Create issue ticket

考えれる25県の原因 fgf23

結果を表示する: English

  • ビタミンD欠乏症

    ビタミンD欠乏性くる病・骨軟化症と診断するには必ずFGF23濃度の測定を行ったり、尿検査でFGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症やファンコーニ症候群などの疾患を除外したりしなくてはなりません。その他、くる病や骨軟化症の存在を確認するために全身の骨のレントゲン撮影やMRI、骨密度、骨シンチグラフィーなどが行われることがあります。[medicalnote.jp] ビタミンD欠乏症では、よほど重症でない限り正常 ビタミンD依存性I型では、1α水酸化酵素欠損により、その後段階の1,25(OH)2ビタミンD3は低値 ビタミンD依存症II型は、ビタミンD受容体の反応障害なので、1,25(OH)2ビタミンD3は高値 FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症 FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症は、 リン[nagasaki-clinic.com] ビタミンD依存症II型:大量のビタミンD投与が必要・カルシウム剤を使う場合もあり・禿頭(とくとう)(スキンヘッド;髪が全て抜けた状態)を伴う場合、治療抵抗性のことが多い FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症の治療 FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症の治療は、経口リン酸製剤「ホスリボン 配合顆粒」(有効成分:リン酸二水素ナトリウム[nagasaki-clinic.com]

  • 低リン酸血症

    ブロスマブは、これまでX染色体連鎖性低リン血症(※2)(XLH)および腫瘍性骨軟化症(※3)(TIO)といったFGF23の過剰産生に由来した疾患を対象として開発が進められてきました。 FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症の患者さんにおけるリン排泄亢進はFGF23の過剰な作用により引き起こされています。[nikkei.com] FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症とは? FGF23に関連した骨の病気 FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症は、FGF23というホルモンが過剰に分泌されることが原因で低リン血症(血中のリン濃度の低下)が起こり、それに伴って発症する骨の病気です。 主な症状は、骨の痛みや筋力低下です。[medicalnote.jp] リン代謝におけるFGF23発見の影響 西村 FGF23の発見は、リン代謝の観点ではどのような影響があったのでしょうか。 道上 FGF23の発見後、この分子がさまざまな遺伝性低リン血症性疾患や腫瘍性低リン血症などの病態に関与していることが明らかになり、FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症という疾患概念が確立されました。[jsbmr.jp]

  • 腫瘍随伴症候群

    一方、当研究室で行っているFGF23の全身静脈サンプリングは、鼠径部からのカテーテル挿入により、全身20-30か所の静脈主幹、静脈分枝から採血を行い、それぞれの箇所でのFGF23濃度を測定することで、新規にFGF23産生腫瘍の局在を予測する、もしくは既にCTやMRI、前述のオクトレオスキャンなどの核医学検査などで認められている腫瘍が実際にFGF23[square.umin.ac.jp] 以下に通常の画像検査(CT、MRI)では腫瘍の局在が判明しなかったものの、当科でのオクトレオスキャンとFGF23静脈サンプリングにより歯槽骨内の腫瘍がFGF23産生腫瘍であることを同定し、術後にFGF23と血清リン濃度の改善を認めた症例を例示します。[square.umin.ac.jp] 腫瘍性骨軟化症に対するオクトレオスキャンとFGF23サンプリング 腫瘍性骨軟化症 (Tumor induced osteomalacia:TIO)は腫瘍がFGF23を過剰産生することで低リン血症性くる病・骨軟化症を発症する腫瘍随伴症候群の一つです。[square.umin.ac.jp]

  • 腫瘍性石灰沈着症

    リン代謝におけるFGF23発見の影響 西村 FGF23の発見は、リン代謝の観点ではどのような影響があったのでしょうか。 道上 FGF23の発見後、この分子がさまざまな遺伝性低リン血症性疾患や腫瘍性低リン血症などの病態に関与していることが明らかになり、FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症という疾患概念が確立されました。[jsbmr.jp] FGF23の測定は、まだ保険収載には至っていませんが、くる病・骨軟化症の鑑別診断に用いられております。また、慢性腎臓病(chronic kidney disease:CKD)においてはFGF23値の上昇が心血管イベントの増加に繋がることや、血清リンそのものの上昇も早期の死亡に繋がることがわかってきました。[jsbmr.jp] 腎臓領域や循環器領域の先生方のリン代謝やFGF23に関する注目度も上がり、この分野の研究は学際的になって発展してきました。[jsbmr.jp]

