として日本で発見された生理活性タンパク質であるが、その後の研究からHGF は各種上皮系組織や心血管系組織などにも作用することが明らかとなった。[hosp.tohoku.ac.jp] 青木教授を中心とする研究グループはこれまで、日本で発見された神経栄養因子であるHGFを用いたALS治療法の開発に取り組んできました。 HGFはもともと肝細胞の増殖因子として発見された生理活性物質ですが、運動神経細胞の保護効果を示す神経栄養因子としての作用も強く、難治性神経疾患に対する治療薬として臨床応用が期待されてきました。[hosp.tohoku.ac.jp]

  • 両側性再発性咽頭神経麻痺

    モデルマウスを、圧迫後に何も処置しないNone群、圧迫部位上にHGFベクターを塗布したHGF群、HSV-LacZを10μl塗布・5分間保持して閉創したLacZ群の3群に分け検討した。HGF群の治癒日数は、None群およびLacZ群に比較して有意に短かった。全マウスで顔面神経麻痺は14日以内に完治した。[nrd.nagoya-cu.ac.jp] ELISA法により顔面神経本幹から抽出されたHGF量を測定したところ、LacZ群では一過性にHGFの増加を認め、HFG群では恒常的にHGFの増加を認めた。また、顔面神経、顔面神経核における組織学的検討では、3日、7日、14日後とも顔面神経とその周囲にKT3を認め、強拡大で顔面神経内のKT3を確認した。[nrd.nagoya-cu.ac.jp] 成長因子の徐放化にゼラチンハイドロゲルであるMedgelを用い、PBS単独群、HGF単独群、PBSgel群、HGFgel群の4群に分類した。PBSgel群、HGF単独群はPBS単独群と同様に回復し、MedgelやHGFの単独投与による神経再生効果は認めなかった。HGFgel群は他の3群に比べて明らかに回復が促進された。[nrd.nagoya-cu.ac.jp]

  • 内側性硬化症

    新規抗体治療薬の開発 大阪大学 山下 俊英 教授 2-3-1.希少難治性疾患に対する画期的な医薬品医療機器等の実用化に関する研究(医師主導治験【新規化合物治験[ステップ2]】) 研究開発課題名 代表機関 研究開発代表者 役職 遠位型ミオパチーにおける承認申請に向けたアセノイラミン酸の長期投与試験 東北大学 青木 正志 教授 肝細胞増殖因子(HGF[amed.go.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    開始年度 終了年度 研究開発代表者名 所属機関名 研究開発課題名 報告書 別添 27 29 青木 正志 国立大学法人東北大学 遠位型ミオパチーにおけるN-アセチルノイラミン酸の第2/3相試験 ダウンロード 27 29 青木 正志 国立大学法人東北大学 肝細胞増殖因子(HGF)による筋萎縮性側索硬化症の治療法開発 ダウンロード 27 28 青木[amed.go.jp]

  • サラセミア

    表1.臨床像(所見) 血液検査 生化学検査 血球算定 小球性低色素性貧血 MCV ,MCH ,MCHC 血液像 赤血球大小不同 奇形赤血球 (標的細胞) 低下しないもの フェリチン 血清鉄 TIBC 上昇するもの HgF HgA 2 血液検査所見では 鉄欠乏性貧血(IDA) に似ていますが、 血清鉄(S-Fe)の低下をみない、鉄剤に効果を示[chugokuh.johas.go.jp]

  • βサラセミア

    表1.臨床像(所見) 血液検査 生化学検査 血球算定 小球性低色素性貧血 MCV ,MCH ,MCHC 血液像 赤血球大小不同 奇形赤血球 (標的細胞) 低下しないもの フェリチン 血清鉄 TIBC 上昇するもの HgF HgA 2 血液検査所見では 鉄欠乏性貧血(IDA) に似ていますが、 血清鉄(S-Fe)の低下をみない、鉄剤に効果を示[chugokuh.johas.go.jp]

  • 肝細胞癌

    肝細胞の数が減ると、肝細胞増殖因子(HGF)を始めとする諸種のタンパクが分泌されて細胞数を増加させますが、その絶大な速度と絶妙な調節力には驚かされます。とても人間業とは思えないので「神の摂理」なのでしょうか。生体肝移植のドナーでもレシピエントでも、肝細胞再生は素早く開始します。[tokumen.co.jp]

さらなる症状