Create issue ticket

考えれる2,348県の原因 dna

結果を表示する: English

  • アデノウイルス感染症

    アデノウイルスは3つの主要なカプシド抗原(ヘキソン,ペントン,およびファイバー)によって分類されるDNAウイルスである。アデノウイルスの感染は,一般的に感染者の分泌物(感染者の指についた分泌物など)または汚染物(例,タオル,器具)への接触により起こる。空気または水(例,水泳中の感染)を介して感染する場合もある。[msdmanuals.com] 病原体 アデノウイルスは正20面体構造をとる2本鎖DNA ウイルスであり、エンベロープを有しない。51種類の血清型が知られていたが、近年に52型以降が全塩基配列の決定による遺伝子型(genotype)として報告されるようになり現在67以上の型が報告されている 2) 。[niid.go.jp]

  • ビタミンB12欠乏

    ビタミンB 12 は、DNA合成などに欠かせないビタミンで、肉・レバー・牛乳・卵・魚などに 含まれています。1日の必要量は約2μgで、通常は食事から十分な量が供給されています。 食物中のビタミンB 12 は、胃の壁細胞から分泌される内因子と結合して安定な形になり、回腸で 吸収されます。[miyashita.or.jp] DNA合成、細胞分裂や悪性貧血に関連するビタミンB12の最もよく知られている機能は、効率的なDNA生成に必要な活性型の葉酸のビタミンB12による維持機能である。その他のコバラミンを必要とするメチル基転移酵素は、バクテリア中のMメチル転移酵素(Me-H4-MPT)が知られている。[ja.wikipedia.org] 回答 葉酸、ビタミンB12はともにビタミンB複合体の一つであり、DNA合成に関与する物質の補酵素として生命維持に重要なビタミンです。[crc-group.co.jp]

  • リンチ症候群(遺伝性非ポリポーシス大腸癌)

    生命の遺伝情報であるDNAの損傷は、がん、老化、細胞死の原因になります。DNAは、紫外線や放射線などの外的要因によって絶えず損傷していますが、細胞分裂する際にDNAが複製エラーを起こすといった内的要因によっても損傷しています。さまざまな種類のDNA損傷に対応するため、生物は DNA修復機構 ※1 を備えています。[riken.jp] DNAの中で1 数塩基の塩基配列が繰り返すマイクロサテライトは、DNA複製時に繰り返し回数(反復回数)のエラーが生じやすい部分です。ミスマッチ修復機構の機能低下によって腫瘍組織と正常組織でマイクロサテライトの反復回数に違い(ばらつき)が生じます。[promega.co.jp] 2,3) ※1:マイクロサテライト:ゲノムDNAの中で、1-数塩基程度の短い塩基配列が繰り返す場所を示します。[jsft.umin.jp]

  • 全身性エリテマトーデス

    抄録 全身性エリテマトーデス(SLE)は,自己抗原に対して過剰反応する樹状細胞やリンパ球が活性化し,抗二本鎖DNA抗体をはじめとする自己抗体の産生,補体及びサイトカインを介して,皮膚炎,関節炎,血球減少,腎炎,神経障害など全身の諸臓器に障害をきたす自己免疫疾患である.一卵性双生児におけるSLEの発症一致率は25%であり,その病因に遺伝的要因[doi.org] […] peripheral (shaggy) typeのパターンは抗DNA抗体を反映している。 自己抗体 抗2本鎖DNA抗体(抗ds-DNA抗体)は比較的疾患特異度が高いとされるが、抗1本鎖DNA抗体の場合は薬剤性ループスの可能性がある。[med.osaka-u.ac.jp] 免疫異常 Immunologic disorder 次のいずれか:抗DNA抗体、抗Sm抗体、抗リン脂質抗体 Anti-DNA, Anti-Sm, antiphospholipid antibodies (IgG or IgM anticardiolipin antibodies, lupus anticoagulant, false-positive[med.osaka-u.ac.jp]

  • MERRF症候群

    したがって、患者で変異DNAが証明されれば、その母にも変異DNAが検出できることがほとんどである。しかし、MERRF患者の母は、変異mtDNAをもっていても、臨床症状はないかあっても軽いことが多い。患者本人の診断で、mtDNAの点変異の存在が判明した場合、母や母方親族の負担にならないよう、配慮することが必要である。[ncnp.go.jp] MERRF患者の骨格筋にも、MELASと同様にragged-red fiber(RRF)とstrongly SDH-reactive blood vessel(SSV)が存在するが、MELASと異なり、それらのRRFやSSVのCOX 活性が低下しているのが特徴である ・発症機序 分子遺伝学的な研究で、ミトコンドリアDNAのリジン転移RNA内[ncnp.go.jp]

