Create issue ticket

考えれる432県の原因 gaba

結果を表示する: English

  • ベンゾジアゼピン系過剰摂取

    中枢神経系に対して全般的な抑制作用を示すが、催眠・鎮静作用の一部はGABA様作用またはGABAの作用を増強することによる。 上眠症、上安緊張状態の鎮静に対して使う。 1日1回100〜400mgを就眠直前に朊用する。 副作用 過敏症が出ることがあります。薬疹などが出たら朊用を中止する。[shiga-med.ac.jp] Nature ハイライト Nature 559 , 7712 2018年7月5日 脳における速い抑制性神経伝達は主に神経伝達物質γ-アミノ酪酸(GABA)と、そのシナプス標的であるA型GABA受容体(GABA A 受容体)によって媒介される。[natureasia.com] 脳内の神経伝達に関わるベンゾジアゼピン(BZD)受容体は、GABAの受容体(GABA A 受容体)と複合体を形成していて、BZD受容体が刺激されるとGABAに関わる神経伝達が亢進し、脳の活動が抑制され眠気などがあらわれる。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 全身性慢性または強直間代発作

    GABA神経において、脳内GABA量を増加させ、 GABAトランスポーター の細胞質から膜への細胞内輸送を促進し、GABA神経系を亢進させる。 ガバペンチンは グルタミン酸神経 などの興奮性神経を抑制し、GABA神経系を亢進することにより、抗けいれん作用を発現するものと考えられる。[shiga-med.ac.jp] 病態 先天的なナトリウムチャネル遺伝子 SCN1A 異常による GABA 作動性介在ニューロンの機能障害が原因と考えられています。(SCN1A 遺伝子変異を伴わない症例も20-30%あります) GABA は抑制性の神経伝達物質です。[dravetsyndromejp.org] 個別化治療 図1.GABA 受容体の膜展開図 膜の上は細胞外、下は細胞内を示す。GABA受容体には膜貫通部位が4個ある。 NはN端をCはC端を示し、数字は変異の位置を示す。 [18] 。[bsd.neuroinf.jp]

  • バルビツール酸系過量服薬

    BZ受容体は,隣接するGABA(γ-amino-butyric acid)受容体とともにGABA-BZ-Clイオンチャネル受容体複合体を形成している 2) 。 GABAがこの複合体のGABA受容体に結合すると,複合体のClイオンチャネルの透過性が増し,細胞内へのClイオンの流入が増加,細胞膜は安定状態となり,神経細胞の興奮が抑制される。[jmedj.co.jp] GABA A 受容体 には アゴニスト であるGABA結合部位の他に、バルビツール酸系結合部位、 ベンゾジアゼピン 結合部位、 糖質コルチコイド 結合部位、 ペニシリン 結合部位、 フロセミド 結合部位、 フルマゼニル 結合部位が知られており、GABAとの反応性の調節を行っている。[ja.wikipedia.org] ベンゾジアゼピンは、GABAA受容体における神経伝達物質のγ-アミノ酪酸(GABA)の作用を強め、鎮静、催眠 (睡眠導入)、抗不安、陶酔、抗けいれん、筋弛緩の特性がある;また、多くの短時間型ベンゾジアゼピンの高用量における応用薬理として、健忘-解離作用がある。[fr.dbpedia.org]

  • 焦点運動発作

    GABA神経において、脳内GABA量を増加させ、 GABAトランスポーター の細胞質から膜への細胞内輸送を促進し、GABA神経系を亢進させる。 ガバペンチンは グルタミン酸神経 などの興奮性神経を抑制し、GABA神経系を亢進することにより、抗けいれん作用を発現するものと考えられる。[shiga-med.ac.jp] 注1.デパケン(一般名:バルプロ酸ナトリウム) デパケンは、脳内の抑制性神経伝達物質γ-アミノ酪酸(GABA)濃度を上昇させるほか、ドパミン濃度を上昇、セロトニン代謝を促進し、脳内の抑制系を活性化させ抗てんかん作用を示します。また、GABA 神経伝達促進作用が抗躁作用および片頭痛発作の発症抑制作用へ寄与していると考えられています。[kyowa-kirin.co.jp] また、チャンネルの他、 アセチルコリンレセプター 、 GABAレセプター というような神経情報の伝達に関する物質の遺伝子異常も見つけられています。 症候性てんかんの中でも、原因となる病気の発症に関与する遺伝子異常も多く発見されてきています。[pathologycenter.jp]

  • 若年性ミオクロニーてんかん

    またバルプロ酸,クロナゼパム,レベチラセタムはミオクローヌス性の異常運動を改善するともいわれている 14 , 15 ) .仮に本症例が薬剤性ミオクローヌスによって発症したものであったとしても,レベチラセタムによってこれが抑制されたとの可能性も排除できない.なお,レベチラセタムはカルシウムチャネルやγ-アミノ酪酸(GABA)受容体を介する作用[jstage.jst.go.jp] 精神症状を有する場合の選択薬 抗てんかん薬は、抗不安作用、躁状態抑制効果を持つGABA作動性薬剤と、抗抑うつ作用、不安誘発作用のあるグルタミン酸系抑制薬剤に大別できます。[tokushukai.or.jp] 腎機能・肝機能障害合併時の薬剤選択 抗てんかん薬は、抗不安作用、躁状態抑制効果を持つGABA作動性薬剤と、抗抑うつ作用、不安誘発作用のあるグルタミン酸系抑制薬剤に大別できます。[tokushukai.or.jp]

