Create issue ticket

考えれる5県の原因 dgat1

結果を表示する: English

  • 先天性葉酸吸収不良

    K10357 ] (DIAR3) SPINT2 [HSA: 10653 ] (DIAR4) NEUROG3 [HSA: 50674 ] [KO: K08028 ] (DIAR5) EPCAM [HSA: 4072 ] [KO: K06737 ] (DIAR6) GUCY2C [HSA: 2984 ] [KO: K12320 ] (DIAR7) DGAT1[kegg.jp]

  • トランスコバラミン 1 欠乏

    K10357 ] (DIAR3) SPINT2 [HSA: 10653 ] (DIAR4) NEUROG3 [HSA: 50674 ] [KO: K08028 ] (DIAR5) EPCAM [HSA: 4072 ] [KO: K06737 ] (DIAR6) GUCY2C [HSA: 2984 ] [KO: K12320 ] (DIAR7) DGAT1[kegg.jp]

  • フレーリッヒ症候群

    、UCP 、2および3活性剤、β3アゴニスト、甲状腺ホルモンβアゴニスト、PDE阻害剤、FAS阻害剤、DGAT阻害剤、DGAT2阻害剤、ACC2阻害剤、グルココルチコイドアンタゴニスト、アシル エストロゲン、脂肪酸トランスポーター阻害剤、ジカルボン酸トランスポーター阻害剤等を含有する医薬組成物が挙げられる。[ipforce.jp] NPY Y5受容体アンタゴニスト、mGluR5アンタゴニスト、レプチン、レプチンアゴニスト、レプチン誘導体、オピオイドアンタゴニスト、オレキシンアンタゴニスト、BRS3アゴニスト、CCK Aアゴニスト、CNTF、CNTFアゴニスト、CNTF誘導体、GHSアゴニスト、5HT2Cアゴニスト、Mc4rアゴニスト、モノアミン再取り込み阻害剤、GLP アゴニスト[ipforce.jp]

  • β-ウレイドプロピオナーゼ欠乏

    (ジアシルグリセロールアシルトランスフェラーゼ)阻害剤、DGAT2(ジアシルグリセロールアシルトランスフェラーゼ2)阻害剤、ジカルボキシレートトランスポーター阻害剤、麻黄、エキセンジン 4(glp の阻害剤)FAS(脂肪酸合成酵素)阻害剤(セルレニンおよびC75など)、脂肪再吸収阻害剤(WO03/053451におけるものなど)、脂肪酸トランスポーター[ipforce.jp] 、Millennium/Kyowa;CY-1748;CYC-10424;シクロデキストリン誘導体、AMRAD;サイトカイン阻害剤、Teijin;D-11-1580;ダルバスタチン;ダラプラディブ;DE-112;デカレストリクチンD;デヒドロエピアンドロステロン、Jenapharm;DG-041;DGAT阻害剤(アテローム性動脈硬化)、AstraZeneca[ipforce.jp] Alizyme PLC)、ベンゾカイン、塩酸ベンズフェタミン(ジドレックス(Didrex))、ブラダーラック(focus vesiculosus)、BRS3(ボンベシン受容体サブタイプ3)アゴニスト、ブプロピオン、カフェイン、CCKアゴニスト、キトサン、 クロム、共役リノール酸、コルチコトロピン放出ホルモンアゴニスト、デヒドロエピアンドロステロン、DGAT[ipforce.jp]

  • 3β-ヒドロキシ-Δ5-C27-ステロイドオキシドレダクターゼ欠損症

    、レモグリフロジン、TS 07、トホグリフロジン、イプラグリフロジンおよびLX 42); (27)アシル補酵素A:ジアシルグリセロールアシルトランスフェラーゼおよび2(DGAT およびDGAT 2)阻害剤; (28)脂肪酸合成酵素阻害剤; (29)アシル補酵素A:モノアシルグリセロールアシルトランスフェラーゼおよび2(MGAT[ipforce.jp] WO04/08674に開示されている薬剤など;(29)DGAT(ジアシルグリセロールアシルトランスフェラーゼ)阻害剤;(30)DGAT2(ジアシルグリセロールアシルトランスフェラーゼ2)阻害剤;(3)FAS(脂肪酸シンターゼ)阻害剤、例えば、セルレニンおよびC75;(32)PDE(ホスホジエステラーゼ)阻害剤、例えば、テオフィリン、[ipforce.jp] ,705,515、US5,451,677およびWO94/18161、WO95/29159、WO97/46556、WO98/04526、WO98/32753、WO01/74782、WO02/32897、WO03/014113、WO03/016276、WO03/016307、WO03/024948、WO03/024953、WO03/03788[ipforce.jp]

さらなる症状