  • 感染症による貧血

    また、鉄欠乏状態では骨より FGF 23 の分泌が亢進し、心肥大の危険が増えます。鉄を補充することにより FGF 23 は低下するという良い面があります。 J Bone Miner Res. 2013 Aug;28(8):1793-803 さらに、鉄には血小板凝集抑制作用があり、脳梗塞や心筋梗塞の予防となる可能性もあります。[tohto-sangenjaya-clinic.com]

  • 抗第VIII因子抗体NMDA受容体脳炎

    病因としてFGF23が今世紀初頭に突き止められ、FGF23にアプローチする初の治療薬として同社がブロスマブを開発した。欧米では昨年承認された。[medical-tribune.co.jp] » 続きを読む FGF23にアプローチするブロスマブを申請 腎・泌尿器 2019年01月18日 協和発酵キリンは、抗線維芽細胞増殖因子(FGF23完全ヒト抗体ブロスマブについて、「FGF23関連低リン血症くる病・骨軟化症」を予定適応症として申請したと、1月7日に公式サイトで発表した。[medical-tribune.co.jp] 不明であったXLHにおける慢性低リン血症の原因因子として、線維芽細胞増殖因子(FGF23が見いだされた(関連記事:【キーワード】FGF23 )。[medical-tribune.co.jp]

  • 原発性甲状腺機能亢進症

    近年では、リン調節ホルモンFGF23によって、ビタミンDやカルシウムの低下を起こしているということもわかってきています。いずれにせよ、原発性副甲状腺機能亢進症と同様、原因が明らかになっていない部分が多くあります。 ⑵リチウムの服用 躁うつ病の治療薬であるリチウムの長期的に服用がリスクになると考えられています。[medicalnote.jp]

  • 血液濃縮

    標準透析者、長時間透析者のFGF23とKlotho蛋白について(第2報):2年間の短期予後 特任医長 森山憲明 長時間透析を行った根治不能悪性腫瘍を合併した透析症例2例の経過 看護師 廣瀬千代子 標準透析から長時間透析に移行した患者の身体的、心理的変化 臨床工学技士 前澤利光 2次性副甲状腺機能亢進症を合併したが長時間透析で血管石灰化が抑えられた[hospital.pref.ibaraki.jp] 透析センター長 小林弘明 透析者とリンパ球数(第2報):透析回数の増加によるリンパ球数の変化 標準透析者、長時間透析者のFGF23とKlotho蛋白についての検討 医師 日野 雅予 重症カルシフィラキシスに対し長時間透析を行いP低下により完治した60歳女性例 看護師 佐藤香織 長時間透析を行っている患者のQOLについての実態調査 臨床工学技士[hospital.pref.ibaraki.jp]

  • 低リン血症性くる病

    「抗FGF23抗体治療」登場の可能性 2018年現在、FGF23を標的とした抗体を利用した治療薬(抗体医薬)の臨床治験の解析が行われています 1)2) 。この医薬品が実用化されれば、世界初のFGF23標的薬剤となり、より根本的な治療が可能になると期待されています。[medicalnote.jp] リン代謝におけるFGF23発見の影響 西村 FGF23の発見は、リン代謝の観点ではどのような影響があったのでしょうか。 道上 FGF23の発見後、この分子がさまざまな遺伝性低リン血症性疾患や腫瘍性低リン血症などの病態に関与していることが明らかになり、FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症という疾患概念が確立されました。[jsbmr.jp] FGF23は、腎尿細管リン再吸収と、血中1,25-水酸化ビタミンD濃度の低下を介する腸管リン吸収の抑制により、血中リン濃度を低下させるホルモンである。FGF23は、生理的には骨で産生されるものと考えられている。遺伝性のビタミンD抵抗性くる病では、いくつかの遺伝子異常により骨でのFGF23産生が亢進するものと考えられている。[nanbyou.or.jp]

  • 高血圧を伴った常染色体優性進行性腎障害

    ソース: NEJM カテゴリ: 癌 ・ 投薬に関わる問題 ・ 腎・泌尿器疾患 X染色体遺伝性低リン血症へのブロスマブ、くる病症状重症度を改善 2018/7/10 X染色体遺伝性低リン血症小児患者52例を対象に、FGF-23標的モノクローナル抗体であるブロスマブの...[m3.com]

さらなる症状