  • 大脳基底核出血

    間接路 (indirect pathway) [ 編集 ] 大脳新皮質(グルタミン酸) 線条体 (GABA) 淡蒼球 外節(GABA) 視床下核 (グルタミン酸) 淡蒼球 内節/ 黒質 網様部(GABA) 運動性 視床 核(グルタミン酸) 運動性大脳新皮質領野 および 大脳新皮質(グルタミン酸) 線条体 (GABA) 淡蒼球 外節(GABA[ja.wikipedia.org] 網様部 (Pars reticulata): 淡蒼球-内節と同様に、線条体からGABA入力(直接路)、淡蒼球-内節からのGABA入力、淡蒼球-外節から抑制の入力、および視床下核から興奮性のグルタミン酸入力を受け、視床へ抑制の出力を行います。[akira3132.info] これらの神経の情報は、GABA(r-アミノ酸)という物質で、つぎの神経に伝えられます。下の図で、 青い線で示したものがこのGABAの神経です。 色々な神経がありますが、この神経の丸い部分が活発になると、 GABAという物質がYの形をしたところから、出ます。[skmc.jp]

  • アルコール離脱

    その根本的なメカニズムは脳のGABA受容体の反応が減少することによるものである。通常、離脱の過程にはアルコール離脱症状評価尺度(CIWA-Ar)が用いられる。 一般的なアルコール離脱の治療はベンゾジアゼピンなどのクロルジアゼポキシドまたはジアゼパムが用いられる。症状に基づいて服用量が決まっていることが多い。通常はチアミンが勧められる。[ja.wikipedia.org] 例えば、快楽やひらめきに寄与するドーパミン神経、興奮性伝達物質に関わるグルタミン酸神経、鎮静効果をもたらすGABA受容体など、さまざまな神経系に対し、多岐にわたって影響を与えます。これらの影響を合算したものが『酔い』なのです。それ故に複雑で、一筋縄では解明できないのです」(樋口さん)[gooday.nikkei.co.jp] そのメカニズムは、アルコールが腹側被蓋野や扁桃体、側坐核に発現しているGABAAレセプターに作用してGABAの放出を促し、さらに腹側被蓋野と側坐核、扁桃体中心核でオピオイドペプチドを放出させることに端を発する。この腹側被蓋野と側坐核のGABAとオピオイドの放出を介して、側坐核でドーパミンの放出が起こるという仮説が示されている。[bsd.neuroinf.jp]

  • 急性アルコール中毒

    アルコールが中枢神経系のγ-アミノ酪酸(GABA)受容体に直接結合することで神経細胞の活動が鎮静されると考えられています。アルコール濃度によって鎮静の程度は異なりますが、中毒レベルの濃度に達すると呼吸を司る 延髄 ( えんずい ) の中枢が鎮静され、意識障害を起こすだけでなく呼吸停止という危険な状態に陥ってしまいます。[medicalnote.jp]

  • 不眠症

    ベンゾジアゼピン系睡眠薬・非ベンゾジアゼピン系睡眠薬 脳のGABA受容体に作用し、鎮静作用や抗不安作用などにより、脳の働きを休ませて眠りに導きます。深いリラクゼーション効果がありますが、筋力を落とすなどの副作用が出ることがあるため、使用する際には注意が必要です。[kaigo-sodanshitsu.jp] スボレキサントは睡眠を促すのではなく、覚醒状態を抑制するため、GABAに影響を及ぼし習慣性と依存性があり短期的な使用が推奨されるベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系とは異なった副作用により、長期的に使用できるとされている。[ja.wikipedia.org]

  • 欠神発作

    特に、GABA作動薬ビガバトリンとtiagabineは、欠神発作の治療ではなく誘導をするため、てんかん重積状態をつくる [13] 。同様に、オクスカルバゼピン(oxcarbazepine)、 フェニトイン 、 フェノバルビタール 、 ガバペンチン 、 プレガバリン は、欠神発作を悪化させることがあるので、使用できない。[ja.wikipedia.org] GABA作動性薬剤(バルビツール酸系、ベンゾジアゼピン系、バルプロ酸、ゾニサミド、ガバペンチン、トピラマート)は抗不安作用や躁状態抑制効果があり、グルタミン酸系抑制効果のある薬剤(ゾニサミド、ラモトリギンやレベチラセタム)は抗抑うつ作用や不安誘発作用があると考えられている。[ja.wikipedia.org] 内注外 区分 分類名 主な適応症 薬理作用1 薬理作用2 薬理作用3 1 抗てんかん剤 複雑部分発作,単純部分発作,全般発作(特に欠神発作,ミオクロニー発作),混合発作 抗痙攣作用 GABA分解酵素活性阻害作用 複雑部分発作,単純部分発作,全般発作 抗痙攣作用 電位依存性Naチャンネル遮断作用 全般発作(特に強直間代発作) 抗痙攣作用 電位依存性[iryohoken.go.jp]

さらなる症状