Create issue ticket

考えれる1,330県の原因 dna2

  • アデノウイルス感染症

    病原体 アデノウイルスは正20面体構造をとる2本鎖DNA ウイルスであり、エンベロープを有しない。51種類の血清型が知られていたが、近年に52型以降が全塩基配列の決定による遺伝子型(genotype)として報告されるようになり現在67以上の型が報告されている 2) 。[niid.go.jp]

  • ビタミンB12欠乏

    ビタミンB 12 は、DNA合成などに欠かせないビタミンで、肉・レバー・牛乳・卵・魚などに 含まれています。1日の必要量は約μgで、通常は食事から十分な量が供給されています。 食物中のビタミンB 12 は、胃の壁細胞から分泌される内因子と結合して安定な形になり、回腸で 吸収されます。[miyashita.or.jp]

  • 鉄欠乏症

    3)ビタミンB1欠乏による貧血 ビタミンB1は主に肉類に多く含まれ、葉酸と同様にDNA合成に不可欠の成分です。 ビタミンB1は、胃液中に含まれる内因子と結合し小腸より吸収されます。[myclinic.ne.jp] )葉酸欠乏による貧血 葉酸は主に青野菜に含まれます。 葉酸は体中の細胞のDNA合成に不可欠の成分でこれが欠乏すると高度の貧血のみならず白血球減少や血小板減少も見られます。 通常、人体に約4000マイクログラムの貯蔵があり、一方1日消費量が約100マイクログラムの為、青野菜つまり葉酸を40日以上摂取しないと欠乏に陥ります。[myclinic.ne.jp]

  • 貧血

    ヘモグロビンの合成が出来ないもの 2. 赤血球数の低下 3. 赤血球の産生の低下 4. DNA合成が出来ない状態 5. 赤血球の破壊、出血によるもの 貧血になると?(症状) 1. 赤血球量の減少による症状:顔面蒼白、浮腫、ふらつき 2. 酸素不足による症状:頭痛、めまい、倦怠感、狭心症、筋肉のこわばり 3.[cityhosp-kumamoto.jp]

  • 過敏症

    分 類 (1)外因性光感受性物質によるもの 薬剤性光線過敏症,光接触皮膚炎 (2)内因性光感受性物質,代謝異常 ポルフィリン症,ペラグラ,ハルトナップ病 (3)DNA修復機序の異常 色素性乾皮症,Cockayne症候群 (4)メラニンの低下 フェニルケトン尿症 (5)EBウイルス 種痘様水疱症 (6)その他 日光蕁麻疹,慢性光線性皮膚炎,多形日光疹[tokuyaku.or.jp]

  • 不眠症

    7)HLA(ヒト主要組織適合抗原Human Leukocyte Antigen)との相関 日本人ナルコレプシー患者においては白血球の血清学的型判定でHLA-DR2とDQ1がほぼ全例陽性です。これをDNAレベルで解析すると第6染色体短腕にあるDRB1*1501とDQB1*0602という対立遺伝子がほぼ全症例で陽性であることが分かりました。 [jssr.jp]

  • 尋常性ざ瘡

    ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)が皮膚や粘膜の基底細胞に感染してイボができることを Q2 で説明しましたが、HPVにはウイルスを構成するDNAの違いにより多くの異なる型(遺伝子型と呼ばれます)があることが分かっています。今までに150種類以上もの型が見つかっていますが、ウイルスの検出法が進んで、その数はもっと多くなりそうな勢いです。[dermatol.or.jp]

  • ミトコンドリア DNA欠乏症候群

    リボヌクレオシド二リン酸レダクターゼとは、リボヌクレオシド二リン酸を還元してデオキシリボヌクレオシド二リン酸に変換することでDNA複製に必要な前駆体を生成する酵素である。R2サブユニットのうち RRM2B がコードしているものはp53によって誘導され、非増殖性の細胞において正常なDNA修復とミトコンドリアDNA合成を行うために必要である。[ja.wikipedia.org] […] mtDNA枯渇症候群は共通の病理、すなわちミトコンドリアにおけるDNAの機能欠失を示す遺伝子疾患の集合である。一般的に以下の4つの病型に分類される。 TK2遺伝子の変異が関与する、主に筋肉で発症する病型。 SUCLA2、SUCLG1、RRM2Bのいずれかの遺伝子の変異が関与する、主に脳で発症する病型。[ja.wikipedia.org] R2サブユニットのもう1種類は分裂細胞でしか発現しない。 DGUOK遺伝子はミトコンドリアデオキシグアノシンキナーゼ (mitochondrial deoxyguanosine kinase, dGK)をコードしており、この酵素はデオキシリボヌクレオシドをリン酸化することでヌクレオチドを合成する反応を触媒する。[ja.wikipedia.org]

  • インスリン抵抗性

    また、これをきっかけに変性脂肪細胞(図2)から遊離するDNA断片が、本来は細菌由来のDNA断片を認識するToll様受容体9(TLR9)によって認識され、免疫担当細胞の1つであるマクロファージを活性化することもわかりました。[tokushima-u.ac.jp] 10名と健常者7名に対して超音波ガイドのもとで経皮的な肝生検を行い,DNAチップ解析によって肝臓における遺伝子発現量がインスリン抵抗性と相関する遺伝子を同定した.その結果,SAGE法による解析ではselenoprotein Pの肝臓における遺伝子発現量が2型糖尿病状態では約8倍に上昇していること,DNAチップ解析ではselenoprotein[first.lifesciencedb.jp] 実際に、肥満マウスの脂肪組織内では、DNA断片を貪食しているマクロファージを電子顕微鏡で捉えることができました(図2)。そして、TLR9を欠損したマウスでは、野生型マウスと同様の肥満を誘導しても、脂肪組織における炎症が軽度であり、インスリン感受性が保たれていることが分かりました(図3、4)。[tokushima-u.ac.jp]

  • 高尿酸血症

    生体内にはプリン体が多く、核酸のDNA(4つの塩基が並んで重らせんに並んでいます)の中の2つの塩基であるアデニン、グアニンはプリン骨格を持つプリン体です。アデニンにリボースが結合してアデノシンになりこの誘導体がATP(アデノシン3リン酸)です。 参考文献 日本痛風・核酸代謝学会監修. 腎性低尿酸血症診療ガイドライン. 2017.[do-yukai.com]

さらなる症状