Create issue ticket

考えれる1,412県の原因 dna1

  • 風邪

    また細胞内だけの増殖が可能で、DNAかRNAのどちらかをもっている微生物です。大きさは、20 400ナノメートル(ナノは10億分の1)。肉眼ではもちろん、ふつうの顕微鏡ではとうてい見ることは出来ません。 細菌とは、原核細胞である単細胞の微生物群。もちろんウイルスより大きい微生物です。[nagasaki.med.or.jp]

  • ビタミンD欠乏症

    1,25ジヒドロキシビタミンDがあると、VDR/RXR複合体はビタミンD応答配列(VDRE)というDNAの小配列と結合し、特定の遺伝子の転写を調整する一連の分子相互作用を開始する。[lpi.oregonstate.edu]

  • ビタミンB12欠乏

    ビタミンB 12 は、DNA合成などに欠かせないビタミンで、肉・レバー・牛乳・卵・魚などに 含まれています。日の必要量は約2μgで、通常は食事から十分な量が供給されています。 食物中のビタミンB 12 は、胃の壁細胞から分泌される内因子と結合して安定な形になり、回腸で 吸収されます。[miyashita.or.jp]

  • 便秘

    それを繰り返すとDNAが損傷を受け、大腸がんが生じやすくなってしまいます。ちなみに女性の死因の第1位が大腸がん。大腸がんのうち、直腸とS字結腸に発生するがんが約70%を占めていますが、この2カ所は便秘が起こる場所です。もちろんがんだけでなく、大腸炎やポリープといった心配もあるので注意が必要です。[healthcare.omron.co.jp]

  • 鉄欠乏症

    Bach1は、鉄欠乏のときだけその機能を発揮していたのだ。 また、Bach1を持たないマウスに、より広範囲のDNAがメチル化する変化が起こっていた。Bach1が直接的に、あるいはグロビンの増加による酸化ストレス等の影響で間接的に、DNAメチル化に影響している可能性も考えられるという。[scienceportal.jst.go.jp] 3)ビタミンB2欠乏による貧血 ビタミンB2は主に肉類に多く含まれ、葉酸と同様にDNA合成に不可欠の成分です。 ビタミンB2は、胃液中に含まれる内因子と結合し小腸より吸収されます。[myclinic.ne.jp] ヘモグロビンではなく、DNAの合成障害が起きれば、巨赤芽球性貧血といって、赤血球個の大きさが大きくなる貧血が起こります。赤血球の数の不足を補おうとしているのでしょう。平均赤血球容積が大きい貧血を診たときは、DNA合成に必要な栄養素であるビタミンB12や葉酸が欠乏していないかを調べます。[asahi.com]

  • 貧血

    DNA合成が出来ない状態 5. 赤血球の破壊、出血によるもの 貧血になると?(症状) 1. 赤血球量の減少による症状:顔面蒼白、浮腫、ふらつき 2. 酸素不足による症状:頭痛、めまい、倦怠感、狭心症、筋肉のこわばり 3. 代償機序による症状:動悸、息切れ 貧血らしくない症状で受診されることもあります。[cityhosp-kumamoto.jp] ヘモグロビンではなく、DNAの合成障害が起きれば、巨赤芽球性貧血といって、赤血球個の大きさが大きくなる貧血が起こります。赤血球の数の不足を補おうとしているのでしょう。平均赤血球容積が大きい貧血を診たときは、DNA合成に必要な栄養素であるビタミンB12や葉酸が欠乏していないかを調べます。[asahi.com] 合成障害がある場合で(核成熟障害),ヘモグロビン合成の方がより進む結果,赤血球1個あたりのサイズが大きくなる.代表的な疾患が巨赤芽球性貧血(悪性貧血や胃切除後のビタミンB 12 欠乏症など;葉酸欠乏はまれ)で,その他,再生不良性貧血や骨髄異形成症候群,肝疾患や甲状腺機能低下症に伴う貧血などがある.また,抗癌薬の投与を受けている場合も,大球性貧血[kotobank.jp]

  • 日焼け

    これは、地球環境問題でオゾンホールやオゾン層の破壊が懸念される理由の1つである。 DNA分子の損傷は11細胞あたり最大50万回程度発生することが知られており、その原因は、正常な代謝活動に伴うもの(DNAポリメラーゼによるDNA複製ミス)と環境要因によるもの(紫外線など)がある。[ja.wikipedia.org] この種のDNA損傷は、日光を浴びることの多い皮膚の細胞で特に起こりやすい。 DNA修復の基本的機構としては、主に3段階に分かれ、除去(段階)、再合成(2段階)、結合(3段階)である。第段階では、DNA損傷の種類に応じた特定のヌクレア-ゼが、損傷部分を切り取る。[web.archive.org] これは、地球環境問題で オゾンホール や オゾン層 の破壊が懸念される理由の1つである。 DNA 分子の損傷は11細胞あたり最大50万回程度発生することが知られており、その原因は、正常な代謝活動に伴うもの( DNAポリメラーゼ によるDNA複製ミス)と環境要因によるもの( 紫外線 など)がある。[ja.wikipedia.org]

  • 不眠症

    7)HLA(ヒト主要組織適合抗原Human Leukocyte Antigen)との相関 日本人ナルコレプシー患者においては白血球の血清学的型判定でHLA-DR2とDQ1がほぼ全例陽性です。これをDNAレベルで解析すると第6染色体短腕にあるDRB1*1501とDQB1*0602という対立遺伝子がほぼ全症例で陽性であることが分かりました。 [jssr.jp]

  • インスリン抵抗性

    また、これをきっかけに変性脂肪細胞(図2)から遊離するDNA断片が、本来は細菌由来のDNA断片を認識するToll様受容体9(TLR9)によって認識され、免疫担当細胞の1つであるマクロファージを活性化することもわかりました。[tokushima-u.ac.jp] 添加し、50 で30分間、55 で30分間、70 で5分間順次保ってcDNAを合成した。[patents.google.com] MODY1では肝細胞核転写因子 (HNF) 4αを、MODY2ではグルコキナーゼを、MODY3ではHNF1αを、MODY4ではインスリンプロモーター因子 (IPF) 1を、MODY5ではHNF1βを、MODY6ではneuroD1をコードする遺伝子にそれぞれ変異が認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 耳垢栓塞

    2006年 1月29日 、長崎大学の研究グループの論文発表で、耳垢が湿性か乾性かを決定するのは DNA の 塩基配列 の一か所の違いであることが判明 [6] 。また同論文では、「乾性耳垢」というものは本来存在せず、この場合は先天的に耳垢が生成されない体質であり、耳垢だと思われる物は耳壁の表皮や外部の埃などであることが述べられている。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状