Create issue ticket

考えれる1,465県の原因 e3a

結果を表示する: Deutsch

  • 急性胃腸炎

    近年わが国で流行しているロタウイルス株のVP7遺伝子型はG1, G2, G3, G9が主で、Wa-like 遺伝子構成 (P[8]-I1-R1-C1-M1-A1-N1-T1-E1-H1)を有していました。[kobe-u.ac.jp] しかし、DS-1-like遺伝子構成のEquine-like G3ロタウイルス株はVP7がウマロタウイルスに類似し、VP4がP[8]またはP[6]で、DS-1-like遺伝子型構成 (I2-R2-C2-M2-A2-N2-T2-E2-H2)を有しており、従来のヒト型ロタウイルスと遺伝学的に大きく異なっていました。[kobe-u.ac.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    The burden and etiology of community-onset pneumonia in the aging Japanese population: a multicenter prospective study. PLoS ONE. 2015;10(3):e0122247.[tm.nagasaki-u.ac.jp]

  • ビタミンD欠乏症

    Ultraviolet radiation: a hazard to children and adolescents. Pediatrics. 2011;127(3):e791-817. (PubMed) 30. Dawodu A, Tsang RC.[lpi.oregonstate.edu] J Natl Cancer Inst 2007;99:1563-5. [ PubMed abstract(英語サイト) ] Hyppönen E, Läärä E, Reunanen A, Järvelin MR, Virtanen SM.[ejim.ncgg.go.jp] PLoS One. 2014;9(3):e91363. (PubMed) 152. Messa P, Curreri M, Regalia A, Alfieri CM. Vitamin D and the cardiovascular system: an overview of the recent literature.[lpi.oregonstate.edu]

  • 虫刺症

    ICD10コード: T63 有毒動物との接触による毒作用 検索数: 26 件 病名 ICD10コード 病名交換用コード 1 ハブ咬傷 T630 HR0D 2 ヘビ毒 T630 E6HE 3 ヘビ咬傷 T630 F8SR 4 マムシ咬傷 T630 RC2A 5 海ヘビ毒 T630 UNRD 6 トカゲ毒 T631 SME8 7 サソリ毒 T632[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • 筋骨格腰痛

    National Institute of Neurological Disorders and Stroke (2015年11月3日). 2016年3月5日 閲覧。 a b c d e f g Casazza, BA (2012-02-15).[ja.wikipedia.org] A 異常なし B 経過観察 C 要指導 D 要精密 E 要医療 機関f A 異常なし B1 注意を要する B2 観察を要する B3 観察を要する C1 治療を要する C2 治療を要する D その他 機関毎にその判定基準を診断医に周知徹底する必要がある。[ohtc.med.uoeh-u.ac.jp] Care 39 (3): 463–70. doi : 10.1016/j.pop.2012.06.002. PMID 22958555. a b c d e Lutz GK, Butzlaff M, Schultz-Venrath U (August 2003).[ja.wikipedia.org]

  • 卵巣嚢胞

    悪性 a)腺癌 Adenocarcinoma b)腺癌線維腫 Adenocarcinofibroma 嚢胞腺癌線維腫 Cystadenocarcinofibroma E.ブレンナー腫瘍 Brenner tumors 1.良性 benign 2.境界悪性 of borderline malignancy 3.悪性 Malignant F.移行上皮癌[medical-e.net] 悪性 a)腺癌 Adenocarcinoma b)腺癌線維腫 Adenocarcinofibroma 嚢胞腺癌線維腫 Cystadenocarcinofibroma c)腺肉腫 Adenosarcoma 1)同所性 homologous 2)異所性 heterologous e)間質肉腫 Stromal sarcoma D.明細胞腫瘍 Clear[medical-e.net] 分類不能型 Unclassified type D.輪状細管を伴う性索腫瘍 Sex cord tumor with annular tubules E.ギナンドロブラストーマ Gynandroblastoma III.胚細胞性腫瘍 Germ cell tumors A.未分化胚細胞腫 Dysgerminoma B.卵黄嚢腫瘍 York sac[medical-e.net]

  • 本態性高血圧症

    【解答群】 (1) 失神発作 (2) 気管支喘息 (3) 回盲部潰瘍 (4) 腎性高血圧 (5) 腹部大動脈瘤 【解答選択】 a (1)、(2)、(3) b (1)、(2)、(5) c (1)、(4)、(5) d (2)、(3)、(4) e (3)、(4)、(5) 目次 Q&A1 Q&A2 眼科問題 血液疾患 vW病 消化器関連の問題 血液疾患[e-resident.jp] 効果発現時間1.5 3時間。 作用持続時間6 24時間。傾眠傾向があるので、神経症状の修飾に注意 する。 e. ヘルベッサー(1A 10mg、50mg):1回10mgを緩徐に静注する(約1分) か5 15μg/kg/分で点滴静注。 f.[ibaraisikai.or.jp] 【解答群】 (1) 速 脈 (2) 奇 脈 (3) Ⅱ音分裂 (4) 僧帽弁開放音 (5) Austin Flint雑音 【解答選択】 a (1)、(2) b (1)、(5) c (2)、(3) d (3)、(4) e (4)、(5) 参照問題 B 56歳の男性。[e-resident.jp]

  • うつ病

    PLoS Medicine 3 (7): e321. doi : 10.1371/journal.pmed.0030321. PMC : 1518694. PMID 16848626. a b 山脇成人 (2005-06-16). “うつ病の脳科学的研究:最近の話題”.[ja.wikipedia.org] A review of current practices in a general psychiatric inpatient and outpatient setting”. Journal of Mental Health 17 (3): 293–98. doi : 10.1080/09638230701498325.[ja.wikipedia.org] A review of current practices in a general psychiatric inpatient and outpatient setting”. Journal of Mental Health 17 (3): 293–98. doi : 10.1080/09638230701498325.[ja.wikipedia.org]

  • ガングリオン

    29 滑膜ひだ障害 M678 A31K 30 環指屈筋腱癒着 M678 E184 31 環指伸筋腱癒着 M678 M8BT 32 示指屈筋腱癒着 M678 FVLD 33 示指伸筋腱癒着 M678 J66U 34 小指屈筋腱癒着 M678 BPTE 35 小指伸筋腱癒着 M678 D87R 36 総指伸筋腱脱臼 M678 F7SM 37[dis.h.u-tokyo.ac.jp] ガングリオン M674 EDLB 22 足背部ガングリオン M674 C2HV 23 膝関節部ガングリオン M674 UTVG 24 膝半月板ガングリオン M674 RKMJ 25 膝窩部ガングリオン M674 M3C0 26 肘部ガングリオン M674 Q56N 27 母指ガングリオン M674 T1K1 28 母趾ガングリオン M674 K3EM[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • 不十分な食事療法

    BMJ Open Diabetes Res Care 3 (1): e000079. doi : 10.1136/bmjdrc-2014-000079 . PMC : 4379741 . PMID 25852946 . Lerman RH (2010).[ja.wikipedia.org] メチルヒスチジン排泄量 [5] 総コレステロール Fischer比(BCAA/AAA) [6] ビタミンA 、 ビタミンB群 、 ビタミンC 、 ビタミンD 、 ビタミンE 微量元素(Zn, Cu, Cr, Se, Co, I, Mn, Mo) 項目 アルブミン トランスサイレチン (プレアルブミン) トランスフェリン レチノール結合蛋白[ja.wikipedia.org] “The effect of macrobiotic Ma-Pi 2 diet on systemic inflammation in patients with type 2 diabetes: a post hoc analysis of the MADIAB trial” .[ja.wikipedia.org]

さらなる症状