Create issue ticket

考えれる84県の原因 ddt

結果を表示する: English

  • アルドリン中毒

    今日多くの農薬のうち重金属類(銅、鉛、水銀、ヒ素等)、有機塩素剤の一部のもの(DDT、BHC、アルドリン、ディルドリン、エンドリン等)が問題となっている。[smokeace.jp] DDT DDT 農薬・殺虫剤 シロアリ駆除剤 登録: 失効:1971年 (シロアリ駆除剤として1981年まで使用) 156,265トン生産 (1947-1971) 頭痛、めまい、食欲不振、吐き気、下痢、全身倦怠感がある。大量摂取すると振せん、四肢麻痺、意識消失などがある。[ecochemi.jp] POPs(残留性有機汚染物質) 難分解性、蓄積性、長距離移動性といった特徴をもつ有害化学物質で、PCB、DDT、ダイオキシン等が代表。その製造・使用の根絶、排出の削減を進めるための取組がみられている。 NOAEL(無毒性量 最大無有害作用量) 農薬を実験動物に毎日、長期間反復投与した際、毒性影響が発現しない最大薬量。[midori-kyokai.com]

  • ディルドリン中毒

    DDT・水銀剤・BHC・245T(主力農薬)農薬使用禁止 ( 代替新型剤発明後 – 政策的) 化学兵器 神経作用化学兵器 (Ex.[hosho.ees.hokudai.ac.jp] DDT、BHCなどの有機塩素系の殺虫剤は残留性、魚毒性などの点で、また、パラチオンは、低毒性の殺虫剤(有機リン剤など)の普及に伴い、1969年(昭和44年)から1971年(昭和46年)にかけて生産が中止されました。[jcpa.or.jp] 食品衛生法 による残留基準は、 1968年(昭和43年)にDDT、BHC、パラチオンなどに初めて設定されて以来、1978年(昭和53年)までに53種類の農作物と26種類の農薬との組合せで設定されましたが、それ以降、この作業は進みませんでした。[pref.aichi.jp]

  • トキサフェン中毒

    DDT DDT 農薬・殺虫剤 シロアリ駆除剤 登録: 失効:1971年 (シロアリ駆除剤として1981年まで使用) 156,265トン生産 (1947-1971) 頭痛、めまい、食欲不振、吐き気、下痢、全身倦怠感がある。大量摂取すると振せん、四肢麻痺、意識消失などがある。[ecochemi.jp] POPs(残留性有機汚染物質) 難分解性、蓄積性、長距離移動性といった特徴をもつ有害化学物質で、PCB、DDT、ダイオキシン等が代表。その製造・使用の根絶、排出の削減を進めるための取組がみられている。 NOAEL(無毒性量 最大無有害作用量) 農薬を実験動物に毎日、長期間反復投与した際、毒性影響が発現しない最大薬量。[midori-kyokai.com] DDT 【用途】 過去に農薬、シラミなどの伝染病を引き起こす衛生害虫の駆除剤等として第二次世界大戦後に広く使用。なお、一部の国ではマラリア対策の目的で殺虫剤として現在も使用中。 【生産量・輸入量・使用量】 輸入量は約8,000トン(1950-1987)、ただし1974年以降は「DDT及びBHC」としての統計値を使用した。[ecochemi.jp]

  • 虫刺症

    戦後、DDTと呼ばれる殺虫剤でアタマジラミ等を駆除していたが、1970年代に安全性の問題からDDTが使われなくなって以降、再びアタマジラミは増加。2006年時点で83万世帯、現在100万人以上がこの虫に感染していると考えられている。 なぜ子供の感染者が多い? 今、アタマジラミは小学生低学年の子供たちを中心に流行しています。[asahi.co.jp]

  • ニトロフラントイン毒性

    ミネラルウォーター類の基準32項目の分析(農薬等) 物質名 物質名 物質名 1 アラクロール 12 DDT 23 MCPA 2 アルジカルブ 13 1,2-ジブロモ-3-クロロプロパン 24 メコプロップ 3 アルドリン 及び ディルドリン 14 1,2-ジブロモエタン 25 メトキシクロール 4 アトラジン 15 1,2-ジクロロプロパン[nstec.nipponsteel.com] 農薬 検査項目 税抜価格 通常納期 至急納期 食品中に不検出とする農薬5項目 (2,4,5-T、カプタホール、クマホス、ダミノジッド、プロファム) 90,000 10 5 ドリン剤等5項目セット (BHC、γ-BHC、DDT、アルドリン及びディルドリン、エンドリン) 20,000 10 5 検査項目 税抜価格 通常納期 至急納期 検査項目[mac.or.jp] アラキドン酸 ミネラル 12項目 ビタミン 14項目 添加物(酸化防止剤) (エトキシキン、BHA、BHT) 農薬 5項目(グリホサート、クロルピリホスメチル、ピリミホスメチル、マラチオン、メタミドホス) 汚染物質(カビ毒)(アフラトキシンB1、デオキシニバレノール) 汚染物質(重金属)(カドミウム、鉛、ヒ素) (塩素系農薬5項目)(BHC、DDT[jffic.or.jp]

