Create issue ticket

考えれる97県の原因 gata2

つまり: gata1

  • アトピー性皮膚炎

    スイッチ2がオンになると、 転写因子 [10] のGATA3が発現してTh2細胞の反応が促進され、その結果、アレルギーに関わる 免疫グロブリンE抗体(IgE抗体) [11] の産生量が過度に上昇し、炎症が悪化してしまいます。スイッチ2は非可逆的にしか働かないため、一度このスイッチ2がオンになると炎症は加速度的に悪化します。[riken.jp]

  • Hoyeraal-Hreidarsson症候群

    ) 6 慢性皮膚粘膜カンジダ症を伴う免疫不全症(CARD9,IL-17RA,IL-17F,STAT1異常) C 食細胞機能異常症 1 食細胞機能異常症総論 2 重症先天性好中球減少症(SCN) 3 白血球接着不全症(LAD) 4 慢性肉芽腫症(CGD) 5 Mendel遺伝型マイコバクテリア易感染症(IL-12,IFN-γ系の異常) 6 GATA2[medbooks.or.jp] 異常) /堀 友博,大西秀典 C 食細胞機能異常症 1 食細胞機能異常症総論 /溝口洋子,小林正夫 2 重症先天性好中球減少症(SCN) /溝口洋子,小林正夫 3 白血球接着不全症(LAD) /和田泰三 4 慢性肉芽腫症(CGD) /布井博幸 5 Mendel遺伝型マイコバクテリア易感染症(IL-12,IFN-γ系の異常) /高田英俊 6 GATA2[shindan.co.jp] GAGE 3, GAGE 4, GAGE 5, GAGE 6, GAGE 7b, GAGE 8, GALC, GALE, GALK1, GALNS, GALT, GAMT, GAN, GAST, GASTRIN17, GATA3, GATA, GBA, GBE, GC, GCDH, GCGR, GCH1, GCK, GCP , GCS1[patentswamp.jp]

  • 胚細胞腫瘍

    とかでざっくり2つに分けてさらに細かく分かれていく 【脳腫瘍で小児に発生しやすい順】星さんはめるいんじょう(異常)な小児 星細胞腫、 胚細胞腫瘍 、髄芽腫、頭蓋咽頭腫、上衣腫、小児 胚細胞腫瘍 のうち、 ・若年男子に好発 ・非セミノーマ ・AFPの上昇が見られる 胚細胞腫瘍 とは、卵細胞から発生する腫瘍のことです。[search.yahoo.co.jp] 胚細胞腫瘍 のうち、 ・若年男子に好発 ・非セミノーマ ・AFPの上昇が見られる 胚細胞腫瘍 のうち、 ・若年者に好発 ・増殖速度が比較的遅い ・放射線,化学療法に対する感受性が高い ・予後は比較的良好 二大性索マーカーといったらカルレチニンとαインヒビン他にはSF-1とかでSALL4はとりあえず 胚細胞腫瘍 を引っ掛けてあとはOCT4とかGATA3[search.yahoo.co.jp]

  • 心筋疾患

    […] zinc finger domain containing 1 7q21-q22 AR DCM RBM20 RNA binding motif protein 20 10q25.2 AD 2% DCM Others ABCC9 ATP binding cassette subfamily C member 9 12p12.1 AD 1%[jpccs.jp] Phospholamban 6q22.1 AD DCM EMD Emerin Xq28 XR DCM LMNA Lamin A/C 1q22 AD 6% DCM TMPO Thymopoietin 12q22 AD DCM ANKRD1 Ankyrin repeat domain 1 10q23.31 AD HCM/DCM GATAD1 GATA[jpccs.jp]

  • 左心室の心筋障害

    […] zinc finger domain containing 1 7q21-q22 AR DCM RBM20 RNA binding motif protein 20 10q25.2 AD 2% DCM Others ABCC9 ATP binding cassette subfamily C member 9 12p12.1 AD 1%[jpccs.jp] Phospholamban 6q22.1 AD DCM EMD Emerin Xq28 XR DCM LMNA Lamin A/C 1q22 AD 6% DCM TMPO Thymopoietin 12q22 AD DCM ANKRD1 Ankyrin repeat domain 1 10q23.31 AD HCM/DCM GATAD1 GATA[jpccs.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    ダウンロード 27 29 成瀬 光栄 独立行政法人国立病院機構京都医療センター 重症型原発性アルドステロン症の診療の質向上に質するエビデンス構築 ダウンロード 27 29 難波 栄二 国立大学法人鳥取大学 脆弱X症候群ならびに脆弱X随伴振戦/失調症候群の治療推進に向けた臨床基盤整備の研究 ダウンロード 27 28 野々山 恵章 防衛医科大学校 GATA2[amed.go.jp]

