Create issue ticket

考えれる55県の原因 ddt

結果を表示する: English

  • トキサフェン中毒

    DDT DDT 農薬・殺虫剤 シロアリ駆除剤 登録: 失効:1971年 (シロアリ駆除剤として1981年まで使用) 156,265トン生産 (1947-1971) 頭痛、めまい、食欲不振、吐き気、下痢、全身倦怠感がある。大量摂取すると振せん、四肢麻痺、意識消失などがある。[ecochemi.jp] 活性炭投与、浣腸 有機リン中毒なら2-PAM 20mg/kg iv (カルバメート中毒にはダメ) 筋の線維束性痙攣- ジフェンヒドラミン4mg/kg 8時間毎 po 全身性アシドーシス- 重炭酸Na 初回5mEq/kg、以後1時間以内に10 20毎に2.5mEq/kg 痙攣発作- ジアゼパム 0.5 1.5mg/kg iv 有機塩素化合物 (DDT[home.n07.itscom.net] 工場から出る有害な排煙(四日市ゼンソクや川崎のゼンソクなど)、車から出る排気ガスによる公害(名古屋や東京で裁判が行われています)、焼却処理によるダイオキシンの公害、PCBやDDTの公害(過去にあった)、農薬や食品添加物による害、環境ホルモン(様々な薬物や石油製品からでるのであろう)による汚染、薬害やエイズ問題、食品加工物による食中毒、工業製品[ja7bal.la.coocan.jp]

  • マレー糸状虫

    続いて人の手による鳥打村集落内へのDDT散布が行われたが、こちらは主に成虫である蚊に対して行われた。もちろん生活用水となっている天水にDDTがかからないよう、天水桶やタンクなどにはしっかりと フタ がされた。佐々らが行ったのはDDTの残留噴霧という散布方法であった。[ja.wikipedia.org] 使用した機材は 日本ヘリコプター 所属の ベル47 で、東京から伊豆大島、 三宅島 を経由し、八丈島飛行場(現 八丈島空港 )を基地として、DDT粉剤を搭載し八丈小島のロックプールへ向かった。 DDT搭載量は1回あたり90キログラムずつ2回行われ、計180キログラムのDDT粉剤が散布された。[ja.wikipedia.org] ペースト投入 DDT粉剤ヘリコプター散布 成虫対策 人家内 屋外 DDTペースト残留噴霧 DDT粉剤ヘリコプター散布 糸状虫症(フィラリア症)の流行を阻止するには、「保虫者の駆虫」または「媒介蚊成虫または幼虫の駆除」、このいずれか一つでも完全に行えば、理論上その 感染経路 が遮断されて目的を達成できるはずである。[ja.wikipedia.org]

  • アルドリン中毒

    DDT DDT 農薬・殺虫剤 シロアリ駆除剤 登録: 失効:1971年 (シロアリ駆除剤として1981年まで使用) 156,265トン生産 (1947-1971) 頭痛、めまい、食欲不振、吐き気、下痢、全身倦怠感がある。大量摂取すると振せん、四肢麻痺、意識消失などがある。[ecochemi.jp] 代表的なものは ポリ塩化ビフェニル ポリ塩化ナフタレン ヘキサクロロベンゼン アルドリン、ディルドリン、エンドリン DDT クロルデン ビスオキシド などです。 ちなみに 似た名前で、しっかり覚えておくとよいのは 第二種特定化学物質(高蓄積性は、ない。)の トリクロロエチレン テトラクロロエチレン 四塩化炭素 です。[yakugaku-tik.com] 活性炭投与、浣腸 有機リン中毒なら2-PAM 20mg/kg iv (カルバメート中毒にはダメ) 筋の線維束性痙攣- ジフェンヒドラミン4mg/kg 8時間毎 po 全身性アシドーシス- 重炭酸Na 初回5mEq/kg、以後1時間以内に10 20毎に2.5mEq/kg 痙攣発作- ジアゼパム 0.5 1.5mg/kg iv 有機塩素化合物 (DDT[home.n07.itscom.net]

  • 恐怖症

    カーソン氏の言葉は大きな反響を呼び、無鉛ガソリンの開発や、アメリカ大気浄化法の制定、ジクロロジフェニルトリクロロエタン (DDT) の禁止を始めとする重要な環境保護対策の推進に貢献した。このような化学物質反対運動により私たちを取り巻く環境は大きく改善された。[newsphere.jp]

