Create issue ticket

考えれる5県の原因 foxl2

結果を表示する: English

  • パリスターホール症候群

    レット症候群 8 FOXL2 眼瞼裂狭小症候群 7 TWIST1 セトレ・コーツェン症候群 7 JAG1 アラジール症候群 5 SBDS シュバッハマン・ダイアモンド症候群 5 SETBP1 シンツェル・ギーディオン症候群 5 TGFBR1 ロイス・ディーツ症候群 5 TGFBR2 ロイス・ディーツ症候群 5 TRPS1 毛髪・鼻・指節症候群[pref.saitama.lg.jp] アペール症候群 22 HRAS コステロ症候群 21 FGFR3(Gly380Arg) 軟骨無形成症 19 FGFR3(Asn540Lys) 軟骨低形成症 16 COL4A5 アルポート症候群 15 FGFR3(Pro250Arg) ムエンケ症候群 14 NIPBL コルネリア・デ・ランゲ症候群 12 L1CAM X連鎖性水頭症 8 MECP2[pref.saitama.lg.jp]

  • 卵巣の脂質細胞腫瘍

    免疫組織染色ではERα強発現は11例(20.7%)、PR強発現は43例(79.2%)、Ki67強発現は14例(24.5%)、GATA4強発現は24例(44.4%)、FOXL2強発現は35例(64.8%)であった。全ての症例で、FSHは陰性、かつTGF-βおよびIGF-Iは強陽性であった。[jikei-obgyn.jp] さらに初回手術検体のパラフィン包埋切片を使用し、ERα、PR、Ki67、FSH、GATA4、TGF-β、IGF-I、FOXL2について免疫組織染色を行った。これらの臨床的因子と免疫組織染色におけるタンパク発現について、再発との関連を調査した。[jikei-obgyn.jp]

  • 卵巣の乳頭状漿液嚢胞腺癌

    免疫組織染色ではERα強発現は11例(20.7%)、PR強発現は43例(79.2%)、Ki67強発現は14例(24.5%)、GATA4強発現は24例(44.4%)、FOXL2強発現は35例(64.8%)であった。全ての症例で、FSHは陰性、かつTGF-βおよびIGF-Iは強陽性であった。[jikei-obgyn.jp] さらに初回手術検体のパラフィン包埋切片を使用し、ERα、PR、Ki67、FSH、GATA4、TGF-β、IGF-I、FOXL2について免疫組織染色を行った。これらの臨床的因子と免疫組織染色におけるタンパク発現について、再発との関連を調査した。[jikei-obgyn.jp]

  • ロイス・ディーツ症候群 2型

    レット症候群 8 FOXL2 眼瞼裂狭小症候群 7 TWIST1 セトレ・コーツェン症候群 7 JAG1 アラジール症候群 5 SBDS シュバッハマン・ダイアモンド症候群 5 SETBP1 シンツェル・ギーディオン症候群 5 TGFBR1 ロイス・ディーツ症候群 5 TGFBR2 ロイス・ディーツ症候群 5 TRPS1 毛髪・鼻・指節症候群[pref.saitama.lg.jp] アペール症候群 22 HRAS コステロ症候群 21 FGFR3(Gly380Arg) 軟骨無形成症 19 FGFR3(Asn540Lys) 軟骨低形成症 16 COL4A5 アルポート症候群 15 FGFR3(Pro250Arg) ムエンケ症候群 14 NIPBL コルネリア・デ・ランゲ症候群 12 L1CAM X連鎖性水頭症 8 MECP2[pref.saitama.lg.jp]

  • 卵巣の顆粒膜細胞腫

    免疫組織染色ではERα強発現は11例(20.7%)、PR強発現は43例(79.2%)、Ki67強発現は14例(24.5%)、GATA4強発現は24例(44.4%)、FOXL2強発現は35例(64.8%)であった。全ての症例で、FSHは陰性、かつTGF-βおよびIGF-Iは強陽性であった。[jikei-obgyn.jp] さらに初回手術検体のパラフィン包埋切片を使用し、ERα、PR、Ki67、FSH、GATA4、TGF-β、IGF-I、FOXL2について免疫組織染色を行った。これらの臨床的因子と免疫組織染色におけるタンパク発現について、再発との関連を調査した。[jikei-obgyn.jp]

さらなる症状