Create issue ticket

考えれる356県の原因 fgf23

つまり: fgf23増加

  • 内分泌機能不全

    FGF23)関連低リン血症性くる病/骨軟化症に大別され,最も頻度の高いものはX染色体優性低リン血症性くる病/骨軟化症(XLH)である.FGF23はXLHの病態で重要な因子であるため,活性型ビタミンDおよびリンによる標準治療のほか,FGF23作用抑制を標的とした治療が検討されている.[saishin-igaku.co.jp] キーワード ビタミンD受容体、Fibroblast growth factor 23(FGF23)、1,25(OH) 2 D、リン、成長障害 目次へ戻る ビタミンD依存性くる病/骨軟化症 北中 幸子* * 東京大学大学院医学系研究科小児医学講座 准教授 要 旨 ビタミンD依存性くる病/骨軟化症は,先天性の異常による疾患であり,ビタミンD1α[saishin-igaku.co.jp] 副甲状腺ホルモン、低カルシウム血症、Albright遺伝性骨ジストロフィー、多内分泌腺不応症、活性化型ビタミンD製剤 目次へ戻る ビタミンD抵抗性くる病/骨軟化症 山本 威久* * 箕面市立病院小児科 副院長 要 旨 ビタミンD抵抗性くる病/骨軟化症は,ビタミンD受容体異常に由来するものと,fibroblast growth factor 23[saishin-igaku.co.jp]

  • 低リン血症性くる病

    「抗FGF23抗体治療」登場の可能性 2018年現在、FGF23を標的とした抗体を利用した治療薬(抗体医薬)の臨床治験の解析が行われています 1)2) 。この医薬品が実用化されれば、世界初のFGF23標的薬剤となり、より根本的な治療が可能になると期待されています。[medicalnote.jp] FGF23は、腎臓におけるリン排泄と活性型ビタミンD産生を制御することで、血清リンおよび活性型ビタミンD濃度を低下させる液性因子。FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症の患者におけるリン排泄亢進は、FGF23の過剰な作用により引き起こされる。 ブロスマブは協和キリンの創製品。[mixonline.jp] 「デタミナー CL FGF23」の製品概要 製品名 「デタミナー CL FGF23」 使用目的 血清中の線維芽細胞増殖因子23(FGF23)の測定 (FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症の診断の補助) 承認取得日 2018年9月20日 *1 FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症:低リン血症性くる病・骨軟化症は、血液中のリンの値が[hitachi-chem.co.jp]

  • 低カルシウム血症性ビタミンD依存性くる病タイプ1B

    FGF23が原因で起こる骨の病気 FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症は、FGF23(fibroblast growth factor 23FGF23)というホルモンが原因となって低リン血症(血中リン濃度の低下)が起こり、それに伴って発症する骨の病気です。[medicalnote.jp] 「抗FGF23抗体治療」登場の可能性 2018年現在、FGF23を標的とした抗体を利用した治療薬(抗体医薬)の臨床治験の解析が行われています 1)2) 。この医薬品が実用化されれば、世界初のFGF23標的薬剤となり、より根本的な治療が可能になると期待されています。[medicalnote.jp] 低リン血症性くる病・骨軟化症とFGF23 FGF23の同定後、それまで原因不明であったリン代謝異常症の一部がFGF23作用の異常により惹起されることが明らかにされてきました。下の表1に代表的な低リン血症性くる病・骨軟化症の原因を、FGF23の不適切な上昇によるもの(FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症)とその他に分類して示します。[square.umin.ac.jp]

  • 高カルシウム尿症を伴う遺伝性低リン酸血症性くる病

    「抗FGF23抗体治療」登場の可能性 2018年現在、FGF23を標的とした抗体を利用した治療薬(抗体医薬)の臨床治験の解析が行われています 1)2) 。この医薬品が実用化されれば、世界初のFGF23標的薬剤となり、より根本的な治療が可能になると期待されています。[medicalnote.jp] ブロスマブは、これまでX染色体連鎖性低リン血症(※2)(XLH)および腫瘍性骨軟化症(※3)(TIO)といったFGF23の過剰産生に由来した疾患を対象として開発が進められてきました。 FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症の患者さんにおけるリン排泄亢進はFGF23の過剰な作用により引き起こされています。[nikkei.com] 2019年1月7日 PDF版 (189KB) 協和発酵キリン株式会社(本社:東京、代表取締役社長:宮本昌志、以下「協和発酵キリン」)は、現在開発中の抗線維芽細胞増殖因子23(Fibroblast Growth Factor 23、以下「FGF23」)完全ヒト抗体ブロスマブ(開発コード:KRN23)について、FGF23関連低リン血症性くる病・[kyowa-kirin.co.jp]

