Create issue ticket

考えれる377県の原因 hcg

結果を表示する: Deutsch

  • つわり

    これは、このホルモンの変動がつわりの症状の現れる時期に一致していたり、双子や胞状奇胎などhCGのレベルが高い場合には症状がひどくなったり、流産などでhCGのレベルが低くなるとつわりが楽になったりすることから推察されていることです。[bosei-navi.mhlw.go.jp] その中でつわりの重い方と軽い方を調べると、妊娠期に胎盤の絨毛という部分から分泌される、ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)濃度が高いほうがつわりが重いことが知られています。 ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)とは受精卵、子宮を成長させて妊娠を適正に維持する役割があります。[boori.jp] 関連項目 [ 編集 ] サリドマイド 脚注 [ 編集 ] hCG自体がどのような作用をしてつわりを起こすかは未だ解明されていない。[ja.wikipedia.org]

  • 性腺機能低下症

    治療法 hCG/hMG療法 精子形成にはFSHとアンドロゲンの両者が関与することから、性腺刺激ホルモン補充療法はLH作用の強いhCGとFSH作用のあるhMGを併用するこのhCG/hMG療法が有効と言われています。 具体的にはhCG3000 5000IU、hMG75 150IUを週1 2回行っています。[ameblo.jp] 第2度無月経ではゴナドトロピン療法[hCG-hMG(FSH)療法、LHRH間欠投与法)]を行う。[nagasaki-clinic.com] 抄録 症例. 18歳男性. 8歳時,全身色素沈着. 10歳時発熱,嘔吐,全身倦怠感出現し, Addison病と診断.平成3年,二次性徴遅延にて入院.全身皮膚色素沈着を認め,性毛なく,陰茎,睾丸は小(Tanner stage 1).血中cortisol低値,血中ACH1著明高値,血中testosteroneは低値で, hCG負荷にて上昇し,[jstage.jst.go.jp]

  • 胚細胞腫瘍

    平成19年4月、当院初診時の胚細胞の腫瘍マーカーHCGは250mIU/ml(基準値0.7mIU/ml以下)、HCGβは3.4ng/ml(基準値0.1ng/ml以下)と高値を示していました。 直ちに新免疫療法を一部開始し、5月より経鼻チューブから全量投与しました。[orient-ct.ne.jp] その後,血清のHCG-beta値が軽度の上昇を示すものをHCG-secreting germinomaとしていたこともあります。逆に,それ以外をpure germinomaと呼びました。1990年代までは,HCGを産生するジャーミノーマが再発しやすいと信じられていたからです。[plaza.umin.ac.jp] HCG(ヒト胎盤性ゴナドトロピン)は、胎盤の絨毛細胞から分泌される性腺刺激ホルモンで、絨毛上皮成分を含む絨毛上皮がんで高値となります。まれに胎児性がんで高値を示すこともあります。通常、血清中や尿中のHCG及びβHCGが測定されます。 CEA、CA19-9は、胚細胞腫瘍のうち卵黄嚢成分を含んだ卵巣未熟奇形腫で上昇することがあります。[f.kpu-m.ac.jp]

  • 子宮外妊娠

    中絶前 無症状 中絶後 無月経 下腹部痛 少量の外出血 ショック まず尿中hCGで妊娠を確認し、次いで超音波断層法、腹腔鏡で子宮腔以外に受精卵が着床していることを診断する。[ja.wikipedia.org] 2008年現在尿中hCG検査にて妊娠4週以降は診断可能であるため、月経の停止にて疑った場合は大抵は信頼できる。ただし、この時期では胎嚢が確認できないこともある。尿中hCGは腹痛、不正性器出血など異常妊娠(子宮外妊娠、切迫流産)を疑う場合も救急外来で測定される。[ja.wikipedia.org] 2008年現在、妊娠の決定は妊娠診断薬、すなわち尿中hCGのほか、超音波断層検査、ドプラ法などを用いて行う。これらの近代的な検査が存在しなかった場合は身体診察で経過観察を行っていた。[ja.wikipedia.org]

  • 卵管妊娠

    中絶前 無症状 中絶後 無月経 下腹部痛 少量の外出血 ショック まず尿中hCGで妊娠を確認し、次いで超音波断層法、腹腔鏡で子宮腔以外に受精卵が着床していることを診断する。[ja.wikipedia.org] 2008年現在尿中hCG検査にて妊娠4週以降は診断可能であるため、月経の停止にて疑った場合は大抵は信頼できる。ただし、この時期では胎嚢が確認できないこともある。尿中hCGは腹痛、不正性器出血など異常妊娠(子宮外妊娠、切迫流産)を疑う場合も救急外来で測定される。[ja.wikipedia.org] 2008年現在、妊娠の決定は妊娠診断薬、すなわち尿中hCGのほか、超音波断層検査、ドプラ法などを用いて行う。これらの近代的な検査が存在しなかった場合は身体診察で経過観察を行っていた。[ja.wikipedia.org]

