Create issue ticket

考えれる1県の原因 FGD1遺伝子の突然変異

  • スコット症候群

    ウィスコット・アルドリッチ症候群とは? どんな病気か 血小板減少、難治性湿疹、易感染性(感染しやすい)を特徴とし、進行性のTリンパ球機能不全と、一部の抗体欠乏を伴うX連鎖劣性遺伝形式をとる原発性免疫不全症です。 症状の現れ方 初発症状は乳児期の血便、紫斑などの出血傾向で、次いで難治性の湿疹、易感染性が認められ、食物抗原に対する即時型反応も乳児早期から認められます。死亡原因は乳幼児期の出血、感染とリンパ網内系の悪性腫瘍です。この時期を乗り切ると長期生存も可能ですが、長期生存例では自己免疫性疾患、悪性腫瘍の合併が高い頻度でみられます。 検査と診断[…][qlife.jp]

さらなる症状