Create issue ticket

考えれる17県の原因 fasl

結果を表示する: English

  • エヴァンズ症候群

    図1 Fas-FasLを介した細胞アポトーシス誘導 図の上部にはFas-FasLを介したアポトーシスに関わる代表的な分子を、図左半は正常なFasシグナル伝達を示す。[emeneki.com] 最近は、このような細胞解析所見に加えて、血清IL-10の増加、ビタミンB 12 の増加、血漿FasLの増加、IgG増加などの診断的価値が高いことがわかってきました 13 ) 。 表2 には2009年の国際ワークショップで改訂されたALPSの診断基準を示します 8 ) 。[emeneki.com] その後、このようなFas異常症のみでなく、FasLの異常 5 ) や、カスパーゼ10の異常 6 )、 7 ) など、多様な要因により類似の病態が発症することが明らかにされてきました。さらに現在までに、アポトーシス機構に関わるいくつかの原因遺伝子が明らかにされており、基盤となる遺伝子異常により異なる臨床病型に分類されています。[emeneki.com]

  • 強指症

    Klempererから半世紀を経て)竹原和彦 [膠原病,結合組織,自己抗体] 第2節 膠原病と自己免疫現象up date (LE細胞現象から50年を経て) 三森経世 [自己抗体,自己抗原,免疫トレランス] 第3節 膠原病とHLA 桑名正隆 [ヒト白血球抗原,主要組織適合抗原複合体,疾患感受性] 第4節 膠原病とアポトーシス 村田秀行 [Fas/FasL[kinokuniya.co.jp]

  • 家族性血球貪食性リンパ組織球症

    このほかに,IFNγ,TNFαといったサイトカインが上昇し,IL-1β,IL-6,IL-10,IL-18,INFR-1,sFas,FasLなども上昇する。 2ページ目以降は、紙版または電子版購入者か有料会員のみご覧いただけます。[jmedj.co.jp] 認める.フェリチンの上昇はHPSに特異的ではなく,肝臓からの逸脱酵素である.そのほかにも,感染症や非特異的炎症,悪性腫瘍などでフェリチンは上昇し,HPSとして特異度が高いのは10000ng/mLをこえる超高値の場合のみである.サイトカインでは,IFNγ,TNFαに加え,IL-1β,IL-6,IL-10,IL-18,INFR-1,sFas,FasL[kotobank.jp]

  • ウォルコット・ラリソン症候群

    ETV6 AML1、ETV1、EVC、EVR2、EVR1、EWSR1、EXT2、EXT3、EXT1、EYA1、EYCL2、EYCL3、EYCL1、EZH2、F10、F11、F12、F13A1、F13B、F2、F5、F5F8D、F7、F8、F8C、F9、FABP2、FACL6、FAH、FANCA、FANCB、FANCC、FANCD2、FANCF、FasL[biosciencedbc.jp]

  • 膵島細胞腫瘍

    実際の腫瘍で PD-L1 の発現上昇が報告された最初の例は、肺癌、卵巣癌、大腸癌、悪性黒色腫であり、 PD-L1 は IFN g により誘導され、 PD-L1 発現腫瘍は T 細胞の細胞傷害活性を抑えるだけでなく、 FasL や IL-10 を介して T 細胞の細胞死も誘導する 30 ) 。[tokyo-med-imm.jimdo.com]

  • 先天性溶血性貧血

    図1 Fas-FasLを介した細胞アポトーシス誘導 図の上部にはFas-FasLを介したアポトーシスに関わる代表的な分子を、図左半は正常なFasシグナル伝達を示す。[emeneki.com] 最近は、このような細胞解析所見に加えて、血清IL-10の増加、ビタミンB 12 の増加、血漿FasLの増加、IgG増加などの診断的価値が高いことがわかってきました 13 ) 。 表2 には2009年の国際ワークショップで改訂されたALPSの診断基準を示します 8 ) 。[emeneki.com] その後、このようなFas異常症のみでなく、FasLの異常 5 ) や、カスパーゼ10の異常 6 )、 7 ) など、多様な要因により類似の病態が発症することが明らかにされてきました。さらに現在までに、アポトーシス機構に関わるいくつかの原因遺伝子が明らかにされており、基盤となる遺伝子異常により異なる臨床病型に分類されています。[emeneki.com]

  • RAS随伴自己免疫白質増殖症候群

    したがって、セルトリ細胞を、全身性の免疫抑制の必要を伴わずに、局所的な免疫抑制を生じさせる目的で、FasLを発現させるとともに同時移植するために、本発明の方法を用いて増殖させることができる。[biosciencedbc.jp]

  • Hoyeraal-Hreidarsson症候群

    EWSR1, EXT2, EXT3, EXT1, EYA1, EYCL2, EYCL3, EYCL1, EZH2, F10, F11, F12, F13A1, F13B, F2, F5, F5F8D, F7, F8, F8C, F9, FABP2, FACL6, FAH, FANCA, FANCB, FANCC, FANCD2, FANCF, FasL[patentswamp.jp]

  • 低ガンマグロブリン血症

    Tumor necrosis factor-α(TNF-α),interleukin-1(IL-1),interleukin-6(IL-6),macrophage migration inhibitory factorなどのサイトカインや,外因系アポトーシス誘導リガンドであるFasL,さらにはTNF-α受容体などのサイトカイン受容体などの,[blog.goo.ne.jp]

  • GM2 ガングリオシド蓄積症変形 AB

    としては、例えば、インターフェロン(以下、INFと記す)-α、INF-β、INF-γ、インターロイキン(以下、ILと記す)-2、IL-12、IL-15、IL-18、IL-21、IL-23、顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)、顆粒球/マクロファージコロニー刺激因子(GM-CSF)、マクロファージコロニー刺激因子(M-CSF)、Fasリガンド(FasL[patents.google.com]

さらなる症状