Create issue ticket

考えれる1,420県の原因 e3a

結果を表示する: English

  • ガラクトシアリドーシス

    本症の病因遺伝子変異として、Q49R, S51Y, W65R, G85S, S90L, V132M, L236P, Y249N, Y395C, M406T, G439S, F440V, K453E, IVS7-3(a g) などが同定されている(アミノ酸番号に関しては、報告により異なる場合があるため、ここでは翻訳開始コドンとなるメチオニンを[japan-lsd-mhlw.jp]

  • 急性胃腸炎

    近年わが国で流行しているロタウイルス株のVP7遺伝子型はG1, G2, G3, G9が主で、Wa-like 遺伝子構成 (P[8]-I1-R1-C1-M1-A1-N1-T1-E1-H1)を有していました。[kobe-u.ac.jp] しかし、DS-1-like遺伝子構成のEquine-like G3ロタウイルス株はVP7がウマロタウイルスに類似し、VP4がP[8]またはP[6]で、DS-1-like遺伝子型構成 (I2-R2-C2-M2-A2-N2-T2-E2-H2)を有しており、従来のヒト型ロタウイルスと遺伝学的に大きく異なっていました。[kobe-u.ac.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    The burden and etiology of community-onset pneumonia in the aging Japanese population: a multicenter prospective study. PLoS ONE. 2015;10(3):e0122247.[tm.nagasaki-u.ac.jp]

  • ビタミンD欠乏症

    Ultraviolet radiation: a hazard to children and adolescents. Pediatrics. 2011;127(3):e791-817. (PubMed) 30. Dawodu A, Tsang RC.[lpi.oregonstate.edu] J Natl Cancer Inst 2007;99:1563-5. [ PubMed abstract(英語サイト) ] Hyppönen E, Läärä E, Reunanen A, Järvelin MR, Virtanen SM.[ejim.ncgg.go.jp] PLoS One. 2014;9(3):e91363. (PubMed) 152. Messa P, Curreri M, Regalia A, Alfieri CM. Vitamin D and the cardiovascular system: an overview of the recent literature.[lpi.oregonstate.edu]

  • 筋骨格腰痛

    National Institute of Neurological Disorders and Stroke (2015年11月3日). 2016年3月5日 閲覧。 a b c d e f g Casazza, BA (2012-02-15).[ja.wikipedia.org] A 異常なし B 経過観察 C 要指導 D 要精密 E 要医療 機関f A 異常なし B1 注意を要する B2 観察を要する B3 観察を要する C1 治療を要する C2 治療を要する D その他 機関毎にその判定基準を診断医に周知徹底する必要がある。[ohtc.med.uoeh-u.ac.jp] Care 39 (3): 463–70. doi : 10.1016/j.pop.2012.06.002. PMID 22958555. a b c d e Lutz GK, Butzlaff M, Schultz-Venrath U (August 2003).[ja.wikipedia.org]

  • 本態性高血圧症

    【解答群】 (1) 失神発作 (2) 気管支喘息 (3) 回盲部潰瘍 (4) 腎性高血圧 (5) 腹部大動脈瘤 【解答選択】 a (1)、(2)、(3) b (1)、(2)、(5) c (1)、(4)、(5) d (2)、(3)、(4) e (3)、(4)、(5) 目次 Q&A1 Q&A2 眼科問題 血液疾患 vW病 消化器関連の問題 血液疾患[e-resident.jp] 効果発現時間1.5 3時間。 作用持続時間6 24時間。傾眠傾向があるので、神経症状の修飾に注意 する。 e. ヘルベッサー(1A 10mg、50mg):1回10mgを緩徐に静注する(約1分) か5 15μg/kg/分で点滴静注。 f.[ibaraisikai.or.jp] 【解答群】 (1) 速 脈 (2) 奇 脈 (3) Ⅱ音分裂 (4) 僧帽弁開放音 (5) Austin Flint雑音 【解答選択】 a (1)、(2) b (1)、(5) c (2)、(3) d (3)、(4) e (4)、(5) 参照問題 B 56歳の男性。[e-resident.jp]

  • 卵巣嚢胞

    悪性 a)腺癌 Adenocarcinoma b)腺癌線維腫 Adenocarcinofibroma 嚢胞腺癌線維腫 Cystadenocarcinofibroma E.ブレンナー腫瘍 Brenner tumors 1.良性 benign 2.境界悪性 of borderline malignancy 3.悪性 Malignant F.移行上皮癌[medical-e.net] 悪性 a)腺癌 Adenocarcinoma b)腺癌線維腫 Adenocarcinofibroma 嚢胞腺癌線維腫 Cystadenocarcinofibroma c)腺肉腫 Adenosarcoma 1)同所性 homologous 2)異所性 heterologous e)間質肉腫 Stromal sarcoma D.明細胞腫瘍 Clear[medical-e.net] 分類不能型 Unclassified type D.輪状細管を伴う性索腫瘍 Sex cord tumor with annular tubules E.ギナンドロブラストーマ Gynandroblastoma III.胚細胞性腫瘍 Germ cell tumors A.未分化胚細胞腫 Dysgerminoma B.卵黄嚢腫瘍 York sac[medical-e.net]

  • うつ病

    PLoS Medicine 3 (7): e321. doi : 10.1371/journal.pmed.0030321. PMC : 1518694. PMID 16848626. a b 山脇成人 (2005-06-16). “うつ病の脳科学的研究:最近の話題”.[ja.wikipedia.org] A review of current practices in a general psychiatric inpatient and outpatient setting”. Journal of Mental Health 17 (3): 293–98. doi : 10.1080/09638230701498325.[ja.wikipedia.org] A review of current practices in a general psychiatric inpatient and outpatient setting”. Journal of Mental Health 17 (3): 293–98. doi : 10.1080/09638230701498325.[ja.wikipedia.org]

  • インスリン抵抗性

    J Am Heart Assoc. 2017;6(3):e004488. doi: 10.1161/JAHA.116.004488.[yokohama-cu.ac.jp] 図1に示すとおり、、C、、及びF群のマウスにおいては、G群(対照2)のマウスと比べ、有意(p 0.05)に高いMCP 1遺伝子のmRNA発現量を示した。[patents.google.com] Int J Mol Sci. 2017;18(3): E676. doi: 10.3390/ijms18030676. (文献4) Angiotensin receptor-binding protein ATRAP/Agtrap inhibits metabolic dysfunction with visceral obesity.[yokohama-cu.ac.jp]

  • 不十分な食事療法

    BMJ Open Diabetes Res Care 3 (1): e000079. doi : 10.1136/bmjdrc-2014-000079 . PMC : 4379741 . PMID 25852946 . Lerman RH (2010).[ja.wikipedia.org] メチルヒスチジン排泄量 [5] 総コレステロール Fischer比(BCAA/AAA) [6] ビタミンA 、 ビタミンB群 、 ビタミンC 、 ビタミンD 、 ビタミンE 微量元素(Zn, Cu, Cr, Se, Co, I, Mn, Mo) 項目 アルブミン トランスサイレチン (プレアルブミン) トランスフェリン レチノール結合蛋白[ja.wikipedia.org] “The effect of macrobiotic Ma-Pi 2 diet on systemic inflammation in patients with type 2 diabetes: a post hoc analysis of the MADIAB trial” .[ja.wikipedia.org]

さらなる症状