Create issue ticket

考えれる53県の原因 dhap

結果を表示する: English

  • 2-メチルアシル CoA ラセマーゼ欠損症

    ただし、DHAPアシルトランスフェラーゼはアルキル-DHAPシンターゼとのヘテロトリマーを形成して機能しているため、アルキル-DHAPシンターゼ欠損症のtype3においてもtype2の欠損酵素であるDHAPアシルトランスフェラーゼ活性が15%程度減少することが報告されている。[nanbyou.or.jp] )はペルオキシソームで1-アルキルDHAPに変換された後,小胞体でプラスマローゲンになる. 5) ポリメチレン中断型不飽和脂肪酸 植物にはポリメチレンで中断された二重結合を有する多価不飽和脂肪酸が存在する.ポリメチレン中断型不飽和脂肪酸はペルオキシソームでの鎖長短縮とミクロソームでの鎖長伸張を受け,リノール酸やリノレン酸に変換される 5)[seikagaku.jbsoc.or.jp] アリルスルファターゼB 198 アルカプトン尿症 108 アルギU (R) 54 アルギナーゼ I(Arg I) 60 アルギニノコハク酸合成酵素(ASS) 56 アルギニノコハク酸尿症 58 アルギニノコハク酸分解酵素(ASL) 58 アルギニン 57,58,67,75 アルギニン血症 60 アルギニンバソプレッシン(AVP) 332 アルキル-DHAP[rnavi.ndl.go.jp]

  • びまん性リンパ腫

    試験に参加した患者をDHAP(デキサメタゾン、シタラビンおよびシスプラチン)を用いたオファツムマブまたはリツキシマブ併用救援化学療法を3サイクル実施する治療群に1:1で無作為に割り付けました。3回目の治療サイクル後、完全奏効または部分奏効した患者に大量化学療法を行い、続いてASCTを行いました。試験の主要評価項目は無増悪生存期間でした。[jp.gsk.com] 表1 進行期びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の再発時の救援化学療法 療法名 使用する薬剤[成分名] DHAP療法 デキサメタゾン、シスプラチン、シタラビン、( R:リツキシマブ) (R-)ESHAP療法 メチルプレドニゾロン、エトポシド、シタラビン、シスプラチン、( R:リツキシマブ) (R-)ICE療法 イホスファミド、カルボプラチン、エトポシド[ganjoho.jp] リンパ腫 横山 雅大 公益財団法人がん研究会有明病院血液腫瘍科 要旨 悪性リンパ腫の標準治療は1990年代までは CHOP 療法であったが,抗 CD20 抗体であるリツキシマブの登場以来,初発びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)患者では R-CHOP 療法が標準治療となった.再発または難治例では救援化学療法として,R-ICE やR-DHAP[saishin-igaku.co.jp]

  • 非ホジキンリンパ腫

    表1 進行期びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の再発時の救援化学療法 療法名 使用する薬剤[成分名] DHAP療法 デキサメタゾン、シスプラチン、シタラビン、( R:リツキシマブ) (R-)ESHAP療法 メチルプレドニゾロン、エトポシド、シタラビン、シスプラチン、( R:リツキシマブ) (R-)ICE療法 イホスファミド、カルボプラチン、エトポシド[ganjoho.jp]

  • B 細胞リンパ腫

    表1 進行期びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の再発時の救援化学療法 療法名 使用する薬剤[成分名] DHAP療法 デキサメタゾン、シスプラチン、シタラビン、( R:リツキシマブ) (R-)ESHAP療法 メチルプレドニゾロン、エトポシド、シタラビン、シスプラチン、( R:リツキシマブ) (R-)ICE療法 イホスファミド、カルボプラチン、エトポシド[ganjoho.jp] リンパ腫 横山 雅大 公益財団法人がん研究会有明病院血液腫瘍科 要旨 悪性リンパ腫の標準治療は1990年代までは CHOP 療法であったが,抗 CD20 抗体であるリツキシマブの登場以来,初発びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)患者では R-CHOP 療法が標準治療となった.再発または難治例では救援化学療法として,R-ICE やR-DHAP[saishin-igaku.co.jp]

  • びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫

    表1 進行期びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の再発時の救援化学療法 療法名 使用する薬剤[成分名] DHAP療法 デキサメタゾン、シスプラチン、シタラビン、( R:リツキシマブ) (R-)ESHAP療法 メチルプレドニゾロン、エトポシド、シタラビン、シスプラチン、( R:リツキシマブ) (R-)ICE療法 イホスファミド、カルボプラチン、エトポシド[ganjoho.jp] リンパ腫 横山 雅大 公益財団法人がん研究会有明病院血液腫瘍科 要旨 悪性リンパ腫の標準治療は1990年代までは CHOP 療法であったが,抗 CD20 抗体であるリツキシマブの登場以来,初発びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)患者では R-CHOP 療法が標準治療となった.再発または難治例では救援化学療法として,R-ICE やR-DHAP[saishin-igaku.co.jp]

  • 原発性縦隔大B細胞リンパ腫

    表1 進行期びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の再発時の救援化学療法 療法名 使用する薬剤[成分名] DHAP療法 デキサメタゾン、シスプラチン、シタラビン、( R:リツキシマブ) (R-)ESHAP療法 メチルプレドニゾロン、エトポシド、シタラビン、シスプラチン、( R:リツキシマブ) (R-)ICE療法 イホスファミド、カルボプラチン、エトポシド[ganjoho.jp]

  • マントル細胞リンパ腫

    導入免疫化学療法(リツキシマブ,デキサメタゾン,シタラビン,白金誘導体 [R-DHAP])を 4 コース施行後,全奏効率は 89%,完全寛解率は 77%であった.257 例が移植を受けた.移植後に行った無作為化からの追跡期間中央値は 50.2 ヵ月(46.4 54.2)であった.無作為化から起算して,4 年無イベント生存率はリツキシマブ群[nejm.jp]

  • リンパ腫

    表1 進行期びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の再発時の救援化学療法 療法名 使用する薬剤[成分名] DHAP療法 デキサメタゾン、シスプラチン、シタラビン、( R:リツキシマブ) (R-)ESHAP療法 メチルプレドニゾロン、エトポシド、シタラビン、シスプラチン、( R:リツキシマブ) (R-)ICE療法 イホスファミド、カルボプラチン、エトポシド[ganjoho.jp]

  • 魚鱗癬と男性性腺機能不全症

    ただし、DHAPアシルトランスフェラーゼはアルキル-DHAPシンターゼとのヘテロトリマーを形成して機能しているため、アルキル-DHAPシンターゼ欠損症のtype3においてもtype2の欠損酵素であるDHAPアシルトランスフェラーゼ活性が15%程度減少することが報告されている。[nanbyou.or.jp] デスミン貯蔵筋障害、新生児の剥離、緑色弱、発育性リーディング障害、発育性ゲルストマン症候群、デベルギー(Devergie)病、デビック病、デビック症候群、右胸心-気管支拡張症および副鼻腔炎、内臓逆位症を伴う右胸心、DGS、封入されたDGSXゴラビ-ローゼン症候群(DGSX Golabi-Rosen Syndrome Included)、DH、DHAP[biosciencedbc.jp] フィタン酸、極長鎖脂肪酸は正常 (3)DHAPアシルトランスフェラーゼ又はアルキル-DHAPシンターゼの活性低下 Definiteとしては、下記①又は②のいずれかに該当する症例とする。[nanbyou.or.jp]

  • 胃リンパ腫

    リンパ腫 横山 雅大 公益財団法人がん研究会有明病院血液腫瘍科 要旨 悪性リンパ腫の標準治療は1990年代までは CHOP 療法であったが,抗 CD20 抗体であるリツキシマブの登場以来,初発びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)患者では R-CHOP 療法が標準治療となった.再発または難治例では救援化学療法として,R-ICE やR-DHAP[saishin-igaku.co.jp]

さらなる症状