Create issue ticket

考えれる3県の原因 eif2b2

結果を表示する: English

  • ウォルコット・ラリソン症候群

    2種のeIF2αホスファターゼPPP1R15A-PP1及びPPP1R15B-PP1の非選択的阻害剤は、 持続 的翻訳阻害が有害であるので、望ましくない効果を有し得る。[astamuse.com] 実際に、PPP1R15A及びPPP1R15Bの両方の 遺伝子破壊 は、 マウス における早期 胚性 致死 をもたらし、2種のeIF2αホスファターゼPPP1R15A-PP1及びPPP1R15B-PP1の阻害が 生命体 の 文脈 において有害であることを示す。[astamuse.com] ストレス誘発eIF2αホスファターゼPPP1R15A-PP1の 選択的阻害剤 は、eIF2α脱リン酸化を 遅延 させ、その結果として、eIF2αホスファターゼPPP1R15B-PP1を構成的に発現する非ストレス細胞におけるタンパク質合成に影響することなく、選択的にストレス細胞におけるタンパク質合成を遅延させる。[astamuse.com]

  • バルデ・ビードル症候群 2

    タンパク質レベルでは、VPA処置は、eIFαリン酸化及びCHOP10タンパク質含量を減少させ、BiPを増加させた(図4cならびに図11a及び11)。[biosciencedbc.jp] )示したshRNA処置された外植片におけるpeIFα、eIF2αtot、CHOP10、及びBiPの免疫検出。(c e)示したshRNA処置された外植片におけるpeIF2α/tot、CHOP10、及びBiPレベルの定量化。**,p 0.05。[biosciencedbc.jp] の処置における同時、別々、又は連続使用のための組み合わせた製剤として、(a)eIFαの阻害剤、好ましくはグアナベンズ、ならびに()タンパク質BiPの発現及び/又は活性を増加させる化合物、好ましくはバルプロ酸、ならびに、場合により、(c)カスパーゼ12の阻害剤、好ましくはペプチドAla Thr Ala Asp(OMe)フルオロメチルケトン[biosciencedbc.jp]

  • 移行性ペリツェウス・メルツバッハー病

    この相互作用は、4E結合タンパク質(4E BP)によって、内因的に減弱され、したがって、4E BPへのeIF4Eの結合を増大させる化合物は、阻害剤としても作用する(Jacobson, . et al., Cancer Res., 66:456 4262, 2006)。[ipforce.jp] 【0023】 eIF4Eを阻害する分子、例えば、4EGI 1は、いくらかの抗増殖特性を有している(Moerke, N. et al., Cell, 128:257 67, 2007; Chen, L. et al., Oncotarget, 3:869 81, 2012)。[ipforce.jp]

さらなる症状