Create issue ticket

考えれる320県の原因 ebv

結果を表示する: English

  • 伝染性単核球症

    研究班 「慢性活動性EBウイルス感染症と類縁疾患の疾患レジストリとバイオバンクの構築」 研究代表者: 名古屋大学 木村 宏 EBV関連血球貪食リンパ組織球症とは? EBV 感染を契機として、高サイトカイン血症が生じ、マクロファージの異常な活性化から血球貪食による汎血球減少や多臓器不全に至ります。通常はEBV初感染に引き続いて起こります。[med.nagoya-u.ac.jp] 「抗EBV EA-IgG抗体」または、「抗EBV VCA-IgM」「抗EBV VCA-IgG抗体」「抗EBNA-IgG抗体」の抗体価を測定する。抗EBNA抗体が初感染後数ヶ月を経ないと出現しないのに対し、抗EA、VCA抗体は急性期にも出現していることを利用する。[ja.wikipedia.org] 概要 遷延あるいは再発する伝染性単核症様症状を示し、末梢血および病変組織に高レベルのEpstein-Barr virus (EBV) が検出される疾患である。EBV感染T細胞あるいはNK細胞がクローナリティを持って増殖、臓器に浸潤し、多彩な症状を呈する。 疫学 報告は約25人/年、推定100人/年発症。[med.nagoya-u.ac.jp]

  • 種痘様水疱症様リンパ腫

    研究班 「慢性活動性EBウイルス感染症と類縁疾患の疾患レジストリとバイオバンクの構築」 研究代表者: 名古屋大学 木村 宏 EBV関連血球貪食リンパ組織球症とは? EBV 感染を契機として、高サイトカイン血症が生じ、マクロファージの異常な活性化から血球貪食による汎血球減少や多臓器不全に至ります。通常はEBV初感染に引き続いて起こります。[med.nagoya-u.ac.jp] さらに蚊刺局所においてEBVの再活性化関連遺伝子(BZLF1)の発現をみとめ、また蚊刺に伴う全身症状の発現に一致して患者血漿中のEBV-DNAレベルが上昇することが判明した。[kaken.nii.ac.jp] は細胞傷害性T細胞(CTL)やナチュラルキラー(NK)細胞により駆逐されるが,一部のB細胞にEBVは潜伏し終生宿主と共存することになる.しかし,EBVの感染病理は当初考えられていたほど単純ではない.呼称や診断基準などに不統一性がみられるが,EBVの急性,慢性感染症をリンパ球増殖症の観点から整理すると理解しやすい.[saishin-igaku.co.jp]

  • C型肝炎

    エルバスビル Elbasvir(EBV):EBV(エレルサ Erelsa メルク)ないしEBV GZR の2剤配合剤(ゼパティア Zepatier メルク)があり、1型ウイルスに対してのSVR効果は非常に高いとされているが非常に高額。[ja.wikipedia.org] グラゾプレビル Grazoprevir (GZR):GZR(グラジナ Grazyna メルク)ないしEBV GZR の2剤配合剤(ゼパティア ZEPATIER メルク)があり、1型ウイルスに対してのSVR効果は非常に高いとされているが非常に高額。[ja.wikipedia.org]

  • 皮膚感染症

    コラム6・EBV関連リンパ腫とは? コラム7・EBVの抗体検査はどれをすればいいの? 7.伝染性紅斑の的確な診断法 コラム8・急性発疹症と登校停止 2.ウイルス性疣贅 1.足底疣贅と鶏眼の鑑別法は? コラム9・ミルメシアとは? 2.てこずる疣贅のベスト治療は? 3.扁平疣贅と尋常性疣贅の違い コラム10・疣贅状表皮発育異常症は?[m-review.co.jp]

  • 家族性血球貪食性リンパ組織球症

    EBVの関連疾患と感染様式 EBVはB細胞を主要な標的とし,正常の免疫能をもつ感染宿主には通常伝染性単核症以外の疾患を起こさない。しかし一部の宿主においては,TあるいはNK細胞に感染し増殖を誘発することにより,CAEBVやEBV-HLHを代表とするEBV-T/NK-LPDを引き起こす。EBVは多くの疾患との関連が報告されている。[myschedule.jp] の診断には血中EBV-DNA 定量によるEBV コピー数の増加が必要である.EBV-DNA定量モニタリングは治療効果判定にも有用である.EBV 抗体価(VCA-IgM,VCA-IgG,EADR-IgG,EBNA)の上昇も認める.[primary-care.sysmex.co.jp] また、難治性ウイルス感染症の一つであるEBウイルス(EBV)が原因で起こる慢性活動性EBV感染症(CAEBV)やEBV関連血球貪食性リンパ組織球症(EBV-HLH)に対する様々な検査・解析を行っています。 主な検査と業務 小児ウイルス感染症の診断支援 一部の感染症の診断には専門的な技術と経験が必要とされます。[ncchd.go.jp]

