Create issue ticket

考えれる163県の原因 ebv

結果を表示する: English

  • 伝染性単核球症

    「抗EBV EA-IgG抗体」または、「抗EBV VCA-IgM」「抗EBV VCA-IgG抗体」「抗EBNA-IgG抗体」の抗体価を測定する。抗EBNA抗体が初感染後数ヶ月を経ないと出現しないのに対し、抗EA、VCA抗体は急性期にも出現していることを利用する。[ja.wikipedia.org] EBVに感染している健康な人の唾液中にもしばしばEBVが認められるからです。このような、EBVに感染している健康な人の唾液中のEBVが、新たなEBV感染の主役になっていると考えられます。伝染性単核症の患者の約5パーセントでしか、他の伝染性単核症の患者との接触を確認できません。[city.yokohama.lg.jp] このような場合、症状の原因としてEBV感染は考えにくい。[ja.wikipedia.org]

  • C型肝炎

    エルバスビル Elbasvir(EBV):EBV(エレルサ Erelsa メルク)ないしEBV GZR の2剤配合剤(ゼパティア Zepatier メルク)があり、1型ウイルスに対してのSVR効果は非常に高いとされているが非常に高額。[ja.wikipedia.org] グラゾプレビル Grazoprevir (GZR):GZR(グラジナ Grazyna メルク)ないしEBV GZR の2剤配合剤(ゼパティア ZEPATIER メルク)があり、1型ウイルスに対してのSVR効果は非常に高いとされているが非常に高額。[ja.wikipedia.org]

  • 種痘様水疱症様リンパ腫

    さらに蚊刺局所においてEBVの再活性化関連遺伝子(BZLF1)の発現をみとめ、また蚊刺に伴う全身症状の発現に一致して患者血漿中のEBV-DNAレベルが上昇することが判明した。[kaken.nii.ac.jp] 概要 遷延あるいは再発する伝染性単核症様症状を示し、末梢血および病変組織に高レベルのEBV DNAが検出される疾患である。EBV感染TあるいはNK細胞がモノクローナルあるいはオリゴクローナルに増殖し高サイトカイン血症を呈する。 2. 疫学 日本、韓国、台湾など東アジアに好発する。また、中南米にも患者が存在する。[nanbyou.or.jp] ( 日本小児感染症学会 監修) の 同、公開PDFファイル - Minds (※ 本書はCAEBVのほかに、以下の関連疾患の情報も包括している: EBウイルス関連血球貪食性リンパ組織球症 ( EBV-HLH )、 種痘様水泡症 、 蚊刺過敏症 ) 外部リンク [ 編集 ] 大阪府立母子保健総合医療センター 慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV[ja.wikipedia.org]

  • 皮膚感染症

    コラム6・EBV関連リンパ腫とは? コラム7・EBVの抗体検査はどれをすればいいの? 7.伝染性紅斑の的確な診断法 コラム8・急性発疹症と登校停止 2.ウイルス性疣贅 1.足底疣贅と鶏眼の鑑別法は? コラム9・ミルメシアとは? 2.てこずる疣贅のベスト治療は? 3.扁平疣贅と尋常性疣贅の違い コラム10・疣贅状表皮発育異常症は?[m-review.co.jp]

  • びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫

    陽性DLBCL (EBV positive DLBCL of the elderly) これらはWHO分類第4版では独立した疾患分類となっている。[ja.wikipedia.org] 5 2 10)NK/T細胞性リンパ腫 extranodal NK/T cell lymphoma, nasal or nasal-type 主に鼻から発生し、NK/Tリンパ腫は細胞傷害性分子(perforin, granzymeB, TIA-1など)を発現し、EBV感染が高率に認められ、更に腫瘍壊死に陥り易く診断も治療も困難な病型である。[web.archive.org] 一部のDLBCL(高齢者EBV陽性DLBCL, 慢性炎症関連DLBCLなど)はEBウイルスによるB細胞の腫瘍化が病因とされるが、それ以外のほとんどのDLBCLの病因は不明である。 WHO分類第4版での分類を示す。[ja.wikipedia.org]

