Create issue ticket

考えれる375県の原因 fsh

結果を表示する: Deutsch

  • 性腺機能低下症

    Keywords 低ゴナドトロピン性性腺機能不全,下垂体,黄体刺激ホルモン,LH,卵胞刺激ホルモン,FSH,性ホルモン,カルマン症候群 低ゴナドトロピン性性腺機能不全 は、下垂体の黄体刺激ホルモン(LH)/卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌低下と、LHあるいはFSH単独の分泌低下です。治療は性ホルモン剤内服あるいは注射による補充を行います。[nagasaki-clinic.com] 別の報告によると FSH 4.9mIU/ml, LH 3.1mIU/ml, T 1ng/ml 未満であるとされています。 治療法 hCG/hMG療法 精子形成にはFSHとアンドロゲンの両者が関与することから、性腺刺激ホルモン補充療法はLH作用の強いhCGとFSH作用のあるhMGを併用するこのhCG/hMG療法が有効と言われています。[ameblo.jp] 治療はLHおよびFSHの補充から開始する。LH補充療法にはヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)を使用し,用量は1500IU,皮下,週3回から開始する。FSH補充療法は高価であり,ヒト閉経期ゴナドトロピンまたはヒト組換えFSHを用量150IUで週3回投与する。[msdmanuals.com]

  • 多嚢胞性卵巣症候群

    月経異常がある 多嚢胞性卵巣のエコー所見 血中男性ホルモンが高値、または、LHが高値かつFSHが正常なお、卵巣内に複数に卵胞が観察される状態は正常な排卵が行われている女性でもしばしば見られ、月経異常やホルモン異常を伴っていない単なる卵巣の多嚢胞所見であれば、疾患とは扱わない。[ja.wikipedia.org] FSH製剤による排卵誘発 皮下注射、または筋肉注射用の排卵誘発剤です。 この種のいわゆるゴナドトロピン製剤には、FSH製剤(FSHのみ)とHMG製剤(LHとFSHを含む)がありますが、PCOSの患者さんにHMG製剤を投与すると卵巣過剰刺激症候群(OHSS)のリスクが高くなるため、通常FSH製剤を投与します。[ami-clinic.jp] (インスリン抵抗性) ですからPCOSの方は、生理中の血液検査で脳から出るゴナトロピン(LHとFSHのこと)をはかるとLHがFSH(卵胞刺激ホルモン)より高くなるという特徴があります。また、血中の男性ホルモンの値も軽く上昇していることがあります。[kasaoka-clinic.jp]

  • 更年期障害

    視床下部というところからゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)放出ホルモン (GnRH)というホルモンが分泌されて脳の下垂体を刺激すると、下垂体からゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)である卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体 形成ホルモン(LH)が分泌されます。FSHとLHが働いて、主に卵巣から女性ホルモンが分泌されます。[hospital.iwata.shizuoka.jp] すると、脳の視床下部がエストロゲンを多く分泌させる性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)を分泌し、これが脳下垂体から性腺刺激ホルモン(FSH・LH)を分泌させます。[daiichisankyo-hc.co.jp] また子宮摘出後などの場合は、血清 FSH 濃度が40mIU/ml以上でかつ血清 エストラジオール 値が20pg/ml以下であることによっても確定診断可能である。 血清FSH濃度の上昇は閉経の前兆であるが、FSHの上昇のみによって閉経の時期を予想することはできない 11項目の症状を4段階に評価して更年期障害の重症度を判断する指数。[ja.wikipedia.org]

  • 低ゴナドトロピン性性腺機能低下症 3

    治療はLHおよびFSHの補充から開始する。LH補充療法にはヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)を使用し,用量は1500IU,皮下,週3回から開始する。FSH補充療法は高価であり,ヒト閉経期ゴナドトロピンまたはヒト組換えFSHを用量150IUで週3回投与する。[msdmanuals.com] […] hCG-hMG/FSH療法は、hCG製剤(プロファシー注) 1,500 5,000 単位/回を週2 3回、およびFSH製剤(ゴナールエフ皮下注用)75-150単位を週2 3回皮下注を行います。小児期早期から始めるときは、hCG製剤の少量(500単位)を週1回ぐらいから開始し、二次性徴の進行と身長をみてから成人量に移行して場合もあります。[tanaka-growth-clinic.com] 診断 テストステロン ,LH,およびFSHの測定 核型分析(原発性性腺機能低下症の場合) 診断は,しばしば発達異常または思春期遅発をもとに疑われるが, テストステロン ,LH,FSHの測定を含む検査による確定が必要である。 テストステロン の値よりLHおよびFSHの値の方が,特に原発性性腺機能低下症の検出に対し,より感度が高い。[msdmanuals.com]

  • 高アルドステロン症

    下垂体機能低下症脳下垂体前葉ホルモンであるACTH、甲状腺刺激ホルモン(TSH)、成長ホルモン(GH)、黄体形成ホルモン(LH)、卵胞刺激ホルモン(FSH)、プロラクチンの一つ以上の分泌が低下した状態である。ACTHのみの欠損をACTH単独欠損症と呼ぶ。[ja.wikipedia.org]

