Create issue ticket

考えれる1,370県の原因 e2

結果を表示する: English

  • 胸部大動脈瘤

    ここでは,拘束条件番号kについてのループ処理1103の中で,さらに辺lについてのループ処理110を実行する。 図1の100は各要素における要素剛性行列K 10は血圧による要素等価節点力P の計算法を示したものである。[google.com] 疑似変位ベクトル場dの計算部0105において作成された疑似変位ベクトルに対して003に基づいて1501に示すように各要素における膜応力テンソルσ を作成する。ただし,前記1501の計算においては曲面形状と変位場に対して105で示したものと同じ補間関数を適用する。[google.com] ここで150に示すように要素についてのループ処理を実行し,すべての要素上の膜応力テンソルを得る。 図16は,表示応力成分の計算部0107における処理の流れを示したものである。[google.com]

  • 急性胃腸炎

    […] b)細菌性食中毒:各論参照 c)赤痢、アメーバ赤痢:粘血便が特徴的 2.発熱を伴わない場合 a)機能性下痢、アレルギー性腸炎:水様便 b)コレラ:米のとぎ汁様の下痢便が特徴的で、下痢の頻度が段違い )慢性下痢 慢性胃腸炎、過敏大腸症候群、慢性膵炎、膵癌、消化不良症候群など )一般的処置 1)脱水が認められる場合は脱水を改善するために輸液[nms.co.jp] 本菌は種類の内毒素を産生するので、潜伏期が 1 6時間の嘔吐型と8 16時間の下痢型の2つの型が知られている。本菌はβラクタ マーゼを産生するのでβラクタム剤による治療中に菌交代現象で日和見感染を起こすこと もある。[nms.co.jp] 潜伏期は2時間 3日で、頭痛・眼瞼下垂・散瞳・複視を 初発症状とし、まもなく嚥下障害・発語障害・呼吸筋麻痺へと進み、3 7日目に死亡す る(日本に多い型による死亡率は35%)。早期に抗毒素血清を使用することが大切。 3.セレウス菌:Bacillus cereus による。[nms.co.jp]

  • 気管支炎

    カップ1杯にホアハウンドティースプーン杯を入れ沸騰湯で浸します。 アイビー(Ivy/ Hedera helix セイヨウキヅタ) コミッションの情報によるとアイビーは気管支炎やほかの気管支系の問題の治療に大変有用です。[ecoshop-tibijin.co.jp]

  • 更年期障害

    血液検査で女性ホルモンであるエストラジオール(E2)や卵胞刺激ホルモン(FSH)を調べ、診断の補助に用いることもあります。 治療 血管運動性症状はホルモン補充療法により改善が見込まれますが、子宮がんや心血管系の疾患のリスクが上がることもあり婦人科専門医の指導を要します。[osaka-shinryounaika.com] 閉経の判断は無月経12か月をもってなされるが、12か月未満であったも血中FSH濃度40mlU以上、血中エストラジオール濃度(E2)20pg/ml以下で閉経状態と判断できる。エストラジオール濃度が十分保たれており、月経が順調である場合は、更年期障害と類似した症状であっても除外すべきだとされる [3] 。[ja.wikipedia.org]

  • ビタミンB12欠乏

    現在までに13種類のビタミンが知られていて、水溶性のものにはビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、ビタミンCの9種類が、脂溶性のものにはビタミンA、D、E、Kの4種類があります。[itsuki-hp.jp]

  • 急性膀胱炎

    なお、各特性の結果は、SASプログラム(Ver.8.、SAS Institute社)を用いて、統計的に分析し、平均 S..Mとして示した。[patents.google.com] (a)15分あたり、少なくとも回の排尿 (b)膀胱の線維化 (c)膀胱壁の肥大 (d)膀胱の炎症 ()前記モデル非ヒト動物に対する正常非ヒト動物と比較して、膀胱重量の増加 (f)前記モデル非ヒト動物に対する正常非ヒト動物と比較して、血管透過性の増加 (g)前記モデル非ヒト動物に対する正常非ヒト動物と比較して、膀胱における白血球数の増加[patents.google.com]

  • 脂質異常症

    III型家族性脂質異常症 末梢細胞によるリポ蛋白認識の際にマーカーとなるアポ蛋白Eの3種の分子種(apo E2E3およびE4)のうち、正常型のE3に対して受容体への結合力の弱いE2を発現していると、キロミクロンレムナントや中間比重リポタンパク (IDL) の血中からのクリアランスが低下してこれらが蓄積するために発症する。[ja.wikipedia.org]  たんぱく質 p62 76( PDF :690KB) 3 脂質 p77 108( PDF :446KB) 4 炭水化物 p109 117( PDF :267KB) 5 ビタミン 5.1.脂溶性ビタミン p118 147 ビタミンA:p118 123( PDF :359KB)、ビタミンD:p124 129( PDF :356KB) ビタミンE[mhlw.go.jp] […] p130 132( PDF :340KB)、ビタミンK:p133 136( PDF :353KB) 参考文献:p137 143( PDF :344KB)、表:p144 147( PDF :329KB) 5..水溶性ビタミン p148 188 基本方針:p148 149( PDF :316KB)、ビタミンB 1 :p150 151( PDF[mhlw.go.jp]

  • 過敏症

    2」の「化学物質を排出しやすい体になるための食材を食べること」は、 ビタミン (特にB、C、E)や、 ミネラル (特にマグネシウム、亜鉛、カルシウム)を多く含んだ食材です。特に、 レバー や 貝類 、 野菜 や 果物 (できれば無農薬)などを積極的に食べるように勧められました。[mothers-mutter.com]

  • 筋骨格腰痛

    A 異常なし B 経過観察 C 要指導 D 要精密 E 要医療 機関f A 異常なし B1 注意を要する B2 観察を要する B3 観察を要する C1 治療を要する C2 治療を要する D その他 機関毎にその判定基準を診断医に周知徹底する必要がある。[ohtc.med.uoeh-u.ac.jp] […] a A 異常なし B 業務起因性疑い C 業務起因性あり R 業務による増悪あり T 業務による増悪なし 機関 b A 異常なし B 経過観察 C 使わない R 使わない T 業務に起因しない疾患 機関 c A 異常なし B 経過観察 C 要指導 D 要精密 機関 d A 異常なし B 経過観察 C 再検査 使わない D 要精密 機関 e[ohtc.med.uoeh-u.ac.jp]

  • 顎関節炎

    0世紀の咬合の大家Piter E Dawsonに師事し咬合の基礎であるFunctional Occlusion理論を身に着け、その考えのもと、Functional Occlusionでは補いきれない矛盾点、①Functional Occlusionでは説明できなかった咬合の変化、あるいは②咬合治療の失敗を、顎関節の解剖とMRIにより顎関節疾患[sekihata.com]

さらなる症状