Create issue ticket

考えれる472県の原因 eb

結果を表示する: Deutsch

  • 扁桃炎

    ウイルス性が多く、ライノウイルス、コロナウイルスやアデノウイルスなどが原因となり、ときにEBウイルスや単純ヘルペスウイルスなども起こしうる。常在菌には溶連菌やブドウ球菌、肺炎球菌などがあり、溶連菌感染の場合は合併症を起こしやすい。[ja.wikipedia.org] 扁桃炎を起こすおもなウイルス、細菌(カッコ内は扁桃炎以外になるおもな病気) ・アデノウイルス(アデノウイルス感染症、いわゆるプール熱) ・溶連菌(溶連菌感染症) ・EBウイルス(EBウイルス感染症、伝染性単核球症) ・肺炎球菌(肺炎) ・インフルエンザ菌(敗血症、髄膜炎など)※インフルエンザウイルスとは異なります 病院では、医師が診察して必要[headlines.yahoo.co.jp] しかし、抗体がない人が成人してからEBウイルスに感染すると、急性肝炎や急性扁桃炎の症状がでます。[nhk.or.jp]

  • 伝染性単核球症

    ・伝染性単核球症(EBウイルス)で子供が入院 スタッフのつぶやき 2016/11/11 伝染性単核球症(EBウイルス)という病気をご存知でしょうか? 先日、娘が2週間程、38 以上の高熱が出たかと思うと、37 台の微熱が続くという症状が見られました。[iida-support.jp] 回答 EBウイルスは口腔内に存在し、主な感染源は唾液といわれています。乳幼児期に初感染し、通常、無症状か上気道炎症状を呈しますが、年長児 思春期以降に感染した場合に伝染性単核症や急性肝炎として発症します。EBウイルスは一度感染すると、体内のリンパ球に潜んでしまいます。[crc-group.co.jp] EBウイルスによる伝染性単核球症は通常、約4 - 6週間で症状は自然になくなるが、まれに数ヶ月以上症状が持続し、全身状態が極めて重篤となる極めて予後不良の例があることが知られるようになった。このような例ではEBウイルスが持続的に活動していることが証明され、慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV)という病態として区別される。[ja.wikipedia.org]

  • 多発性硬化症

    多発性硬化症との関連が最もよく報告されているウイルスは、人間の9割が感染しているヘルペスウイルスの一種 エプスタイン・バール・ウイルス(EBウイルス)である。血清中のEBウイルス抗体価と多発性硬化症の発生リスクが強い相関を持つとする報告が多くある。[ja.wikipedia.org] 本研究成果では、これまでEBウイルス感染との関連を指摘されていた自己免疫疾患が、EBウイルス由来膜タンパク質であるLMP2A ※4 の発現によって発症することが初めて示され、ヒトにおけるEBウイルス関連自己免疫疾患の発症をLMP2Aが促進していることが示唆されました。[resou.osaka-u.ac.jp] このペンダーの仮説は、遺伝等の原因によってEBウイルスに対するCD8 T細胞応答に何らかの不全が起き、EBウイルスに感染した自己反応性の記憶B細胞が抗原提示細胞として働き、通常は禁止された自己抗原のT細胞認識が可能となり、自己免疫応答が生ずるというものである。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性扁桃炎

    ウイルス性が多く、ライノウイルス、コロナウイルスやアデノウイルスなどが原因となり、ときにEBウイルスや単純ヘルペスウイルスなども起こしうる。常在菌には溶連菌やブドウ球菌、肺炎球菌などがあり、溶連菌感染の場合は合併症を起こしやすい。[ja.wikipedia.org] 原因 扁桃腺炎はウイルスが原因で起こることが多く、アデノウイルやEBウイルス、ライノウイルスなどが挙げられます。また、溶連菌やブドウ球菌、肺炎球菌などの細菌感染が原因となることもあります。 口蓋扁桃は3歳から8歳ころにもっとも大きくなり、成長するにつれて小さくなる器官です。[medicalnote.jp] 扁桃炎を起こすウイルス アデノウイルス( 咽頭結膜熱(プール熱)の原因・症状・治療 ) 単純ヘルペスウイルス EBウイルス エンテロウイルス 扁桃炎を起こす細菌 溶連菌 肺炎球菌 インフルエンザ菌 これらの病原体がノドや扁桃で炎症を起こすために、扁桃炎を起こします。 次のページでは、扁桃炎の治療法について説明します。[allabout.co.jp]

  • 種痘様水疱症様リンパ腫

    体内に侵入したEBウイルスは、主にリンパ球のひとつであるB細胞に潜伏します。一度感染すると生涯EBウイルスは体内に潜み続けますが、普段はEBウイルスが活性化することはなく、何の症状も現れません。[medicalnote.jp] 検査 [ 編集 ] 検査としては血液中の EBウイルス の DNA定量 ( リアルタイムPCR 法)が行われ、EBウイルスの増加がチェックされる [8] 。[ja.wikipedia.org] 助教授 (00032897) 戸倉 新樹 産業医科大学, 医学部, 教授 (00172156) 研究期間 (年度) 2001 – 2002 研究課題ステータス 完了(2002年度) 配分額 *注記 1,200千円 (直接経費 : 1,200千円) 2002年度 : 1,200千円 (直接経費 : 1,200千円) キーワード蚊刺過敏症 / EB[kaken.nii.ac.jp]