  • ミトコンドリア DNA欠乏症候群

    ミトコンドリアDNA枯渇症候群(みとこんどりあでぃーえぬえーこかつしょうこうぐん、英:Mitochondrial DNA depletion syndrome、略称:MDSまたはMDDS)は、発症組織でミトコンドリアDNA(以後mtDNAと略記)の大幅な減少を引き起こす、常染色体で劣性遺伝する遺伝子疾患の総称である。[ja.wikipedia.org] リボヌクレオシド二リン酸レダクターゼとは、リボヌクレオシド二リン酸を還元してデオキシリボヌクレオシド二リン酸に変換することでDNA複製に必要な前駆体を生成する酵素である。R2サブユニットのうち RRM2B がコードしているものはp53によって誘導され、非増殖性の細胞において正常なDNA修復とミトコンドリアDNA合成を行うために必要である。[ja.wikipedia.org] […] mtDNA枯渇症候群は共通の病理、すなわちミトコンドリアにおけるDNAの機能欠失を示す遺伝子疾患の集合である。一般的に以下の4つの病型に分類される。 TK2遺伝子の変異が関与する、主に筋肉で発症する病型。 SUCLA2、SUCLG1、RRM2Bのいずれかの遺伝子の変異が関与する、主に脳で発症する病型。[ja.wikipedia.org]

  • 色素性乾皮症

    この遺伝子はヒト9番染色体上に存在し、DNA除去修復機構に関わるタンパク質の遺伝子と考えられている。 色素性乾皮症は常染色体性劣性遺伝性疾患であるので、両親が保因者の場合、その子供に色素性乾皮症患者が生まれる可能性がある。 日本人に多いのはA群と変異体で、欧米ではC群が多い。発病率に男女差は無い。[ja.wikipedia.org] 通常、紫外線の照射により遺伝子が損傷を受けても、すべての細胞が死んだり、がん細胞となったりする訳ではなく、大部分の細胞は遺伝子の損傷部位を修復する機能、すなわち不定期遺伝子合成 (UDS:unscheduled DNA synthesis) 機能を有していて、損傷を受けた遺伝子を正常な状態へと修復することができる。[ja.wikipedia.org]

  • 悪性貧血

    巨赤芽球性貧血は、ビタミンB12の吸収に必要な内因子が低下するために DNA の合成が障害され、正常な 赤芽球 が産生されず異常な 巨赤芽球 が産生されるために起こる悪性貧血である。 [2] 。[ja.wikipedia.org] ビタミンB12 と葉酸は、「DNAの合成」に必要な成分です。DNAがうまく作れないと、赤血球も大型化した異常な形になってきます。ビタミンB12 や葉酸は食べ物から摂りますが、ビタミンB12 を吸収するために、胃粘膜で分泌される「内因子」と結合する必要があります。[osaki-clinic.com] そのため、内因子が欠乏するとビタミンB 12 の吸収が低下し、DNAの合成が障害されて無効造血となる。 無効造血 となるのは赤血球のみならず白血球なども同様であるため、 汎血球減少 をきたすこともある。[ja.wikipedia.org]

  • 日焼け

    生物のDNAは吸収スペクトルが 250 nm 近辺に存在しており、紫外線が照射されると、皮膚等の細胞中のDNAを構成する分子は励起される。このDNA分子の励起は、DNA螺旋を構成する「はしご」を切り離し、隣接する塩基で、チミン-チミン、シトシン-シトシン等の二量体を形成する。[ja.wikipedia.org] DNA損傷について DNA関連の皮膚疾患は2つに分類できる。但し、今回のメインテーマは健常者の日焼けによる影響であるので2つのうち、外部刺激(紫外線)によるDNA損傷による皮膚疾患(皮膚がん)のみについて注目した。ここでいう2つの分類を以下に挙げておく。 【 DNA疾患の分類】 1.[web.archive.org] 生物のDNAは吸収スペクトルが 250 nm 近辺に存在しており、紫外線が照射されると、皮膚等の細胞中のDNAを構成する分子は 励起 される。このDNA分子の励起は、DNA螺旋を構成する「はしご」を切り離し、隣接する塩基で、 チミン -チミン、 シトシン -シトシン等の 二量体 を形成する。[ja.wikipedia.org]

  • MELAS症候群

    容器 ARR 旧容器記号 r A 滅菌ポリスピッツ 貯蔵方法:室温 補足情報 ミトコンドリアDNA Evaluation探査塩基一覧 MELAS ミトコンドリアDNA Evaluation MERRF ミトコンドリアDNA Evaluation NARP ミトコンドリアDNA Evaluation MELAS 3243 tRNA Leu A3243G[test-guide.srl.info] これらの変異に共通 している性質として、他の多くのmtDNA異常と同様に、変異型DNAと野生型DNAとが共存している状態、ヘテロプラスミー(heteroplasmy)が認められる。このヘテロプラスミーは、個体内ばかりか、臓器内、組織内、さらには一細胞内でも証明される。[ncnp.go.jp] MELASの80%はミトコンドリアDNAの点変異(3243A G)であり、母系遺伝する。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状