  • 脳性マラリア

    40年前に、流行地域において、DDTの大量散布によって、伝搬者の蚊を少なくし、また、抗原虫薬クロロキンの広範な投与によって、流行はかなり抑えられていました。カンボジアでは、食卓塩にクロロキンをいれ、予防的に大量に使用しました。[med.osaka-cu.ac.jp] しかし、その結果、クロロキン耐性マラリア原虫の出現を招き、また、DDTの大量使用によって、殺虫剤抵抗性の蚊の出現を招いてしまいました。今や、熱帯地方において、世界の人口の40%の人々がマラリアに感染する危険のある地域で生活をしています。 目次に戻る b. [med.osaka-cu.ac.jp]

  • マラリア

    1960年代に入りDDTなどの農薬による生態系の破壊に警鐘を鳴らしたレイチェル・カーソンの著作「沈黙の春」が出版されると、これをきっかけに、農薬としてのDDTの使用は禁止されていき、残留農薬など環境汚染物質として認識された。 DDTの使用禁止により再びマラリアが増加した地域がある。[cao.go.jp] 当時、キニーネなど抗マラリア薬の大量投与、湿地の干拓、住宅事情の改善、さらにDDTの散布など多くのアプローチが試されました。長い闘いの中で浮上したのが、地域社会の教育と関与が成功へのカギになることでした。これは今でも重要な教訓となっています。[cao.go.jp] また、開発のための自然林伐採によるマラリア流行をあらかじめ予防しようとして散布したDDTが、生態系の他の側面に悪影響を与えた例もある。[kotobank.jp]

  • 肺扁平上皮癌

    アンモニアやヒ素、ホルムアルデヒド、カドミウム、一酸化炭素、DDT、シアン、ダイオキシン、ニコチンと、体に悪いものばかり入っているのがたばこなのです( 図1 )。 たばこを日常的に吸っている人では、肺がんを発症するリスクが吸っていない人の4.5倍、咽頭がんになるリスクは32.5倍に高まります。[jca.gr.jp]

  • 熱帯熱マラリア原虫マラリア

    1960年代に入りDDTなどの農薬による生態系の破壊に警鐘を鳴らしたレイチェル・カーソンの著作「沈黙の春」が出版されると、これをきっかけに、農薬としてのDDTの使用は禁止されていき、残留農薬など環境汚染物質として認識された。 DDTの使用禁止により再びマラリアが増加した地域がある。[cao.go.jp] カリマンタンで1960年代にマラリア撲滅プログラムが進められ、DDTが使われた」 「農民の間では咳・疲れやすい・体液不足・めまいなどの症状が一般的になっており、農作業での殺虫剤多用が原因と考えられる」 「政府はDDT、アルドリン、ディルドリン、マイレックス、エンドリンなど残留性有機汚染物質の使用を禁止しているが、現場での法確立は例によって国民生活[emigration-atlas.net] 40年前に、流行地域において、DDTの大量散布によって、伝搬者の蚊を少なくし、また、抗原虫薬クロロキンの広範な投与によって、流行はかなり抑えられていました。カンボジアでは、食卓塩にクロロキンをいれ、予防的に大量に使用しました。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • コロモジラミ寄生症

    このDDT散布は30年頃まで全国各地で日常的に続けられ、日本では32年以降、発疹チフスの発生はみられていない。DDT散布は「DDT改革」と呼ばれるほど、日本の公衆衛生に飛躍的な進歩をもたらし、頭から白い粉をかけられることを「DDT洗礼」と表現したほどである。[cool-susan.com] わが国では、1971年のDDT、BHC等の有機塩素系殺虫剤の使用禁止に伴い、我が国で使用可能な薬剤が一時期無くなり、学童や園児にアタマジラミ症の 集団発生が見られるようになった。1982年度でアタマジラミ症報告件数は約2,300件、罹患者数約24,000人のピークが認められた。[niid.go.jp] DDTは世界中で大量に使われ、「奇跡の化学物質」と呼ばれた。DDTは人間が殺虫剤として大量に使用した最初の薬剤で、その後の農薬はすべてDDTからスタートしたといえる。 DDTの殺虫効果は神経毒によるもので、昆虫などの冷血動物に強い毒性を示すが、哺乳類などの温血動物への毒性が弱いのが特徴である。[cool-susan.com]

  • ニトロフラントイン毒性

    アラキドン酸 ミネラル 12項目 ビタミン 14項目 添加物(酸化防止剤) (エトキシキン、BHA、BHT) 農薬 5項目(グリホサート、クロルピリホスメチル、ピリミホスメチル、マラチオン、メタミドホス) 汚染物質(カビ毒)(アフラトキシンB1、デオキシニバレノール) 汚染物質(重金属)(カドミウム、鉛、ヒ素) (塩素系農薬5項目)(BHC、DDT[jffic.or.jp]

さらなる症状