  • 骨軟化症

    FGF23は、腎臓におけるリン排泄と活性型ビタミンD産生を制御することで、血清リンおよび活性型ビタミンD濃度を低下させる液性因子。FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症の患者におけるリン排泄亢進は、FGF23の過剰な作用により引き起こされる。 ブロスマブは協和キリンの創製品。[mixonline.jp] 「デタミナー CL FGF23」の製品概要 製品名 「デタミナー CL FGF23」 使用目的 血清中の線維芽細胞増殖因子23(FGF23)の測定 (FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症の診断の補助) 承認取得日 2018年9月20日 *1 FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症:低リン血症性くる病・骨軟化症は、血液中のリンの値が[hitachi-chem.co.jp] 類似している.遺伝子組換え FGF-23 は,in vivo でリン酸塩尿症や低リン血症を誘発することから,FGF-23 がリン酸調節に役割をもつことが示唆される.健常人で FGF-23 が血中に存在するかどうか,FGF-23 が腫瘍性骨軟化症患者や X 連鎖低リン血症患者で上昇しているかどうかを決定するため,これを測定する免疫測定法を開発[nejm.jp]

  • 骨軟化症

    FGF23は、腎臓におけるリン排泄と活性型ビタミンD産生を制御することで、血清リンおよび活性型ビタミンD濃度を低下させる液性因子。FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症の患者におけるリン排泄亢進は、FGF23の過剰な作用により引き起こされる。 ブロスマブは協和キリンの創製品。[mixonline.jp] 「デタミナー CL FGF23」の製品概要 製品名 「デタミナー CL FGF23」 使用目的 血清中の線維芽細胞増殖因子23(FGF23)の測定 (FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症の診断の補助) 承認取得日 2018年9月20日 *1 FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症:低リン血症性くる病・骨軟化症は、血液中のリンの値が[hitachi-chem.co.jp] 類似している.遺伝子組換え FGF-23 は,in vivo でリン酸塩尿症や低リン血症を誘発することから,FGF-23 がリン酸調節に役割をもつことが示唆される.健常人で FGF-23 が血中に存在するかどうか,FGF-23 が腫瘍性骨軟化症患者や X 連鎖低リン血症患者で上昇しているかどうかを決定するため,これを測定する免疫測定法を開発[nejm.jp]

  • 1,25-ジヒドロキシコレカルシフェロール

    カルシトリオールの生成は、高濃度の血中リン酸によって抑制され、骨の中の破骨細胞によるホルモンであるFGF-23の生成増加によっても抑制される。[ja.wikipedia.org]

  • 常染色体劣性低リン酸血症性くる病2型

    FGF23が原因で起こる骨の病気 FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症は、FGF23(fibroblast growth factor 23FGF23)というホルモンが原因となって低リン血症(血中リン濃度の低下)が起こり、それに伴って発症する骨の病気です。[medicalnote.jp] 低リン血症性くる病・骨軟化症とFGF23 FGF23の同定後、それまで原因不明であったリン代謝異常症の一部がFGF23作用の異常により惹起されることが明らかにされてきました。下の表1に代表的な低リン血症性くる病・骨軟化症の原因を、FGF23の不適切な上昇によるもの(FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症)とその他に分類して示します。[square.umin.ac.jp] […] rickets:ADHR)では,FGF23遺伝子の変異が存在することが明らかとなった.FGF23は 179 Argと 180 Serの間で切断され不活性化されるが,本症ではこのFGF23の不活性化が障害され低リン血症性くる病がもたらされる.ただし,本症患者でも血中活性型FGF23が上昇していない例も存在する. c)常染色体劣性低リン血症性[kotobank.jp]

  • 低リン酸血症性くる病と副甲状腺機能亢進症

    TOP 内分泌学的検査 内分泌学的(その他) FGF-23 現在のラボ: 八王子ラボ FGF-23 項目コード: M895 1 FGF-23 4Z323-0000-023-023 血清 0.3 S09 A00 (14日) 2 8 ELISA ELISA(Enzyme-Linked immunosorbent assay) 酵素免疫測定法 固相化[test-guide.srl.info] 「抗FGF23抗体治療」登場の可能性 2018年現在、FGF23を標的とした抗体を利用した治療薬(抗体医薬)の臨床治験の解析が行われています 1)2) 。この医薬品が実用化されれば、世界初のFGF23標的薬剤となり、より根本的な治療が可能になると期待されています。[medicalnote.jp] FGF23の作用を阻害する方法が現在開発されつつあり、先ほどのXLHや、腫瘍性骨軟化症という低リン血症性疾患に対するヒト型抗FGF23抗体の臨床試験が現在進行中です。 田中 FGF23に関して言えば、骨細胞(osteocyte)がFGF23の産生細胞だというのは、おそらく誰も想像していなかったと思います。[jsbmr.jp]

  • くる病

    FGF23は、腎臓におけるリン排泄と活性型ビタミンD産生を制御することで、血清リンおよび活性型ビタミンD濃度を低下させる液性因子。FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症の患者におけるリン排泄亢進は、FGF23の過剰な作用により引き起こされる。 ブロスマブは協和キリンの創製品。[mixonline.jp] 「デタミナー CL FGF23」の製品概要 製品名 「デタミナー CL FGF23」 使用目的 血清中の線維芽細胞増殖因子23(FGF23)の測定 (FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症の診断の補助) 承認取得日 2018年9月20日 *1 FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症:低リン血症性くる病・骨軟化症は、血液中のリンの値が[hitachi-chem.co.jp] 過剰なFGF23活性により、いくつかのFGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症が惹起されることが明らかにされた。[usaco.co.jp]

さらなる症状