  • 肝不全

    EBVウイルスが溶解感染を起こした時にVCAとEA-DRが発現することが知られており,一方,EBNAは潜伏感染において発現するようです。EBVは伝染性単核症の原因ウイルスとして特に有名ですが,この急性期などのように,IgM-VCA抗体が出現する場合,EBV感染の確定診断となります。[blog.goo.ne.jp] 以上より,急性肝不全におけるEBVの評価 4) としては,IgM-VCA抗体とEBNA抗体または,IgG-VCA抗体のペア血清とEBNA抗体を検査します。再活性化したEBVに対してはIgG-VCA抗体や IgG-EADR抗体を評価します。保険未収載ですが,血液中のEBV量を定量できます。[blog.goo.ne.jp] EBVに対する抗体は,外殻抗原(viral capsid antigen:VCA),核内抗原(EBV- associated nuclear antigen:EBNA),早期抗原(Early Antigen:EA-DR)の3種の抗原をターゲットとする抗体を評価します。[blog.goo.ne.jp]

  • びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫

    陽性DLBCL (EBV positive DLBCL of the elderly) これらはWHO分類第4版では独立した疾患分類となっている。[ja.wikipedia.org] C83.3 びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 検索数: 8 件 病名 ICD10コード 病名交換用コード 1 ALK陽性大細胞型B細胞性リンパ腫 C833 DJ5K 2 T細胞組織球豊富型大細胞型B細胞性リンパ腫 C833 MVEQ 3 びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 C833 R6BD 4 形質芽球性リンパ腫 C833 H5EP 5 高齢者EBV[dis.h.u-tokyo.ac.jp] にある.アジア系人種では発生頻度は低い.本邦では,欧米と比較して,ホジキンリンパ腫,濾胞性リンパ腫(FL),慢性リンパ性白血病(CLL)の頻度は低いが,FL は増加傾向にある.九州地区を中心に,成人T細胞白血病/リンパ腫(ATL)の頻度が高い.T/NK細胞リンパ腫はアジアに多く発生している.発生要因として,Epstein-Barr ウイルス(EBV[saishin-igaku.co.jp]

  • ALK 陽性 組織球症

    EBVは検出されない。 IX-2.[cir.ncc.go.jp] -知っておきたい病理の知識- 1.Hodgkinリンパ腫(HL) 2.濾胞性リンパ腫(FL) 3.マントル細胞リンパ腫(MCL) 4.びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL) 5.びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の特殊病型 A.CD5陽性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(CD5-positive DLBCL) B.EBV陽性びまん性大細胞型[medbooks.or.jp] 性非ホジキン non-Hodgkin リンパ腫 小細胞および大細胞混合型(びまん性) びまん性非ホジキン non-Hodgkin リンパ腫 大細胞型(びまん性) 細網肉腫 ALK陽性大細胞型B細胞性リンパ腫 HHV8多中心性キャッスルマン病随伴大細胞型B細胞性リンパ腫 T細胞組織球豊富型大細胞型B細胞性リンパ腫 形質芽球性リンパ腫 高齢者EBV[scuel.me]

  • 咽頭炎

    以上からEBV感染に合併した急性HIV感染症の診断となりました.B型肝炎の既往や男性の同性間性交渉などHIV感染症を疑う病歴がありました.EBV感染症では白血球増多の場合が多い,発疹もアミノペニシリン投与の場合以外ではあまり多くない,といったEBV感染よりもHIV感染が疑われるヒントがありました.しかしそういった知識以前の問題として,このケース[yodosha.co.jp] また、EBVやCMVによる伝染性単核球症も考える必要があります。 リンパ節腫大を確認したら、研修医のトレーニングも兼ねて、 腋窩や鼡径リンパ節の腫大が無いかも確認しましょう。 肝脾腫の存在確認も検討しましょう。 肝腫大より脾腫の方が目立つのが個人的な経験上の見解です。[katsura.com] 咽頭炎において怖いのは前述のkiller sore throatだけではないという例を紹介します.症例2は一見すると発熱,咽頭痛を主訴に来院された伝染性単核球症の一例であると予想されます.実際この後,EBVの抗体検査を提出され,EBV VCA IgM ,IgG-,EBNA-でした.しかし,EBV感染に伴う伝染性単核球症というだけでは終わりませんでした[yodosha.co.jp]

  • 非ホジキンリンパ腫

    性非ホジキン non-Hodgkin リンパ腫 小細胞および大細胞混合型(びまん性) びまん性非ホジキン non-Hodgkin リンパ腫 大細胞型(びまん性) 細網肉腫 ALK陽性大細胞型B細胞性リンパ腫 HHV8多中心性キャッスルマン病随伴大細胞型B細胞性リンパ腫 T細胞組織球豊富型大細胞型B細胞性リンパ腫 形質芽球性リンパ腫 高齢者EBV[scuel.me] 急性感染症に伴うリンパ節腫脹 固形癌 EBV初感染による伝染性単核球症であることがある。 サイトメガロウイルス 膠原病 結核など 病変部位はCTによる評価を原則とし、リンパ節病変を「節性」、リンパ節外病変を「節外性」病変※に分けて考え、節性病変の広がりと節外… 評価・治療の進め方 ※選定されている評価・治療は一例です。[clinicalsup.jp] ホジキンリンパ腫 ホジキンリンパ腫の原因には 家族内の遺伝的な要因とEBV(Epstein-Barr Virus)の感染 が考えられています。EBV感染者がホジキンリンパ腫にかかるリスクは、非感染者の4倍以上高いとされており、日本の患者の約50%がEBVの感染者であるとみられています。[ganchiryo.com]

さらなる症状