  • コロモジラミ寄生症

    このDDT散布は30年頃まで全国各地で日常的に続けられ、日本では32年以降、発疹チフスの発生はみられていない。DDT散布は「DDT改革」と呼ばれるほど、日本の公衆衛生に飛躍的な進歩をもたらし、頭から白い粉をかけられることを「DDT洗礼」と表現したほどである。[cool-susan.com] 日本でも衛生状態の悪かった戦争直後に問題となり、DDTという強力な殺虫剤で一時はほとんど見られなくなりました。しかし、環境汚染物質のDDTが規制されて以来、学校や幼稚園など子どもの集団生活の場を中心に、現在でも散発的な発生がみられています。[newsdigest.de] しかし、1971年のDDT、BHC等の有機塩素系殺虫剤の使用禁止に伴い、学童や園児にアタマジラミ症の集団発生が見られるようになり、日本におけるシラミ症の再興が始まった。[idsc.nih.go.jp]

  • 肺扁平上皮癌

    アンモニアやヒ素、ホルムアルデヒド、カドミウム、一酸化炭素、DDT、シアン、ダイオキシン、ニコチンと、体に悪いものばかり入っているのがたばこなのです( 図1 )。 たばこを日常的に吸っている人では、肺がんを発症するリスクが吸っていない人の4.5倍、咽頭がんになるリスクは32.5倍に高まります。[jca.gr.jp]

  • マラリア

    1960年代に入りDDTなどの農薬による生態系の破壊に警鐘を鳴らしたレイチェル・カーソンの著作「沈黙の春」が出版されると、これをきっかけに、農薬としてのDDTの使用は禁止されていき、残留農薬など環境汚染物質として認識された。 DDTの使用禁止により再びマラリアが増加した地域がある。[cao.go.jp] 当時、キニーネなど抗マラリア薬の大量投与、湿地の干拓、住宅事情の改善、さらにDDTの散布など多くのアプローチが試されました。長い闘いの中で浮上したのが、地域社会の教育と関与が成功へのカギになることでした。これは今でも重要な教訓となっています。[cao.go.jp] また、開発のための自然林伐採によるマラリア流行をあらかじめ予防しようとして散布したDDTが、生態系の他の側面に悪影響を与えた例もある。[kotobank.jp]

  • 脳性マラリア

    40年前に、流行地域において、DDTの大量散布によって、伝搬者の蚊を少なくし、また、抗原虫薬クロロキンの広範な投与によって、流行はかなり抑えられていました。カンボジアでは、食卓塩にクロロキンをいれ、予防的に大量に使用しました。[med.osaka-cu.ac.jp] しかし、その結果、クロロキン耐性マラリア原虫の出現を招き、また、DDTの大量使用によって、殺虫剤抵抗性の蚊の出現を招いてしまいました。今や、熱帯地方において、世界の人口の40%の人々がマラリアに感染する危険のある地域で生活をしています。 目次に戻る b. [med.osaka-cu.ac.jp]

  • 熱帯熱マラリア原虫マラリア

    1960年代に入りDDTなどの農薬による生態系の破壊に警鐘を鳴らしたレイチェル・カーソンの著作「沈黙の春」が出版されると、これをきっかけに、農薬としてのDDTの使用は禁止されていき、残留農薬など環境汚染物質として認識された。 DDTの使用禁止により再びマラリアが増加した地域がある。[cao.go.jp] カリマンタンで1960年代にマラリア撲滅プログラムが進められ、DDTが使われた」 「農民の間では咳・疲れやすい・体液不足・めまいなどの症状が一般的になっており、農作業での殺虫剤多用が原因と考えられる」 「政府はDDT、アルドリン、ディルドリン、マイレックス、エンドリンなど残留性有機汚染物質の使用を禁止しているが、現場での法確立は例によって国民生活[emigration-atlas.net] 40年前に、流行地域において、DDTの大量散布によって、伝搬者の蚊を少なくし、また、抗原虫薬クロロキンの広範な投与によって、流行はかなり抑えられていました。カンボジアでは、食卓塩にクロロキンをいれ、予防的に大量に使用しました。[med.osaka-cu.ac.jp]

さらなる症状