Create issue ticket

考えれる41県の原因 ercc5

結果を表示する: English

  • 尋常性魚鱗癬

    ( CGI-58 )、 SUMF1 、 SPINK5ERCC2 、 ERCC3 、 GJB2 、 STS 、 MBTPS2 、 EBP 、 NSDHL のいずれかの遺伝子の変異を有する。[nanbyou.or.jp] 新生児期に症状を認めない遺伝性魚鱗癬、魚鱗癬以外の疾患に続発する紅皮症 D.遺伝学的検査所見 病因として、 ABCA12 、 TGM1 、 ALOX12B 、 ALOXE3 、 CYP4F22 、 NIPAL4 、 PNPLA1 、 CERS3 、 KRT1 、 KRT10 、 KRT2 、 ALDH3A2 ( FALDH )、 ABHD5[nanbyou.or.jp]

  • 乳房ページェット病

    BRAF遺伝子変異やERCC5が発症に関連しています。 ロ)表在拡大型 20歳 高齢者の体幹・下腿に好発し、水平方向の増殖は数年でおきます。バカンスやレジャーで受ける強烈な紫外線照射との関連が指摘されています。黒色調だけでなく、赤色調が混在したり、腫瘤全体が赤色調を呈したりすることがあるため、注意が必要です。[pref.aichi.jp]

  • 基底細胞癌

    BRAF遺伝子変異やERCC5が発症に関連しています。 ロ)表在拡大型 20歳 高齢者の体幹・下腿に好発し、水平方向の増殖は数年でおきます。バカンスやレジャーで受ける強烈な紫外線照射との関連が指摘されています。黒色調だけでなく、赤色調が混在したり、腫瘤全体が赤色調を呈したりすることがあるため、注意が必要です。[pref.aichi.jp]

  • 悪性黒子型黒色腫

    BRAF遺伝子変異やERCC5が発症に関連しています。 ロ)表在拡大型 20歳 高齢者の体幹・下腿に好発し、水平方向の増殖は数年でおきます。バカンスやレジャーで受ける強烈な紫外線照射との関連が指摘されています。黒色調だけでなく、赤色調が混在したり、腫瘤全体が赤色調を呈したりすることがあるため、注意が必要です。[pref.aichi.jp]

  • 皮膚表在拡大型悪性黒色腫

    BRAF遺伝子変異やERCC5が発症に関連しています。 ロ)表在拡大型 20歳 高齢者の体幹・下腿に好発し、水平方向の増殖は数年でおきます。バカンスやレジャーで受ける強烈な紫外線照射との関連が指摘されています。黒色調だけでなく、赤色調が混在したり、腫瘤全体が赤色調を呈したりすることがあるため、注意が必要です。[pref.aichi.jp]

  • ボーエン病

    BRAF遺伝子変異やERCC5が発症に関連しています。 ロ)表在拡大型 20歳 高齢者の体幹・下腿に好発し、水平方向の増殖は数年でおきます。バカンスやレジャーで受ける強烈な紫外線照射との関連が指摘されています。黒色調だけでなく、赤色調が混在したり、腫瘤全体が赤色調を呈したりすることがあるため、注意が必要です。[pref.aichi.jp]

  • 原発性子宮頸部悪性黒色腫

    BRAF遺伝子変異やERCC5が発症に関連しています。 ロ)表在拡大型 20歳 高齢者の体幹・下腿に好発し、水平方向の増殖は数年でおきます。バカンスやレジャーで受ける強烈な紫外線照射との関連が指摘されています。黒色調だけでなく、赤色調が混在したり、腫瘤全体が赤色調を呈したりすることがあるため、注意が必要です。[pref.aichi.jp]

  • 歯肉線維腫症-進行性難聴症候群

    [HSA: 2072 ] [KO: K10848 ] (XPG) ERCC5 [HSA: 2073 ] [KO: K10846 ] (XPV) POLH [HSA: 5429 ] [KO: K03509 ] H01429 無菌性髄膜炎 無菌性髄膜炎は細菌培養で脳脊髄液から細菌を検出しない髄膜炎を広く含む症候群である。[kegg.jp] KO: K10843 ] (XPC) XPC [HSA: 7508 ] [KO: K10838 ] (XPD) ERCC2 [HSA: 2068 ] [KO: K10844 ] (XPE) DDB2 [HSA: 1643 ] [KO: K10140 ] (XPE) DDB1 [HSA: 1642 ] [KO: K10610 ] (XPF) ERCC4[kegg.jp]

  • 運動失調症 - 性腺機能低下症 - 脈絡膜ジストロフィー症候群

    神経系疾患 (ARMD1) HMCN1 [HSA: 83872 ] [KO: K17341 ] (ARMD2) ABCA4 [HSA: 24 ] [KO: K05644 ] (ARMD3) FBLN5 [HSA: 10516 ] [KO: K17340 ] (ARMD4) HF1 [HSA: 3075 ] [KO: K04004 ] (ARMD5[kegg.jp] ) ERCC6 [HSA: 2074 ] [KO: K10841 ] (ARMD6) RAX2 [HSA: 84839 ] [KO: K09333 ] (ARMD7) HTRA1 [HSA: 5654 ] [KO: K08784 ] (ARMD8) ARMS2 [HSA: 387715 ] (ARMD9) C3 [HSA: 718 ] [KO[kegg.jp]

  • ウォルコット・ラリソン症候群

    ERCC3、ERCC4、ERCCERCC6、ERVR、ESR1、ETFA、ETFB、ETFDH、ETM1、ETV6 AML1、ETV1、EVC、EVR2、EVR1、EWSR1、EXT2、EXT3、EXT1、EYA1、EYCL2、EYCL3、EYCL1、EZH2、F10、F11、F12、F13A1、F13B、F2、F5、F5F8D、F7[biosciencedbc.jp] ELONG、EMD、EML1、EMMPRIN、EMX2、ENA 78、ENAM、END3、ENG、ENO1、ENPP1、ENUR2、ENUR1、EOS、EP300、EPB41、EPB42、EPCAM、EPD、EphA1、EphA2、EphA3、EphrinA2、EphrinA3、EPHX1、EPM2A、EPO、EPOR、EPX、ERBB2、ERCC[biosciencedbc.jp]

さらなる症状