Create issue ticket

考えれる23県の原因 ets2

結果を表示する: English

  • 口唇ヘルペス

    主なウィルスの種類 主な病気 単純ヘルペスウイルス1型 口内ヘルペス ets 単純ヘルペスウイルス2型 性器ヘルペス ets 水泡・帯状庖疹ウイルス 水ぼうそう・帯状庖疹 口唇ヘルペス 唇や口のまわりが赤くなり、数日後に小さな水泡(水ぶくれ)ができるのが特徴です。[nshc.com]

  • 腱滑膜炎

    ICD10コード: M65 滑膜炎及び腱鞘炎 検索数: 55 件 病名 ICD10コード 病名交換用コード 1 アキレス周囲膿瘍 M6506 ETS8 2 化膿性腱鞘炎 M6509 HA1B 3 環指化膿性腱鞘炎 M6504 V6UP 4 示指化膿性腱鞘炎 M6504 MV69 5 手化膿性腱鞘炎 M6504 UHV8 6 小指化膿性腱鞘炎[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • ヘロイン依存症

    ets-like gene-1 signaling pathway via the activation of dopamine receptors.[bsd.neuroinf.jp] Kiyofumi Yamada, Makoto Mizuno, Tomoko Mizuno, Atsumi Nitta, Yukihiro Noda, Toshitaka Nabeshima Regulations of methamphetamine reward by extracellular signal-regulated kinase 1/2[bsd.neuroinf.jp]

  • B細胞慢性リンパ性白血病

    , SPI1 遺伝子は前胸腺前駆細胞や初期前駆T細胞において発現しており,DN2細胞からDN3細胞へ分化が進むと発現は低下し,フェーズ2遺伝子とよばれる TCF7 遺伝子, NOTCH1 遺伝子, RUNX1 遺伝子, GATA3 遺伝子, TCF3 遺伝子, BCL11B 遺伝子などの発現に置き換わり,そののち,フェーズ3遺伝子である ETS2[first.lifesciencedb.jp] SPI1 遺伝子の位置する領域における染色体の異常としては, STMN1 -SPI1 融合遺伝子をもつ1例にのみ染色体の転座が検出された. 2[first.lifesciencedb.jp] SPI1 融合タンパク質は野生型と同等の転写活性をもつ SPI1 遺伝子のコードするPU.1は ETS ファミリーに属する血球の分化にかかわる重要な転写因子であり,造血細胞の分化においてその発現は厳格に制御される.T細胞の分化において,コミットメントの前段階にかかわるフェーズ1遺伝子とよばれる LYL1 遺伝子, LMO2 遺伝子, GATA2[first.lifesciencedb.jp]

  • 腫瘍随伴症候群

    [ 7 ] 染色体16(カドヘリンコード化遺伝子)および染色体18(bcl-2)の領域の増幅もみられている。 [ 8 ] 遺伝子発現プロファイリングの研究は、接着分子cten、ets-1がん遺伝子およびグリコシルホスファチジルイノシトールアンカー蛋白を含む多数の遺伝子の発現と胸腺腫の病期との相関を示している。[cancerinfo.tri-kobe.org] [PUBMED Abstract] Sasaki H, Kobayashi Y, Tanahashi M, et al.: Ets-1 gene expression in patients with thymoma. Jpn J Thorac Cardiovasc Surg 50 (12): 503-7, 2002.[cancerinfo.tri-kobe.org] [PUBMED Abstract] Hirabayashi H, Fujii Y, Sakaguchi M, et al.: p16INK4, pRB, p53 and cyclin D1 expression and hypermethylation of CDKN2 gene in thymoma and thymic carcinoma[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • プラスミノーゲン欠乏

    学会報告 海外発表 Matsui K, Tsukada K, Sugimori K, Tokoro T, Higa S, Motomura H, Kitajima I: Ets gene PEA3 cooperates with c-Jun in regulation of HER2/neu transcription in breast[med.u-toyama.ac.jp]

  • 非定型奇形腫様横紋筋肉腫様腫瘍

    ) 腫瘍内科 1609057 RAS野生型切除不能進行・再発大腸がんに対するearly tumor shrinkage(ETS)評価に基づくFOLFIRI cetuximab(Cmab)導入化学療法 FOLFIRI bevacizumab(BV)維持療法の第Ⅱ相試験 Ver1.3 腫瘍内科 1611078 WJOG8715L:EGFR-TKI[osakacity-hp.or.jp] EGFRチロシンキナーゼ阻害剤への耐性獲得機構の解析とLiquid biopsyの有用性を検討するバイオマーカー研究(JCOG1404A1)(Ver1.0)) 腫瘍内科 1608041 EGFR遺伝子変異を有する非小細胞肺癌に対する血漿中cell free DNAを用いたEGFR T790M変異検出における複数の検出法を用いた観察研究(Ver 2.3[osakacity-hp.or.jp]

  • ユーイング肉腫

    研究の内容 1)ユーイング肉腫モデルマウスの作製 これまでの研究により、ユーイング肉腫ではEWS-FLI1やEWS-ERGといったETS転写因子*2)を構成成分とする融合遺伝子の形成が特徴的であり、肉腫の発生と深く結びついていることが明らかにされています。 [jfcr.or.jp] 2) EWS-FLI1 融合遺伝子 EWS遺伝子のN末端トランスアクチベータードメインとFLI1遺伝子のC末端ETS DNA結合領域からなる。この融合遺伝子からできる EWS-FLI1 融合タンパク質は、転写因子として働き、翻訳の活性/抑制、クロマチン調節、スプライシング調節など、様々な機能をもつ。[amed.go.jp]

  • ダウン症候群

    またこの4Mb領域に位置している遺伝子群のうちRUNX1 ※7 とETS2 ※7 がとくに重要な役割を担っていることも分かりました。[resou.osaka-u.ac.jp] ※7 RUNX1、ETS2 いずれも21番染色体上にコードされる遺伝子で、造血系の分化に重要な働きをしていると考えられています。 参考URL 大阪大学大学院医学系研究科情報統合医学講座(小児科学)HP[resou.osaka-u.ac.jp] このRUNX1とETS2に挟まれた4Mb領域を、1染色体分だけ欠失させた部分トリソミーiPS細胞を作成することができ(右上)、そしてそれらが(造血異常という)病態を失っていたのならば、この領域がダウン症における造血異常の病態責任領域といえます。[resou.osaka-u.ac.jp]

  • T細胞性急性リンパ性白血病

    , SPI1 遺伝子は前胸腺前駆細胞や初期前駆T細胞において発現しており,DN2細胞からDN3細胞へ分化が進むと発現は低下し,フェーズ2遺伝子とよばれる TCF7 遺伝子, NOTCH1 遺伝子, RUNX1 遺伝子, GATA3 遺伝子, TCF3 遺伝子, BCL11B 遺伝子などの発現に置き換わり,そののち,フェーズ3遺伝子である ETS2[first.lifesciencedb.jp] SPI1 遺伝子の位置する領域における染色体の異常としては, STMN1 -SPI1 融合遺伝子をもつ1例にのみ染色体の転座が検出された. 2[first.lifesciencedb.jp] SPI1 融合タンパク質は野生型と同等の転写活性をもつ SPI1 遺伝子のコードするPU.1は ETS ファミリーに属する血球の分化にかかわる重要な転写因子であり,造血細胞の分化においてその発現は厳格に制御される.T細胞の分化において,コミットメントの前段階にかかわるフェーズ1遺伝子とよばれる LYL1 遺伝子, LMO2 遺伝子, GATA2[first.lifesciencedb.jp]

さらなる症状