  • 思春期早発症

    もし、思春期の徴候が認められているにも関わらず、LH、FSHの上昇が認められない場合、特にLH、FSHの分泌が下がっている場合には、hCG産生腫瘍や自律性機能性卵巣嚢腫などの特殊な思春期早発症を考える必要があります。[jspe.umin.jp] FSHの刺激により,男児では精巣からテストステロンという男性ホルモンが,女児では卵巣からエストロゲンという女性ホルモンがたくさん分泌されるようになります.中枢性思春期早発症では,これらのホルモンの血中濃度が上昇します.思春期の徴候があるのにLHやFSHの上昇がない場合には,hCG産生腫瘍や自律性機能性卵巣嚢腫の存在が疑われます.[zousantsushin.jp] 特発性の場合は年齢に不相応な性成熟を抑制し、成人身長が低くなることの防止のために、LH/FSH分泌を抑制するための薬を4週ごとに1回皮下に注射します。 【思春期遅発症とは】 男児では14歳までに精巣容量の増大がない場合、女児の場合は13歳までに胸の膨らみが出現しない場合をいいます。[sakuragaokashonika.com]

  • 先天性精管欠如

    脳からの命令は、脳下垂体という組織から分泌されるFSHというホルモンにより下されています。 閉塞性無精子症では正常に精子が作られていますので、FSH値も正常値になります。 非閉塞性無精子症では精子を造る能力が著しく低下している(または無い)ので、脳としてはより拍車をかけようとするので、FSH値は上昇することになります。[iwa-cl.jp] これらの識別には、触診による精巣容積の診察、精管や精索静脈瘤の診断のほかに、採血によるFSH、男性ホルモン(テストステロン)の値を調べます。FSHは脳にある下垂体前葉から分泌される性腺刺激ホルモンであり、女性では卵胞形成を促進します。[kamiyaclinic.com] 男性も女性と同じように、脳の視床下部からGnRH(ゴナドトロピン放出ホルモン)が分泌され、その命令を受けて脳下垂体からFSHやLH(あわせて性腺刺激ホルモンと呼びます)が分泌されます。FSHは精巣内のセルトリ細胞を刺激。[women.benesse.ne.jp]

  • 卵巣過剰刺激症候群

    公開日: 2017年7月20日 最終更新日: 2018年8月2日 【背景】 FSH産生腺腫は,腫瘍細胞が免疫染色でFSH陽性であっても特有な内分泌症状を呈することはほとんど無く,そのため一般に 非機能性下垂体腺腫に分類される.本論文では比較的稀なFSH産生下垂体腺腫による卵巣過剰刺激症候群(spontaneous ovarian hyperstimulation[silex-transl.com] リコンビナント―FSHは低用量投与が可能なので、多胎妊娠率は5.7%、OHSSは0.14%という報告があり、かなり低率になっています。[kamiyaclinic.com] […] hMG(ヒト閉経期尿中ゴナドトロピン) …FSH(卵胞刺激ホルモン)に似た作用をし卵胞を大きくします hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン) …LH(黄体化ホルモン)に似た作用をし排卵を促し黄体を刺激するのにも使われます よって、hMG-hCG療法は中枢の視床下部や下垂体からホルモンがでない排卵障害やクロミフェン無効の排卵障害に用いられます OHSS[ikanpo.jp]

  • 卵巣嚢胞

    牛では濃厚飼料を多給する畜舎や、乳量の多い乳牛、肥育牛で多発し、直接の原因としてFSHの分泌過剰、LHの分泌低下によるものとされていたが、近年ではFSH、LH双方の分泌機能低下が原因として指摘され始めている。直径25mm以上の卵胞が存在すれば本病と考えてよい。黄体嚢腫、嚢腫様黄体、顆粒膜細胞腫との鑑別が必要。治療にはhCGの投与を行う。[ja.wikipedia.org] 診断基準として1月経異常(月経不順や無月経)、2多嚢胞性卵巣(超音波検査で卵巣に卵胞がたくさん連なってみえること)、3血中男性ホルモン高値またはLHが高値で、FSHが正常 の3つの項目を満たせばPCOと診断されます。 どのような治療がありますか?[shimane-u-obgyn.jp] ですからPCOSの方は、生理中の血液検査で脳から出るゴナトロピン(LHとFSHのこと)をはかるとLHがFSH(卵胞刺激ホルモン)より高くなるという特徴があります。また、血中の男性ホルモンの値も軽く上昇していることがあります。 治療法 PCOSの排卵障害は年齢とともに進み、月経周期はどんどん長くなっていく傾向にあります。[marianna-u.ac.jp]

  • 原発性男性性腺機能低下症

    FSHやLHが低値 ゴナドトロピン放出ホルモンによってFSHやLHが分泌され、FSHが精巣のセルトリ細胞を刺激して精子をつくり、LHがテストステロンを産生するライディッヒ細胞を刺激します。 つまり、FSHやLHが低値の場合には、 造精機能が低下 します。[medeta.net] FSH(卵胞刺激ホルモン) :下垂体前葉で合成・分泌され、卵巣内の未成熟な卵胞の成長を刺激し成熟させる。男性では、 FSH は精巣のアンドロゲン結合タンパク質の産生を刺激し、精子形成を促進。 hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン) : 受胎の直後から胎盤の一部で作られます。[nagasaki-clinic.com] 治療はLHおよびFSHの補充から開始する。LH補充療法にはヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)を使用し,用量は1500IU,皮下,週3回から開始する。FSH補充療法は高価であり,ヒト閉経期ゴナドトロピンまたはヒト組換えFSHを用量150IUで週3回投与する。[msdmanuals.com]

さらなる症状