Create issue ticket

考えれる59県の原因 foxp3

結果を表示する: Deutsch

  • 自己免疫多腺性内分泌障害

    近年、末梢血CD4陽性CD25陽性細胞の細胞質内のFOXP3蛋白の発現を見るフローサイトメトリー法が疾患のスクリーニングにしばしば用いられる。 最終的には責任遺伝子FOXP3の遺伝子解析を行って診断を確定する。 4. 治療法 内分泌疾患に対してはホルモン補充療法が必要となる。[emeneki.com] IPEX(免疫機能不全、多腺性内分泌障害、腸疾患、伴性劣性遺伝) 症候群患者では、制御性T 細胞のフォークヘッドボックス P3FOXP3 )遺伝子が変異しており、重篤な自己免疫および免疫不全を引き起こす。[natureasia.com] でみられる.❸ APSの病因が明らかにされているのはAIRE遺伝子の異常による1型(APECED)とfoxp3遺伝子の異常によるIPEXである.❹ 比較的頻度の高い自己免疫性甲状腺疾患に1型糖尿病の合併を認めたときには,APSの可能性も考え,副腎皮質機能や副甲状腺機能についても考慮する.❺ 副腎皮質機能低下症を合併した甲状腺機能低下症に対する[shindan.co.jp]

  • ケル同種免疫がある新生児の溶血性疾患

    IPEXは Foxp3 遺伝子に突然変異を持つヒト個体に発生する疾患です。Foxp3タンパク質は転写抑制因子(リプレッサー)として機能し、Tリンパ球の活性化を抑制します。[med.kindai.ac.jp] 但し、上記のように Foxp3 過剰発現状態では通常のT細胞でも活性化に関与するサイトカイン遺伝子の発現が抑制されますから、Foxp3の機能異常と自己免疫病態の形成とが、全てTreg分化の欠損だけで説明出来るのか、Treg以外の細胞におけるFoxp3機能の欠損も関与するのかは、未解決の問題と言えます。[med.kindai.ac.jp] Foxp3の結合する配列はIL-2やGM-CSFなどサイトカイン遺伝子上流のNFAT結合部位にあり、Foxp3を過剰発現させたヒトTリンパ球細胞株では、抗原受容体刺激に対するIL-2産生が低下します。[med.kindai.ac.jp]

  • 常染色体優性肢帯型筋ジストロフィー 1D型

    本疾患は、T 細胞ホメオスタシスの重要な制御因子 FOXP3 の遺伝子変異によって起こる。最もよく見られる臨床症状は、下痢、インスリン依存性糖尿病、甲状腺疾患および湿疹である。[kegg.jp] 原発性免疫不全症候群 hsa04659 Th17 cell differentiation hsa05321 Inflammatory bowel disease (IBD) FOXP3 [HSA: 50943 ] [KO: K10163 ] H01972 多腺性自己免疫症候群 1型 自己免疫性多腺性内分泌不全症・カンジダ症・外胚葉ジストロフィー[kegg.jp]

  • 関節リウマチ

    まず、Foxpを発現するT細胞のうち、細胞表面分子 CD25 注7) の発現の低い細胞をマウスへ移入すると、関節炎の炎症環境下でFoxpの発現を消失しTh17細胞(exFoxpTh17細胞)に分化転換することを見いだしました。[jst.go.jp] 注6) Foxp 制御性T細胞の分化や免疫抑制機能の発揮に必須のたんぱく質。Foxpを発現できないヒトやマウスでは致死性の自己免疫疾患を発症することから、制御性T細胞がFoxpを発現することは、自己免疫疾患の発症の抑制に重要であることが知られている。 注7) CD25 細胞表面に発現するたんぱく質。[jst.go.jp] 次に、Foxp発現T細胞の運命を追跡できるようなマウスを作製し、このマウスに関節炎を発症させたところ、Foxpを発現したT細胞から分化転換したexFoxp3Th17細胞が炎症関節に多く集積することが分かりました。[jst.go.jp]

  • 増殖型血管内皮リンパ腫

    Hodgkinリンパ腫 (IMP3) CD15 CD20 CD30 PAX5 EBER (CD3) (fascin) PAX5は「かなり薄い」ことがポイント 小型腫瘍でもIMP3陽性となる T細胞性 AITL vs ATL vs NOS foxp3 (ATL) CD10 CD21 CXCL13 PD1 (AITL) ALK (CD3) CD30[kuhp.kyoto-u.ac.jp]

  • 免疫系障害

     Nr4a2強制発現によるTreg主要転写因子Foxpの誘導 Nr4a2を人工的に発現させたヘルパー(CD4陽性)T細胞(赤枠)のみ、Tregのマーカーといえる転写因子Foxpの強い発現誘導が見られます(参考文献)。[jst.go.jp] 吉村チームは、これまでの研究で核内受容体ファミリーに属するNr4a2というたんぱく質がTregの性質を決める重要な転写因子である Foxp 注10) の発現を誘導する能力があることを見いだし、報告を行いました( 図3 )(参考文献)。[jst.go.jp] 図6 胸腺ヘルパーT細胞運命決定におけるNr4a機能のモデル図 T細胞のMHC-II自己抗原複合体に対する親和性の強度に従って、発現誘導を受けたNr4aは、Foxpやアポトーシス誘導遺伝子の発現誘導により、それぞれTreg分化とネガティブセレクションを誘導する。[jst.go.jp]

  • 中枢神経系転移

    さらに、マクロファージによって放出されたIL-23は、腫瘍の周囲に集まってくるregulatory T cell (Treg) に作用し、Treg特異的な転写因子Foxp3と免疫抑制性のサイトカインIL-10の発現を促していた。[medic.kumamoto-u.ac.jp]

  • 早期呼吸不全がある遺伝性近位筋ミオパチー

    本疾患は、T 細胞ホメオスタシスの重要な制御因子 FOXP3 の遺伝子変異によって起こる。最もよく見られる臨床症状は、下痢、インスリン依存性糖尿病、甲状腺疾患および湿疹である。[kegg.jp] 原発性免疫不全症候群 hsa04659 Th17 細胞の分化 hsa05321 炎症性腸疾患 FOXP3 [HSA: 50943 ] [KO: K10163 ] H01972 多腺性自己免疫症候群 1型 自己免疫性多腺性内分泌不全症・カンジダ症・外胚葉ジストロフィー (APECED) 多腺性自己免疫症候群 1型 (APS1) は、自己免疫制御因子[kegg.jp]

  • 先天性筋ジストロフィー 1C型

    本疾患は、T 細胞ホメオスタシスの重要な制御因子 FOXP3 の遺伝子変異によって起こる。最もよく見られる臨床症状は、下痢、インスリン依存性糖尿病、甲状腺疾患および湿疹である。[kegg.jp] 原発性免疫不全症候群 hsa04659 Th17 cell differentiation hsa05321 Inflammatory bowel disease (IBD) FOXP3 [HSA: 50943 ] [KO: K10163 ] H01972 多腺性自己免疫症候群 1型 自己免疫性多腺性内分泌不全症・カンジダ症・外胚葉ジストロフィー[kegg.jp]

  • B 細胞リンパ腫

    Hodgkinリンパ腫 (IMP3) CD15 CD20 CD30 PAX5 EBER (CD3) (fascin) PAX5は「かなり薄い」ことがポイント 小型腫瘍でもIMP3陽性となる T細胞性 AITL vs ATL vs NOS foxp3 (ATL) CD10 CD21 CXCL13 PD1 (AITL) ALK (CD3) CD30[kuhp.kyoto-u.ac.jp]

さらなる症状