  • 低ゴナドトロピン性性腺機能低下症 3

    しかし前思春期においても、LHRHテストとhCGテストによりある程度の鑑別が可能です。中枢性性腺機能低下症においては、LHRHテストにおけるLHとFSHの頂値は正常範囲を下回ることが多く、またhCGテスト(hCG3日間投与)における血中テストステロンの反応は50ng/ml以下です(1)。[tanaka-growth-clinic.com] 抄録 症例. 18歳男性. 8歳時,全身色素沈着. 10歳時発熱,嘔吐,全身倦怠感出現し, Addison病と診断.平成3年,二次性徴遅延にて入院.全身皮膚色素沈着を認め,性毛なく,陰茎,睾丸は小(Tanner stage 1).血中cortisol低値,血中ACH1著明高値,血中testosteroneは低値で, hCG負荷にて上昇し,[jstage.jst.go.jp] その後、この症例は16歳よりhCG-hMG/FSH療法(hCG 2500単位、hMG 75単位、週2回)に切り替えて精巣容量も20mlになり、血中テストステロンも700ng/dlを維持し、17X106/mlの精子形成が認められました(図5)。[tanaka-growth-clinic.com]

  • 精上皮腫

    精上皮腫であっても絨毛 (じゅうもう) 性腫瘍のように絨毛性ゴナドトロピン(HCGhCG)腫瘍マーカー(癌 (がん) の存在の可能性を示す物質)が上昇していることがある。 治療としては早期に根治的に摘出する。その組織像が純粋に精上皮腫の組織像であれば、後腹膜リンパ節に対して放射線照射する。[kotobank.jp] またはAFP 10,000ng/ml またはhCG 50,000IU/L またはLDH 10 正常上限値 該当なし 1977年に提唱されたマーカー値を重視した分類法である。 hCG(Intact hCG)を用いる。日本のFree-β hCGは利用できない。[ganjoho.jp] hCGとLDHはいずれの値であってもよい。[juntendo-urology.jp]

  • 多嚢胞性卵巣症候群

    妊娠を希望する場合の不妊治療 クロミフェン投与やhMG-hCG療法による排卵誘発hMG-hCG療法では、卵巣内の卵胞が一気に成長して卵巣が腫大する卵巣過剰刺激症候群(OHSS)を起こす可能性もあり、注意が必要。腹腔鏡下卵巣焼灼術腹腔鏡を用い、レーザーや電気メスで卵巣に数箇所穴を開けて排卵しやすくする。[ja.wikipedia.org] 治療としては 1.排卵誘発剤(クロミッド、HMG-HCG注射など) クロミッドの場合、頚管粘液の量が減ったり質が悪くなったりして、精子が子宮に入っていけなくなるという副作用がでる方がいます。また、子宮内膜の増殖も低下してしまうことがあります。 HMG-HCG注射の場合、卵巣が腫れる事がありますので、注意が必要です。[kanpo-kan.com] hCG-hMG注射も使用されます。厚くなった卵巣の皮に切れ目を入れる手術を行うこともあります。 月経の正常化には、周期的女性ホルモン補充療法(カウフマン療法)が行われます。インスリン抵抗性改善作用をもつ糖尿病薬であるメトホルミン塩酸塩(グリコラン)やピオグリタゾン塩酸塩(アクトス)などが有効なこともあります。 (C)法研[yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 外因性甲状腺中毒

    一過性の妊娠時の甲状腺機能亢進症 甲状腺ホルモンを生産するよう刺激する物質にはTRAbとhCG、そしてTSHがあります。hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロビン)は、妊娠すると胎盤から分泌されるホルモンです。 増加したhCGの影響で甲状腺機能亢進症となることがあり、これを「妊娠期一過性甲状腺機能亢進症」と呼びます。[medicalnote.jp] 甲状腺刺激の亢進は,部分的に脱シアル酸化されたhCGの濃度上昇によって引き起こされている可能性があり,この変異型hCGはシアル酸化されたhCGよりも強い甲状腺刺激物質であると考えられる。[msdmanuals.com] 妊娠甲状腺中毒症 妊娠初期(10〜15週)に胎盤から出るhCGというホルモンが甲状腺に作用して、甲状腺ホルモンが増加するというものです。 卵巣甲状腺腫 卵巣の腫瘍の中に甲状腺組織が発生する病気です。[kuma-h.or.jp]

  • 妊娠

    2008年現在尿中hCG検査にて妊娠4週以降は診断可能であるため、月経の停止にて疑った場合は大抵は信頼できる。ただし、この時期では胎嚢が確認できないこともある。尿中hCGは腹痛、不正性器出血など異常妊娠(子宮外妊娠、切迫流産)を疑う場合も救急外来で測定される。[ja.wikipedia.org] 2008年現在、妊娠の決定は妊娠診断薬、すなわち尿中hCGのほか、超音波断層検査、ドプラ法などを用いて行う。これらの近代的な検査が存在しなかった場合は身体診察で経過観察を行っていた。[ja.wikipedia.org] 着床した受精卵の初期胎盤から分泌されるヒト絨毛性ゴナドトロピン (hCG) という特有のホルモン(これが黄体の寿命を延ばして子宮に着床状態を維持させる)の検出により、女性の尿が少量あれば妊娠の有無は簡単に判定できる。妊娠検査薬は薬局で求めることができるが、より確実を期するためには医療機関を受診する。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状