Create issue ticket

考えれる133県の原因 gp6

結果を表示する: English

  • ビタミンB12欠乏

    Ho C, Kauwell GP, Bailey LB. Practitioners' guide to meeting the vitamin B-12 recommended dietary allowance for people aged 51 years and older.[lpi.oregonstate.edu] J Am Diet Assoc. 1999;99(6):725-727. (PubMed) 14. Watkins D, Rosenblatt DS. Lessons in biology from patients with inborn errors of vitamin B12 metabolism.[lpi.oregonstate.edu]

  • 高血圧症

    注4) インターロイキン(IL-) T細胞やマクロファージなどのさまざまな細胞から産生される多機能性サイトカインの1つ。IL-受容体、gp130と会合することで、細胞内で主にJAK/STAT経路を活性化し、炎症を引き起こすとされる。また、肝臓からの急性期タンパク質(C反応性タンパクやフィブリノーゲンなど)の産生も誘導する。[jst.go.jp]

  • うつ病

    2009年、イギリスの 総合診療医 (GP) の20%以上(2004年の4倍)が抑うつ症状の患者にしばしば運動療法を「処方」している。短期的には、6週間以内に著しい改善があり、効果は大きく、抑うつ症状のある患者の70%が運動プログラムに反応したという研究報告がある。[ja.wikipedia.org] Schuckit MA, Smith TL, Danko GP (2007). “A comparison of factors associated with substance-induced versus independent depressions”. J Stud Alcohol Drugs 68 (6): 805-12.[ja.wikipedia.org]

  • 反応性うつ病

    2009年、イギリスの 総合診療医 (GP) の20%以上(2004年の4倍)が抑うつ症状の患者にしばしば運動療法を「処方」している。短期的には、6週間以内に著しい改善があり、効果は大きく、抑うつ症状のある患者の70%が運動プログラムに反応したという研究報告がある。[ja.wikipedia.org] Schuckit MA, Smith TL, Danko GP (2007). “A comparison of factors associated with substance-induced versus independent depressions”. J Stud Alcohol Drugs 68 (6): 805-12.[ja.wikipedia.org]

  • 内因性うつ病

    2009年、イギリスの 総合診療医 (GP) の20%以上(2004年の4倍)が抑うつ症状の患者にしばしば運動療法を「処方」している。短期的には、6週間以内に著しい改善があり、効果は大きく、抑うつ症状のある患者の70%が運動プログラムに反応したという研究報告がある。[ja.wikipedia.org] Schuckit MA, Smith TL, Danko GP (2007). “A comparison of factors associated with substance-induced versus independent depressions”. J Stud Alcohol Drugs 68 (6): 805-12.[ja.wikipedia.org]

  • 血小板減少症

    種々の疾患の内訳としては、腫瘍(32%)、感染症(18%)、血液疾患(10%)、循環系疾患(10%)、肝疾患(8%)、腎疾患(8%)、検診(6%)、その他(8%)であるとする報告があります。[chiringi.or.jp] 機序としましては、EDTAが存在すると血小板表面の抗原(GPⅡb/Ⅲa)が変化し免疫グロブリンが反応し凝集を引き起こすと考えられていますが、不明な部分も多く、上記の通り原因疾患もはっきり解っていない現状なようです。 また、対処法としましては、私の知る範囲では ①プレーン採血管にて採血後、直ちに測定する。[chiringi.or.jp]

  • パーソナリティ障害

    精神病質的パーソナリティ障害 F602 GP6G 7 非社会性パーソナリティ障害 F602 A4Q0 8 衝動型パーソナリティ障害 F603a DHNU 9 境界型パーソナリティ障害 F603b R6DP 10 情緒不安定性パーソナリティ障害 F603d PQRV 11 ヒステリー性パーソナリティ障害 F604 JRAS 12 演技性パーソナリティ[dis.h.u-tokyo.ac.jp] ICD10コード: F60 特定の人格障害 検索数: 28 件 病名 ICD10コード 病名交換用コード 1 狂信的パーソナリティ障害 F600 U9DS 2 好訴的パーソナリティ障害 F600 M1LQ 3 妄想性パーソナリティ障害 F600 V2U8 4 統合失調症性パーソナリティ障害 F601 E53H 5 空想嘘言症 F602 VQ3J 6[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • 黄色ブドウ球菌

    )Ibα, GPVIおよびインテグリンα IIb β 3 を介して血小板に結合するが 5, 6) ,GPIbαあるいはGPVIとSSL5の結合もシアル酸含有糖鎖依存的である.SSL5以外にSSL2, SSL3, SSL4, SSL6およびSSL11でもC末端に存在するシアル酸含有糖鎖結合モチーフが保存されており,これらはシアリルラクトサミン[seikagaku.jbsoc.or.jp] SSL5とPSGL-1の結合は糖鎖依存的であり,白血球をシアリダーゼ処理することで両者の結合が消失する.SSL5は,補体活性化に伴う活性フラグメントC3aあるいはC5aに対する受容体および好中球走化性因子であるIL-8に対する受容体にも糖鎖を介して結合し,それらの機能をかく乱する.またSSL5は,血小板の細胞接着分子glycoprotein(GP[seikagaku.jbsoc.or.jp]

  • アルコール離脱

    ICD10コード: F10 アルコール使用 による精神及び行動の障害 検索数: 27 件 病名 ICD10コード 病名交換用コード 1 アルコール中毒せん妄 F100 UT1U 2 急性アルコール中毒 F100 GP7D 3 宿酔 F100 FAB0 4 単純酩酊 F100 H4HU 5 病的酩酊 F100 A4UA 6 複雑酩酊 F100[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • 後壁心筋梗塞

    依然として議論はあるものの,PCIを受けるACS患者ではGP IIb/IIIa阻害薬が有益となることを示唆したエビデンスが得られており,PCIの6時間以上前から投与を開始して18 24時間後まで継続することで,より良好な結果が得られるようである。[msdmanuals.com]

さらなる症状