Create issue ticket

考えれる16県の原因 gtpase 3

結果を表示する: Deutsch

  • ウォルコット・ラリソン症候群

    TLR4、TLR5、TLR6、TLR7、TLR8、TLR9、TLR10、およびTLR11を含む受容体;低分子GTPaseシグナル伝達の成分(RhoA、Ras、Rac1、Cdc42など)、PIPシグナル伝達成分(PIK、Srcキナーゼなど)、MyD88依存性シグナル伝達成分(MyD88、IRAK1、IRAK2など)、およびMyD88非依存性[biosciencedbc.jp] 、IL 1α、IL 1β、βデフェンシン、熱ショックタンパク質(例えば、HSP10、HSP60、HSP65、HSP70、HSP75、およびHSP90)、gp96、フィブリノーゲン、およびフィブロネクチンのTypIII反復エキストラ(extra)ドメインAを含む、パターン認識受容体のリガンドである);IL 1RI、TLR1、TLR2、TLR[biosciencedbc.jp]

  • 叢状神経線維腫

    8.前記薬剤が血管形成阻害薬である、1〜のいずれか一項に記載の方法。9.前記薬剤が低分子量GTPaseの構造、機能、局在化または翻訳後修飾を変化させる、1〜のいずれか一項に記載の方法。10.前記薬剤が化学予防剤である、1〜3のいずれか一項に記載の方法。[biosciencedbc.jp] 前記薬剤が血管形成阻害薬である、請求項1〜のいずれか一項に記載の方法。 前記薬剤が低分子量GTPaseの構造、機能、局在化または翻訳後修飾を変化させる、請求項1〜のいずれか一項に記載の方法。 前記薬剤が化学予防剤である、請求項1〜3のいずれか一項に記載の方法。[biosciencedbc.jp]

  • 低カリウム血性腎症

    Rac1 GTPase in rodent kidneys is essential or salt-sensitive hypertension via a mineralocorticoid receptor-dependent pathway. J Clin Invest 2011; 121(8): 3233–43. 3.[u-tokyo.ac.jp]

  • 単純ヘルペス脳炎

    TLR3 はリソソームのマーカーであるLAMP-1および低分子量 GTPase である Rab7a と共局在しており,定常な状態では TLR3 は核の周囲に存在するが, TLR3 のリガンドの刺激により細胞の周縁部へと輸送された.この細胞の辺縁部への TLR3 およびLAMP-1の輸送は, PKC 阻害剤,Torin1,微小管の重合の阻害剤[first.lifesciencedb.jp]

  • 過剰腎臓

    Rac1 GTPase in rodent kidneys is essential or salt-sensitive hypertension via a mineralocorticoid receptor-dependent pathway. J Clin Invest 2011; 121(8): 3233–43. 3.[u-tokyo.ac.jp]

  • エンテロペプチダーゼ欠乏による先天性腸疾患

    NLRP3インフラマソーム阻害が治療法開発に繋がるかもしれない (Nature) 2012年12月20日 ヒトGTP結合タンパク質Rab GTPaseの触媒機構を探る Rab GTPases は小胞輸送の鍵制御因子で、Rab-GTPase活性化タンパク質 (RabGAPs) の助けが無い時のGTP加水分解活性は低い。[pford.info] NLRP3インフラマソーム阻害が治療法開発に繋がるかもしれない (Nature) December 19, 2012,Science Daily, 2012 ScienceDaily ヒトGTP結合タンパク質Rab GTPaseの触媒機構を探る Rab GTPases は小胞輸送の鍵制御因子で、Rab-GTPase活性化タンパク質 (RabGAPs[tanpaku.org]

  • ホスホリラーゼキナーゼ欠乏

    ATP結合の活性、ATPase活性、RNAヘリカーゼ活性、GTP結合、GTPase活性、終結因子、又は複合体への、もしくは互いのRNA結合(即ち、eRF1及びeRF3へのUpf1p、又はUpf3pへのUpf2)を監視する生化学的アッセイ及びin vitroアッセイ;mRNA崩壊及び翻訳抑制におけるヒト遺伝子産物の活性を定量化することができる[biosciencedbc.jp]

  • 家族性大腸癌

    […] p16 9q21 悪性黒色腫・食道癌 家族性悪性黒色腫 CDK インヒビター NF1 17q11 悪性黒色腫・神経芽腫 神経線維腫症 I 型 GTPase 活性化 NF2 22q12 髄膜腫・神経鞘腫 神経線維腫症 II 型 細胞骨格結合?[med.kindai.ac.jp] VHL 3p26 腎癌 Von Hippel-Lindau 病 転写伸長調節 BRCA1 17q21 - 家族性乳癌 / 卵巣癌 転写抑制 BRCA2 13q12-13 - 家族性乳癌 - SMAD4(DPC-4) 18q21.1 膵癌,大腸癌,肺癌 - 転写抑制 Ptc 9q22.3 基底細胞癌 基底細胞母斑症候群 HH受容体 参考図書:[med.kindai.ac.jp]

  • 骨硬化症

    RhoA は骨芽細胞におけるセマフォリン4D-プレキシン B1 シグナルを制御する セマフォリン-プレキシンシグナルはRhoファミリー GTPase を介したアクチン細胞骨格の再編成をへて細胞形態や細胞運動を制御する 8) .セマフォリン4Dにより刺激した野生型マウスの骨芽細胞ではGTP結合型(活性化型) RhoA が増加し,プレキシン B1[first.lifesciencedb.jp] ノックアウトマウスの骨芽細胞における骨形成は Fc -セマフォリン4D融合タンパク質では抑制されず,また,野生型マウスの骨芽細胞における Fc -セマフォリン4D融合タンパク質による骨形成の抑制効果は抗プレキシン B1 抗体により阻害されたことから,プレキシン B1 は骨芽細胞においてセマフォリン4Dを認識する受容体として機能していることが示唆された. 3[first.lifesciencedb.jp]

  • トキソプラズマ原虫

    らかにされた. 3[first.lifesciencedb.jp] Gate -16の Arf1 との相互作用領域を同定するため, Gate -16と LC 3bとのさまざまなキメラタンパク質を作製してインターフェロンγに依存的なトキソプラズマ原虫に対する応答への影響,インターフェロンγ誘導性 GTPase の凝集体の形成, Arf1 との相互作用について検討した.その結果, Gate 16の25番目 29[first.lifesciencedb.jp] を欠損した細胞においても GBP の凝集体は検出されなかった.また, GBP だけでなく,ほかのインターフェロンγ誘導性 GTPase の凝集体も同様に制御されていた.これらの結果から, GABARAP サブファミリーの欠損により誘導されるインターフェロンγ誘導性 GTPase の凝集体の形成は,オートファジーとは無関係な現象であることが明[first.lifesciencedb.jp]

さらなる症状