  • 口腔カンジダ症

    EBV関連疾患であり、細胞性免疫不全に関連して発症する。FLCZ耐性が疑われる場合には、白苔の培養を実施する。 写真4 食道カンジダ症 口腔食道カンジダ症を発症している患者が、嚥下時違和感を自覚している場合には、本症と臨床診断し、FLCZによる治療反応性をもって治療的診断を行う。[hb.acc-info.jp]

  • 非ホジキンリンパ腫

    急性感染症に伴うリンパ節腫脹 固形癌 EBV初感染による伝染性単核球症であることがある。 サイトメガロウイルス 膠原病 結核など 病変部位はCTによる評価を原則とし、リンパ節病変を「節性」、リンパ節外病変を「節外性」病変※に分けて考え、節性病変の広がりと節外… 評価・治療の進め方 ※選定されている評価・治療は一例です。[clinicalsup.jp] ホジキンリンパ腫 ホジキンリンパ腫の原因には 家族内の遺伝的な要因とEBV(Epstein-Barr Virus)の感染 が考えられています。EBV感染者がホジキンリンパ腫にかかるリスクは、非感染者の4倍以上高いとされており、日本の患者の約50%がEBVの感染者であるとみられています。[ganchiryo.com] 血液検査 末梢血(白血球、赤血球、血小板)、腎機能、血糖 ウイルス関連検査:B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス ヒトTリンパ球向性ウイルスⅠ型(HTLV-Ⅰ) ヒト免疫不全症ウイルス(HIV) Epstein-Barrウイルス(EBV)など 4.病気の勢いや治療効果を予測する検査 血液検査を行い、血清LDH(乳酸脱水素酵素)、CRP(C反応性蛋白[ganchiryo.com]

  • 松果体嚢胞

    エプスタインバーウイルス(EBV)感染症、AIDS(後天性免疫不全症候群)を有する、または臓器移植を受けた場合には原発性CNSリンパ腫のリスクが高いことがあります(さらに詳しい情報については原発性CNSリンパ腫*のPDQ要約を参照してください)。[imic.or.jp]

  • バセドウ病

    同年のまた別の研究では、EBVの再活性化がEBVに感染したB細胞を抗体産生細胞(形質細胞)に分化させ抗体の産生を行わせることができることから、EBVが潜伏感染したTRAb( )なB細胞が実際にEBVが再活性化した時にTRAbを産生するか否かを調べている。[ja.wikipedia.org] 同研究グループは2018年、11例のリンパ球・形質細胞の浸潤を認めるバセドウ病患者の、7例の甲状腺摘出検体においてEBV( )B細胞・IgG4( )形質細胞の存在をそれぞれ EBV-encoded small RNA 1(EBER-1)の in situ ハイブリダイゼーション・免疫組織科学により調べ、実際にEBV( )細胞とIgG4( )[ja.wikipedia.org] IgG4へのクラススイッチ遺伝子再編成にはTh2細胞性サイトカインとIL-10という免疫抑制系のサイトカインが必要であるが、EBVのBCRF-1遺伝子の転写産物はIL-10のホモログであり、さらに EBV-encoded small RNAs (EBERs) は宿主のB細胞にIL-10の産生を促すので、EBVのIL-10のホモログとEBERs[ja.wikipedia.org]

  • 多発性関節炎

    上記以外にも膠原病と鑑別となることがあるCastleman病(POEMS症候群との鑑別を含む)、感染性心内膜炎、ダニ媒介リケッチア感染症、ウイルス関連疾患(パルボB19、HTLV-1、HIV、EBVなど)、またリウマチ性疾患として患者数の少ない内分泌・代謝疾患による関節症、肥大性骨関節症、傍腫瘍症候群、手掌腱膜炎、CRPS、アミロイド関節症[bokutoh-hp.metro.tokyo.jp]

さらなる症状