  • 骨髄異形成

    GATA2, KRAS, RUNX1, STAG2, ASXL1, ZRSR2, TET2 遺伝子変異)が判明しました(図1)。[amed.go.jp] そこで、病期進行に伴いどの遺伝子変異が起こるのかを調べたところ、高リスク骨髄異形成症候群症例から二次性白血病に進展する際に高頻度に認められるタイプ1異常( FLT3, PTPN11, WT1, IDH1, NPM1, IDH2, NRAS 遺伝子変異)と、低リスクから高リスクに骨髄異形成症候群が進行する際に起こるタイプ2異常( TP53,[amed.go.jp]

  • 難治性貧血

    私たちは、再生不良性貧血の造血幹細胞でGATA-2の発現が低下していることを見出しました1 )。さらに、骨髄間質系幹細胞におけるGATA-2の機能を解析したところ、GATA-2の発現低下により脂肪細胞への分化が促進されることを見出しました2 )。[rh.med.tohoku.ac.jp] これらの結果は、再生不良性貧血の病態においてGATA-2の低下が造血幹細胞のみでなく、造血を支持する骨髄微小環境の変化(脂肪髄)にも関与している可能性を示唆しています。現在、GATA-2が骨髄間質細胞の脂肪分化を抑制する(脂肪髄を抑制し正常な骨髄微小環境を維持する)分子機序を研究しています。[rh.med.tohoku.ac.jp] GATA-1は、Scl/TAL1、LMO2、LDB1、ETO2と呼ばれる他の転写因子もしくは共役因子と複合体を形成していることが知られており、これらの因子がGATA-1による遺伝子発現制御に影響を及ぼしていると考えられています。私たちは本複合体に着目し、赤芽球関連遺伝子の発現制御機構に関して解析を進めています。[rh.med.tohoku.ac.jp]

  • 骨髄異形成関連変化を伴う 急性骨髄性白血病

    またはt(3;3) (q21.3;q26.2)、 GATA2、MECOM を有する急性骨髄性白血病 (g) t(1;22) (p13.3;q13.3)、 RBM15-MKL1 を有する急性骨髄性白血病(巨核芽球性) (h) 暫定分類: BCR-ABL1 遺伝子変異を有する急性骨髄性白血病 (i) NPM1 遺伝子変異を有する急性骨髄性白血病[ganjoho.jp] 遺伝子および NRAS 遺伝子にくわえ, GATA2 遺伝子, KRAS 遺伝子, TP53 遺伝子, RUNX1 遺伝子, STAG2 遺伝子, ASXL1 遺伝子, ZRSR2 遺伝子, TET2 遺伝子について高リスクの骨髄異形成症候群において変異が有意に高頻度に認められた.そこで,これらの8つの遺伝子における変異をタイプ2変異と定義[first.lifesciencedb.jp] CBFB-MYH11 を有する急性骨髄性白血病 (c) PML-RARA を有する急性前骨髄球性白血病 (d) t(9;11) (p21.3;q23.3)、 MLLT3-KMT2A を有する急性骨髄性白血病 (e) t(6;9) (p23;q34.1)、 DEK-NUP214 を有する急性骨髄性白血病 (f) inv(3) (q21.3q26.2)[ganjoho.jp]

  • 卵巣の脂質細胞腫瘍

    免疫組織染色ではERα強発現は11例(20.7%)、PR強発現は43例(79.2%)、Ki67強発現は14例(24.5%)、GATA4強発現は24例(44.4%)、FOXL2強発現は35例(64.8%)であった。全ての症例で、FSHは陰性、かつTGF-βおよびIGF-Iは強陽性であった。[jikei-obgyn.jp] さらに初回手術検体のパラフィン包埋切片を使用し、ERα、PR、Ki67、FSH、GATA4、TGF-β、IGF-I、FOXL2について免疫組織染色を行った。これらの臨床的因子と免疫組織染色におけるタンパク発現について、再発との関連を調査した。[jikei-obgyn.jp]

さらなる症状