Create issue ticket

考えれる14県の原因 Dキシロース吸収試験 異常

  • 吸収不良症候群

    糞便中脂肪のズダンⅢ染色で脂肪滴の増加や,化学定量法で1日6g以上あるときを異常とする。 糞便中に脂肪が確認できれば,D-キシロース試験により糖質の消化吸収を判定する。D-キシロース試験は近位小腸の吸収能を反映し,経口摂取したD-キシロースの尿中への排出率の低下を異常とする。[jmedj.co.jp] とする.糞便中脂肪の異常を認めると,消化吸収障害が存在することが明らかであり,d-キシロース吸収試験を行い管腔内消化障害によるものか,腸粘膜消化吸収障害によるものかを鑑別する.前者であれば膵外分泌機能試験(PFD:BT-PABA法)などで膵・胆機能を評価する.後者であれば,消化管X線検査,腹部超音波検査,CT,内視鏡検査,生検などを組み合わせて[kotobank.jp] D-キシロース試験は,消化障害型の吸収不良症候群では異常とならない。 乳糖不耐症には乳糖負荷試験,膵疾患にはPFD(pancreatic function diagnostant)試験が用いられる。また,胆汁酸負荷試験は回腸の病態をみるために施行される。[jmedj.co.jp]

  • 急性腸間膜虚血

    執筆者: Parswa Ansari , MD, Assistant Professor and Program Director in Surgery, Hofstra Northwell-Lenox Hill Hospital, New York[…][msdmanuals.com]

  • クローン病

    (Crohn病) 執筆者: Aaron E. Walfish, MD, Clinical Assistant Professor, Mount Sinai Medical Center David B. Sachar, MD, Clinical Professor of Medicine, Mount Sinai School of Medicine; Director (Emeritus), Dr. Henry D. Janovitz Division of Gastroenterology, The Mount Sinai Hospital 炎症性腸疾患 (IBD) 炎症性腸疾患の概要 クローン病 潰瘍性大腸炎[…][msdmanuals.com]

  • セリアック病

    セリアック病またはシリアック病(coeliac disease または celiac disease)は、小麦・大麦・ライ麦などに含まれるタンパク質の一種であるグルテンに対する免疫反応が引き金になって起こる自己免疫疾患である。欧米での罹患率は1%程度と報告されているが、日本での頻度は不明である。第二次世界大戦中のヨーロッパでグルテン食との関連が指摘され認識が広まった。[…][ja.wikipedia.org]

  • 短腸症候群

    たんちょうしょうこうぐん または ふかぎゃくてきなきのうせいしょうちょうふぜんにたいする せいたいどなーからの しょうちょうぶぶんいしょく 適応症 短腸症候群または不可逆的な機能性小腸不全(経静脈栄養を要するものであって、経静脈栄養の継続が困難なものまたは困難になることが予測されるものに限る。) 技術の実施期間 2011/10/01 2017/03/31 療養内容[…][senshin.jp-life.japanpost.jp]

  • VIP産生腫瘍

    傍大動脈リンパ節転移を伴う膵VIP産生腫瘍の切除例 Abstract 症例は72 歳,女性。主訴は8 か月前から続く1 日7,8 回の水様性下痢,体重減少。CT 検査にて,膵尾部に55 mm 大の腫瘤を認めた。膵周囲,傍大動脈に腫大リンパ節を認めたが,肝転移は認めなかった。EUS では境界明瞭で内部不均一な腫瘤であり,EUS-FNAによる組織診にて膵神経内分泌腫瘍と診断した。傍大動脈リンパ節転移を伴うVIP産生腫瘍を疑い,膵体尾部切除および大動脈周囲のリンパ節郭清術を施行した。切除標本の免疫染色にてVIP産生腫瘍と診断した。術後速やかに下痢は軽快し,切除後11[…][pieronline.jp]

  • 熱帯性下痢
  • ウィップル病
  • 腸リンパ腫

    腹腔内腫瘍切除、腸管吻合術(腸リンパ腫) 猫   8歳3か月 7.5kg 食欲不振、嘔吐を主訴に来院。黄疸も出ており、内科治療を行なっていたが、改善しないのでCT検査をした所、 腸腫瘍が見つかり、切除することになった。CTでは腹腔内に腫瘍が転移していた。 手術中の様子です。 明らかに腸腫瘍が認められます。 腫瘍、リンパを切除し、 正常な腸の部分どうしを吻合しました。 病理検査は「悪性リンパ腫」でした。 当院の手術へ トップページへ戻る お問合せはこちら[geihinkan-amc.jp]

  • 小腸内細菌異常増殖

    糞便中脂肪のズダンⅢ染色で脂肪滴の増加や,化学定量法で1日6g以上あるときを異常とする。 糞便中に脂肪が確認できれば,D-キシロース試験により糖質の消化吸収を判定する。D-キシロース試験は近位小腸の吸収能を反映し,経口摂取したD-キシロースの尿中への排出率の低下を異常とする。[jmedj.co.jp] D-キシロース試験は,消化障害型の吸収不良症候群では異常とならない。 乳糖不耐症には乳糖負荷試験,膵疾患にはPFD(pancreatic function diagnostant)試験が用いられる。また,胆汁酸負荷試験は回腸の病態をみるために施行される。[jmedj.co.jp]

さらなる症状