Create issue ticket

考えれる202県の原因 fas

結果を表示する: English

  • 一過性脳虚血発作

    Time : 以上の3つ(FAS)の確認を行い、どれかが明らかに該当していたら、「Time」つまり医師に見てもらうべき時だ、ということで病院に行く。[ja.wikipedia.org] TIME:時間 上に紹介した「FAS」の症状を一つでも認めたら、これはもはや一刻を争う事態です。すぐに病院を受診しましょうという意味が最後のTです。 この「FAST」に書かれた症状が、自分自身や身近な方に現れたら、迷うことなく神経内科や脳神経外科を受診しましょう。大切なのは、できる限り早く原因を特定し、治療を開始してもらうことです。[medicalnote.jp]

  • 酒害

    特に妊娠初期の飲酒は、発育の遅れや奇形、中枢神経の問題からくる行動障害など「胎児性アルコール症候群(FAS)」につながるリスクが高い。 また妊娠中のどの時期であっても脳に影響を及ぼし「胎児性アルコール・スペクトラム障害(FASD)」を引き起こすリスクがある。 妊娠中の飲酒は、ADHDの原因の1つにもあげられている。[alhonet.jp]

  • 慢性アルコール依存症

    また、妊娠中に多量に飲酒した母親から生まれた子どもに、知能障害を主とする中枢神経系の機能障害、出生前より始まる発育障害、特徴的な顔貌、大小奇形の頻度の増加、が生じることを、胎児性アルコール症候群(Fetal Alcohol Syndrome FAS)といい、FASになるかどうかは、飲酒量だけでなく、母親の年齢や体格など個人差が大きいため、どの[kenko.pref.yamaguchi.lg.jp]

  • 脳血栓症

    まずはこれを実践することをおすすめします」(志賀医師) FASTのうち“FAS”は脳卒中の兆候を表す。“F”は顔(Face)の麻痺、“A”は腕(Arm)の麻痺、“S”は言葉(Speech)の障害だ。 それぞれ、以下のような症状がひとつでもあれば、脳卒中の可能性があるため、迷わず救急車を呼んでいいという。[buzzfeed.com] T ime : 以上の3つ(FAS)の確認を行い、どれかが明らかに該当していたら、「Time」つまり医師に見てもらうべき時だ、ということで病院に行く。家族が車などで連れてゆくか、あるいは119番を呼びFASTの確認結果がどのようであったか伝え、救急車に来てもらう。病院で検査を行う。[ja.wikipedia.org]

  • 内分泌機能不全

    433 11 Prander-Willi症候群[内分泌症候群(第2版)II,p229参照] 12 Russell-Silver症候群 小崎健次郎 436 13 Noonan症候群[内分泌症候群(第2版)II,p505参照] 14 Williams症候群 近藤 郁子 440 15 家族性低身長 田中 敏章 444 16 胎児性アルコール症候群(FAS[nippon-rinsho.co.jp]

  • 急性肝不全

    可溶性Fasは細胞表面に存在するFasが切断されて血液中に放出されるものであり、Fasリガンドと結合することで、細胞表面のFasFasリガンドの結合に拮抗してアポトーシスを抑制することから、可溶性Fasが、劇症肝炎をはじめとした急性肝不全、重症の急性肝炎、非代償性肝硬変などの慢性肝不全患者に対してHGFによる治療を行った際、そのアポトーシス[patents.google.com] (5)試験期間中の血清AFP及び可溶性Fas値の推移 患者1 4について、試験期間中の血清α-フェトプロテイン(AFP)及び可溶性Fas値をモニタリングした。[patents.google.com] サンドイッチ法においては、不溶化した抗AFP又は抗可溶性Fas抗体に被検試料を反応させ(1次反応)、さらに標識化した別の抗AFP又は抗可溶性Fas抗体を反応させ(2次反応)た後、不溶化担体上の標識剤の量(活性)を測定することにより、被検試料中のAFP又は可溶性Fas量を定量することができる。[patents.google.com]

  • アルコール離脱

    その結果赤ちゃんは、知能、身体や臓器の発達障害、特徴のある顔つきなど「胎児性アルコール症候群(FAS)」と呼ばれる障害を持って組まれてくる危険性が高いのです。 6.アルコール関連問題のスクリーニングテスト スクリーニングとは、簡便に実施可能な検査などを用いて、疾患の有無や程度の暫定的にチェックすることです。[city.sendai.jp] その結果赤ちゃんは、知能、身体や臓器の発達障害、特徴のある顔つきなど「胎児性アルコール症候群(FAS)」と呼ばれる障害を持って組まれてくる危険性が高いのです。 5.アルコールと身体合併症 ここではアルコールによる身体合併症も紹介しておきます。 代表的なものとしては、脂肪肝、アルコール性肝炎、肝硬変などの肝臓障害があげられます。[city.sendai.jp]

  • 肝不全

    可溶性Fasは細胞表面に存在するFasが切断されて血液中に放出されるものであり、Fasリガンドと結合することで、細胞表面のFasFasリガンドの結合に拮抗してアポトーシスを抑制することから、可溶性Fasが、劇症肝炎をはじめとした急性肝不全、重症の急性肝炎、非代償性肝硬変などの慢性肝不全患者に対してHGFによる治療を行った際、そのアポトーシス[patents.google.com] (5)試験期間中の血清AFP及び可溶性Fas値の推移 患者1 4について、試験期間中の血清α-フェトプロテイン(AFP)及び可溶性Fas値をモニタリングした。[patents.google.com] サンドイッチ法においては、不溶化した抗AFP又は抗可溶性Fas抗体に被検試料を反応させ(1次反応)、さらに標識化した別の抗AFP又は抗可溶性Fas抗体を反応させ(2次反応)た後、不溶化担体上の標識剤の量(活性)を測定することにより、被検試料中のAFP又は可溶性Fas量を定量することができる。[patents.google.com]

  • 線維筋痛症

    2015年時点で日本でもっとも一般的に用いられている、線維筋痛症を対象とした評価票ひいては問診票として、ACR2010に基づくFAS31が挙げられる。[ja.wikipedia.org]

  • 前大脳動脈梗塞

    T ime : 以上の3つ(FAS)の確認を行い、どれかが明らかに該当していたら、「Time」つまり医師に見てもらうべき時だ、ということで病院に行く。家族が車などで連れてゆくか、あるいは119番を呼びFASTの確認結果がどのようであったか伝え、救急車に来てもらう。病院で検査を行う。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状