Create issue ticket

考えれる344県の原因 gp6

  • 中心窩発育不全 - 初老性白内障症候群

    血液疾患 P2RY12 [HSA: 64805 ] [KO: K04298 ] ITGA2 [HSA: 3673 ] [KO: K06481 ] GP6 [HSA: 51206 ] [KO: K06264 ] TBXA2R [HSA: 6915 ] [KO: K04264 ] RASGRP2 [HSA: 10235 ] [KO: K12361[kegg.jp]

  • NCF2欠損症による慢性肉芽腫症

    Seger, personal communication, April 2010 London 1 3 Melphalan, 140mg/m 2 MFGS-gp91 phox (MLV-LTR) SF71gp91 phox (SFFV-LTR) 5-20 0.2-10 10 6 No Yes No A.[emeneki.com] Thrasher, personal communication, April 2010 NIH 3 Busulfex, 10mg/kg MFGS-gp91 phox (MLV-LTR) 25-73 18.9-71.0 10 6 No Yes No Kang et al. 37 Seoul 2 Busulfex, 6.4mg/kg fludarabine[emeneki.com] Grez 博士らが使用したSF7gp91phoxベクターにはMyeloid特異的leaderが使用されており、そのことが 7カ月後からの活性上昇と、その後のMDS/Evi1を有するクローンをより選択的に増殖させた原因ではないかと討論されている 11) 。[emeneki.com]

  • 常染色体劣性四肢帯筋ジストロフィー2I型

    血液疾患 P2RY12 [HSA: 64805 ] [KO: K04298 ] ITGA2 [HSA: 3673 ] [KO: K06481 ] GP6 [HSA: 51206 ] [KO: K062 64 ] TBXA2R [HSA: 6915 ] [KO: K04264 ] RASGRP2 [HSA: 10235 ] [KO: K12361[kegg.jp]

  • PDE4Dハプロ不全症候群

    凝集反応:ADP) MRVI1 血の止まりやすさ(血小板の凝集反応:エピネフリン) PEAR1 血の止まりやすさ(血小板の凝集反応:エピネフリン) PIK3CG 血の止まりやすさ(血小板の凝集反応:エピネフリン) JMJD1C 血の止まりやすさ(血小板の凝集反応:エピネフリン) ADRA2A 血の止まりやすさ(血小板の凝集反応:コラーゲン) GP6[genelife.jp]

  • 常染色体優性難聴33

    血液疾患 P2RY12 [HSA: 64805 ] [KO: K04298 ] ITGA2 [HSA: 3673 ] [KO: K06481 ] GP6 [HSA: 51206 ] [KO: K062 64 ] TBXA2R [HSA: 6915 ] [KO: K04264 ] RASGRP2 [HSA: 10235 ] [KO: K12361[kegg.jp]

  • X連鎖知的障害 - 網膜色素変性症症候群

    Seger, personal communication, April 2010 London 1 3 Melphalan, 140mg/m 2 MFGS-gp91 phox (MLV-LTR) SF71gp91 phox (SFFV-LTR) 5-20 0.2-10 10 6 No Yes No A.[emeneki.com] Thrasher, personal communication, April 2010 NIH 3 Busulfex, 10mg/kg MFGS-gp91 phox (MLV-LTR) 25-73 18.9-71.0 10 6 No Yes No Kang et al. 37 Seoul 2 Busulfex, 6.4mg/kg fludarabine[emeneki.com] Grez 博士らが使用したSF7gp91phoxベクターにはMyeloid特異的leaderが使用されており、そのことが 7カ月後からの活性上昇と、その後のMDS/Evi1を有するクローンをより選択的に増殖させた原因ではないかと討論されている 11) 。[emeneki.com]

  • マクロファージ活性化症候群

    IL-6の過剰産生はIL-6受容体(R)産生を促し、形成されたIL-6/IL-6R複合体が標的細胞表面の受容体であるgp130に結合する事により、様々な生物学的反応が惹起されると考えられています。 4. 症状 発症時には強い全身性の炎症症状を呈します。数週間以上にわたり弛張熱が持続し、発熱時にリウマトイド疹を認めます。[nanbyou.or.jp] 特に全身型ではIL-1・IL-18・IL-6など炎症性サイトカインの産生増加が病態の中心と考えられ、過剰形成されたIL-6/IL6 receptor(R)複合体が標的細胞表面のgp130に結合し、種々の生体反応を惹起する。関節局所では炎症細胞の浸潤と炎症性サイトカインの増加が見られ、滑膜増生や関節軟骨や骨組織の破壊を認める。[nanbyou.or.jp]

  • Nisch症候群

    凝集反応:ADP) MRVI1 血の止まりやすさ(血小板の凝集反応:エピネフリン) PEAR1 血の止まりやすさ(血小板の凝集反応:エピネフリン) PIK3CG 血の止まりやすさ(血小板の凝集反応:エピネフリン) JMJD1C 血の止まりやすさ(血小板の凝集反応:エピネフリン) ADRA2A 血の止まりやすさ(血小板の凝集反応:コラーゲン) GP6[genelife.jp]

  • 常染色体劣性先天性白内障 5

    血液疾患 P2RY12 [HSA: 64805 ] [KO: K04298 ] ITGA2 [HSA: 3673 ] [KO: K06481 ] GP6 [HSA: 51206 ] [KO: K06264 ] TBXA2R [HSA: 6915 ] [KO: K04264 ] RASGRP2 [HSA: 10235 ] [KO: K12361[kegg.jp]

  • 低インスリン血症性低血糖症および身体半肥大

    症例1 80才女性 糖尿病歴17年 グリメピリド(GP)6mg/day内服中HbA1c 8 9%SG50mg隔日投与。1ヶ月毎HbA1cは、 9.1 8.1 7.5 7.0 6.9 6.8%平行してGPを減量(6 6 2 1 0.5 0.25mg/日)。[ogaki-tv.ne.jp] 1ヶ月毎HbA1cは、 10.1 9.8 8.7 7.9 7.5 6.9% SU剤変更減量(GC10 10 GP2 1 1 0.5mg/日) 二次無効の高用量SU剤使用例にSG隔日投与著効例あり。場合によりD4I隔日投与が安全で著効例にはHbA1c、血糖値の変化に対応してSU剤のさらなる減量が必要。[ogaki-tv.ne.jp]

さらなる症状