  • コクサッキー ウイルス感染症

    慢性活動性EBウイルス感染症とは 極めてまれなことですが,EBウイルスがT細胞やNK細胞に感染することもあります。その結果として伝染性単核球症に類似の症状を起こしてくるのが、慢性活動性EBウイルス感染症です。両者は症状が似ていても全く異なる病気です。なお慢性活動性EBウイルス感染症は欧米よりも東アジアに多くみられます。[wch.opho.jp] ところが、調べていくうちに、EBウイルスが、一般の人々には、通常、不顕性感染していることや、初感染の一部で、発熱、リンパ節のはれへ肝臓や牌臓の腫大をみる伝染性単核症となることが分かりました。[iph.pref.hokkaido.jp] )、鼻咽頭炎(2) 肺炎・血球貪食症候群疑い(1)※ アデノ 1 1 肺炎・血球貪食症候群疑い(1)※ インフルエンザ AH1pdm 2 6 インフルエンザ(7)、上気道炎(1) インフルエンザ AH3 7 7 インフルエンザ(13)、インフルエンザA(1) ※重複感染 平成31年1月分 検出病原体 北部 中部 南部 その他 臨床診断名 EB[pref.nara.jp]

  • 虫刺症

    これらの重症な蚊アレルギーを持った子どもたちの一部に慢性活動性EBウイルス感染症という病気が潜んでいることが判っています。 さて、次は「慢性活動性EBウイルス感染症」の説明です。 EBウイルスはヘルペス属のウイルスのひとつで、日本人の90%以上が抗体を持っている、ごくありふれたウイルスです。[mcfh.or.jp] 参考資料: 馬場直子 小児科診療 75;2105-2107 (2012) 河敬世 ウイルス 52;257-260 (2002) 厚生労働科学研究 難治性疾患克服研究事業「慢性活動性EBウイルス感染症の実態解明と診断法確立に関する研究」平成21年度総括・分担研究報告書[alle-net.com] 「蚊刺過敏症」と言って、EBウイルスというものに感染した人のごく一部に起こる疾患です。「蚊刺過敏症」のことを、別名「蚊アレルギー」と言うこともあります。非常に稀な疾患ですが、刺された箇所がひどく腫れ、発熱やリンパ節が腫れるなどの全身症状が現れます。刺された部位は血ぶくれからかさぶた、瘢痕(はんこん、刺されたあと)になります。[sawai.co.jp]

  • 扁桃膿瘍

    原因: EBウイルスが口蓋扁桃、咽頭扁桃などに感染し、頸部リンパ節腫脹や肝脾腫を引き起こします(写真4)。 診断: 急性扁桃炎に比べ発熱が軽度で、発症からの経過が長い場合は、伝染性単核症が疑われます。EBウイルス抗体価の上昇などで診断します。 治療: 安静、対症療法でほとんど治りますが、鎮痛解熱剤やステロイド剤を投与することもあります。[mogami-ent.jp] (\1,900) EBウイルス・肝機能検査(採血):肝臓にも感染するウイルスによる扁桃炎では ないか調べます。(\1,120)[kaga.min.gr.jp] 同様の症状が出る例としては、伝染性単核球症(EBウイルス感染症)があります。EBウイルスは、 麻疹 などと同様に幼少期に一度感染し、重症化しないまま回復する人が大半です。しかし、大人になってから初めて感染した場合、扁桃炎に似た症状を起こすことがあります。[saiseikai.or.jp]

  • ウイルス性上気道感染症

    ウイルス性肝炎 ウイルス感染による肝炎をいうが、肝炎ウイルスにはA、B、C、D、Eの5型が判明しており、EBウイルスなどその他のウイルス感染によっても肝障害を起こすこともある。学校で配慮すべきなのはA型肝炎である。[nagaoka-med.or.jp] 病原体 …肝炎はA、B、C、D、Eの肝炎ウイルスのほか、EBウイルス、サイトメガロウイルス、ヘルペスウイルス、などによっても起こりうるが、学校で問題になるのは経口感染をする肝炎ウイルスのうち我が国に常在するウイルスのA型肝炎ウイルスである。 潜伏期間 …A型肝炎では4 7週間とされる。[nagaoka-med.or.jp]

  • 過敏症

    しかも6型ヘルペスだけでなく、サイトメガロウイルスやEBウイルスなど様々なヘルペス科のウイルスが、次々と再活性化し、いろいろな臓器に炎症を起こしてくるのです。そのため本症は原因薬を止めた後も、極めて多彩な症状、経過をとるのです。[dermatol.or.jp] レジデントのためのアレルギー疾患診療マニュアル ISBN 4-260-00145-0 免疫学 - 分子生物学 - 生化学 慢性活動性EBウイルス感染症 医療識別票 - 意識が無いときにアレルギーや薬の情報を伝えるタグ アレルギー情報センター 厚生労働科学研究補助金により制作 社団法人日本アレルギー学会認定「アレルギー専門医」名簿 公益財団法人日本[ja.wikipedia.org]

さらなる症状