Create issue ticket

考えれる49県の原因 foxp1

つまり: fkbp

  • 関節リウマチ

    次に、Foxp3発現T細胞の運命を追跡できるようなマウスを作製し、このマウスに関節炎を発症させたところ、Foxp3を発現したT細胞から分化転換したexFoxp3Th7細胞が炎症関節に多く集積することが分かりました。[jst.go.jp] まず、Foxp3を発現するT細胞のうち、細胞表面分子 CD25 注7) の発現の低い細胞をマウスへ移入すると、関節炎の炎症環境下でFoxp3の発現を消失しTh7細胞(exFoxp3Th7細胞)に分化転換することを見いだしました。[jst.go.jp] さらに、自己抗原であるコラーゲンに反応する細胞を含むFoxp3発現T細胞のうち、CD25の発現が低い細胞をマウスに移入した上で関節炎を誘導すると、Foxp3の発現の消失に伴い関節の炎症と骨破壊が増悪化することが見いだされ、exFoxp3Th7細胞の生体レベルでの関節炎誘導能が証明されました。[jst.go.jp]

  • 増殖型血管内皮リンパ腫

    Hodgkinリンパ腫 (IMP3) CD15 CD20 CD30 PAX5 EBER (CD3) (fascin) PAX5は「かなり薄い」ことがポイント 小型腫瘍でもIMP3陽性となる T細胞性 AITL vs ATL vs NOS foxp3 (ATL) CD10 CD21 CXCL13 PD1 (AITL) ALK (CD3) CD30[kuhp.kyoto-u.ac.jp]

  • B 細胞リンパ腫

    Hodgkinリンパ腫 (IMP3) CD15 CD20 CD30 PAX5 EBER (CD3) (fascin) PAX5は「かなり薄い」ことがポイント 小型腫瘍でもIMP3陽性となる T細胞性 AITL vs ATL vs NOS foxp3 (ATL) CD10 CD21 CXCL13 PD1 (AITL) ALK (CD3) CD30[kuhp.kyoto-u.ac.jp]

  • 自己免疫多腺性内分泌障害

    (APECED)とfoxp3遺伝子の異常によるIPEXである.❹ 比較的頻度の高い自己免疫性甲状腺疾患に1型糖尿病の合併を認めたときには,APSの可能性も考え,副腎皮質機能や副甲状腺機能についても考慮する.❺ 副腎皮質機能低下症を合併した甲状腺機能低下症に対する甲状腺ホルモン補充療法では,副腎皮質ステロイド薬の治療を先行させる.甲状腺中毒症[shindan.co.jp] (autoimmune polyendocrinopathy type 1: APS type 1)と呼ばれる疾患、およびTreg細胞の分化に必要な転写因子forkhead box P3 (FOXP3)の変異によって生じるImmunedysregulation, polyendocrinopathy, enteropathy, X-linked[emeneki.com] 自己免疫性内分泌腺症候群とは1.病因2.16.自己免疫性内分泌腺症候群甲状腺の臨床各論Ⅱ❶ 自己免疫性内分泌腺症候群(APS)は自己免疫性内分泌疾患が複数合併した病態である.❷ 自己免疫性甲状腺疾患は主に2型(Schmidt症候群/Carpenter症候群)と3型でみられる.❸ APSの病因が明らかにされているのはAIRE遺伝子の異常による1[shindan.co.jp]

  • マントル細胞リンパ腫

    Hodgkinリンパ腫 (IMP3) CD15 CD20 CD30 PAX5 EBER (CD3) (fascin) PAX5は「かなり薄い」ことがポイント 小型腫瘍でもIMP3陽性となる T細胞性 AITL vs ATL vs NOS foxp3 (ATL) CD10 CD21 CXCL13 PD1 (AITL) ALK (CD3) CD30[kuhp.kyoto-u.ac.jp]

  • リー・フラウメニ症候群

    先天代謝異常症; 泌尿器系疾患; 肝疾患 hsa04974 Protein digestion and absorption SLC3A1 [HSA: 6519 ] [KO: K14210 ] SLC7A9 [HSA: 11136 ] [KO: K13868 ] H00902 言語障害 言語障害(SPCH1)は、常染色体優性遺伝性疾患で、FOXP2[kegg.jp]

  • 常染色体優性肢帯型筋ジストロフィー 1D型

    原発性免疫不全症候群 hsa04659 Th17 cell differentiation hsa05321 Inflammatory bowel disease (IBD) FOXP3 [HSA: 50943 ] [KO: K10163 ] H01972 多腺性自己免疫症候群 1型 自己免疫性多腺性内分泌不全症・カンジダ症・外胚葉ジストロフィー[kegg.jp]

  • リンパ芽球性リンパ腫

    Hodgkinリンパ腫 (IMP3) CD15 CD20 CD30 PAX5 EBER (CD3) (fascin) PAX5は「かなり薄い」ことがポイント 小型腫瘍でもIMP3陽性となる T細胞性 AITL vs ATL vs NOS foxp3 (ATL) CD10 CD21 CXCL13 PD1 (AITL) ALK (CD3) CD30[kuhp.kyoto-u.ac.jp]

  • T 細胞リンパ芽球性リンパ腫

    Hodgkinリンパ腫 (IMP3) CD15 CD20 CD30 PAX5 EBER (CD3) (fascin) PAX5は「かなり薄い」ことがポイント 小型腫瘍でもIMP3陽性となる T細胞性 AITL vs ATL vs NOS foxp3 (ATL) CD10 CD21 CXCL13 PD1 (AITL) ALK (CD3) CD30[kuhp.kyoto-u.ac.jp]

  • 膵島細胞腫瘍

    これまでもラパマイシンなどの mTOR 阻害剤が iTreg の誘導を促進することが知られていたが、 PD-L1-Ig も PTEN を誘導し TCR 下流の Akt–mTOR 活性を抑えることで、 iTreg での Foxp3 を誘導すると考えられる。[tokyo-med-imm.jimdo.com] 逆に、 PD-L1 の発現は PTEN によって抑制されることから、 PTEN の発現上昇を誘導する PD-1 シグナルは、 iTreg の分化を止めるフィードバック抑制機構としても働きうる。[tokyo-med-imm.jimdo.com]

さらなる症状